2023/03/06 更新

写真a

ハシモト ユウコ
橋本 優子
HASHIMOTO Yuko
所属
医学部(臨床医学系) 病理病態診断学講座 教授
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 2006年3月   福島県立医科大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 人体病理学  / 人体病理学

経歴

  • 福島県立医科大学   教授

    2017年2月 - 現在

  • 福島県立医科大学医学部病理病態診断学講座・教授

    2013年12月 - 現在

  • 福島県立医科大学医学部病理病態診断学講座・講師

    2009年4月 - 2013年11月

  • 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・講師

    2008年9月 - 2009年3月

  • 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・学内講師

    2008年4月 - 2008年8月

  • 福島県立医科大学附属病院病理部・助手 兼 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・学内講師

    2007年4月 - 2008年3月

  • 福島県立医科大学附属病院病理部・助手 兼 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・助手

    2004年4月 - 2007年3月

  • 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・助手

    2001年4月 - 2004年3月

  • 米国テネシー州ヴァンダービルト大学病理学教室・客員研究員

    2001年4月 - 2002年6月

  • 福島県立総合衛生学院 臨床検査学科・医長 兼 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・助手

    2000年4月 - 2001年3月

  • 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・助手

    1998年8月 - 2000年3月

  • 福島県立医科大学医学部病理学第一講座・博士研究員

    1998年4月 - 1998年7月

  • 福島県立医科大学附属病院病理部・診療医

    1992年5月 - 1998年7月

▼全件表示

取得資格

  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医   2005年12月24日

  • 日本病理学会認定 病理専門医   1997年07月28日

  • 死体解剖資格   1996年09月25日

  • 医師免許   1992年05月26日

論文

  • Intracellular localization of CK2α as a prognostic factor in invasive breast carcinomas.

    Homma MK, Kiko Y, Hashimoto Y, Nagatsuka M, Katagata N, Masui S, Homma Y, Nomizu T

    Cancer science   112 ( 2 )   619 - 628   2021年2月( ISSN:1347-9032

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/cas.14728

    PubMed

  • Rare coincidence of intraductal papillary mucinous neoplasm and type 1 autoimmune pancreatitis.

    Suzuki R, Okada R, Muto M, Takagi T, Sugimoto M, Irie H, Nakamura J, Takasumi M, Kato T, Hashimoto M, Notohara K, Suzuki O, Hashimoto Y, Hikichi T, Marubashi S, Ohira H

    Clinical journal of gastroenterology   2020年6月( ISSN:1865-7257

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12328-020-01162-z

    PubMed

  • A Case of Pancreatic Neuroendocrine Neoplasm Invading the Entire Main Pancreatic Duct Diagnosed by a Preoperative Endoscopic Biopsy.

    Kimura T, Sugimoto M, Takagi T, Suzuki R, Konno N, Asama H, Sato Y, Irie H, Nakamura J, Takasumi M, Hashimoto M, Kato T, Kofunato Y, Kimura T, Yamada S, Hashimoto Y, Marubashi S, Hikichi T, Ohira H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2020年5月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2169/internalmedicine.4546-20

    PubMed

  • Investigation of thyroid cancer cases that were not detected in the Thyroid Ultrasound Examination program of the Fukushima Health Management Survey but diagnosed at Fukushima Medical University Hospital.

    Yokoya S, Iwadate M, Shimura H, Suzuki S, Matsuzuka T, Suzuki S, Murono S, Yasumura S, Kamiya K, Hashimoto Y, Suzuki SI

    Fukushima journal of medical science   65 ( 3 )   122 - 127   2020年1月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2019-26

    PubMed

  • Simple and Rapid Detection of Glycoforms by "Lectin Inhibition" Assay

    Hoshi K., Hashimoto Y., Ito H.

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2132   165 - 171   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/978-1-0716-0430-4_17

  • Glycoform-Specific Visualization in Immunohistochemistry by "Lectin Inhibition"

    Ito H., Hoshi K., Hashimoto Y., Honda T.

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2132   173 - 181   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/978-1-0716-0430-4_18

  • Investigation of thyroid cancer cases that were not detected in the Thyroid Ultrasound Examination program of the Fukushima Health Management Survey but diagnosed at Fukushima Medical University Hospital(和訳中)

    Yokoya Susumu, Iwadate Manabu, Shimura Hiroki, Suzuki Satoru, Matsuzuka Takashi, Suzuki Satoshi, Murono Shigeyuki, Yasumura Seiji, Kamiya Kenji, Hashimoto Yuko, Suzuki Shin-Ichi

    Fukushima Journal of Medical Science   65 ( 3 )   122 - 127   2020年1月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Synchronous Bilateral Neuroendocrine Ductal Carcinoma In Situ

    Hoshi N., Abe N., Tachibana K., Noda M., Murakami Y., Okano M., Yoshida S., Abe S., Kiko Y., Hashimoto Y., Ohtake T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2222 - 2224   2019年12月( ISSN:03850684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Synchronous Bilateral Neuroendocrine Ductal Carcinoma In Situ].

    Hoshi N, Abe N, Tachibana K, Noda M, Murakami Y, Okano M, Yoshida S, Abe S, Kiko Y, Hashimoto Y, Ohtake T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2222 - 2224   2019年12月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 同時性両側性神経内分泌型非浸潤性乳管癌の1例

    星 信大, 阿部 宣子, 立花 和之進, 野田 勝, 村上 祐子, 岡野 舞子, 吉田 清香, 阿部 貞彦, 喜古 雄一郎, 橋本 優子, 大竹 徹

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2222 - 2224   2019年12月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 低濃度アミロイドβ1-42(Aβ42)がヒト神経芽腫SH-SY5Y細胞の増殖率に及ぼす影響 カルノシン酸、レバミピド、エダラボン、レスベラトロールの併用で示される神経保護能(Effect of low-concentration amyloid-β1-42(Aβ342) on human neuroblastoma SH-SY5Y cell viability: neuroprotective potential of combination use with carnosic acid, rebamipide, edaravone, and resveratrol)

    Yoshida Hidemi, Hashimoto Yuko, Fukushima Takashi, Tanji Kunikazu, Matsumiya Tomoh, Seya Kazuhiko, Kawaguchi Shogo, Imaizumi Tadaatsu

    弘前医学   70 ( 1 )   24 - 38   2019年11月( ISSN:0439-1721

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ratio of Alpha 2-Macroglobulin Levels in Cerebrospinal Fluid and Serum: An Expression of Neuroinflammation in Acute Disseminated Encephalomyelitis

    Suzuki Y., Hashimoto K., Hoshi K., Ito H., Kariya Y., Miyazaki K., Sato M., Kawasaki Y., Yoshida M., Honda T., Hashimoto Y., Hosoya M.

    Pediatric Neurology   98   61 - 67   2019年9月( ISSN:08878994

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.pediatrneurol.2019.04.020

  • 尿管ステント留置中、ステント内結石による閉塞の有無 評価に対しDual-energy CTが有用であった1例

    岡野 由典, 遠山 裕一, 梅田 隆, 趙 成済, 橋本 優子, 須山 太助, 五十嵐 尚子, 前川 正信, 清水 弘文, 岡田 栄子

    泌尿器外科   32 ( 7 )   963 - 966   2019年7月( ISSN:0914-6180

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gastrointestinal involvement in IgG4-related disease

    Sugimoto M., Suzuki E., Tasaki K., Hashimoto Y., Ohira H.

    Gastrointestinal and Hepatic Manifestations of Rheumatic Diseases   169 - 190   2019年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/978-981-13-6524-9_11

  • Huge Hepatocellular Carcinoma Treated with Radical Hepatectomy after Drug-eluting Bead Transarterial Chemoembolization.

    Fujita M, Okai K, Hayashi M, Abe K, Takahashi A, Kimura T, Kenjo A, Marubashi S, Hashimoto Y, Ohira H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 8 )   1103 - 1110   2019年4月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2169/internalmedicine.1214-18

    PubMed

  • Histopathological analysis of papillary thyroid carcinoma detected during ultrasound screening examinations in Fukushima.

    Suzuki S, Bogdanova TI, Saenko VA, Hashimoto Y, Ito M, Iwadate M, Rogounovitch TI, Tronko MD, Yamashita S

    Cancer science   110 ( 2 )   817 - 827   2019年2月( ISSN:1347-9032

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/cas.13912

    PubMed

  • Various checkpoint molecules, and tumor-infiltrating lymphocytes in common pediatric solid tumors: Possibilities for novel immunotherapy.

    Mochizuki K, Kawana S, Yamada S, Muramatsu M, Sano H, Kobayashi S, Ohara Y, Takahashi N, Hakozaki M, Yamada H, Hashimoto Y, Kikuta A

    Pediatric hematology and oncology   36 ( 1 )   17 - 27   2019年2月( ISSN:0888-0018

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/08880018.2019.1578843

    PubMed

  • Transferrin isoforms in cerebrospinal fluid and their relation to neurological diseases

    Murakami Y., Saito K., Ito H., Hashimoto Y.

    Proceedings of the Japan Academy Series B: Physical and Biological Sciences   95 ( 5 )   198 - 210   2019年1月( ISSN:03862208

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2183/pjab.95.015

  • Incidence of Thyroid Cancer Among Children and Young Adults in Fukushima, Japan, Screened With 2 Rounds of Ultrasonography Within 5 Years of the 2011 Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident.

    Ohtsuru A, Midorikawa S, Ohira T, Suzuki S, Takahashi H, Murakami M, Shimura H, Matsuzuka T, Yasumura S, Suzuki SI, Yokoya S, Hashimoto Y, Sakai A, Ohto H, Yamashita S, Tanigawa K, Kamiya K

    JAMA otolaryngology-- head & neck surgery   145 ( 1 )   4 - 11   2019年1月( ISSN:2168-6181

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1001/jamaoto.2018.3121

    PubMed

  • 【病理医育成の新時代】基礎研究医養成活性化プログラム 福島関東病理法医連携プログラム『つなぐ』東大、順天、福島

    橋本 優子

    病理と臨床   37 ( 1 )   53 - 56   2019年1月( ISSN:0287-3745

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳腺被包型乳頭状癌の1例

    仲野 宏, 阿部 宣子, 野田 勝, 作山 美郷, 村上 祐子, 星 信大, 岡野 舞子, 立花 和之進, 吉田 清香, 喜古 雄一郎, 橋本 優子, 森谷 卓也, 大竹 徹

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1869 - 1871   2018年12月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Near-infrared and short-wave autofluorescence in ocular specimens.

