2022/07/02 更新

写真a

シカマ ヤヨイ
色摩 弥生
SHIKAMA Yayoi
所属
福島県立医科大学 医療人育成・支援センター 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位

  • 医学博士 ( 福島県立医科大学 )

研究キーワード

  • 骨髄異形成症候群は、汎血球減少、血球の機能・形態異常を呈して高率に白血病化する疾患であり、多様な遺伝子発現異常が報告されている。骨髄異形成症候群患者の好中球におけるFOS誘導異常を手がかりに、血球材能低下のメカニズム解明に取り組んでいる。 骨髄異形成症候群、好中球、異形成、RNA結合蛋白

研究分野

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学  / 血液内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般  / 内科学一般

  • ライフサイエンス / 医化学  / 医化学一般

  • ライフサイエンス / 薬理学  / 薬理学一般

学歴

  • 福島県立医科大学   医学研究科   血液内科学

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 福島県立医科大学   教授

    2017年2月 - 現在

  • 医療人育成・支援センター 医学教育部門

    2015年4月 - 現在

  • 薬理学講座

    2000年2月 - 2015年3月

論文

  • Mechanisms of Impaired Neutrophil Migration by MicroRNAs in Myelodysplastic Syndromes.

    Cao M, Shikama Y, Kimura H, Noji H, Ikeda K, Ono T, Ogawa K, Takeishi Y, Kimura J.

    Journal of Immunology   198 ( 5 )   1887 - 1899   2017年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 好中球の遺伝子発現調節異常から探る病態~骨髄異形成症候群~(総説)

    色摩(亀岡)弥生

    福島医学雑誌   64 ( 1 )   2014年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A new method for maturity-dependent fractionation of neutrophil progenitors applicable for the study of myelodysplastic syndromes.

    Hu H, Shikama Y, Shichishima T, Ikeda K, Akutsu K, Ono T, Kimura H, Ogawa K, Noji H, Takeishi Y, Kimura J.

    Biomark Res.   2 ( 1 )   2014年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1186/2050-7771-2-2.

  • Effect of oral L-arginine administration on exhaled nitric oxide (NO) concentration in healthy volunteers.

    Ogata H1, Yatabe M, Misaka S, Shikama Y, Sato S, Munakata M, Kimura J.

    Fukushima J Med Sci.   59 ( 1 )   43 - 48   2013年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Interaction of Nadolol With Itraconazole, Rifampicin and Grapefruit Juice in Healthy Volunteers.

    Shingen Misaka, Nozomu Miyazaki, Midori S. Yatabe, TOmoyuki Ono, Yayoi Shikama, Tetsuhiko Fukushima, Junko Kimura.

    Journal of Clinical Pharmacology   53 ( 7 )   738 - 745   2013年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1002/jcph.95

  • Impairment of FOS mRNA stabilization following translation arrest in granulocytes from myelodysplastic syndrome patients

    Xiaomin Feng, Yayoi Shikama, Tsutomu Shichishima, Hideyoshi Noji, Kazuhiko Ikeda, Kazuei Ogawa, Hideo Kimura, Yasuchika Takeishi, Junko Kimura

    PLoS One   8 ( 4 )   e61107   2013年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1371/journal pone.0061107

  • 分化の常識ウソホント?分化途上の細胞分取法 分化制御因子in vivo expression profile解析のための好中球前駆細胞の分化段階別分画採取法 (総説)

    色摩 弥生

    日本薬理学雑誌   141 ( 2 )   90 - 94   2013年2月( ISSN:1347-8397

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Maturity-dependent fractionation of neutrophil progenitors: A new method to examine in vivo expression profile of differentiation-regulating genes

    HU,Huiyuan*; SHIKAMA,Yayoi*; SHICHISHIMA,Tsutomu; IKEDA,Kazuhiko*; AKUTSU,Kazuko*; ONO, Tomoyuki*; KIMURA,Hideo; OGAWA,Kazuei*; NOJI,Hideyoshi*; TAKEISHI,Yasuchika*; KIMURA,Junko*

    Experimental Hematology   40 ( 8 )   675 - 681   2012年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.exphem.2012.03.003

