大平 弘正 (オオヒラ ヒロマサ)

OHIRA Hiromasa

写真a

職名

主任教授

研究分野・キーワード

自己免疫性肝炎、自己抗体、類洞内皮細胞、肝障害

メールアドレス

メールアドレス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   福島県立医科大学   法人役員   理事

  • 本務   医学部(臨床医学系)   消化器内科学講座   主任教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学部  医学  卒業  日本国  1987年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  医学博士 

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

  • 内科学一般

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 原発性胆汁性肝硬変における免疫関連遺伝子多型

     

  • 肝類洞壁細胞を用いた肝研究

    接着分子

  • 自己免疫性肝疾患における自己抗体

     

論文 【 表示 / 非表示

  • Serum hyaluronate reflects hepatic sinusoidal capillarization.

    Ueno T, Inuzuka S, Torimura T, Tamaki S, Koh H, Kin M, Minetoma T, Kimura Y, Ohira H, Sata M, et al.

    Gastroenterology  105 (2) 475 - 481   1993年

    共著 

  • Ito cell contraction in response to endothelin-1 and substance P.

    Sakamoto M, Ueno T, Kin M, Ohira H, Torimura T, Inuzuka S, Sata M, Tanikawa K.

    Hepatology  18 (4)   1993年

    共著 

  • The extracellular matrix in hepatocellular carcinoma shows different localization patterns depending on the differentiation and the histological pattern of tumors: immunohistochemical analysis.

    Torimura T, Ueno T, Inuzuka S, Kin M, Ohira H, Kimura Y, Majima Y, Sata M, Abe H, Tanikawa K.

    Journal of Hepatology  21 (1)   1994年

    共著 

  • Cultured rat hepatic sinusoidal endothelial cells express intercellular adhesion molecule-1(ICAM-1)by tumor necrosis factor-α or interleukin-1α stimulation

    Ohira H, Ueno T, Shakado S, Sakamoto M, Torimura T, Inuzuka S, Sata M, Tanikawa K.

    Journal of Hepatology  20 (6) 729 - 734   1994年

    共著 

  • Leukocyte adhesion molecules in the liver and plasma cytokine levels in endotoxin-induced rat liver injury

    Ohira H, Ueno T, Torimura T, Tanikawa K, Kasukawa R.

    Scandinavian Journal of Gastroenterology  30 (4) 1027 - 1035   1995年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 内科学書

    南学正臣 (担当範囲:自己免疫性肝炎) (担当ページ:341-344)

    中山書店  2019年 

    大平弘正 

  • 肝硬変治療マニュアル

    吉治仁志 (担当範囲:自己免疫性肝疾患による肝硬変(AIH、PBC)) (担当ページ:96-103)

    南江堂  2019年 

    大平弘正  東京

  • 今日の治療指針

    福井次矢、高木 誠、小室一成 (担当範囲:自己免疫性肝炎) (担当ページ:539-540)

    医学書院  2018年10月 

    大平弘正 

  • 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018-2019

    門脇孝、小室一成、宮地良樹 (担当範囲:自己免疫性肝炎) (担当ページ:335-338)

    メディカルビュー社  2018年10月 

    大平弘正 

  • 消化器疾患の最新医療

    井廻道夫、幕内雅敏、下瀬川徹、荒川哲男 (担当範囲:自己免疫性肝炎の病態と治療 最新の知見) (担当ページ:101-103)

    先端医療技術研究所  2018年 

    大平弘正 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回日本内科学会奨励賞

    2004年   日本国

  • Hepatology Research賞

    2001年   日本国

  • The sixth international symposium on cells of the hepatic sinusoid. First price

    1992年  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 各種慢性疾患における画像診断および血液学的検査を用いた肝線維化評価並びに肝発癌との関連性の評価

    企業からの受託研究

    研究期間: 2015年10月 ~ 2018年04月 

    代表者:  大平弘正 

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する治療介入の有用性についてのエビデンス作成のための研究

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 継続中 

  • 自己免疫性肝疾患におけるNETs・EETSの病態への関与

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 継続中 

  • 肝線維化マーカーM2BPGiについての基礎研究

    企業からの受託研究

    研究期間: 2015年04月 ~ 継続中 

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    補助・助成

    研究期間: 2014年04月 ~ 継続中 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 原発性胆汁性胆管炎の理解のために

    難病医療・就労支援セミナー及び相談会 

    2018年10月
     
     

  • ウイルス性肝炎(B型・C型)治療の進歩

    第155回県北臨床懇話会 

    2018年10月
     
     

  • 食道静脈瘤に対して内視鏡的硬化療法を施行した乳児の2例

    第25回日本門脈圧亢進症学会総会 

    2018年09月
     
     

  • ウイルス肝炎以外の肝疾患―自己免疫性肝疾患の理解のために.

    平成30年度肝 炎医療コーディネータ研修会 

    2018年08月
     
     

  • 福島県『健康長寿ふくしま推進』体制と福島県立医科大学 健康増進センターについて.

    公開学術講演会 東日本大震災後の福島県立医科大学の対応-福島県『県民健康調査他』- 

    2018年08月
     
     

全件表示 >>