佐治 重衡 (サジ シゲヒラ)

SAJI Shigehira

写真a

職名

主任教授

研究室電話

024-547-1511

研究室FAX

024-547-1514

ホームページ

http://www.onco.fmu.ac.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(臨床医学系)   腫瘍内科学講座   主任教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  医学部  その他  日本国  1992年

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 乳癌に対する薬物療法(ホルモン療法)を専門とし、この領域における研究・臨床試験・治験・診療活動に従事してきた。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Subgroup analysis of Japanese patients in a phase III randomized, controlled study of neoadjuvant atezolizumab or placebo, combined with nab-paclitaxel and anthracycline-based chemotherapy in early triple-negative breast cancer (IMpassion031).

    Saji S, Ohsumi S, Ito M, Hayashi N, Kobayashi K, Masuda N, Niikura N, Yamashita T, Kiyama K, Hasegawa A, Nakagawa S, Hattori M.

    Jpn J Clin Oncol.    hyac098   2022年06月

    共著 

    DOI

  • Correction to: Validation of a nuclear grading system for resected stage I-IIIA, high-risk, node-negative invasive breast carcinoma in the N·SAS-BC 01 trial.

    Tsuda H, Kurosumi M, Akiyama F, Ohno S, Saji S, Masuda N, Shimomura A, Sato N, Takao S, Ohsumi S, Tokuda Y, Inaji H, Watanabe T.

    .Breast Cancer.  29 (4) 730   2022年06月

    共著 

    DOI

  • Validation of a nuclear grading system for resected stage I-IIIA, high-risk, node-negative invasive breast carcinoma in the N·SAS-BC 01 trial.

    Tsuda H, Kurosumi M, Akiyama F, Ohno S, Saji S, Masuda N, Shimomura A, Sato N, Takao S, Ohsumi S, Tokuda Y, Inaji H, Watanabe T.

    Breast Cancer.  29 (4) 720 - 729   2022年06月

    共著 

    DOI

  • Factors associated with overall survival after recurrence in patients with ER-positive/HER2-negative postmenopausal breast cancer: an ad hoc analysis of the JBCRG-C06 Safari study.

    Kawaguchi H, Yamamoto Y, Saji S, Masuda N, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ito Y, Ohtani S, Sato N, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita H, Yamashita T, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S.

    Jpn J Clin Oncol.  52 (6) 545 - 553   2022年05月

    共著 

    DOI

  • Switch maintenance endocrine therapy plus bevacizumab after bevacizumab plus paclitaxel in advanced or metastatic oestrogen receptor-positive, HER2-negative breast cancer (BOOSTER): a randomised, open-label, phase 2 trial.

    Saji S, Taira N, Kitada M, Takano T, Takada M, Ohtake T, Toyama T, Kikawa Y, Hasegawa Y, Fujisawa T, Kashiwaba M, Ishida T, Nakamura R, Yamamoto Y, Toh U, Iwata H, Masuda N, Morita S, Ohno S, Toi M.

    Lancet Oncol.  23 (5) 636 - 649   2022年05月

    共著 

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2022年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2022年06月  ISBN: 978-4-307-20442-2

  • 乳癌診療ガイドライン ①治療編 2022年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2022年06月  ISBN: 978-4-307-20441-5

    佐治重衡(診療ガイドライン委員会 副委員長、患者向けガイドライン小委員会 委員長) 

  • 入門腫瘍内科学 改訂第3版

    日本臨床腫瘍学会

    南江堂  2020年 

    佐治重衡(編集委員会 委員) 

  • 入門腫瘍内科学 改訂第3版

    日本臨床腫瘍学会 (担当範囲:6.がん薬物療法 D内分泌療法) (担当ページ:119-121)

    南江堂  2020年 

    徳田恵美、佐治重衡 

  • 乳腺腫瘍学 第3版

    日本乳癌学会 (担当範囲:4 術後内分泌療法) (担当ページ:241-250)

    金原出版  2020年 

    佐治重衡 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本国内における進行・再発乳癌患者レジストリ構築-Advanced Breast Cancer Database プロジェクト

    第30回日本乳癌学会総会 

    2022年07月
     
     

  • 乳癌補助療法における自動投与デバイスによるペグフィルグラ スチム投与の安全性評価試験(第Ⅰ相試験)

    第30回日本乳癌学会総会 

    2022年06月
    -
    2022年08月

  • 日本乳癌学会編 乳癌診療ガイドライン/患者さんのための乳癌診療ガイドラインの役割とその変遷

    第65回日本形成外科学会総会・学術総会 

    2022年04月
     
     

  • HLA遺伝子型を用いた免疫関連有害事象のナルコレプシー発症のリスク評価

    第119回日本内科学会総会 

    2022年04月
     
     

  • 免疫チェックポイント阻害薬を用いた乳癌術前治療の戦略ポイント

    第122回日本外科学会定期学術集会 

    2022年04月
     
     

全件表示 >>