  • Impairment of FOS mRNA induction by a translation inhibitor puromycin in granulocytes from myelodysplastic syndromes

    SHIKAMA,Yayoi*; FENG,Xiaomin*; SHICHISHIMA,Tsutomu; ONO,Tomoyuki*; NOJI,Hideyoshi*; IKEDA,Kazuhiko*; OGAWA,Kazuei*; TAKEISHI,Yasuchika*; KIMURA,Junko*

    Br. J. Haematol.   154 ( 4 )   525 - 527   2011年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Transcripts expressed using a bicistronic vector pIREShyg2 are sensitized to nonsense-mediated mRNA decay

    SHIKAMA,Yayoi*; HU,Huiyuan*; OHNO,Makiko*; MATSUOKA,Isao*; SHICHISHIMA,Tsutomu*; KIMURA,Junko*

    BMC Molecular Biology   11 ( 42 )   1 - 9   2010年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Involvement of Na+/Ca2+ exchanger in migration and contraction of rat cultired tendon fibroblasts

    SAKAMOTO,Kazuho*; OWADA,Yukiko*; SHIKAMA,Yayoi*; WADA,Ikuo*; WAGURI,Satoshi*; IWAMOTO,Takahiro; KIMURA,Junko*

    Journal of Physiology   587 ( 22 )   5345 - 5359   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Functional changes induced by long-term stimulation of nicotinic acetylcholine receptors: Na+-Ca2+ exchanger expression and modulation

    KIMURA,Junko*; ONO,Tomoyuki*; SAKAMOTO,Kazuho*; ITO,Emi; WATANABE,Shinya; MAEDA,Sachiko*; SHIKAMA,Yayoi*; SASAKI,Midori Y*; MATSUOKA,Isao*

    Biol. Pharm. Bull.   32   325 - 331   2009年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Terminally differentiated neutrophils predominantly express Survivin-2alpha, a dominant-negative isoform of Survivin.

    HU,Huiyuan*; SHIKAMA,Yayoi*; MATSUOKA,Isao*; KIMURA, Junko*

    Journal of Leukocyte Biology   83   393 - 400   2008年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Accumulation of an intron-retained mRNA for guanulocyte macrophage-colony stimulating factor receptor common ß chain in neutrophils of myelodysplastic syndromes

    SHIKAMA,Yayoi*; SHICHISHIMA,Tsutomu*; MATSUOKA,Isao*; JUBINSKY,Paul T; SIEFF,Colin A; MARUYAMA,Yukio*

    Journal of Leukocyte Biology   77   811 - 819   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Inhibitory effect of thiopental on ultra-rapid delayed rectifier K+ kurrent in H9c2 cells

    SUZUKI,Hideki*; MOMOI,Nobuo*; ONO, omoyuki*; MAEDA,Sachiko*; SHIKAMA,Yayoi*; MATSUOKA,Isa*; SUZUKI,Hitoshi*; KIMURA,Junko*

    J. Pharm. Pharmacol.   99   177 - 184   2005年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Transfusion-related acute lung injury following allogeneic bone marrow transplasntation in a patient with acute lymphoblastic leukemia.

    NOJI,Hideyoshi*; SHICISHIMA,Tsutomu*; OGAWA,Kazuei*; SHIKAMA,Yayoi*; Hitoshi Ohto*; MARUYAMA,Yukio*

    Internal Medicine   43   1068 - 1072   2004年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Granulocyts from patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria and normal individuals have the same sensitivity to spontaneous apoptosis.

    YAMAMOTO,Tetsuo; SHICHISHIMA,Tsutomu*; SAITOH,Yurie*; OGAWA,Kazuei*; MARUYAMA,yukio*

    Experimental Hematology   30   187 - 194   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Treatment for the decline of ionized calcium levels during peripheral blood progenitor cell harvesting.

    KISHIMOTO,Masahiro*; OHTO,Hitoshi*; SHIKAMA,Yayoi*; KIMIJIMA,Izoh*; TAKENOSHITA,Seiichi*

    Transfusion   42   1340 - 1347   2002年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Neutrophil-specific reduction in the expression of GM-CSF receptor subunits in myelodysplastic syndromes.

