2024/05/24 更新

写真a

サジ シゲヒラ
佐治 重衡
SAJI Shigehira
所属
医学部(臨床医学系) 腫瘍内科学講座 主任教授
職名
主任教授

学歴

  • 岐阜大学   医学部

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 福島県立医科大学   主任教授

    2017年2月 - 現在

論文

  • Treatment patterns and clinical outcomes in patients with metastatic triple-negative breast cancer: a large-scale data analysis using the Japanese claims database.

    Kimura T, Takami T, Piao Y, Ntalla I, Saji S.

    Breast Cancer Res Treat.   2024年5月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10549-024-07273-2.

  • Trastuzumab deruxtecan for human epidermal growth factor receptor 2-low advanced or metastatic breast cancer: recommendations from the Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines.

    Hattori M, Honma N, Nagai S, Narui K, Shigechi T, Ozaki Y, Yoshida M, Sakatani T, Sasaki E, Tanabe Y, Tsurutani J, Takano T, Saji S, Masuda S, Horii R, Tsuda H, Yamaguchi R, Toyama T, Yamauchi C, Toi M, Yamamoto Y.

    Breast Cancer.   31 ( 3 )   335 - 339   2024年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-024-01550-0.

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for Breast Cancer, 2022 Edition: changes from the 2018 edition and general statements on breast cancer treatment.

    Yamamoto Y, Yamauchi C, Toyama T, Nagai S, Sakai T, Kutomi G, Yoshimura M, Kawai M, Ohtani S, Kubota K, Nakashima K, Honma N, Yoshida M, Tokunaga E, Taira N, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 3 )   340 - 346   2024年5月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-024-01566-6.

    DOI : 10.1007/s12282-024-01589-z.

  • The Japanese breast cancer society clinical practice guidelines for radiation treatment of breast cancer, 2022 edition.

    Yoshimura M, Yamauchi C, Sanuki N, Hamamoto Y, Hirata K, Kawamori J, Kawamura M, Ogita M, Yamamoto Y, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 3 )   347 - 357   2024年5月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-024-01568-4.

  • Real-world data of HER2-negative early breast cancer patients treated with anthracycline and/or taxane regimens in Japan.

    Shimomura A, Sagara Y, Koto R, Fujiwara M, Kanemura Y, Kitagawa H, Saji S.

    Breast Cancer.   2024年4月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-024-01572-8.

  • Treatment patterns, healthcare resource utilization and outcomes for early stage triple-negative breast cancer in Japan.

    Sanno H, Taniguchi K, Yoshimoto Y, Saji S

    Future Oncol.   20 ( 13 )   833 - 849   2024年4月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2217/fon-2023-0960.

  • Protecting the Brain: Novel Strategies for Preventing Breast Cancer Brain Metastases through Selective Estrogen Receptor β Agonists and In Vitro Blood-Brain Barrier Models.

    Kirchner J, Völker E, Shityakov S, Saji S, Förster CY.

    Int J Mol Sci   25 ( 6 )   3379   2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/ijms25063379.

  • 進行・再発乳癌に対する治療成績の向上について

    佐治重衡

    癌と化学療法.   51 ( 3 )   250 - 253   2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Japanese Breast Cancer Society clinical practice guidelines for epidemiology and prevention of breast cancer, 2022 edition.

    Kawai M, Ohtani S, Iwasaki M, Yamamoto S, Takamatsu K, Okamura H, Arai M, Nomura T, Ozaki S, Shibata KI, Akabane A, Motoi F, Yamauchi C, Yamamoto Y, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 2 )   166 - 178   2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01531-9.

  • 2020 Annual Report of National Clinical Database-Breast Cancer Registry: 10-year mortality of elderly breast cancer patients in Japan.

    Sagara Y, Kumamaru H, Niikura N, Miyashita M, Konishi T, Iwamoto T, Sanuki N, Tanakura K, Nagahashi M, Hayashi N, Yoshida M, Kinukawa N, Watanabe C, Toi M, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 2 )   179 - 184   2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01532-8.

  • Survival trends and patient characteristics between 2004 and 2016 for breast cancer in Japan based on the National Clinical Database-Breast Cancer Registry.

    Iwamoto T, Kumamaru H, Niikura N, Sagara Y, Miyashita M, Konishi T, Sanuki N, Tanakura K, Nagahashi M, Hayashi N, Yoshida M, Watanabe C, Kinukawa N, Toi M, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 2 )   185 - 194   2024年3月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-024-01545-x.

  • First-Line Ipatasertib, Atezolizumab, and Taxane Triplet for Metastatic Triple-Negative Breast Cancer: Clinical and Biomarker Results.

    Schmid P, Turner NC, Barrios CH, Isakoff SJ, Kim SB, Sablin MP, Saji S, Savas P, Vidal GA, Oliveira M, O'Shaughnessy J, Italiano A, Espinosa E, Boni V, White S, Rojas B, Freitas-Junior R, Chae Y, Bondarenko I, Lee J, Torres Mattos C, Martinez Rodriguez JL, Lam L, Jones S, Reilly SJ, Huang X, Shah K, Dent R.