    Oguchi Y, Sekiryu T, Takasumi M, Hashimoto Y, Furuta M

    Japanese journal of ophthalmology   62 ( 5 )   605 - 613   2018年9月( ISSN:0021-5155

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10384-018-0614-5

    PubMed

  • The association between local atherosclerosis of the prostatic artery and benign prostatic enlargement in humans: Putative mechanism of chronic ischemia for prostatic enlargement.

    Haga N, Akaihata H, Hata J, Aikawa K, Yanagida T, Matsuoka K, Koguchi T, Hoshi S, Ogawa S, Kataoka M, Sato Y, Ishibashi K, Suzuki O, Hashimoto Y, Kojima Y

    The Prostate   78 ( 13 )   1001 - 1012   2018年9月( ISSN:0270-4137

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/pros.23658

    PubMed

  • Lenalidomide as a Beneficial Treatment Option for Renal Impairment Caused by Light Chain Deposition Disease: A Case Series.

    Kimura S, Ohkawara H, Ogawa K, Tanaka M, Sano T, Harada-Shirado K, Takahashi H, Ueda K, Shichishima-Nakamura A, Matsumoto H, Ikeda K, Kazama JJ, Hashimoto Y, Ikezoe T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2018年8月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2169/internalmedicine.1018-18

    PubMed

  • Push <i>vs</i> pull method for endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration of pancreatic head lesions: Propensity score matching analysis.

    Sugimoto M, Takagi T, Suzuki R, Konno N, Asama H, Sato Y, Irie H, Watanabe K, Nakamura J, Kikuchi H, Waragai Y, Takasumi M, Hashimoto M, Hashimoto Y, Hikichi T, Ohira H

    World journal of gastroenterology   24 ( 27 )   3006 - 3012   2018年7月( ISSN:1007-9327

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3748/wjg.v24.i27.3006

    PubMed

  • A case of TAFRO syndrome successfully treated with cyclosporin A and tocilizumab(和訳中)

    Asano Tomoyuki, Yashiro Makiko, Watanabe Aya, Sato Shuzo, Kobayashi Hiroko, Watanabe Hiroshi, Ohkawara Hiroshi, Murakami Fumi, Hashimoto Yuko, Koga Tomohiro, Kawakami Atsushi, Migita Kiyoshi

    Modern Rheumatology Case Reports   2 ( 2 )   209 - 213   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sudden death in a female child doe to undiagnosed pleuropulmonary blastoma - An autopsy case and review of literature.

    Nishikata R, Kato N, Suto M, Rinno M, Kuroda N, Hashimoto Y

    Legal medicine (Tokyo, Japan)   33   72 - 75   2018年6月( ISSN:1344-6223

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.legalmed.2018.06.002

    PubMed

  • Cytoprotective and pro-angiogenic functions of thrombomodulin are preserved in the C loop of the fifth epidermal growth factor-like domain.

    Wang X, Pan B, Honda G, Wang X, Hashimoto Y, Ohkawara H, Xu K, Zeng L, Ikezoe T

    Haematologica   2018年6月( ISSN:0390-6078

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3324/haematol.2017.184481

    PubMed

  • Behçet disease associated with gastrointestinal amyloidosis manifested as hematochezia: A case report.

    Sato S, Yashiro M, Matsuoka N, Kawana S, Asano T, Kobayashi H, Tasaki K, Watanabe H, Hashimoto Y, Migita K

    Medicine   97 ( 26 )   e11153   2018年6月( ISSN:0025-7974

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/MD.0000000000011153

    PubMed

  • Hematopoietic stem cell transplantation for progressive combined immunodeficiency and lymphoproliferation in patients with activated phosphatidylinositol-3-OH kinase δ syndrome type 1.

    Okano T, Imai K, Tsujita Y, Mitsuiki N, Yoshida K, Kamae C, Honma K, Mitsui-Sekinaka K, Sekinaka Y, Kato T, Hanabusa K, Endo E, Takashima T, Hiroki H, Yeh TW, Tanaka K, Nagahori M, Tsuge I, Bando Y, Iwasaki F, Shikama Y, Inoue M, Kimoto T, Moriguchi N, Yuza Y, Kaneko T, Suzuki K, Matsubara T, Maruo Y, Kunitsu T, Waragai T, Sano H, Hashimoto Y, Tasaki K, Suzuki O, Shirakawa T, Kato M, Uchiyama T, Ishimura M, Tauchi T, Yagasaki H, Jou ST, Yu HH, Kanegane H, Kracker S, Durandy A, Kojima D, Muramatsu H, Wada T, Inoue Y, Takada H, Kojima S, Ogawa S, Ohara O, Nonoyama S, Morio T

    The Journal of allergy and clinical immunology   2018年5月( ISSN:0091-6749

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.jaci.2018.04.032

    PubMed

  • Contrast uptake in primary hepatic angiosarcoma on gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid-enhanced magnetic resonance imaging in the hepatobiliary phase.

    Hayashi M, Kawana S, Sekino H, Abe K, Matsuoka N, Kashiwagi M, Okai K, Kanno Y, Takahashi A, Ito H, Hashimoto Y, Ohira H

    World journal of hepatology   10 ( 1 )   166 - 171   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4254/wjh.v10.i1.166

    PubMed

  • Rapid increase of 'brain-type' transferrin in cerebrospinal fluid after shunt surgery for idiopathic normal pressure hydrocephalus: A prognosis marker for cognitive recovery

    Murakami Y., Matsumoto Y., Hoshi K., Ito H., Fuwa T.J., Yamaguchi Y., Nakajima M., Miyajima M., Arai H., Nollet K., Kato N., Nishikata R., Kuroda N., Honda T., Sakuma J., Saito K., Hashimoto Y.

    Journal of Biochemistry   164 ( 3 )   205 - 213   2018年1月( ISSN:0021924X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jb/mvy043

  • A Case of Squamous Cell Carcinoma of Unknown Primary that Responded to the Multi-Tyrosine Kinase Inhibitor Lenvatinib.

    Kimura-Tsuchiya R, Sasaki E, Nakamura I, Suzuki S, Kawana S, Okouchi C, Fukushima T, Hashimoto Y, Suzuki S, Saji S

    Case reports in oncology   11 ( 1 )   75 - 80   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000486569

    PubMed

  • Defibrotide Stimulates Angiogenesis and Protects Endothelial Cells from Calcineurin Inhibitor-Induced Apoptosis via Upregulation of AKT/Bcl-xL.

    Wang X, Pan B, Hashimoto Y, Ohkawara H, Xu K, Zeng L, Ikezoe T

    Thrombosis and haemostasis   118 ( 1 )   161 - 173   2018年1月( ISSN:0340-6245

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1160/TH17-04-0275

    PubMed

  • A case of gastric lipoma resected by endoscopic submucosa dissection with difficulty in preoperative diagnosis.

    Ichinose M, Hikichi T, Kanno Y, Gunji N, Fujita M, Kuroda M, Terashima K, Sato Y, Kawana S, Hashimoto Y, Ohira H, Miyata M

    Fukushima journal of medical science   63 ( 3 )   160 - 164   2017年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2016-19

    PubMed

  • A case of gastric lipoma resected by endoscopic submucosa dissection with difficulty in preoperative diagnosis(和訳中)

    Ichinose Mizue, Hikichi Takuto, Kanno Yukiko, Gunji Naohiko, Fujita Masashi, Kuroda Masahito, Terashima Kumiko, Sato Yoshinori, Kawana Satoshi, Hashimoto Yuko, Ohira Hiromasa, Miyata Masayuki

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 3 )   160 - 164   2017年12月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Breast Carcinoma Associated with Osteoclast-Like Giant Cells

    Noda M., Tachibana K., Nakano H., Abe S., Murakami Y., Okano M., Abe N., Yoshida S., Kiko Y., Hashimoto Y., Ohtake T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   44 ( 12 )   1185 - 1187   2017年11月( ISSN:03850684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Occult Breast Cancer

    Abe S., Abe N., Noda M., Okano M., Tachibana K., Yoshida S., Kiko Y., Hashimoto Y., Hatakeyama Y., Rokkaku Y., Ohtake T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   44 ( 12 )   1095 - 1097   2017年11月( ISSN:03850684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Breast Carcinoma Associated with Osteoclast-Like Giant Cells].

    Noda M, Tachibana K, Nakano H, Abe S, Murakami Y, Okano M, Abe N, Yoshida S, Kiko Y, Hashimoto Y, Ohtake T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1185 - 1187   2017年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 破骨細胞様巨細胞の出現を伴う乳癌の1例

    野田 勝, 立花 和之進, 仲野 宏, 阿部 貞彦, 村上 祐子, 岡野 舞子, 阿部 宣子, 吉田 清香, 喜古 雄一郎, 橋本 優子, 大竹 徹

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1185 - 1187   2017年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 潜在性乳癌を疑う1例

    阿部 貞彦, 阿部 宣子, 野田 勝, 岡野 舞子, 立花 和之進, 吉田 清香, 喜古 雄一郎, 橋本 優子, 畠山 優一, 六角 裕一, 大竹 徹

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1095 - 1097   2017年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Steroid-resistant autoimmune myelofibrosis in a patient with autoimmune hepatitis and Evans syndrome complicated with increased expression of TGF-β in the bone marrow: a case report.

    Ohkawara H, Furukawa M, Ikeda K, Shichishima-Nakamura A, Fukatsu M, Sano T, Ueda K, Kimura S, Kanai R, Oka Y, Murakami F, Suzuki O, Hashimoto Y, Ogawa K, Ikezoe T

    International journal of hematology   106 ( 5 )   718 - 724   2017年11月( ISSN:0925-5710

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12185-017-2268-3

    PubMed

  • [A Case of Occult Breast Cancer].

    Abe S, Abe N, Noda M, Okano M, Tachibana K, Yoshida S, Kiko Y, Hashimoto Y, Hatakeyama Y, Rokkaku Y, Ohtake T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1095 - 1097   2017年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Evaluation of blood-brain barrier function by quotient alpha2 macroglobulin and its relationship with interleukin-6 and complement component 3 levels in neuropsychiatric systemic lupus erythematosus

    Asano T., Ito H., Kariya Y., Hoshi K., Yoshihara A., Ugawa Y., Sekine H., Hirohata S., Yamaguchi Y., Sato S., Kobayashi H., Migita K., Ohira H., Hashimoto Y., Watanabe H.

