菊田 敦 (キクタ アツシ)

KIKUTA Atsushi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

小児血液・腫瘍学、造血幹細胞移植、顆粒球輸血

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1437

研究室FAX

024-547-1443

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   附属病院   小児腫瘍内科   教授

  • 兼務   附属病院   小児腫瘍内科   小児腫瘍部門長

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  博士(医学) 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児血液・がん学会  日本国

  • 日本造血細胞移植学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

  • 血液内科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 難治性小児がんに対する同種造血幹細胞移植を用いた新しい治療法の開発

     

  • HLA不適合移植の臨床応用

     

  • 顆粒球輸血

     

  • 小児血液・悪性腫瘍疾患の病態解明と治療開発

     

  • 小児輸血学

    顆粒球輸血

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Phase II study of vincristine, actinomycin-D, cyclophosphamide and irinotecan for patients with newly diagnosed low-risk subset B rhabdomyosarcoma: A study protocol.

    Miyachi M, Tsuchiya K, Hosono A, Ogawa A, Koh K, Kikuta A, Hara J, Teramukai S, Hosoi H.

    Medicine (Baltimore)  98 (52) e18344   2019年12月

    共著 

    DOI

  • Nationwide survey of pediatric hypodiploid acute lymphoblastic leukemia in Japan.

    Ishimaru S, Okamoto Y, Imai C, Sakaguchi H, Taki T, Hasegawa D, Cho Y, Kakuda H, Sano H, Manabe A, Imamura T, Kato M, Arakawa Y, Shimonodan H, Sato A, Suenobu S, Inukai T, Watanabe A, Kawano Y, Kikuta A, Horibe K, Ohara A, Koh K.

    Pediatrics International  61 (11) 1103 - 1108   2019年11月

    共著 

    DOI

  • Results of a prospective clinical trial JN-L-10 using image-defined risk factors to inform surgical decisions for children with low-risk neuroblastoma disease: A report from the Japan Children's Cancer Group Neuroblastoma Committee.

    Iehara T, Yoneda A, Yokota I, Takahashi H, Teramukai S, Kamijyo T, Nakazawa A, Takimoto T, Kikuta A, Yagyu S, Ikeda H, Nakagawara A, Tajiri T; Japan Childhood Cancer Group Neuroblastoma Committee (JNBSG).

    Pediatric Blood & Cancer  66 (11) e27914   2019年11月

    共著 

    DOI

  • Bortezomib-containing therapy in Japanese children with relapsed acute lymphoblastic leukemia.

    Hasegawa D, Yoshimoto Y, Kimura S, Kumamoto T, Maeda N, Hara J, Kikuta A, Kada A, Kimura T, Iijima-Yamashita Y, Saito AM, Horibe K, Manabe A, Ogawa C.

    International Journal of Hematology  110 (5) 627 - 634   2019年11月

    共著 

    DOI

  • Pneumorrhachis in children: A report of two cases and review of the literature.

    Yaginuma K, Watanabe M, Saito Y, Takahashi N, Ohara Y, Kobayashi S, Mochizuki K, Suyama K, Sato M, Sano H, Hashimoto K, Kikuta A, Hosoya M.

    Radiology Case Reports  14 (11) 1325 - 1329   2019年09月

    共著 

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 造血細胞移植ガイドライン SOS/TA-TMA

    平成28学会年度日本造血細胞移植学会ガイドライン委員会編

    日本造血細胞移植学会  2017年09月 

    池添 隆之, 菊田 敦, 薬師神 公和 

  • 小児輸血学

    (担当範囲:12-g.顆粒球輸血) (担当ページ:227-238)

    中外医学社  2006年 

    菊田 敦  東京

  • 小児輸血学

    (担当範囲:造血幹細胞移植の輸血) (担当ページ:252-260)

    中外医学社  2006年 

    菊田 敦  東京

  • 血液フロンティア

    株式会社医薬ジャーナル社 (担当範囲:【HLA半合致移植の現状】 2.小児のHLA半合致移植) (担当ページ:1687-1694)

    株式会社医薬ジャーナル社  2017年11月 

    菊田 敦  大阪

  • スタンダード 輸血検査テキスト 第3版

    認定輸血検査技師制度協議会カリキュラム委員会 (担当範囲:Ⅴ章 血液製剤の適応と管理・供給 A-輸血用血液製剤 3.顆粒球輸血) (担当ページ:188-193)

    医歯薬出版株式会社  2017年09月 

    菊田 敦  東京

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 癌免疫微小環境における腫瘍特異的細胞傷害性T細胞誘導メカニズムの解明

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  望月 一弘  連携研究者:  菊田 敦, 他

  • 国内の小児血友病A患者を対象とした遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc融合タンパク質(rFVIIIFc)製剤の有用性を検討する多施設観察研究(Fc Adolescent and Children Treatment study (FACTs))

    企業からの受託研究

    研究期間: 2019年02月 ~ 2022年12月 

    連携研究者:  菊田 敦, 他

  • 移植片におけるドナーT細胞の分化・成熟段階の違いが同種造血細胞移植後の免疫反応を中心とした主要アウトカムに与える影響

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  望月 一弘  連携研究者:  菊田 敦, 他

  • 小児がんレジストリーを用いた転移性肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験

    補助・助成

    研究期間: 2017年05月 ~ 2022年03月 

    代表者:  檜山 英三  連携研究者:  菊田 敦, 他

  • 小児再発・難治性白血病に対する低用量抗胸腺細胞免疫グロブリンを用いたT細胞充満HLAハプロ移植の多施設共同非盲検無対照試験

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  菊田 敦  連携研究者:  佐野 秀樹, 望月 一弘, 小林 正悟, 他

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 帽状腱膜下血腫を契機に診断された軽症型血友病A

    第132回日本小児科学会福島地方会 

    2019年11月
     
     

  • 異所性胸腺による頸部腫瘤例

    第132回日本小児科学会福島地方会 

    2019年11月
     
     

  • Stricture of common bile duct as a late-onset complication after postnatal resection of neuroblastoma: A case report

    第61回日本小児血液・がん学会学術集会 

    2019年11月
     
     

  • 当科における小児がん陽子線治療の病院間連携について

    第61回日本小児血液・がん学会学術集会 

    2019年11月
     
     

  • コイル塞栓術及びインターフェロンα療法にて救命し得たKasabach-Merritt症候群の一例

    第61回日本小児血液・がん学会学術集会 

    2019年11月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小児がん臨床研究

    大学等の研究機関との共同研究を希望する 

    多施設共同臨床研究

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児血液・がん学会

    理事

    2013年12月
    -
    継続中

  • 日本造血細胞移植学会

    評議員