飯島 順子 (イイジマ ジュンコ)

IIJIMA Junko

写真a

職名

助教

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   生化学講座   助教

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Core fucose is critical for CD14-dependent Toll-like receptor 4 signaling.

    Iijima J, Kobayashi S, Kitazume S, Kizuka Y, Fujinawa R, Korekane H, Shibata T, Saitoh SI, Akashi-Takamura S, Miyake K, Miyoshi E, Taniguchi N.

    Glycobiology  27 (11) 1006 - 1015   2017年11月

    共著 

    DOI PubMed

  • Structure-specific endonucleases xpf and mus81 play overlapping but essential roles in DNA repair by homologous recombination.

    Kikuchi K, Narita T, Pham VT, Iijima J, Hirota K, Keka IS, Mohiuddin, Okawa K, Hori T, Fukagawa T, Essers J, Kanaar R, Whitby MC, Sugasawa K, Taniguchi Y, Kitagawa K, Takeda S.

    Cancer Res  73 (14) 4362 - 71   2013年07月

    共著 

    DOI PubMed

  • Age-related guanine nucleotide exchange factor, mouse Zizimin2, induces filopodia in bone marrow-derived dendritic cells.

    Sakabe I, Asai A, Iijima J, Maruyama M.

    Immun Ageing.  9 (2)   2012年04月

    共著 

    DOI PubMed

  • Inflammatory alterations of the extracellular matrix in the tumor microenvironment.

    Iijima J, Konno K, Itano N.

    Cancers (Basel).  3 (3) 3189 - 205   2011年08月

    共著 

    DOI PubMed

  • RAP80 acts independently of BRCA1 in repair of topoisomerase II poison-induced DNA damage.

    Iijima J, Zeng Z, Takeda S, Taniguchi Y.

    Cancer Res.  70 (21) 8467 - 74   2010年11月

    共著 

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 完全版マウス・ラット疾患モデル活用ハンドブック

    秋山徹、奥山隆平、河府和義 (担当範囲:第6部 老化 32章 老化促進モデル, α-Klothoマウス、SIRT6マウス) (担当ページ:510-514,)

    羊土社  2010年12月 

    坂部勇、飯島順子、丸山光生 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 髄液中トランスフェリン糖鎖アイソフォームと疾患

    第89回日本生化学会大会 

    2016年09月
     
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • テュートリアル

  • 代謝生化学(脂質の代謝)

  • 科学リテラシー(自然科学方法論)

  • 生化学実習

  • 医学研究方法論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 福島県立総合衛生学院 講義

    2019年12月
     
     

  • 福島県立総合衛生学院 講義

    2018年11月
     
     

  • 福島県立総合衛生学院 講義

    2017年11月
     
     

  • 福島県立総合衛生学院 講義

    2016年11月