    PLoS ONE   12 ( 10 )   2017年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1371/journal.pone.0186414

  • Chromophobe renal cell carcinoma-like thyroid carcinoma: A novel clinicopathologic entity possibly associated with tuberous sclerosis complex.

    Hirokawa M, Miyauchi A, Kihara M, Kudo T, Hashimoto Y, Suzuki S, Daa T, Vuong HG, Mitsutake N

    Endocrine journal   64 ( 9 )   843 - 850   2017年9月( ISSN:0918-8959

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1507/endocrj.EJ17-0096

    PubMed

  • A novel gene expression scoring system for accurate diagnosis of basaloid squamous cell carcinoma of the esophagus.

    Tada T, Honma R, Imai JI, Saze Z, Kogure M, Marubashi S, Tasaki K, Unakami M, Ezaki J, Tamura H, Nishikawa A, Hashimoto Y, Waguri S, Watanabe S, Gotoh M

    International journal of oncology   51 ( 3 )   877 - 886   2017年9月( ISSN:1019-6439

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ijo.2017.4075

    PubMed

  • 嫌色素性腎細胞癌様甲状腺癌 結節性硬化症と関連がある可能性のある新規臨床病理学的症状(Chromophobe renal cell carcinoma-like thyroid carcinoma: A novel clinicopathologic entity possibly associated with tuberous sclerosis complex)

    Hirokawa Mitsuyoshi, Miyauchi Akira, Kihara Minoru, Kudo Takumi, Hashimoto Yuko, Suzuki Shinichi, Daa Tsutomu, Vuong Huy Gia, Mitsutake Norisato

    Endocrine Journal   64 ( 9 )   843 - 850   2017年9月( ISSN:0918-8959

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apparent diffusion coefficient on magnetic resonance imaging (MRI) in bladder cancer: relations with recurrence/progression risk.

    Kikuchi K, Shigihara T, Hashimoto Y, Miyajima M, Haga N, Kojima Y, Shishido F

    Fukushima journal of medical science   63 ( 2 )   90 - 99   2017年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2017-05

    PubMed

  • 膀胱癌のMRIにおける見かけの拡散係数 再発/進展リスクとの関連(Apparent diffusion coefficient on magnetic resonance imaging(MRI) in bladder cancer: relations with recurrence/progression risk)

    Kikuchi Ken, Shigihara Takeshi, Hashimoto Yuko, Miyajima Masayuki, Haga Nobuhiro, Kojima Yoshiyuki, Shishido Fumio

    Fukushima Journal of Medical Science   63 ( 2 )   90 - 99   2017年8月( ISSN:0016-2590

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A novel gene expression scoring system for accurate diagnosis of basaloid squamous cell carcinoma of the esophagus.

    TAKESHI TADA, REIKO Honma,JUN-ICHI Imai, ZENICHIRO Saze, MICHIHIKO Kogure, SHIGERU Marubashi , KAZUHIRO Tasaki , MASAMITU Unakami , JUNJI Ezaki , HIROSUMI Tamura , AKIRA Nishikawa , YUKO Hashimoto , SATOSHI Waguri , SHINYA Watanabe , MITSUKAZU Gotoh .

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   877 - 886   2017年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • JAK2遺伝子エクソン12変異を有する真性赤血球増加症後骨髄線維症患者にみられたJAK1/2阻害剤ルクソリチニブの血小板減少症合併骨髄線維症の改善効果(The Amelioration of Myelofibrosis with Thrombocytopenia by a JAK1/2 Inhibitor, Ruxolitinib, in a Post-polycythemia Vera Myelofibrosis Patient with a JAK2 Exon 12 Mutation)

    Ikeda Kazuhiko, Ueda Koki, Sano Takahiro, Ogawa Kazuei, Ikezoe Takayuki, Hashimoto Yuko, Morishita Soji, Komatsu Norio, Ohto Hitoshi, Takeishi Yasuchika

    Internal Medicine   56 ( 13 )   1705 - 1710   2017年7月( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hmga2 collaborates with <i>JAK2</i>V617F in the development of myeloproliferative neoplasms.

    Ueda K, Ikeda K, Ikezoe T, Harada-Shirado K, Ogawa K, Hashimoto Y, Sano T, Ohkawara H, Kimura S, Shichishima-Nakamura A, Nakamura Y, Shikama Y, Mori T, Mason PJ, Bessler M, Morishita S, Komatsu N, Shide K, Shimoda K, Koide S, Aoyama K, Oshima M, Iwama A, Takeishi Y

    Blood advances   1 ( 15 )   1001 - 1015   2017年6月( ISSN:2473-9529

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1182/bloodadvances.2017004457

    PubMed

  • Pancreatic neuroendocrine tumor Grade 1 patients followed up without surgery: Case series.

    Sugimoto M, Takagi T, Suzuki R, Konno N, Asama H, Watanabe K, Nakamura J, Kikuchi H, Waragai Y, Takasumi M, Kawana S, Hashimoto Y, Hikichi T, Ohira H

    World journal of clinical oncology   8 ( 3 )   293 - 299   2017年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5306/wjco.v8.i3.293

    PubMed

  • An autopsy of intravascular large B-cell lymphoma with hemophagocytic syndrome.

    Fukunaga H, Kawashima K, Kumakawa H, Hashimoto Y, Takahashi Y

    JRSM open   8 ( 5 )   2054270417695054   2017年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1177/2054270417695054

    PubMed

  • メサラジンにより粘膜炎症の改善が認められたIgA血管炎の1例

    横川 綾希, 片倉 響子, 塩谷 康夫, 花見 由華, 藤原 達雄, 中島 勇貴, 今泉 博通, 橋本 優子, 大平 弘正

    福島医学雑誌   67 ( 1 )   27 - 32   2017年4月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elevated serum interferon γ-induced protein 10 kDa is associated with TAFRO syndrome.

    Iwaki N, Gion Y, Kondo E, Kawano M, Masunari T, Moro H, Nikkuni K, Takai K, Hagihara M, Hashimoto Y, Yokota K, Okamoto M, Nakao S, Yoshino T, Sato Y

    Scientific reports   7   42316   2017年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/srep42316

    PubMed

  • The Amelioration of Myelofibrosis with Thrombocytopenia by a JAK1/2 Inhibitor, Ruxolitinib, in a Post-polycythemia Vera Myelofibrosis Patient with a JAK2 Exon 12 Mutation.

    Ikeda K, Ueda K, Sano T, Ogawa K, Ikezoe T, Hashimoto Y, Morishita S, Komatsu N, Ohto H, Takeishi Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 13 )   1705 - 1710   2017年( ISSN:0918-2918

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2169/internalmedicine.56.7871

    PubMed

  • 子宮体部神経内分泌小細胞癌の1例

    遠藤 雄大, 古川 茂宜, 小島 学, 野村 真司, 鈴木 聡, 添田 周, 渡辺 尚文, 田崎 和洋, 橋本 優子, 藤森 敬也

    福島医学雑誌   66 ( 4 )   187 - 192   2016年12月( ISSN:0016-2582

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CPC解説(第88回) 意識障害、発熱で発症し、病理解剖の結果、NK/T細胞リンパ腫、鼻型の肺浸潤で死亡したと判明した90歳代女性

    長沼 廣, 渋谷 里絵, 橋本 優子

    病理と臨床   34 ( 11 )   1211 - 1216   2016年11月( ISSN:0287-3745

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the parotid gland: a multi-institutional retrospective analysis in the Northern Japan Head and Neck Cancer Society.

    Suzuki M, Matsuzuka T, Saijo S, Takahara M, Harabuchi Y, Okuni T, Himi T, Kakizaki T, Fukuda S, Yamada K, Nagahashi T, Abe T, Shinkawa H, Katagiri K, Sato H, Fukui N, Ishikawa K, Suzuki T, Kobayashi T, Saito D, Saijo S, Tateda M, Hashimoto S, Ishida A, Kakehata S, Suzuki O, Hashimoto Y, Omori K

    Acta oto-laryngologica   136 ( 11 )   1154 - 1158   2016年11月( ISSN:0001-6489

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/00016489.2016.1191671

    PubMed

  • 【白血病学(上)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の生物学と発症機序 造血器の構造と機能 ヒト脾の構造と機能

    橋本 優子

    日本臨床   74 ( 増刊8 白血病学(上) )   133 - 136   2016年10月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Favorable outcome of Epstein-Barr virus-associated B-cell lymphoproliferative disorder complicated by immunoglobulin G4-related disease treated with rituximab-based therapy: a case report.

    Ueda K, Ikeda K, Ogawa K, Sukegawa M, Sano T, Kimura S, Suzuki O, Hashimoto Y, Takeishi Y

    Journal of medical case reports   10 ( 1 )   236   2016年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13256-016-1009-1

    PubMed

  • A case of lymphomatosis cerebri mimicking inflammatory diseases.

    Murakami T, Yoshida K, Segawa M, Yoshihara A, Hoshi A, Nakamura K, Ichikawa M, Suzuki O, Yokoyama Y, Toyoshima Y, Sugiura Y, Ito H, Saito K, Hashimoto Y, Kakita A, Takahashi H, Ugawa Y

    BMC neurology   16 ( 1 )   128   2016年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12883-016-0655-7

    PubMed

  • M1 macrophage infiltrations and histological changes in the liver after portal vein embolization using fibrinogen and OK432 in the rat.

    Sato T, Marubashi S, Kenjo A, Tsuchiya T, Kimura T, Sato N, Watanabe J, Tasaki K, Hashimoto Y, Wada I, Gotoh M

    Cellular immunology   303   66 - 71   2016年5月( ISSN:0008-8749

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.cellimm.2016.03.005

    PubMed

  • Diagnostic potential of 1-step nucleic acid amplification assay in patients with head and neck squamous cell carcinoma based on CK19 expression in a primary lesion.