    SHIKAMA,Yayoi*; SHICHISHIMA,Tsutomu*; OHTO,Hitoshi*; JUBINSKY,Paul T; MARUYAMA,Yukio*

    British Journal of Haematology   111   863 - 872   2000年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 末梢血幹細胞採取時の血中イオン化カルシウム値の動態

    岸本昌浩, 大戸 斉, 色摩弥生, 相良浩哉, 君島伊造, 阿部力哉

    日本輸血学会誌   45   256 - 261   1999年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • アフェレーシス末梢血幹細胞の定量:CD34陽性細胞数とCFU-GM数の相関

    岩淵伸枝, 安斎美智子, 赤間敏子, 安田広康, 色摩弥生, 大戸 斉

    医学検査   47   1686 - 1689   1998年

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • A constitutively activated chimeric cytokine receptor confers factor-independent growth in hematopoietic cell lines.

    SHIKAMA,Yayoi*; BARBER,Dwayne; D'ANDREA,Alan, SIEFF,Colin

    Blood   88 ( 2 )   455 - 464   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • The (]J0946[)c component of the GM-CSF/IL3/IL5 receptor interacts with a hybrid GM-CSF/Epo receptor to influence proliferation and (]J0946[)-globin mRNA expression.

    JUBINSKY,Paul T; SHIKAMA,Yayoi*; LAURIE,Andrew; NATHAN,David G; SHIFF,Colin A

    Molecular Medicine   2 ( 6 )   766 - 773   1996年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Human granulocyte-macrophage colony-stimulating factor receptor signal transduction requires the proximal cytoplasmic domain of the alpha and beta subunits.

    Michael Weiss, Charles Yokoyama, Yayoi Shikama, Christine Naugle, Brian Druker, Colin Sieff

    Blood   82 ( 11 )   3293 - 3306   1993年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Thrombopoietic effects of interleukin-6 in long-term administration in mice.

    Toshiyuki Ishibashi, Yayoi Shikama, Hideo Kimura, Michiko Kawaguchi, Tatsumi Uchida, Tadashi Yamamoto, Akira Okano, Yukio Akiyama, Toshio Hirano, Tadamitsu, Kishimoto, and Yukio Maruyama

    Experimental Hematology   21 ( 5 )   641 - 646   1993年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Transient effect of erythropoietin on thrombopoiesis in vivo in mice.

    Yayoi Shikama, Toshiyuki Ishibashi, Hideo Kimura, Michiko Kawaguchi, Taysumi Uchida, and Yukio Maruyama

    Experimental Hematology   20 ( 2 )   216 - 222   1992年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Isolation of rat megakaryocytes by immunomagnetic beads.

    Yayoi Shikama

    Fukushima Journal of Medical Science   36   59 - 70   1990年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Interleukin-1 beta (IL-1 beta) induces thrombocytosis in mice: possible implication of IL-6.

    Hideo Kimura, Toshiyuki Ishibashi, Yayoi Shikama, Akira Okano, Yukio Akiyama, Tatsumu Uchida, and Yukio Maruyama

    Blood   76 ( 12 )   2493 - 2500   1990年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Effect of recombinant granulocyte-macrophage colony-stimulating factor on murine thrombocytopoiesis in vitro and in vivo.

    Toshiuiki Ishibashi, Hideo Kimura, Yayoi Shikama, Tatsumi Uchida, Shigeo Kariyone, and Yukio Maruyama.

    Blood   75 ( 7 )   1433 - 1438   1990年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • High incidence of 17p13 chromosomal abnormalities in malignant histiocytosis.

    Rokuo Abe, Yasushi Akaike, Akiko Yokoyama, Yayoi Shikama, Toshiyuki Ishibashi, Masayuki Mita, Hideo Kimura, Tatsumi Uchida, Shigeo Kariyone, and Haruki Wakasa

    Cancer   65 ( 12 )   2689 - 2696   1990年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Interleukin-6 is a potent thrombopoietic factor in vivo in mice.

