後藤 あや (ゴトウ アヤ)

GOTO Aya

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

母子保健、国際保健、疫学、家族計画、育児支援、ベトナム、人材育成、ヘルスリテラシー

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1835

ホームページ

https://aya-goto.squarespace.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   ふくしま国際医療科学センター   放射線医学県民健康管理センター   副室長

  • 本務   福島県立医科大学   総合科学教育研究センター   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科  卒業  日本国  1995年

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ハーバード公衆衛生大学院  公衆衛生学  修士課程  修了  アメリカ合衆国  1998年

  • 山形大学  医学研究科  博士課程  修了  日本国  2000年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ハーバード公衆衛生大学院 -  公衆衛生学修士 

  • 山形大学 -  医学博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    2001年11月

    Population Council, Fellow

  • 2002年01月
    -
    2002年08月

    公衆衛生学講座 助手

  • 2002年09月
    -
    2005年03月

    学内講師

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    講師

  • 2009年04月
    -
    2016年03月

    准教授

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会  日本国

  • 日本国際保健医療学会  日本国

  • その他  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヘルスリテラシー

  • 国際保健

  • 母子保健

  • 公衆衛生学

  • 疫学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 社会医学系指導医   2017年

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 主な専門分野は、母子保健(家族計画、育児支援)、ヘルスリテラシー、人材育成、国際保健、疫学。ベトナムでは疫学研修を医師会の医師生涯教育認定研修に組み入れて継続しており、福島県では家族計画や育児支援に関する疫学研究を地域の保健師と協働して行い、最近ではランカスター大学と共同で学童期の子どもを対象に参加型社会学研究を展開している。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 妊娠、出産、育児に関する疫学

    計画外妊娠や育児困難ついて疫学研究を国内外で実施。

    家族計画、育児

  • アジア2カ国における育児支援プログラムの実施と評価

    育児困難ハイリスクケースを対象とした育児支援プログラムを、日本とベトナムで実施、評価を行う。

    育児困難、育児支援

  • ベトナムにおける疫学研修の実施と評価

    ホーチミン市医科薬科大学との共同で、医師対象の疫学研修を実施。

    疫学、国際保健、ベトナム、人材育成

  • 福島におけるヘルスリテラシー研修の実施と評価

    ヘルスリテラシー、人材育成

論文 【 表示 / 非表示

  • Challenges to changing the culture of parenting in Japan.

    Goto A, Surkan PJ, Reich MR

    Journal of epidemiology    2019年11月

    共著  ISBN: 0917-5040

    DOI PubMed CiNii

  • Characteristics and changes in the mental health indicators of expecting parents in a couple-based parenting support program in Japan.

    Ishii K, Goto A, Watanabe K, Tsutomi H, Sasaki M, Komiya H, Yasumura S

    Health care for women international    1 - 15   2019年07月

    共著  ISBN: 0739-9332

    DOI PubMed

  • 地域にいきる医療人育成 原子力災害後における健康コミュニケーション教育の構築

    村上 道夫, 後藤 あや

    福島医学雑誌  69 (1) 77 - 83   2019年04月

    共著  ISBN: 0016-2582

  • -地域住民と健康リスクを考える 東日本大震災後の保健活動の向上を目指したリスクコミュニケーション支援事業

    吉田 和樹, 小林 智之, 後藤 あや, 竹林 由武, 熊谷 敦史, 安井 清孝, 黒田 佑次郎, 末永 カツ子, 小宮 ひろみ, 前田 香, 村上 道夫

    保健師ジャーナル  75 (1) 54 - 59   2019年01月

    共著  ISBN: 1348-8333

  • 原子力災害後の福島県におけるヘルスリテラシー研修: 普及促進のための効果的プログラムの検討

    町田宗仁, 吉田和樹, 弓屋結, 後藤あや

    アイソトープニュース  761   38 - 41   2019年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 福島原発事故がもたらしたもの

    前田正治編 (担当範囲:第9章 福島における母子支援)