    Suzuki M, Matsuzuka T, Hashimoto Y, Ikeda M, Saijo S, Omori K

    Head & neck   38 Suppl 1   E239 - 45   2016年4月( ISSN:1043-3074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/hed.23979

    PubMed

  • Frequent MYD88 L265P and CD79B Mutations in Primary Breast Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

    Taniguchi K, Takata K, Chuang SS, Miyata-Takata T, Sato Y, Satou A, Hashimoto Y, Tamura M, Nagakita K, Ohnishi N, Noujima-Harada M, Tabata T, Kikuti YY, Maeda Y, Nakamura N, Tanimoto M, Yoshino T

    The American journal of surgical pathology   40 ( 3 )   324 - 34   2016年3月( ISSN:0147-5185

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/PAS.0000000000000592

    PubMed

  • Sialylation and glycosylation modulate cell adhesion and invasion to extracellular matrix in human malignant lymphoma: Dependency on integrin and the Rho GTPase family

    OSAMU SUZUKI,MASAFUMI ABE and YUKO HASHIMOTO

    International Journal of Oncology   47 ( 6 )   2091 - 2099   2015年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sialylation and glycosylation modulate cell adhesion and invasion to extracellular matrix in human malignant lymphoma: Dependency on integrin and the Rho GTPase family.

    Suzuki O, Abe M, Hashimoto Y

    International journal of oncology   47 ( 6 )   2091 - 9   2015年12月( ISSN:1019-6439

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ijo.2015.3211

    PubMed

  • 食道胃接合部腺癌異時性肝転移に対して集学的治療を行った1例

    多田 武志, 菊池 智宏, 渡辺 淳一郎, 佐藤 直哉, 花山 寛之, 遠藤 久仁, 穴澤 貴行, 佐瀬 善一郎, 木村 隆, 大須賀 文彦, 見城 明, 川名 聡, 田崎 和洋, 橋本 優子, 後藤 満一

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1617 - 1619   2015年11月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Persistent complete remission of acute leukemic-phase CCR4-positive gamma-delta peripheral T-cell lymphoma by autologous stem cell transplantation with mogamulizumab.

    Furukawa M, Ikeda K, Ohkawara H, Saito S, Takahashi H, Ueda K, Matsumoto H, Hashimoto Y, Ohto H, Ogawa K, Takeishi Y

    International journal of hematology   102 ( 4 )   498 - 505   2015年10月( ISSN:0925-5710

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12185-015-1805-1

    PubMed

  • モガムリズマブ併用自家幹細胞移植による急性白血病期CCR4陽性γδ末梢性T細胞リンパ腫の完全寛解の持続(Persistent complete remission of acute leukemic-phase CCR4-positive gamma-delta peripheral T-cell lymphoma by autologous stem cell transplantation with mogamulizumab)

    Furukawa Miki, Ikeda Kazuhiko, Ohkawara Hiroshi, Saito Shunichi, Takahashi Hiroshi, Udea Koki, Matsumoto Hayato, Hashimoto Yuko, Ohto Hitoshi, Ogawa Kazuei, Takeishi Yasuchika

    International Journal of Hematology   102 ( 4 )   498 - 505   2015年10月( ISSN:0925-5710

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【リンパ腫学-最新の研究動向-】 リンパ腫のWHO分類(2008) 成熟B細胞腫瘍

    橋本 優子

    日本臨床   73 ( 増刊8 リンパ腫学 )   231 - 248   2015年10月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Caspase-dependent drug-induced apoptosis is regulated by cell surface sialylation in human B-cell lymphoma

    OSAMU SUZUKI,MASAFUMI ABE and YUKO HASHIMOTO

    Oncology Letters   10 ( 2 )   687 - 690   2015年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Caspase-dependent drug-induced apoptosis is regulated by cell surface sialylation in human B-cell lymphoma.

    Suzuki O, Abe M, Hashimoto Y

    Oncology letters   10 ( 2 )   687 - 690   2015年8月( ISSN:1792-1074

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ol.2015.3320

    PubMed

  • Erratum to: Persistent complete remission of acute leukemic-phase CCR4-positive gamma-delta peripheral T-cell lymphoma by autologous stem cell transplantation with mogamulizumab.

    Furukawa M, Ikeda K, Ohkawara H, Saito S, Takahashi H, Ueda K, Matsumoto H, Hashimoto Y, Ohto H, Ogawa K, Takeishi Y

    International journal of hematology   102 ( 1 )   147   2015年7月( ISSN:0925-5710

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12185-015-1817-x

    PubMed

  • 14.炎症性筋線維芽細胞腫瘍

    川名聡、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   249   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 11.結核性リンパ節炎

    喜古雄一郎、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   246   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 12.良性上皮封入像(特に卵管内膜症について)

    橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   247   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 13.ゴーシェ病

    鈴木理、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   248   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 11.結核性リンパ節炎

    喜古雄一郎、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   246   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 14.炎症性筋線維芽細胞腫瘍

    川名聡、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   249   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 13.ゴーシェ病

    鈴木理、橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   248   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 12.良性上皮封入像(特に卵管内膜症について)

    橋本優子

    病理と臨床   第33 ( 臨時増刊 )   247   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In situ visualization of a glycoform of transferrin: Localization of α2,6-sialylated transferrin in the liver

    Matsumoto Y., Saito T., Hoshi K., Ito H., Kariya Y., Nagae M., Yamaguchi Y., Hagiwara Y., Kinoshita N., Wada I., Saito K., Honda T., Hashimoto Y.

    Journal of Biochemistry   157 ( 4 )   211 - 216   2015年4月( ISSN:0021924X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jb/mvu071

  • 骨軟化症の精査で発見された左膝窩部皮下組織Phosphaturic mesenchymal tumorの1例

    川名聡、島貫聡美、北條洋、元井亨、福本誠二、阿部正文、橋本優子

    診断病理   32 ( 2 )   141 - 145   2015年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 骨軟化症の精査で発見された左膝窩部皮下組織Phosphaturic mesenchymal tumorの1例

    川名 聡, 島貫 聡美, 北條 洋, 元井 亨, 福本 誠二, 阿部 正文, 橋本 優子

    診断病理   32 ( 2 )   141 - 145   2015年4月( ISSN:1345-6431

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sialylation by β-galactoside α-2,6-sialyltransferase and N-glycans regulate cell adhesion and invasion in human anaplastic large cell lymphoma

    OSAMU SUZUKI,MASAFUMI ABE and YUKO HASHIMOTO

    International Journal of Oncology   46 ( 3 )   973 - 980   2015年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sialylation by β-galactoside α-2,6-sialyltransferase and N-glycans regulate cell adhesion and invasion in human anaplastic large cell lymphoma.

    Suzuki O, Abe M, Hashimoto Y

    International journal of oncology   46 ( 3 )   973 - 80   2015年3月( ISSN:1019-6439

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/ijo.2015.2818

    PubMed

  • 術前化学療法でpCRを得た扁平上皮化生トリプルネガティブ乳癌の1例

    佐久間 威之, 野水 整, 松嵜 正實, 片方 直人, 左雨 元樹, 菅家 康之, 喜古 雄一郎, 橋本 優子

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 3 )   478 - 483   2015年3月( ISSN:1345-2843

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A case of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder diagnosed by liver biopsy

    Takasumi M., Okai K., Asano T., Kanno Y., Abe K., Takahashi A., Kobayashi H., Hashimoto Y., Watanabe H., Ohira H.

    Journal of Japanese Society of Gastroenterology   112 ( 1 )   115 - 122   2015年1月( ISSN:04466586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Multicentric Castleman's disease with impaired lymphocytic apoptosis.

    MINEMURA,Hiroyuki*,IKEDA,Kazuhiko*,TANINO,Yoshinori*, HASHIMOTO,Yuko*, NIKAIDO,Takefumi*,FUKUHARA,Atsuro*,YUKOUCHI,Hiroshi*,SATO,Suguru*,TANINO,Mishie,OKA,Teruaki,HEBISAWA,Akira,SUZUKI,Hiroyuki*,OGAWA,Kazuei*,TAKEISHI,Yasuchika*,MUNAKATA,Mitsuru*.

    Allergol Int.   64 ( 1 )   112 - 114   2015年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • [A case of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder diagnosed by liver biopsy].

    Takasumi M, Okai K, Asano T, Kanno Y, Abe K, Takahashi A, Kobayashi H, Hashimoto Y, Watanabe H, Ohira H

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   112 ( 1 )   115 - 22   2015年1月( ISSN:0446-6586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.11405/nisshoshi.112.115

    PubMed

  • 肝腫瘍生検にて診断が得られたMTX関連リンパ増殖性疾患の1例

    高住 美香, 岡井 研, 浅野 智之, 菅野 有紀子, 阿部 和道, 高橋 敦史, 小林 浩子, 橋本 優子, 渡辺 浩志, 大平 弘正

    日本消化器病学会雑誌   112 ( 1 )   115 - 122   2015年1月( ISSN:0446-6586

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • リンパ球アポトーシス障害を伴う多中心性Castleman病(Multicentric Castleman's disease with impaired lymphocytic apoptosis)

    Minemura Hiroyuki, Ikeda Kazuhiko, Tanino Yoshinori, Hashimoto Yuko, Nikaido Takefumi, Fukuhara Atsuro, Yokouchi Hiroshi, Sato Suguru, Tanino Mishie, Oka Teruaki, Hebisawa Akira, Suzuki Hiroyuki, Ogawa Kazuei, Takeishi Yasuchika, Munakata Mitsuru

    Allergology International   64 ( 1 )   112 - 114   2015年1月( ISSN:1323-8930

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Multicentric Castleman's disease with impaired lymphocytic apoptosis.

    Minemura H, Ikeda K, Tanino Y, Hashimoto Y, Nikaido T, Fukuhara A, Yokouchi H, Sato S, Tanino M, Oka T, Hebisawa A, Suzuki H, Ogawa K, Takeishi Y, Munakata M

    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   64 ( 1 )   112 - 4   2015年1月( ISSN:1323-8930

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.alit.2014.08.009

    PubMed

  • 術前化学療法でpCRを得た扁平上皮化生トリプルネガティブ乳癌の1例

    佐久間 威之, 野水 整, 松嵜 正實, 片方 直人, 左雨 元樹, 菅家 康之, 喜古 雄一郎, 橋本 優子

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 3 )   478 - 483   2015年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3919/jjsa.76.478

  • Diagnostic potential of 1-step nucleic acid amplification assay in patients with head and neck squamous cell carcinoma based on CK19 expression in a primary lesion.

    SUZUKI,Masahiro*,MATSUZUKA,Takashi*,HASHIMOTO,Yuko*,IKEDA,Masakazu*,SAIJO,Satoshi*,OMORI,Koichi*.

    Head Neck   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Diagnostic potential of 1-step nucleic acid amplification assay in patients with head and neck squamous cell carcinoma based on CK19 expression in a primary lesion.