    Toshiyuki Ishibashi, Hideo Kimura, Yayoi Shikama, Tatsumi Uchida, Shigeo Kariyone, Toshio Hirano, Tadamitsu KIshimoto, Fumihiko Tadamitsu, and Yukio Akiyama

    Blood   75 ( 7 )   1433 - 1438   1989年

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Optimizing simulated interviews and feedback to maximize medical students' self-efficacy in real time

    Aoki S, Shikama Y, Yasui K, Moroi Y, Sakamoto N, Suenaga H, Tang Z, Yasuda M, Chiba Y, Stanyon M, Otani K

    BMC Med Educ   22 ( 1 )   438   2022年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12909-022-03512-6

  • 臨床実習における学生の目標到達度新システム:利用状況とユーザー教員から見た導入の効果

    唐尊一、坂本信雄、色摩弥生、大谷晃司

    福島医学雑誌   77 ( 1 )   2022年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The use of text mining to detect key shifts in Japanese first-year medical student professional identity formation through early exposure to non-healthcare hospital staff

    Shikama Yayoi, Chiba Yasuko, Yasuda Megumi, Stanyon Maham, Otani Koji

    BMC Medical Education   21 ( 1 )   389   2021年7月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI : doi: 10.1186/s12909-021-02818-1

  • 動機づけ面接や非言語的コミュニケーションに基づく医学生へのコミュニケーション教育の試み

    青木俊太郎、竹林由武、色摩弥生、安井清孝、大谷晃司

    医学教育   52 ( 4 )   295 - 304   2021年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of Green Tea Catechin Ingestion on the Pharmacokinetics of Lisinopril in Healthy Volunteers

    ShiMisaka S, Ono Y, Uchida A, Ono T, Abe O, OgaH, Sato H, Suzuki M, Onoue S, Shikama Y, Shimomura K1

    Clin Transl Sci .   14 ( 2 )   476 - 480   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/cts.12905.

  • When I say … cultural competence.

    Stanyon Maham, Shikama Yayoi, Otani Koji

    Medical Education   2020年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi: 10.1111/medu.14439

  • 福島県立医科大学スキルラボ・きぼう棟の開設とアウトカム基盤型教育への貢献

    諸井陽子, 色摩(亀岡)弥生, 大谷晃司

    福島医学雑誌   70 ( 3 )   195 - 201   2020年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of single green tea ingestion on pharmacokinetics of nadolol in healthy volunteers

    Misaka S, Abe O, Ono T, Ono Y, Ogata H, Miura I, Shikama Y, Fromm MF, Yabe H, Shimomura K.

    Br J Clin Pharmacol   86 ( 11 )   2314 - 2318   2020年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/bcp.14315.

  • Impact of Green Tea Catechin Ingestion on the Pharmacokinetics of Lisinopril in Healthy Volunteers

    Misaka Shingen, Ono Yuko, Uchida Atsushi, Ono Tomoyuki, Abe Osamu,

    Clinical and Translational Science   2020年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Work-life conflict, gender-based discrimination, and their associations among professionals in a medical university and affiliated hospitals in Japan: A cross-sectional study

    Yuko Ono Aya Goto, Yuko Maejima, Ikuko Maruyama, Tomoko Suzuki, Yayoi Shikama, Hiromi Yoshida-Komiya

    Fukushima J Med Sci .   66 ( 1 )   25 - 36   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2020-03

  • Glucocorticoids attenuate the sensitivity of glucocorticoid-resistant lymphoid cells to doxorubicin via reduction in OCTN2

    Mitsuko Akaihata Yayoi Shikama, Yoshiyuki Matsumoto, Tomoyuki Ono, Junko KimuraMitsuaki Hosoya

    Mol Cell Biochem   459 ( 1-2 )   49 - 59   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s11010-019-03549-0

  • 医学部高学年におけるTBL (Team-based Learning)の導入と アクティブラーニングについて

    色摩(亀岡)弥生

    福島医学雑誌   69 ( 1 )   59 - 66   2019年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 医学生のアンプロフェッショナルな行動を防ぐための特別授業の報告: 飲酒と性暴力

    色摩(亀岡)弥生、刑部有祐、大谷晃司

    福島医学雑誌   69 ( 1 )   19 - 30   2019年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 福島県立医科大学の卒業要件OSCE実施報告 ~福島医大スタイル確立までの2016年度・2017年度advanced OSCE~

    色摩(亀岡) 弥生, 安井 清孝, 坂本 信雄, 土屋垣内 晶, 諸井 陽子, 刑部 有祐, 中島 大, 安田 恵, 千葉 靖子, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   68 ( 2 )   113 - 120   2018年8月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of (-)-epigallocatechin gallate in the pharmacokinetic interaction between nadolol and green tea in healthy volunteers.