    Clin Cancer Res.   30 ( 4 )   767 - 778   2024年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1158/1078-0432.CCR-23-2084.

  • Risk factors for late recurrence and postrelapse survival in estrogen receptor (ER)-positive, human epidermal growth factor receptor (HER) 2-negative breast cancer after 5 years of endocrine therapy.

    Ito M, Amari M, Sato A, Hikichi M, Sakamoto A, Yamazaki A, Saji S.

    Breast   73   103604   2024年2月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.breast.2023.103604.

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for surgical treatment of breast cancer, 2022 edition.

    Sakai T, Kutomi G, Shien T, Asaga S, Aruga T, Ishitobi M, Kuba S, Sawaki M, Terata K, Tomita K, Yamauchi C, Yamamoto Y, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 1 )   1 - 7   2024年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01510-0.

  • Changes in cell-free DNA after short-term palbociclib and fulvestrant treatment for advanced or metastatic hormone receptor-positive and human epidermal growth factor 2-negative breast cancer.

    Iwamoto T, Niikura N, Watanabe K, Takeshita T, Kikawa Y, Kobayashi K, Iwakuma N, Okamura T, Tada H, Ozaki S, Okuno T, Toh U, Yamamoto Y, Tsuneizumi M, Ishiguro H, Masuda N, Saji S.

    Breast Cancer Res Treat.   203 ( 2 )   225 - 234   2024年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s10549-023-07144-2.

  • Annual report of the Japanese Breast Cancer Registry for 2019.

    Miyashita M, Kumamaru H, Niikura N, Sagara Y, Konishi T, Iwamoto T, Sanuki N, Tanakura K, Nagahashi M, Hayashi N, Yoshida M, Watanabe C, Kinukawa N, Toi M, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 1 )   16 - 23   2024年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01526-6.

  • The Japanese breast cancer society clinical practice guidelines for pathological diagnosis of breast cancer, 2022 edition.

    Honma N, Yoshida M, Kinowaki K, Horii R, Katsurada Y, Murata Y, Shimizu A, Tanabe Y, Yamauchi C, Yamamoto Y, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   31 ( 1 )   8 - 15   2024年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01518-6.

  • Patritumab Deruxtecan (HER3-DXd), a Human Epidermal Growth Factor Receptor 3-Directed Antibody-Drug Conjugate, in Patients With Previously Treated Human Epidermal Growth Factor Receptor 3-Expressing Metastatic Breast Cancer: A Multicenter, Phase I/II Trial.

    Krop IE, Masuda N, Mukohara T, Takahashi S, Nakayama T, Inoue K, Iwata H, Yamamoto Y, Alvarez RH, Toyama T, Takahashi M, Osaki A, Saji S, Sagara Y, O'Shaughnessy J, Ohwada S, Koyama K, Inoue T, Li L, Patel P, Mostillo J, Tanaka Y, Sternberg DW, Sellami D, Yonemori K.

    J Clin Oncol.   41 ( 36 )   5550 - 5560   2023年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1200/JCO.23.00882.

  • A risk-based subgroup analysis of the effect of adjuvant S-1 in estrogen receptor-positive, HER2-negative early breast cancer.

    Takada M, Imoto S, Ishida T, Ito Y, Iwata H, Masuda N, Mukai H, Saji S, Ikeda T, Haga H, Saeki T, Aogi K, Sugie T, Ueno T, Ohno S, Ishiguro H, Kanbayashi C, Miyamoto T, Hagiwara Y, Toi M.

    Breast Cancer Res Treat.   202 ( 3 )   485 - 496   2023年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s10549-023-07099-4.

  • TROPION-Breast02: Datopotamab deruxtecan for locally recurrent inoperable or metastatic triple-negative breast cancer.

    Dent RA, Cescon DW, Bachelot T, Jung KH, Shao ZM, Saji S, Traina TA, Vukovic P, Mapiye D, Maxwell MJ, Schmid P, Cortés J.

    Future Oncol.   19 ( 35 )   2349 - 2359   2023年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2217/fon-2023-0228.

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2022 edition.

    Terada M, Ito A, Kikawa Y, Koizumi K, Naito Y, Shimoi T, Ishihara M, Yamanaka T, Ozaki Y, Hara F, Nakamura R, Hattori M, Miyashita M, Kondo N, Yoshinami T, Takada M, Matsumoto K, Narui K, Sasada S, Iwamoto T, Hosoda M, Takano Y, Oba T, Sakai H, Murakami A, Higuchi T, Tsuchida J, Tanabe Y, Shigechi T, Tokuda E, Harao M, Kashiwagi S, Mase J, Watanabe J, Nagai SE, Yamauchi C, Yamamoto Y, Iwata H, Saji S, Toyama T.

    Breast Cancer.   30 ( 6 )   872 - 884   2023年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01505-x.

  • Analysis of prognosis in different subtypes of invasive lobular carcinoma using the Japanese National Cancer Database-Breast Cancer Registry.

    Adachi Y, Asaga S, Kumamaru H, Kinugawa N, Sagara Y, Niikura N, Jinno H, Saji S, Toi M.