    SUZUKI,Masahiro, MATSUZUKA,Takashi, HASHIMOTO,Yuko, IKEDA,Masakazu, SAIJO,Satoshi, OMORI,Koichi

    Head Neck   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【小児甲状腺乳頭癌の細胞診】 福島原発事故と細胞診

    坂本 穆彦, 逸見 正彦, 田崎 和洋, 橋本 優子, 福島県立医科大学甲状腺検査専門委員会診断基準等検討部会

    日本臨床細胞学会雑誌   53 ( 6 )   528 - 531   2014年11月( ISSN:0387-1193

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Somatic 15q break after long-term stable disease in acute myeloid leukemia.

    HARADA-SHIRADO,Kayo*,IKEDA,Kazuhiko*,MATSUMOTO,Hayato*,SHIGA,Yutaka,FURUKAWA,Miki*,TAKAHASHI,Hiroshi*,OHKAWARA,Hiroshi*,NOJI,Hideyoshi*,HASHIMOTO,Yuko*,WAGURI,Satoshi*,WATANABE,Shinya*,OGAWA,Kazuei*,TAKEISHI,Yasuchika*.

    Clin Lymphoma Myeloma Leuk.   14 ( 2 )   69 - 72   2014年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Somatic 15q break after long-term stable disease in acute myeloid leukemia.

    Harada-Shirado K, Ikeda K, Matsumoto H, Shiga Y, Furukawa M, Takahashi H, Ohkawara H, Noji H, Hashimoto Y, Waguri S, Watanabe S, Ogawa K, Takeishi Y

    Clinical lymphoma, myeloma & leukemia   14 ( 2 )   e69 - 72   2014年4月( ISSN:2152-2650

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.clml.2013.10.009

    PubMed

  • Somatic 15q break after long-term stable disease in acute myeloid leukemia.

    HARADA-SHIRADO,Kayo, IKEDA,Kazuhiko, MATSUMOTO,Hayato, SHIGA,Yutaka, FURUKAWA,Miki, TAKAHASHI,Hiroshi, OHKAWARA,Hiroshi, NOJI,Hideyoshi, HASHIMOTO,Yuko, WAGURI,Satoshi, WATANABE,Shinya, OGAWA,Kazuei, TAKEISHI,Yasuchika

    Clin Lymphoma Myeloma Leuk.   14 ( 2 )   69 - 72   2014年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島原発事故と細胞診

    坂本 穆彦, 逸見 正彦, 田﨑 和洋, 橋本 優子

    日本臨床細胞学会雑誌   53 ( 6 )   528 - 531   2014年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5795/jjscc.53.528

  • MCP-1 promotes invasion and adhesion of human ovarian cancer cells

    Furukawa S., Soeda S., Kiko Y., Suzuki O., Hashimoto Y., Watanabe T., Nishiyama H., Tasaki K., Hojo H., Abe M., Fujimori K.

    Anticancer Research   33 ( 11 )   4785 - 4790   2013年11月( ISSN:02507005

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MCP-1 promotes invasion and adhesion of human ovarian cancer cells

    Furukawa S, Soeda S, Kiko Y, Suzuki O, Hashimoto Y, Watanabe T, Nishiyama H, Tasaki K, Hojo H, Abe M, Fujimori K

    Anticancer Research   33 ( 11 )   4785 - 4790   2013年11月( ISSN:0250-7005

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MCP-1 promotes invasion and adhesion of human ovarian cancer cells

    Shigenori Furukawa, Shu Soeda, Yuichiro Kiko, Osamu Suzuki, Yuko Hashimoto, Takafumi Watanabe, Hiroshi Nishiyama, Kazuhiro Tasaki, Hiroshi Hojo, Masafumi Abe, Keiya Fujimori

    Anticancer Research   33 ( 11 )   4785 - 4790   2013年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 続発性化膿性炎症による敗血症をもたらしたIgG4関連肝内硬化性胆管炎 1症例報告(IgG4-related intrahepatic sclerosing cholangitis resulting in sepsis caused by secondary suppurative inflammation: report of a case)

    Saito Motonobu, Shimura Tatsuo, Hashimoto Yuko, Ishigame Teruhide, Yashima Rei, Koyama Yoshihisa, Takenoshita Seiichi

    Surgery Today   43 ( 10 )   1175 - 1179   2013年10月( ISSN:0941-1291

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • IgG4-related intrahepatic sclerosing cholangitis resulting in sepsis caused by secondary suppurative inflammation: report of a case.

    Saito M, Shimura T, Hashimoto Y, Ishigame T, Yashima R, Koyama Y, Takenoshita S

    Surgery today   43 ( 10 )   1175 - 9   2013年10月( ISSN:0941-1291

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00595-012-0448-6

    PubMed

  • Over-expression of BACH2 is related to ongoing somatic hypermutation of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of de novo diffuse large B-cell lymphoma

    Kikuchi T., Tokunaka M., Kikuti Y., Carreras J., Ogura G., Takekoshi S., Kojima M., Ando K., Hashimoto Y., Abe M., Takata K., Yoshino T., Muto A., Igarashi K., Nakamura N.

    Pathology International   63 ( 7 )   339 - 344   2013年7月( ISSN:13205463

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/pin.12076

  • de novo瀰漫性大細胞性B細胞リンパ腫における免疫グロブリン重鎖遺伝子可変領域のBACH2発現亢進は進行中の体細胞超変異と関連する(Over-expression of BACH2 is related to ongoing somatic hypermutation of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of de novo diffuse large B-cell lymphoma)

    Kikuchi Tomoki, Tokunaka Mami, Yara Kikuti Yukie, Carreras Joaquim, Ogura Go, Takekoshi Susumu, Kojima Minoru, Ando Kiyoshi, Hashimoto Yuko, Abe Masafumi, Takata Katsuyoshi, Yoshino Tadashi, Muto Akihiko, Igarashi Kazuhiko, Nakamura Naoya

    Pathology International   63 ( 7 )   339 - 344   2013年7月( ISSN:1320-5463

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【血液症候群(第2版)-その他の血液疾患を含めて-】 造血器腫瘍と類縁疾患 白血病 慢性リンパ性白血病群 前リンパ球性白血病 B細胞前リンパ球性白血病

    橋本 優子, 阿部 正文

    日本臨床   別冊 ( 血液症候群第2版III )   167 - 171   2013年5月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Characteristics of viruses derived from nude mice with persistent measles virus infection.

    Abe Y, Hashimoto K, Watanabe M, Ohara S, Sato M, Kawasaki Y, Hashimoto Y, Hosoya M

    Journal of virology   87 ( 8 )   4170 - 5   2013年4月( ISSN:0022-538X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1128/JVI.03117-12

    PubMed

  • Elevated serum interferon γ-induced protein 10 kDa is associated with TAFRO syndrome

    Iwaki N, Gion Y, Kondo E, Kawano M, Masunari T, Moro H, Nikkuni K, Takai K, Hagihara M, Hashimoto Y, Yokota K, Okamoto M, Nakao S, Yoshino T, Sato Y.

    Scientific Report   13 ( 7 )   42316 - 42323   2013年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elevated serum interferon γ-induced protein 10 kDa is associated with TAFRO syndrome

    Iwaki N, Gion Y, Kondo E, Kawano M, Masunari T, Moro H, Nikkuni K, Takai K, Hagihara M, Hashimoto Y, Yokota K, Okamoto M, Nakao S, Yoshino T, Sato Y

    Scientific Report   13 ( 7 )   42316 - 42323   2013年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Characteristics of viruses derived from nude mice with persistent measles virus infection.

    Yusaku Abe, Koichi Hashimoto, Masahiro Watanabe, Shinichiro Ohara, Masatoki Sato, Yukihiko Kawasaki, Yuko Hashimoto, Mitsuaki Hosoya.

    Journal of virology   87 ( 8 )   4170 - 4175   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Over-expression of BACH2 is related to ongoing somatic hypermutation of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of de novo diffuse large B-cell lymphoma.

    Kikuchi T, Tokunaka M, Kikuti Y Y, Carreras J, Ogura G, Takekoshi S, Kojima M, Ando K, Hashimoto Y, Abe M, Takata K, Yoshino T, Muto A, Igarashi K, Nakamura N.

    Pathology International   63 ( 7 )   339 - 344   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Over-expression of BACH2 is related to ongoing somatic hypermutation of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of de novo diffuse large B-cell lymphoma.

    Kikuchi T, Tokunaka M, Kikuti Y Y, Carreras J, Ogura G, Takekoshi S, Kojima M, Ando K, Hashimoto Y, Abe M, Takata K, Yoshino T, Muto A, Igarashi K, Nakamura N

    Pathology International   63 ( 7 )   339 - 344   2013年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impaired regulatory T cell reconstitution in patients with acute graft-versus-host disease and cytomegalovirus infection after allogeneic bone marrow transplantation.

    Alain M Ngoma, Kazuhiko Ikeda, Yuko Hashimoto, Kazuhiro Mochizuki, Hiroshi Tkahahashi, Hideki Sano, Hayato Matsumoto, Hideyoshi Noji, Syunnichi Saito, Atsushi Kikuta, Kazuei Ogawa, Mikio Ohtsuka, Masafumi Abe, Kenneth E Nollet, Hitoshi Ohto

    International Journal of Hematology   95 ( 1 )   86 - 94   2012年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • EBV陽性乳癌の発現度と予後因子との関連に関する臨床病理学的研究

    喜古雄一郎、橋本優子、阿部正文

    福島医学雑誌   62 ( 3 )   77 - 86   2012年9月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • IgG4-related intrahepatic sclerosing cholangitis resulting in sepsis caused by secondary suppurative inflammation: report of a case.

    Saito M, Shimura T, Hashimoto Y, Ishigame T, Yashima R, Koyama Y, Takenoshita S.

    Surgery Today   1 - 5   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Uterine arteriovenous malformation formed in a large uterine cervical myoma

    Soeda S, Ushijima J, Furukawa S, Miyajima M, Sakuma K, Watanabe T, Miyazaki M, Hashimoto Y, Nishiyama H, Fujimori K.

    Tohoku Journal of Experimental Medicine   228 ( 3 )   181 - 187   2012年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Non-bacterial thrombotic endocarditis with systemic embolic events caused by adenomyosis.

    Soeda S, Mathuda N, Hashimoto Y, Yamada H, Fujimori K.