    Abe Osamu, Ono Tomoyuki, Sato Hideyuki, Müller Fabian, Ogata Hiroshi, Miura Itaru, Shikama Yauoi, Yabe Hirooki, Onoue Satomi, Fromm Matin F, Kimura Junko, Misaka Shingen

    Eur J Clin Pharmacol   74 ( 6 )   775 - 783   2018年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lack of pharmacokinetic interaction between fluvastatin and green tea in healthy volunteers.

    Misaka Shingen, Abe Osamu, Sato Hideyuki, Ono Tomoyuki, Shikama Yayoi, Onoue Ssatomi, Yabe Hirooki, Kimura Junko.

    Eur J Clin Pharmacol   74 ( 5 )   601 - 609   2018年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大学医学部における臨床実習の課題克服に向けて一提案 ~医学部5・6年生が指導した1年生の臨床実習についての検討~

    坂本信雄, 小林淳, 杉本浩一, 色摩(k前岡)弥生, 竹石恭知, 大t内晃司

    福島医学雑誌   68 ( 1 )   47 - 55   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福島県立医科大学の臨床実習改革元年(2016年)の現状報告 ~教員と学生のアンケートによる臨床実習の課題抽出~

    色摩(亀岡)弥生, 安井清孝, 刑部 有祐, 土屋垣内 晶, 中島 大, 安田 恵, 諸井 陽子, 坂本 信雄, 大谷 晃司

    福島医学雑誌   68 ( 1 )   31 - 45   2018年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of (-)-epigallocatechin gallate in the pharmacokinetic interaction between nadolol and green tea in healthy volunteers.

    Abe O, Ono T, Sato H, Müller F, Ogata H, Miura I, Shikama Y, Yabe H, Onoue S, Fromm MF, Kimura J, Misaka S.

    Eur J Clin Pharmacol   2018年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00228-018-2436-2

  • シームレスな地域連携型医学教育について

    亀岡(色摩)弥生

    光が丘   ( 47 )   71 - 72   2018年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Lack of pharmacokinetic interaction between fluvastatin and green tea in healthy volunteers.

    Misaka S, Abe O, Sato H, Ono T, Shikama Y, Onoue S, Yabe H, Kimura J.

    Eur J Clin Pharmacol   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00228-018-2420-x

  • 医学教育変革時代の研究者育成の危機

    色摩弥生

    日本薬理学雑誌   150 ( 6 )   2017年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hmga2 collaborates with JAK2V617F in the development of myeloproliferative neoplasms

    Koki Ueda1, Kazuhiko Ikeda, Takayuki Ikezoe, Kayo Harada-Shirado, Kazuei Ogawa, Yuko Hashimoto, Takahiro Sano, Hiroshi Ohkawara, Satoshi Kimura, Akiko Shichishima-Nakamura, Yuichi Nakamura, Yayoi Shikama, Tsutomu Mori, Philip J Mason, Monica Bessler, Soji Morishita, Norio Komatsu, Kotaro Shide, Kazuya Shimoda, Shuhei Koide, Kazumasa Aoyama, Motohiko Oshima, Atsushi Iwama, Yasuchika Takeishi

    blood advances   1 ( 15 )   1001 - 1015   2017年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanisms of Impaired Neutrophil Migration by MicroRNAs in Myelodysplastic Syndromes.

    Cao M, Shikama Y, Kimura H, Noji H, Ikeda K, Ono T, Ogawa K, Takeishi Y, Kimura J.

    J Immunol   198 ( 5 )   1887 - 1899   2017年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi: 10.4049/jimmunol.1600622

  • Comprehensive technical and patient-care optimization in the management of pediatric apheresis for peripheral blood stem cell harvesting.

