織内 昇 (オリウチ ノボル)

ORIUCHI Noboru

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

RI内用療法、分子イメージング

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-581-5165

研究室FAX

024-581-5165

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   ふくしま国際医療科学センター   先端臨床研究センター   教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学系研究科  内科学系核医学  博士課程  修了  日本国  1991年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学 -  博士(医学)  1991年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 米国核医学会  アメリカ合衆国

  • 日本癌治療学会  日本国

  • 日本癌学会  日本国

  • 日本医学放射線学会  日本国

  • 日本核医学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 核医学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 医学教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Biologic correlation of 2-[18F]-fluoro-2-deoxy-D-glucose uptake on positron emission tomography in thymic epithelial tumors.

    Kaira K, Endo M, Abe M, Nakagawa K, Ohde Y, Okumura T, Takahashi T, Murakami H, Tsuya A, Nakamura Y, Naito T, Hayashi I, Serizawa M, Koh Y, Hanaoka H, Tominaga H, Oriuchi N, Kondo H, Nakajima T, Yamamoto N

    Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology  28 (23) 3746 - 53   2010年08月

    共著  ISBN: 0732-183X

    DOI PubMed

  • Fluorine-18-alpha-methyltyrosine positron emission tomography for diagnosis and staging of lung cancer: a clinicopathologic study.

    Kaira K, Oriuchi N, Otani Y, Shimizu K, Tanaka S, Imai H, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Dobashi K, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Endo K, Mori M

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research  13 (21) 6369 - 78   2007年11月

    共著  ISBN: 1078-0432

    DOI PubMed

  • Different biodistribution of 99mTc-labeled chimeric mouse-human monoclonal antibody between athymic mice model and human

    Oriuchi N, Watanabe N, Sugiyama S, Higuchi T, Imai K, Yamanaka H, Hashimoto M, Kanda H, Endo K

    Br J Cancer   73:   1466 - 1472   1996年

    共著 

  • 18F-FMT uptake seen within primary cancer on PET helps predict outcome of non-small cell lung cancer.

    Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Tominaga H, Yanagitani N, Sunaga N, Ishizuka T, Kanai Y, Mori M, Endo K

    Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine  50 (11) 1770 - 6   2009年11月

    共著  ISBN: 0161-5505

    DOI PubMed

  • Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 expression in resectable stage I-III nonsmall cell lung cancer.

    Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Tanaka S, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.

    Br J Cancer.   8 (4) 742 - 8   2008年

    共著 

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代医薬品開発に向けた抗体工学の最前線《普及版》

    熊谷 泉 (担当範囲:RI標識医薬品の臨床の現状と展望) (担当ページ:171-175)

    株式会社シーエムシー出版  2019年09月  ISBN: 978-4-7813-1378-8

    織内 昇  東京

  • 泌尿器科検査パーフェクトガイド

    大家基嗣、近藤幸尋、小島祥敬 (担当範囲:腎シンチグラフィ) (担当ページ:64-66)

    医学書院  2017年04月 

    織内 昇  東京

  • 泌尿器科検査パーフェクトガイド

    大家基嗣、近藤幸尋、小島祥敬 (担当範囲:FDG-PET/CT) (担当ページ:74-76)

    医学書院  2017年04月 

    織内 昇  東京

  • 消化器外科学レビュー2009

    織内 昇

    総合医学社  2009年 

  • 臨床核医学・PET検査技術学 遠藤啓吾、大竹英則、高橋康幸 編集

    織内 昇

    文光堂  2009年 

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 両親媒性の高分子配位子によって安定化された高分子錯体および検査用組成物および医薬組成物

    特願 2007-156743  2007年06月13日  特開 特開2008-308423  2008年12月25日  特許 2008-308423  2008年12月25日 

    特許

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • α線核種によるがん治療の線量評価に基づく正常細胞障害の解明に関する研究

    学内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  織内 昇 

    腫瘍モデルに211At標識化合物を投与して吸収線量と抗腫瘍効果を評価する。治療後に摘出した正常組織から採取した細胞および211Atを反応させたヒト正常細胞株の染色体異常を解析し、α線による細胞毒性を明らかにするとともに、α線による二次発癌について検討を行う。

  • アルファ線放出核種内用療法による難治がん治療薬の開発

    学内共同研究

    研究期間: 2018年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  鷲山幸伸 

    プレターゲッティングによるアスタチン内用療法薬の臨床応用を前提に、その薬効と安全性を確認する非臨床POCの取得を目指す。

  • Precision Medicine時代を切り拓く11C標識メチオニンの脳腫瘍診断に関する研究-薬剤自動合

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  志賀 哲  連携研究者:  織内 昇、久下 裕司、他

  • 進行消化器癌に対するα線核種内照射療法による治療戦略の確立

    補助・助成

    研究期間: 2016年04月 ~ 2020年03月 

    代表者:  絹谷清剛  連携研究者:  久保 均、富永 英之、萱野 大樹、伊藤 浩、小川 数馬、村山 敏典、吉村 健一、稲野 彰洋、織内 昇、栗林 義和、若林 大志、今井 康人、鷲山 幸信

  • がん幹細胞及びがん細胞を標的とするα線放出核種を用いた膵がんの新規治療法開発

    補助・助成

    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  織内 昇  連携研究者:  高橋 和弘、久保 均、石岡 典子、大島 康宏、趙 松吉

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Biodistribution of 211At-labeled anti-CXCR4 antibody in tumor xenograft

    第59回 日本核医学会学術総会 

    2019年11月
     
     

  • Radiolabeling and biodistribution in the tumor xenograft of 211At-labeled anti-CXCR4 antibody for cancer stem cell targeted alpha-particle therapy

    32nd Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine 

    2019年10月
     
     

  • Present status of TAT development at Fukushima Medical University

    TAT Workshop in Japan 

    2019年06月
     
     

  • PET-MRIの最前線 ―臨床における有用性と技術的な課題―

    第36回日本核医学技術学会関東地方会 

    2019年05月
     
     

  • RI内用療法の原理と実際

    第18回日本核医学会春季大会 

    2019年04月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本核医学会

    評議員

    2010年04月
    -
    継続中