    The journal of obstetrics and gynaecology research   37 ( 12 )   1838 - 1841   2011年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Intramuscular Castleman's disease of hte deltoid:a case report and review of the literature

    Michiyuki Hakozaki, Takahiro Tajino, Hitoshi Yamada, Shinichi Kikuchi, Yuko Hashimoto, Shinichi Konno

    Skeletal Radio   39   715 - 719   2010年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A long-term remission of renal amyloidosis with nephrotic syndrome after autologous peripheral blood stem-cell transplantation.

    Ogawa K, Ikeda K, Furukawa M, Harada-Shirado K, Mashimo Y, Takahashi H, Matsumoto H, Kimura S, Shichishima-Nakamura A, Ohkawara H, Hashimoto Y, Asahi K, Noji H, Ohto H, Takeishi Y.

    Fukushima journal of medical science   56 ( 2 )   151 - 156   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Two cases of retroperitoneal liposarcoma diagnosed using endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration (EUS-FNA).

    Takahashi Y, Irisawa A, Bhutani MS, Hikichi T, Takagi T, Shibukawa G, Wakatsuki T, Imamura H, Sato A, Sato M, Ikeda T, Suzuki R, Obara K, Hashimoto Y, Watanabe K, Ohira H.

    Diagnostic and Therapeutic Endoscopy   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • DSCG reduces RSV-induced illness in RSV-infected mice

    Koichi Hashimoto,Syuichi Mori, Yuko Hashimoto, Hisatoshi Kaneko, Kei Ishibashi, Ken Ishioka, Yukihiko Kawasaki, Ray Stokes Peebles Jr., Mitsuru Munakata, Mitsuaki Hosoya, Tatsuo Suzutani

    Journal of Medical Virology   81   354 - 361   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration of solid pancreatic masses with rapid on-site cytological evaluation by endosonographers without attendance of cytopathologists.

    Hikichi T, Irisawa A, Bhutani M.S, Takagi T, Shibukawa G, Yamamoto G, Wakatsuki T, Imamura H, Takahashi Y, Sato A, Sato M, Ikeda T, Hashimoto Y, Tasaki K, Watanabe K, Ohira H, Obara K.

    Journal of Gastroenterology   44 ( 4 )   322 - 328   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Systemic mastocytosis with coagulation abnormalities and gastrointestinal symptoms.

    Ogawa K, Shichishima A, Ikeda K, Noji H, Ishibashi T, Hashimoto Y, Takeishi Y.

    The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   98 ( 1 )   141 - 143   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Combined supratentorial primitive neuroectodermal tumor and glioblastoma, GradeⅣの1例

    北條洋、橋本優子、田中瑞子、阿部正文

    小児がん   45 ( 2 )   190   2008年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Gastric bronchogenic cyst diagnosed by endosonographically guided fine needle aspiration biopsy.

    Sato M, Irisawa A, Bhutani MS, Schnadig V, Takagi T, Shibukawa G, Wakatsuki T, Imamura H, Takahashi Y, Sato A, Hikichi T, Obara K, Hashimoto Y, Watanabe K, Ohira H.

    Journal of Clinical Ultrasound   36 ( 4 )   237 - 9   2008年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 第2部各論 35.特殊な小児病理検体

    北條洋、橋本優子

    病理と臨床   26 ( 臨時増刊 )   334 - 340   2008年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小児固形腫瘍の病理 (3)骨軟部腫瘍・悪性リンパ腫

    北條洋、箱﨑道之、橋本優子

    病理と臨床   26 ( 9 )   945 - 959   2008年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Fine-needle aspiration cytology of apocrine adenosis of the breast: report on three cases.

    Watanabe K, Nomura M, Hashimoto Y, Hanzawa M, Hoshi T.

    Diagn Cytopathol.   35 ( 5 )   296 - 9   2007年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A case of advanced gastric cancer responding remarkably to neo-adjuvant combination chemotherapy using CPT-11 plus S-1]

    Saze Z, Terashima M, Otani S, Soeta N, Kashimura S, Osuka F, Odashima Y, Saito T, Hoshino Y, Kogure M, Hashimoto Y, Watanabe K, Gotoh M.

    Gan To Kagaku Ryoho.   34 ( 9 )   1473 - 6   2007年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Complete donor chimaerism of Langerhans cells in lymph node early after allogeneic bone marrow transplantation

    Kazuhiko Ikeda, Tsutomu Shichishima, Takanori Teshima, Kazuei Ogawa, Akiko Nakamura-Shichishima, Hiroko Tajima, Hideyoshi Noji, Yuko Hashimoto, Kunihiko Takeyama, Toshiyukii Ishibashi, Hitoshi Ohto, Masafumi Abe, Yukio Maruyama

    Eur J Haematol   76 ( 3 )   261 - 264   2006年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • S100P is selectively upregulated in tumor cell lines challenged with DNA cross-linking agents

    Jiang F. Shults K, Fley L, Yuko Hashimoto, Van Der Meer R, Xie J, Karvstov V, Price J, Head DR, Briggs RC

    Leukemia Research   29 ( 10 )   1181 - 1190   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • サルコロイド反応を伴った肝芽腫の1例

    北條洋、橋本優子、阿部正文

    こども医療センター医学誌   33 ( 1 )   33   2004年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The evaluation of the biological behavior and grade among cases with mantle cell lymphoma

    Yuko Hashimoto, Naoya Nakamura, Tetuo Kuze, Masafumi Abe

    Leukemia & Lymphoma   43 ( 3 )   523 - 530   2002年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Epstein-Barr virus-positive Hodgkin/Reed-Sternberg-like B cell in non-hodgkin lymphoma:nucleotide sequence of the amplified immunoglobulin heavy-chain variable region gene by the single-cell polymerase chain reaction technique

    Naoya Nakamura, Naoyoshi Mori, Koichi Ohshima, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Yoshikazu Sasaki, Asumi Shirakawa, Michiko Sato, Masafumi Abe

    Diagn Mol Pathol   11 ( 2 )   83 - 89   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of immunoglobulin VH genes in CD10-positive diffuse large B-cell lymphoma

    Hiroshi Hojo, Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Yoshikazu Sasaki, Michiko Sato, Asumi Shirakawa, Masafumi Abe

    Pathol Int,   52 ( 9 )   586 - 594   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Selective cyclooxygenase-1 and -2 inhibitors each increase allergic inflammation and airway hyperresponsiveness in mice

    R. Stokes Peebles Jr, Koichi Hashimoto, Jason D. Morrow, Ryszard Dworski, Robert D. Collins, Yuko Hashimoto, John W. Christman, Kyung-Ho Kasia Jarzecka, Jamye Furlong, Daphne B. Mitchell, Megha Talati, Barney S. Graham, James R. Sheller

    Am J Respir Crit Care Med   165   1154 - 1160   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小児インスリノーマの1例

    北條洋、橋本優子、阿部正文

    小児がん   38 ( 2 )   257   2001年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of CD5-positive and -negative diffuse large B cell lymphoma

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Sayuri Hoshi, Yoshikazu Sasaki, Asumi Shirakawa, Michiko Sato, Masafumi Abe

    Leukemia   15 ( 3 )   452 - 457   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • CD5-positive diffuse large B-cell lymphoma presenting in bone marrow without lymphadenopathy

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Yoko Hara, Kazuo Watanabe, Takanori Kawaguchi, Kazuei Ogawa, Shigeyuki Asano, Toshiaki Sai, Shin Matsuda, Hideo Sakuma, Masafumi Abe

    J Clin Exp Hematopathol   41 ( 1 )   73 - 80   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Morphological spectrum of cyclin D1-positive mantle cell lymphoma: Study of 168 cases

    Y Yatabe, R Suzuki Y Matsuno, K Tobinai, R Ichiimohazama, J Tamaru, Y Mizoguchi, Yuko Hashimoto, M Yamaguchi, M Kojima, N Uike, M Okamoto, K Isoda, K Ichimura, Y Morishima, MaSeto, T Suchi, S Nakamura

    Pathol Int   51   747 - 761   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Immunogloblin heavy chain gene analysis of ocular adnexal extranodal marginal zone B-cell lymphoma

    Yoko Hara, Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Yoshikazu Sasaki, Asumi Shirakawa, Minoru Furuta, Keiko Yago, Keiichiro Kato, Masafumi Abe

    Invest Ophthalmol Vis Sci   42 ( 11 )   2450 - 2457   2001年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 消化管に発生した悪性リンパ腫症例の検討

    松岡孝紀、野水整、片方直人、渡辺文明、八巻義雄、三田正行、斎藤武郎、橋本優子、土屋敦雄、竹之下誠一

    福島医学雑誌   50 ( 4 )   287 - 292   2001年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小児腎腫瘍の一例

    橋本優子、北條洋、阿部正文

    小児がん   38 ( 1 )   103   2001年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小児腎腫瘍の一例

    橋本優子、上村勝人、北條洋、阿部正文

    病院病理   17 ( 1 )   99   2000年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The characteristics of Epstein-Barr virus (EBV)-positive diffuse large B-cell lymphoma: comparison between EBV+ and EBV- cases in japanese population

    Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Yoshikazu Sasaki, Masafumi Abe

    Jpn J Cancer Res   91 ( 12 )   1233 - 1240   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Magnetic resonance imaging findings in primary amyloidosis-associated arthropathy

    Masayuki Miyata, Naoto Sato, Hiroshi Watanabe, Hiromi Kumakawa, Akira Saito, Hiroshi Funabashi, Keiji Iwatsuki, Yuko Hashimoto, Yukio Sato, Reiji Kasukawa

    Internal Medicine   39 ( 4 )   313 - 319   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Significance of cyclin D1 overexpression for the diagnosis of mantle cell lymphoma: a clinicopathologic comparison of cyclin D1-positive MCL and cyclin D1-negative MCL-like B-cell lymphoma

    Yasushi Yatabe, Ritsuro Suzuki, Kensei Tobinai, Yoshihiro Matsuno, Ryo Ichinohasama, Masataka Okamoto, Motoko Yamaguchi, Jun-ichi Tamaru, Naokuni Uike, Yuko Hashimoto, Yasuo Morishima, Taizan Suchi, Masao Seto, Shigeo Nakamura

    Blood   95 ( 7 )   2253 - 2261   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of the immunoglobulin heavy chain gene of secondary diffuse large B-cell lymphoma that subsequently developed in four cases with B-cell chronic lymphocytic leukemia or lymphoplasmacytoid lymphoma (Richter syndrome)

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Sayuri Hoshi, Kunihiko Tominaga, Yoshikazu Sasaki, Asumi Shirakawa, Michiko Sato, Kunihiko Maeda, Masafumi Abe