    Ohara Y, Ohto H, Tasaki T, Sano H, Mochizuki K, Akaihata M, Kobayashi S, Waragai T, Ito M, Hosoya M, Nollet KE, Ikeda K, Ogawa C, Kanno T, Shikama Y, Kikuta A.

    Transfus Apher Sci.   33 ( 3 )   338 - 343   2016年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi: 10.1016/j.transci.2016.09.014

  • Reduction of c-Fos via Overexpression of miR-34a Results in Enhancement of TNF- Production by LPS in Neutrophils from Myelodysplastic Syndrome Patients.

    Shikama Y, Cao M, Ono T, Feng X, Noji H, Kimura H, Ogawa K, Suzuki Y, Ikeda K, Takeishi Y, Kimura J.

    PLoS One   2016 Aug 11;11(8):e0158527   2016年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : doi: 10.1371/journal.pone.0158527

▼全件表示

書籍等出版物

  • 臨床薬物治療学 疾病の解説と薬の使い方2000

    医療薬学研究協議会( 範囲: 腎性貧血)

    アークメディア  2000年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:546-549   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:七島勉、色摩弥生   出版地:東京都千代田区  

  • 臨床医 特集 血小板の臨床

    ( 範囲: 血小板輸血の問題点)

    中外医学社  1999年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:50-52   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:色摩弥生、大戸斉   出版地:東京都千代田区  

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Involvement of microRNAs and an RNA-binding protein in impaired stabilization of FOS mRNA under translation arrest in myelodysplastic syndrome-derived neutrophils.

    第87回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • 分化に伴う遺伝子発現解析のための好中球前駆細胞の分化段階別分画採取法の確立と応用

    研究連携セミナーポスター発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

  • Impaired stabilization of FOS mRNA in myelodysplastic syndrome-derived neutrophils.

    第75回日本血液学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

  • 骨髄異形成症候群患者好中球におけるFOS mRNA安定化不全へのmiRNAの関与

    第64回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

  • ニコチンによる神経のNa+/Ca2+交換輸送体の蛋白質発現量増加の機序

    喫煙科学財団平成24年度女性研究発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

  • Impairment of FOS mRNA stabilization following translation arrest in granulocytes from myelodysplastic syndrome pations

    第86回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  • Impairment of HuR-Mediated FOS mRNA Stabilization in Granulocytes from Myelodysplastic Syndrome Patients.

    The 55th American Society of Hematology Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

  • Impaired FOS mRNA stabilization via AU-rich element-binding protein HuR in granulocytes from myelodysplastic syndrome patients

    福島医学会第436回学術研究集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Mechanism of impaired FOS mRNA induction by emetine in granulocytes from myelodysplastic syndrome patients

    第74回日本血液学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

  • Impairment of emetine-induced FOS mRNA stabilization in granulocytes from myelodysplastic syndrome patients

    第63回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

  • FOS induction by emetine via p38MAPK and RNA-binding protein HuR in human granulocytes

    The 85th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • Increase in exhaled NO by oral arginine in subjects with a history of allergy

    第85回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  • p38 MAPK-mediated transcription and HuR-associated mRNA stabilization in FOS induction by emetine in human granulocytes

    第34回分子生物学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

  • Mechanism ofimmediate early gene FOS induction by emetin in human granulocytes

    第62回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

  • Involvement of RNA-binding protein HuR in c-Fos mRNA stabilization by emetin in human granulocytes

    The 84th annual meeting of the Japanese Pharmacology Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • Dopamin potentiates Na+/Ca2+ exchanger expression in NGF-differentiatiated PC12 cells

    第84回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  • 長期ニコチン受容体刺激により誘発されるNa+/Ca2+交換輸送体の変化

    「長期ニコチン受容体刺激により誘発される生体機能変化」発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

  • Impaired c-fos induction by emetin in granulocytes from myelodysplastic syndrome patients

    The 72nd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  • 長期ニコチン受容体刺激により誘発されるNa+/Ca2+輸送体の変化

