矢吹 省司 (ヤブキ ショウジ)

YABUKI Shoji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

疼痛に対するリハビリテーション、神経根性疼痛の基礎と臨床、脊椎内視鏡手術、椎間板ヘルニア、神経根性疼痛、頚髄症、腰部脊椎管狭窄、肩こり

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1276

研究室FAX

024-548-5505

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   医学部(臨床医学系)   整形外科学講座   附属病院 部長

  • 兼務   寄附講座   疼痛医学講座   教授

  • 兼務   福島県立医科大学   新医療系学部設置準備室   教授

  • 本務   医学部(臨床医学系)   整形外科学講座   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  医学博士 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本リハビリテーション医学会  日本国

  • 1994年06月
    -
    継続中
     

    国際腰椎学会  アメリカ合衆国

  • 日本整形外科学会  日本国

  • 日本疼痛学会  日本国

  • 日本脊椎脊髄病学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • リハビリテーション

  • 疼痛学

  • 福祉工学

  • 脊椎脊髄外科

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 1.整形外科疾患、特に脊椎疾患の教育
    2.運動器慢性痛に対する集学的治療に関する研究
    3.運動器慢性痛に対する集学的治療の啓発

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 慢性疼痛に対する運動療法

     

  • 脊椎内視鏡手術、運動器の痛みの基礎と臨床

     

  • 脊椎疾患に対するブロック療法

     

  • 神経根障害の病態と治療

  • 肩こりの病態

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Multidisciplinary pain management program for patients with chronic musculoskeletal pain in Japan: a cohort study

    Takahashi Naoto,Takatsuki Kozue, Kasahara Satoshi, Yabuki Shoji

    Journal of Pain Research  12   2563 - 2576   2019年08月

    共著 

  • Evidence-based recommendations on the pharmacological management of osteoarthritis and chronic low back pain: An Asian consensus

    Yabuki Shoji, Andrew Kit Kuen Ip, Cheuk Kwan Tam, Murakami Takanor, UshidaTakahiro, Joon Ho Wang, Hun-Kyu Shin, Wei-Zen Sun, Owen D. Williamson

    Asian Journal of Anesthesiology  57 (2) 37 - 54   2019年06月

    共著 

    DOI

  • Efficacy and safety of controlled-release oxycodone for the management of moderate-to-severe chronic low back pain in Japan: results of an enriched enrollment randomized withdrawal study followed by an open-label extension study

    Kawamata M, Iseki M, Kawakami M, Yabuki Shoji, Sasaki T, Ishida M, Nishiyori A, Hida H, Kikuchi S

    Journal of Pain Research  12   363 - 375   2019年01月

    共著 

  • Reference values of the Japanese Orthopaedic Association Back Pain Evaluation Questionnaire in patients with lumbar spinal stenosis and characteristics of deterioration of QOL: Lumbar Spinal Stenosis Diagnosis Support Tool: DISTO project

    Kobayashi H, Sekiguchi M, Yonemoto K, Kakuma T, Tominaga R, Kato K, Watanabe K, Nikaido T, Otani K, Yabuki Shoji, Kikuchi SI, Konno SI; DISTO project working group

    Journal of Orthopaedic Science  24 (4) 584 - 589   2019年

    共著 

    DOI

  • Prospective one-year follow-up of lumbar spinal stenosis in a regional community

    Otani Koji, Kikuchi Shinichi, Yabuki Shoji, Onda Akira, Nikaido Takuya, Watanabe Kazuyuki, Konno Shinichi

    Journal of Pain Research  11   455 - 464   2018年05月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ガイドライン外来診療2020

    泉孝英 (担当範囲:腰痛症) (担当ページ:274-280)

    日経メディカル開発  2020年  ISBN: 978-4-296-10556-4

    矢吹省司  東京

  • 内科学書 改訂第9版

    伴信太郎、山本和利 (担当範囲:腰痛、背部痛) (担当ページ:442-445)

    中山書店  2019年 

    矢吹省司  東京

  • 内科学書 改訂第9版

    伴信太郎、山本和利 (担当範囲:四肢痛) (担当ページ:445-447)

    中山書店  2019年 

    矢吹省司  東京

  • 専門医の整形外科外来診療—最新の診断・治療

    冨士武史、田辺秀樹、大川淳 (担当範囲:心因性麻痺) (担当ページ:403-405)

    南江堂  2017年 

    心因性麻痺・渡邉和之、矢吹省司  東京

  • 日本は慢性疼痛にどう対処していくのか

    一般財団法人医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 (担当範囲:慢性疼痛の実態と運動療法) (担当ページ:45-51)

    薬事日報社  2017年 

    慢性疼痛の実態と運動療法・矢吹省司  東京

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • APOA (Asia Pcific Orthopaedic Association) 2007 Spine Award

    2007年  

  • 第1回Asia Traveling Fellow

    2006年   日本国

  • 国際腰椎学会日本支部賞

    2000年   日本国

  • 福島医学会学術奨励賞

    1999年   日本国

  • 合同整形外科基礎学会新研究者賞(New Investigator Recognition Award)

    1998年  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省政策研究班

    国内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  矢吹省司 

  • 平成 31 年度慢性疼痛診療体制構築モデル事業

    国内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 2020年03月 

    代表者:  矢吹省司 

  • 平成 30 年度慢性疼痛診療体制構築モデル事業

    国内共同研究

    研究期間: 2018年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  矢吹省司  連携研究者:  高橋直人、伊達久、小澤浩司

    慢性痛に関する講演会の実施、医療者研修会の実施、司悦相互訪問の実施、連携体制の構築

  • 慢性疼痛診療体制の構築

    補助・助成

    研究期間: 2017年06月 ~ 2018年03月 

    代表者:  矢吹省司  連携研究者:  高橋直人、山下敏彦

  • 慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  牛田享宏  連携研究者:  矢吹省司

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The surgical outcomes of posterior fixation for cervical myelopathy in patients with athetoid cerebral palsy: five year follow-up

    Spine Across the Sea 2015 

    2015年07月
     
     

  • Development of screening tool “Spine PainDETECT” for the neuropathic pain due to lumbosacral spine disease: a multicenter cross sectional study

    Spine Across the Sea 2015 

    2015年07月
     
     

  • Interrelation between surgical treatment outcomes and psychiatric problems in lumbar spinal stenosis patients: a 2‐year cohort study using Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients (BS‐POP)

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

  • Lumbar spinal stenosis affects health‐related QOL and work continuation

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

  • Could Dural Sac Cross‐sectional Area (DCSA) on MRI predict LSS Symptom for six‐year follow‐ up?

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 運動器疼痛の病態解明

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 共同研究

  • 神経根障害の病態

    共同研究

  • 肩こりの病態

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

  • 脊椎内視鏡手術

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 共同研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 慢性の痛み

  • 脊椎外傷

  • 脊椎損傷

  • 症候論とケーススタディー腰背部痛、関節痛ー

  • スポーツと腰痛

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

    代議員

    2019年04月
    -
    継続中

  • 日本リハビリテーション医学会

    代議員

    2012年04月
    -
    継続中

  • 日本運動器疼痛学会

    理事長

    2008年12月
    -
    継続中

  • 日本整形外科学会

    代議員

    2007年04月
    -
    2009年03月

  • 日本疼痛学会

    理事

    2008年06月
    -
    継続中

全件表示 >>