    Pathol Int   50 ( 8 )   636 - 643   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The characteristics of Epstein-Barr virus (EBV)-positive diffuse large B-cell lymphoma: comparison between EBV+ and EBV- cases in japanese population

    Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Yoshikazu Sasaki, Masafumi Abe

    Jpn J Cancer Res   91 ( 12 )   1233 - 1240   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Magnetic resonance imaging findings in primary amyloidosis-associated arthropathy

    Masayuki Miyata, Naoto Sato, Hiroshi Watanabe, Hiromi Kumakawa, Akira Saito, Hiroshi Funabashi, Keiji Iwatsuki, Yuko Hashimoto, Yukio Sato, Reiji Kasukawa

    Internal Medicine   39 ( 4 )   313 - 319   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Significance of cyclin D1 overexpression for the diagnosis of mantle cell lymphoma: a clinicopathologic comparison of cyclin D1-positive MCL and cyclin D1-negative MCL-like B-cell lymphoma

    Yasushi Yatabe, Ritsuro Suzuki, Kensei Tobinai, Yoshihiro Matsuno, Ryo Ichinohasama, Masataka Okamoto, Motoko Yamaguchi, Jun-ichi Tamaru, Naokuni Uike, Yuko Hashimoto, Yasuo Morishima, Taizan Suchi, Masao Seto, Shigeo Nakamura

    Blood   95 ( 7 )   2253 - 2261   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of the immunoglobulin heavy chain gene of secondary diffuse large B-cell lymphoma that subsequently developed in four cases with B-cell chronic lymphocytic leukemia or lymphoplasmacytoid lymphoma (Richter syndrome)

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Sayuri Hoshi, Kunihiko Tominaga, Yoshikazu Sasaki, Asumi Shirakawa, Michiko Sato, Kunihiko Maeda, Masafumi Abe

    Pathol Int   50 ( 8 )   636 - 643   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 縦隔に発生したCastleman病の1例

    北條洋、橋本優子、阿部正文

    こども医療センター医学誌   29 ( 1 )   35 - 36   2000年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 化膿性脊椎炎様の像で発症した未分化大細胞型リンパ腫の1例

    北條洋、橋本優子、阿部正文

    こども医療センター医学誌   29 ( 3 )   137 - 36   2000年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of 101 cases with peripheral B cell neoplasms and B cell chronic lymphocytic leukemia in the Japanese population

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Kazuhiro Tasaki, Hiroshi Hojo, Yoshikazu Sasaki, Michiko Sato, Masafumi Abe

    Pathology International   49 ( 7 )   595 - 600   1999年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Analysis of the immunoglobulin heavy chain gene variable region of CD5-positive diffuse large B-cell lymphoma

    Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Tetsuo Kuze, Kazuhiro Tasaki, Yoshikazu Sasaki, Michiko Sato, Masafumi Abe

    Lab Invest   79 ( 8 )   925 - 933   1999年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Multiple lymphomatous polyposis of the gastrointestinal tract is a heterogenous group that includes mantle cell lymphoma and follicular lymphoma : Analysis of somatic mutation of immunoglobulin heavy chain gene variable region

    Yuko Hashimoto, Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Nobutaka Ono, Masafumi Abe

    Human pathology   30 ( 5 )   581 - 587   1999年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Most of CD30+ anaplastic large cell lymphoma of B cell type show a somatic mutation in the IgH V region genes

    Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Masafumi Abe

    Leukemia   12 ( 5 )   753 - 757   1998年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Phenotypic and molecular comparison between B-cell anaplastic large cell lymphoma and B-cell Hodgkin's disease.Lymphoreticular Cells and Diseases

    Naoya Nakamura, Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Masafumi Abe

    Hematolymphoreticular Study Group, The Korean Society of Pathologists Seoul, Korea   412 - 418   1997年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 経過中に高血小板血症、門脈圧亢進症状を呈した肝芽腫の一例

    橋本優子、北條洋、阿部正文

    小児がん   34 ( 1 )   97   1997年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Intranuclear expression of cyclin D1 protein as a useful prognostic marker for mantle cell lymphoma

    Yuko Hashimoto, Naoya Nakamura, Tetuo Kuze, Masafumi Abe, Haruki Wakasa

    Fukushima J Med Sci   43 ( 2 )   87 - 98   1997年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Richter transformation of a T cell phenotype with p53 gene mutation

    Naoya Nakamura,Tetsuo Kuze, Yuko Hashimoto, Haruki Wakasa, Hiroyuki Kambayashi, Tetsugorou Tanaka, Shin Matsuda, Hideo Sakuma, Masafumi Abe

    Eur J Haematol,   59 ( 5 )   331 - 332   1997年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The relationship between the gene mutation od p53 and the protein expression of p53 and ki-67 non-Hodgkin's lymphomas"""

    Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Hiroshi Hojo, Masafumi Abe, Haruki Wakasa

    Pathlogy International   46 ( 2 )   130 - 136   1996年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Clinicopathological, immunological and genetic studies of CD30+ anaplastic large cell lymphoma of B-cell type; association of Epstein-Barr virus in a Japanese population

    Tetuo Kuze, Naoya Nakamura, Yuko Hashimoto, Masafumi Abe, Haruki Wakasa

    J Pathol   180 ( 3 )   236 - 242   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 標準病理学 第6版

    ( 範囲: 第9章 腫瘍)

    株式会社 医学書院  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • WHO血液腫瘍分類~WHO分類2017をうまく活用するために~

    株式会社 医薬ジャーナル  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:1.慢性リンパ性白血病/小細胞性リンパ腫
    2.B細胞前リンパ球性白血病
    阿部正文  

  • リンパ腫セミナー改訂第4版

    株式会社 南江堂  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:一般書・啓蒙書

  • 癌と化学療法

    株式会社 癌と化学療法社( 範囲: 破骨細胞様巨細胞の出現を伴う乳癌の1例)

    株式会社 癌と化学療法社  2017年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:1185   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:野田 勝, 立花 和之進, 仲野 宏, 阿部 貞彦, 村上 祐子, 岡野 舞子, 阿部 宣子, 吉田 清香, 喜古 雄一郎, 橋本 優子, 大竹 徹   出版地:  

  • 日本臨牀74巻増刊号8 白血病学(上)-最新の基礎,臨床研究-

    ( 範囲: 造血器の構造と機能 ヒト脾の構造と機能)

    日本臨牀   2016年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:133~136   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:橋本優子   出版地:  

  • 日本臨牀74巻増刊号8 白血病学(上)-最新の基礎,臨床研究-

    橋本 優子( 範囲: 造血器の構造と機能 ヒト脾の構造と機能)

    日本臨牀   2016年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:133~136   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 日本臨牀73巻 増刊号8 リンパ腫学-最新の研究動向- Ⅵ.リンパ腫のWHO分類(2008)

    ( 範囲: 成熟B細胞腫瘍)

    日本臨牀社  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:231-248   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:橋本優子   出版地:  

  • 日本臨牀73巻 増刊号8 リンパ腫学-最新の研究動向- Ⅵ.リンパ腫のWHO分類(2008)

    橋本 優子( 範囲: 成熟B細胞腫瘍)

    日本臨牀社  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:231-248   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 血液症候群(第2版) -その他の血液疾患を含めて- Ⅲ No.23

    ( 範囲: IX 造血器腫瘍と類縁疾患 白血病 慢性リンパ性白血病群 前リンパ球性白血病 B細胞前リンパ球性白血病)

    日本臨牀(東京)  2013年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:167-171   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:橋本優子、阿部正文   出版地:  

  • 血液症候群(第2版) -その他の血液疾患を含めて- Ⅲ No.23

    橋本 優子( 範囲: IX 造血器腫瘍と類縁疾患 白血病 慢性リンパ性白血病群 前リンパ球性白血病 B細胞前リンパ球性白血病)

    日本臨牀(東京)  2013年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:167-171   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • WHO血液腫瘍分類 〜WHO分類をうまく活用するために〜

    中村栄男、飯田真介、大島孝一、木下朝博、吉野正( 範囲: リンパ系腫瘍 2章成熟B細胞腫瘍 2.B細胞前リンパ球性白血病)

    医薬ジャーナル社  2010年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:263-267   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:橋本優子、阿部正文   出版地:東京都  

  • WHO血液腫瘍分類 〜WHO分類をうまく活用するために〜

    中村栄男、飯田真介、大島孝一、木下朝博、吉野正( 範囲: リンパ系腫瘍 2章成熟B細胞腫瘍 1.慢性リンパ性白血病/小細胞性リンパ腫)

    医薬ジャーナル社  2010年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:256-262   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:橋本優子、阿部正文   出版地:東京都  

▼全件表示

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • 低悪性度B細胞性腫瘍の改訂点 WHO2017

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • 低悪性度B細胞性腫瘍の改訂点 WHO2017

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • 鑑別に苦渋したArias-Stera reactionの一例

    第56回日本臨床細胞学会秋期大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • リンパ節・造血器

    第63回日本病理学会秋期特別総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • リンパ節・造血器

    第63回日本病理学会秋期特別総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

  • P15 The tumor of vagina

    第21回日韓婦人科病理合同カンファランス  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • P15 The tumor of vagina

    第21回日韓婦人科病理合同カンファランス  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • ヒト悪性リンパ腫におけるシアル酸あるいはGnT-Vを介したL-PHA糖鎖の生物学的機能

    第76回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • ヒト悪性リンパ腫におけるシアル酸あるいはGnT-Vを介したL-PHA糖鎖の生物学的機能

    第76回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • B細胞腫瘍の変更点 WHO2017

    第37回日本小児病理研究会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

  • 乳腺腫瘍の一例

    第85回日本病理学会東北支部総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • 乳腺腫瘍の一例

    第85回日本病理学会東北支部総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • 悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化によるIntegrinを介した細胞内シグナル伝達調節機構について

    第57回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月 - 2017年7月

  • 病理診断講習会 座長

    第106回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

  • 膵腫瘍の1例

    第84回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

  • 肺原発NK/T-cell lymphomaの2剖検例

    第32回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • 肺原発NK/T-cell lymphomaの2剖検例

    第32回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

  • 悪性リンパ腫におけるガレクチンを介した細胞接着、浸潤および細胞死:インテグリンとCD45との関連

    第75回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 悪性リンパ腫におけるガレクチンを介した細胞接着、浸潤および細胞死:インテグリンとCD45との関連

    第75回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 悪性リンパ腫におけるガレクチンを介した細胞接着、浸潤および細胞死:インテグリンとCD45との関連