    第25回平成21年度助成研究発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

  • 発現ベクターpIREShyg2依存的に誘導されるnonsense-mediated mRNA decayの遺伝子発現に 対する影響

    日本生化学会東北支部 第76回例会・シンポジウム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

  • Differentiation-related gene expression in neutrophils from myelodysplastic syndrome patients

    The 83rd Annual Meeting of The Japanese Pharmacology Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • Impaired c-Fos induction by emetin in neutrophils from myelodysplastic syndrome patients

    The 83rd Annual Meeting of The Japanese Pharmacology Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  • Diversity in the efficiency of NMD among NMD-sensitive mRNA

    第82回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

  • Effects of nonsense-mediated mRNA decay on gene expression in myelodysplastic syndromes

    第71回日本血液学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

  • 骨髄異形成症候群患者の好中球分化に伴う遺伝子発現調節異常の解析

    第70回日本血液学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

  • ナンセンスコドン複数保有フレームシフト産物に対するnonsense-mediated mRNA decay活性の検討

    第81回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  • ナンセンスコドンを複数保有するフレームシフト産物に対するnonsense-mediated mRNA decay活性の検討

    第30回日本分子生物学会年会代80回日本生化学会年会合同大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

  • 好中球に発現するサバイビンアイソフォームはGM-CSF/G-CSFによるアポトーシス抑制に関与しない

    第69回日本血液学会第49回日本臨床血液学合同総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

  • mRNAサーベイランス機構によるナンセンスコドン複数保有スプライスバリアント分解活性の解析

    第69回日本血液学会第49回日本臨床血液学会合同総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

  • Nonsense-mediated mRNA decayによるナンセンスコドン複数保有のスプライスバリアント分解活性の解析

    第58回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

  • 長期ニコチン受容体刺激により誘発されるNa+/Ca2+交換輸送体の変化

    第22回平成18年度喫煙科学研究財団助成研究発表会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

  • No contribution of survivin to GM-CSF/G-CSF-induced anti-apoptotic effects on terminally differentiated neutrophils

    第80回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • Survivin is not involved in GM-CSF/G-CSF-induced survival of neutrophilic granulocyte

    第28回循環基礎フォーラム  

      詳細を見る

    開催年月日: 2007年

  • GM-CSF受容体ナンセンスコドン保有スプライスバリアントに対するmRNAサーベイラインス機構の作用

    第68回日本血液学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • GM-CSFによるsurvivin誘導とその好中球アポトーシス抑制における役割の検討

    第68回日本血液学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Effects of a nonsense-medaited mRNA decay inhibitor on a splice variant with PTCs

    The 79th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • Lineage-specific surviving induction by GM-CSF

    The 79th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society  

      詳細を見る

    開催年月日: 2006年

  • 骨髄異形成症候群例のGM-CSF受容体beta鎖splice variant増加に対するnonsense-mediated mRNA decayの役割

    第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Effects of alternative splicing and nonsense-mediated mRNA decay on the expression of a variant of GM-CSF receptor beta chain in myelodysplastic syndromes

    The 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes  

      詳細を見る

    開催年月日: 2005年

  • Nurturing professional identity formation through early clinical exposure to non-healthcare professionals

    The virtual conference AMEE 2021  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • Concept maps as an adjunct in the assessment of medical interview skills in English for Japanese students

    The virtual conference AMEE 2021  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • 福島県内の臨床研修医の研修開始時点での臨床能力自己評価

    第53回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月 - 2021年8月

  • 日本人学生に能動的議論参加を促すグループ討論会の試み

    第53回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • Cross-cultural constructions of unprofessional behaviour: a Qmethod pilot study

    第53回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • コロナ禍に対応したオンラインの「早期臨床体験実習」

    第53回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • オンライン地域体験実習を通して醸成されるプロフェッショナリズムに関する検討

    第53回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • Transformation of concept maps as a strategy for remote assessment in Japanese medical education

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • 地域体験実習を通して醸成されるプロフェッショナリズムに関する検討

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Concept mapping as a novel adjunct to the assessment of Japanese medical students in English

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • Moodleを活用した臨床実習の双方向性評価システムの構築

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • コミュニケーション講義が医学生のコミュニケーションをお行う自信に与える影響