    誠信書房  2018年06月 

  • 福島はあなた自身:災害と復興をみつめて

    一ノ瀬正樹, 中川恵一, 早野龍五編 (担当範囲:第三部 福島の子供、そして妊娠/甲状腺がん. 震災後の母子保健:エビデンスをつくり、伝え、使う重なり)

    福島民報社  2018年03月 

  • Governing Health Systems for Nations and Communities around the World

    (担当ページ:108-127)

    Lamprey & Lee  2015年 

  • 原子力災害の公衆衛生

    安村誠司編

    南山堂  2014年 

    4章.各種職能団体の活動.43.大学等教育機関①:避難区域周辺地域での育児指針 

  • Basic methodology of scientific research for clinicians

    JICA Partnership Program  2014年 

全件表示 >>

その他の業績・作品等 【 表示 / 非表示

  • NPO法人 place of peace ノーバディーズ・パーフェクト事業評価

    2013年
     
     
     

  • 育児に関するリーフレット作成および配付

    2010年
     
     
     

  • 二本松市健康増進計画策定

    2007年
    -
    2008年
     

  • 福島市健やか親子21

    2007年
     
     
     

  • 須賀川市すこやか親子21:母子保健計画策定、育児支援プログラム

    2002年
    -
    2007年
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストレビューワー賞

    2012年10月   日本国

  • Distinguished Reviewer 2011

    2012年01月   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 原発事故後のリスクコミュニケーション:保健従事者用ヘルスリテラシー向上ツール開発

    国内共同研究

    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  後藤あや 

  • 科学的根拠に基づく保健医療サービス向上のための人材育成 PhaseIII

    国際共同研究

    研究期間: 2016年 ~ 2018年 

  • 福島第一原発事故後のリスクコミュニケーション向上:ヘルスリテラシー推進に関する要因の分析および保健医療従事者向けの指針作成

    国際共同研究

    研究期間: 2015年 ~ 2016年 

  • 科学的根拠に基づく保健医療サービス向上のための人材育成 PhaseII

    国際共同研究

    研究期間: 2013年 ~ 2015年 

  • 福島における育児支援

    国際共同研究

    研究期間: 2012年 ~ 継続中 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 妊娠と育児と地域: 記述統計から参加型研究へ

    研究連携セミナー2019&総合科学研究会合同セミナー 

    2019年02月
     
     

  • 妊産婦に関する調査: 福島における妊娠と育児についての対話

    放射線医学県民健康管理センター主催国際シンポジウム  

    2019年01月
     
     

  • 社会のニーズに応じた育児支援:モデルプログラム紹介

    平成30年度母性衛生学会 

    2018年12月
     
     

  • ヘルスリテラシー: すぐに使える健康情報を伝える知識と技術

    第31回日本リスク研究学会年次大会 

    2018年11月
     
     

  • 震災後の専門職の役割:国際的な視点と地域での活動

    日本国際保健学会第2回学術集会 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人材育成プログラムの開発と評価

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

    プログラムの開発・実施・評価
    http://www.fmu.ac.jp/univ/sangaku/data/seeds/goto_aya2602.pdf

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 疫学(看護学部上記年度から継続)

  • 統計学(看護学部上記年度から継続)

  • 保健情報演習(看護学部上記年度から継続)

  • 公衆衛生学(母子保健、国際保健)(医学部上記年度以前から継続))

  • 社会的コミュニケーション論(ヘルスリテラシー)(医学部)

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • FMU Cafe, International Communication Team

    2014年
    -
    2018年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会

    モニタリング・レポートシステム委員会副委員長

     
     
     

  • 日本国際保健医療学会

    理事

     
     
     

  • その他

    福島市社会福祉審議会委員

    2018年
    -
    継続中

  • その他

    福島県国民健康保険運営協議会(公益代表)

    2017年
    -
    継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 福島県赤十字血液センターの事業評価アドバイザー

    2018年04月
    -
    継続中

  • 保健師等対象出前講座

    2011年
    -
    継続中

  • 地域での子育て支援についての講演

    2008年
    -
    継続中

  • 母子保健事業の評価アドバイザー

    2002年
    -
    継続中