    第75回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

  • 悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化とRho GTPase familyによる細胞運動との関連

    第56回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

  • 悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化とRho GTPase familyによる細胞運動との関連

    第56回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

  • ヒト悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化とRho GTPase familyによる細胞運動との関連

    第105回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • ヒト悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化とRho GTPase familyによる細胞運動との関連

    第105回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • ヒト悪性リンパ腫における糖鎖のシアル化とRho GTPase familyによる細胞運動との関連

    第105回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 子宮原発CDB陽性T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 子宮原発CDB陽性T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 子宮原発CDB陽性T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 組織球/樹状細胞腫瘍と悪性リンパ腫の鑑別診断アップデート

    第105回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 空洞形成を伴った肺原発ホジキンリンパ腫の一例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • Acinar cell cystadenocarcinomaを考えた膵腫瘍の1例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • Acinar cell cystadenocarcinomaを考えた膵腫瘍の1例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 組織球/樹状細胞腫瘍と悪性リンパ腫の鑑別診断アップデート

    第105回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • 空洞形成を伴った肺原発ホジキンリンパ腫の一例

    日本病理学会会誌  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

  • IgG4関連疾患とB細胞性EBV関連リンパ増殖異常症を合併した症例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 子宮体部筋層原発T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 子宮体部筋層原発T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 空洞形成を伴った若年性肺Hodgkinリンパ腫の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • IgG4関連疾患とB細胞性EBV関連リンパ増殖異常症を合併した症例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 空洞形成を伴った若年性肺Hodgkinリンパ腫の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 子宮体部筋層原発T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 子宮体部筋層原発T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • IgG4関連疾患とB細胞性EBV関連リンパ増殖異常症を合併した症例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 子宮体部筋層原発T細胞性リンパ増殖性疾患の1例

    第31回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型糖鎖およびO型糖鎖による細胞接着調節機構

    第74回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型糖鎖およびO型糖鎖による細胞接着調節機構

    第74回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型糖鎖およびO型糖鎖による細胞接着調節機構

    第74回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型糖鎖およびO型糖鎖による細胞接着調節機構

    第74回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型糖鎖およびO型糖鎖による細胞接着調節機構

    第74回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • リンパ腫診断入門-臨床医・病理医が知っておくべき知識とその活用

    第55回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • リンパ腫診断入門-臨床医・病理医が知っておくべき知識とその活用

    第55回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • リンパ腫診断入門-臨床医・病理医が知っておくべき知識とその活用

    第55回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • 空洞形成を伴った若年性肺Hodgkinリンパ腫の1例

    第55回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • 空洞形成を伴った若年性肺Hodgkinリンパ腫の1例

    第55回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型およびO型糖鎖による細胞外マトリックスへの接着調節機構

    第104回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型およびO型糖鎖による細胞外マトリックスへの接着調節機構

    第104回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸、N型およびO型糖鎖による細胞外マトリックスへの接着調節機構

    第104回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

  • Diagnostic challenge; 小葉癌胃転移と胃印環細胞癌の形態学的鑑別

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • スキルス胃癌との鑑別が困難だった転移性浸潤性小葉癌の治療経験

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • Diagnostic challenge; 小葉癌胃転移と胃印環細胞癌の形態学的鑑別

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • スキルス胃癌との鑑別が困難だった転移性浸潤性小葉癌の治療経験

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • スキルス胃癌との鑑別が困難だった転移性浸潤性小葉癌の治療経験

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • Diagnostic challenge; 小葉癌胃転移と胃印環細胞癌の形態学的鑑別

    第12回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  • アルコール性萎縮性肝硬変に合併した急性腎不全、ネフローゼ症候群の一例

    第12回東北腎生検病理カンファレンス   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • アルコール性萎縮性肝硬変に合併した急性腎不全、ネフローゼ症候群の一例

    第12回東北腎生検病理カンファレンス   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • アルコール性萎縮性肝硬変に合併した急性腎不全、ネフローゼ症候群の一例

    第12回東北腎生検病理カンファレンス  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

  • ST6Gal1 regulates cell adhesion and invasion to galectins in human malignant lymphoma

    第73回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • ST6Gal1 regulates cell adhesion and invasion to galectins in human malignant lymphoma

    第73回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • ST6Gal1 regulates cell adhesion and invasion to galectins in human malignant lymphoma

    第73回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • ST6Gal1 regulates cell adhesion and invasion to galectins in human malignant lymphoma

    第73回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • ST6Gal1 regulates cell adhesion and invasion to galectins in human malignant lymphoma

    第73回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 鼻腔腫瘍の一例

    第79回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 鼻腔腫瘍の一例

    第79回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 診断に苦慮した胃生検の一例

    第79回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 診断に苦慮した胃生検の一例

    第79回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 診断に苦慮した胃生検の一例

    第79回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸転移酵素ST6Gal1とガレクチンによる細胞接着および細胞増殖

    第54回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸転移酵素ST6Gal1とガレクチンによる細胞接着および細胞増殖

    第54回日本リンパ網内系学会総会   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 膀胱原発T細胞性リンパ腫が疑われた1剖検例

    第54回日本リンパ網内系学会総会   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸転移酵素ST6Gal1とガレクチンによる細胞接着および細胞増殖

    第54回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 膀胱原発T細胞性リンパ腫が疑われた1剖検例

    第54回日本リンパ網内系学会総会   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸転移酵素ST6Gal1とガレクチンによる細胞接着および細胞増殖

    第54回日本リンパ網内系学会総会   

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • 悪性リンパ腫におけるシアル酸転移酵素ST6Gal1とガレクチンによる細胞接着および細胞増殖

    第54回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の1例

    第103回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の1例

    第103回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の1例

    第103回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の1例

    第78回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の1例

    第78回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma(DLBCL)の1例

    第29回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma(DLBCL)の1例

    第29回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • CD8+ CD56+ EBV- 節外性リンパ腫の2例

    第29回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • CD8+ CD56+ EBV- 節外性リンパ腫の2例

    第29回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • Cyclin D1+ and CD5- diffuse large B-cell lymphoma(DLBCL)の1例

    第29回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  • 乳腺腫瘍の1例

    第77回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • 乳腺腫瘍の1例

    第77回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • 乳腺腫瘍の1例

    第77回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • シンポジウムⅣ 節外性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のトピックス~病理から臨床まで~ 節外性大細胞型B細胞性リンパ腫(ExN-DLBCL)の病理診断の実際

    第53回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • シンポジウムⅣ 節外性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のトピックス~病理から臨床まで~ 節外性大細胞型B細胞性リンパ腫(ExN-DLBCL)の病理診断の実際

    第53回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • シンポジウムⅣ 節外性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のトピックス~病理から臨床まで~ 節外性大細胞型B細胞性リンパ腫(ExN-DLBCL)の病理診断の実際

    第53回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

  • HER2免疫染色あれこれ -福島医大病理部の場合-

    HER2病理講演会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • 診断に苦慮した眼・中枢神経系悪性リンパ腫の1例

    第28回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • 稀な組織型を示した乳房リンパ腫の1例

    第28回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • 自己免疫性増殖症候群に続発したキャスルマン病

    第28回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  • Multicentric Castleman's disease in the familial autoimmune endocrine

    第74回日本血液学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • 発熱後のけいれん発作をきっかけに発見された脳腫瘍の一例

    第75回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  • 自己免疫性リンパ増殖症候群 (ALPS) 様の病態を背景としたmulticentric Castleman disease (MCD)

    第52回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

  • 印環細胞上衣腫の成分を伴う血管中心性膠腫の一例

    第101回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

  • 硝子体細胞診で診断が困難だった眼内悪性リンパ腫(IOL)の1例

    第29回日本眼腫瘍学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

  • EBV陽性乳癌の発現頻度と予後因子との関連

    第100回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

  • 心不全徴候で再発したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(Diffuse large Bcell Lymphoma:DLBCL)の1例

    第100回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

  • 回盲部のDLBCLに骨髄のCLL/SLLが併発した1例

    第26回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 心不全微候で再発したDLBCLの1例

    第26回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 偶然に発見された胃の悪性腫瘍の1例

    第26回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

  • 乳癌の病理と画像

    平成22年度福島県医師会マンモグラフィ読影講習会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 福島県立医大附属病院病理部での乳癌診断の現状

    第33回福島・宮城乳腺疾患研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 15年後に再発しCD5陽性・CyclinD1陰性の中細胞型Bリンパ腫の1例

    第50回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

  • 特異な症状、臨床経過を辿った非肥満細胞性血液腫瘍性疾患関連全身性肥満細胞症(SM-AHNMD)の1例

    第99回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

  • 大網原発のgastrointestinal stromal tumor (GIST) の1例

    第99回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

  • DLBCLにおける免疫グロブリン遺伝子 ongoing mutation とBACH2の発現

    第99回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

  • 脳腫瘍の一例

    第70回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

  • リンパ腫様胃症lymphomatoid gastropathyと考えられた1例

    第25回悪性リンパ腫(M.L.)研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

  • 大腿骨骨折で発症したsystemic mastocytosisの1例

    第8回福島・新潟・山形血液スライドカンファレンス  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • リンパ腫様胃症 lymphomatoid gastropathy と考えられた1例

    第49回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

  • 三角筋内に生じた孤発型Castleman病 -1例報告-

    第42回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

  • 剖検にて診断確定された脊髄症の1例

    第67回日本病理学会東北支部総会/学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

  • 再発乳がんホルモン療法中に出現し、自然消退した胃T/NK細胞増殖症の1例

    第68回日本病理学会東北支部学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

  • ドナーリンパ球由来と見られた同種造血幹細胞移植後 T 細胞リンパ増殖性疾患の1例

    第48回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

  • CD23陽性脾辺縁帯B細胞リンパ腫 (splenic marginal zone B cell lymphoma : SMZBCL) の1例

    第48回日本リンパ網内系学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

  • 剖検にて診断確定された亜急性壊死性脊髄炎 : Foix-Alajouanine syndrome の1例

    第97回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

  • 甲状腺腫瘍の一例

    第63回日本病理学会東北支部総会/学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • 同種骨髄移植後早期にドナー由来ランゲルハンス細胞増殖に伴うリンパ節腫脹を呈した一例

    第46回日本リンパ網内系学会総会・第9回日本血液病理研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • De novo CD5 陽性びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 (CD5+DLBCL) におけるZAP-70 の発現

    第95回日本病理学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

▼全件表示