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • タトゥシールを用いた身体診察模擬患者へのムラージュ

    第52回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  • 早期臨床体験実習のバックヤード見学が学生に与える影響

    第51回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • コミュニケーション講義が医学生のコミュニケーションを行う自信に与える影響

    第51回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 臨床実習へのモデル・コア・カリキュラムの活用と自己評価表の導入~国際認証受審に向けた本学の取り組み~

    第51回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 鑑別疾患想起能力に対する症候論講義とTBL授業の比較

    第51回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 医学部におけるチーム基盤型学習(TBL)の導入に関する全国調査

    第51回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 「大学教員にとっての研究 ~医学研究と教育研究の経験から~」

    福島医学会第476回学術研究集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • 臨床実習72週化に伴うスキルラボ利用の変化

    第12回東北シミュレーション医学医療教育研究会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

  • 地域実習における視聴覚教材の検討

    第50回医学教育学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

  • 医学部1年生地域実習におけるディスカッションベースド発表会

    第49回日本医学教育学会大会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

  • Effects of Prednisolone on expression of drug uptake transporters in lymphoid tumor cells

    第90 回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • Mechanisms of impaired neutrophil migration by microRNAs in myelodysplastic syndromes

    第90回日本薬理学会年会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  • Impaired neutrophil migration resulting from miR-34a and miR-155 overexpressed in neutrophils from myelodysplastic syndrome patients

    The 57th American Society of Hematology Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • Excessive TNF-alpha production resulting from reduction of c-fos via aberrant expression of miR-34a in neutrophils from myelodysplastic syndrome patients

    The 57th American Society of Hematology Annual Meeting  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

  • Cao Maiwan, Shikama Yayoi, Kimura Junko

    第77回日本血液学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • 骨髄異形成症候群患者の好中球におけるc-Fos減少に基づくTNFalphaの過剰産生

    第77回日本血液学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

  • miR-34a targets Cdc42 activator DOCK8 and miR-155 targets Cdc42 activator FGD4 or Rac1 to impair neutrophil migration in MDS

    第66回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 酸化ストレス下のTNF-α産生に対するc-fosの抑制作用

    第66回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • miR-34aとmiR-155過剰発現が好中球機能に及ぼす影響

    第65回日本薬理学会北部会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 好中球における遺伝子発現異常を手掛かりにした骨髄異形成症候群の病態解明へのアプローチ

    筑波大学 北アフリカ研究センター 研究室セミナー  

      詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 骨髄異形成症候群の無効造血に対する分子標的治療に向けての基礎的検討

    2014年4月 - 2017年3月

    色摩(亀岡)弥生、木村秀夫

      詳細を見る

    骨髄異形成症候群患者の血球において、ストレス刺激時のc-Fos誘導不全を見出した。無効造血を解除/制御する分子標的療法確立を目指して、様々なストレス(酸化ストレス, ERストレス, 放射線被曝)時のc-FosのNF-kB過活性回避作用とその機序を明かにする

  • 骨髄異形成症候群の血球機能不全に対する治療標的機構の解明

    2011年4月 - 2013年3月

    色摩(亀岡)弥生、木村秀夫

      詳細を見る

    骨髄異形成症候群患者の好中球におけるc-Fos誘導不全のメカニズムを明らかにし、その責任分子を同定した。

  • sgRNAによるPNHクローンの拡大抑制に関する基礎的検討

    2010年4月 - 2013年3月

    七島 勉、色摩弥生

  • 骨髄異形成症候群におけるc-fos誘導不全に対するScenescence(細胞老化)の関与の検討

    2008年9月 - 現在

    色摩弥生、七島勉、野地秀義、阿久津和子、木村秀夫

  • 骨髄異形成症候群の好中球分化に伴う遺伝子発現異常とその機序の解明

    2007年4月 - 現在

    色摩弥生、七島勉、小川一英、野地秀義、木村秀夫

  • 骨髄異形成症候群における好中球分化に伴うGM-CSF受容体発現低下とその機序の解明

    2006年4月 - 現在

    胡慧媛、七島勉、池田和彦、丸山幸夫、木村秀夫

▼全件表示