    Breast cancer research and treatment   201 ( 3 )   397 - 408   2023年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s10549-023-07022-x.

  • Fulvestrant with or without anti-HER2 therapy in patients in a postmenopausal hormonal state and with ER-positive HER2-positive advanced or metastatic breast cancer: A subgroup analysis of data from the Safari study (JBCRG-C06).

    Masuyama M, Masuda N, Kawaguchi H, Yamamoto Y, Saji S, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ohtani S, Sato N, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita T, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S.

    Cancer Med.   12 ( 17 )   17718 - 17730   2023年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/cam4.6390.

  • Alcohol consumption and breast cancer prognosis after breast cancer diagnosis: a systematic review and meta‑analysis of the Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guideline, 2022 edition.

    Nomura T, Kawai M, Fukuma Y, Koike Y, Ozaki S, Iwasaki M, Yamamoto S, Takamatsu K, Okamura H, Arai M, Ootani S, Iwata H, Saji S.

    Breast Cancer.   30 ( 4 )   519 - 530   2023年7月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-023-01455-4.

  • Postoperative Adjuvant Anastrozole for 10 or 5 Years in Patients With Hormone Receptor-Positive Breast Cancer: AERAS, a Randomized Multicenter Open-Label Phase III Trial.

    Iwase T, Saji S, Iijima K, Higaki K, Ohtani S, Sato Y, Hozumi Y, Hasegawa Y, Yanagita Y, Takei H, Tanaka M, Masuoka H, Tanabe M, Egawa C, Komoike Y, Nakamura T, Ohtsu H, Mukai H.

    J Clin Oncol.   41 ( 18 )   3329 - 3338   2023年6月( ISSN:0732-183X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1200/JCO.22.00577

    PubMed

  • Capivasertib in Hormone Receptor-Positive Advanced Breast Cancer.

    Turner NC, Oliveira M, Howell SJ, Dalenc F, Cortes J, Gomez Moreno HL, Hu X, Jhaveri K, Krivorotko P, Loibl S, Morales Murillo S, Okera M, Park YH, Sohn J, Toi M, Tokunaga E, Yousef S, Zhukova L, de Bruin EC, Grinsted L, Schiavon G, Foxley A, Rugo HS; CAPItello-291 Study Group.

    N Engl J Med.   388 ( 22 )   2058 - 2070   2023年6月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1056/NEJMoa2214131.

  • Fulvestrant plus palbociclib in advanced or metastatic hormone receptor-positive/human epidermal growth factor receptor 2-negative breast cancer after fulvestrant monotherapy: Japan Breast Cancer Research Group-M07 (FUTURE trial).

    Watanabe K, Niikura N, Kikawa Y, Oba M, Kobayashi K, Tada H, Ozaki S, Toh U, Yamamoto Y, Tsuneizumi M, Okuno T, Iwakuma N, Takeshita T, Iwamoto T, Ishiguro H, Masuda N, Saji S

    Breast cancer research and treatment   199 ( 2 )   253 - 263   2023年6月( ISSN:0167-6806

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s10549-023-06911-5

    PubMed

  • The review of clinical study JBCRG-ABCD project

    Cancer Board of the Breast   7 ( 2 )   67 - 67   2023年5月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.34449/J0096.07.02_0067-0067

  • Claudin-4-adhesion signaling drives breast cancer metabolism and progression via liver X receptor β.

    Murakami-Nishimagi Y, Sugimoto K, Kobayashi M, Tachibana K, Kojima M, Okano M, Hashimoto Y, Saji S, Ohtake T, Chiba H

    25 ( 1 )   41   2023年4月( ISSN:1465-5411

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1186/s13058-023-01646-z

    PubMed

  • 血管肉腫の同胞発症がみられた1家系

    勝部暢介, 佐治重衡, 岡野舞子, 石野淳, 高橋昌一, 後藤政広, 牛尼美年子, 菅 野康吉, 吉田輝彦, 野水整

    遺伝性腫瘍   22 ( 4 )   106 - 111   2023年3月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.18976/jsht.22.4_106

  • Retrospective study on the effectiveness of medroxyprogesterone acetate in the treatment of ER-positive/HER2-negative post-menopausal advanced breast cancer: an additional analysis of the JBCRG-C06 Safari study.

    Kawaguchi H, Yamamoto Y, Saji S, Masuda N, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ohtani S, Sato N, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita T, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S.

    Jpn J Clin Oncol   53 ( 3 )   203 - 211   2023年3月( ISSN:0368-2811

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyac184

    PubMed

  • E3 Ubiquitin Ligase NEDD4 Affects Estrogen Receptor α Expression and the Prognosis of Patients with Hormone Receptor-Positive Breast Cancer

    Natori Y, Suga J, Tokuda E, Tachibana K, Imai J, Honma R, Azami Y, Noda M, Sasaki E, Watanabe S, Ohtake T, Saji S.

    Cancers   15 ( 2 )   539   2023年1月( ISSN:2072-6694

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/cancers15020539

    PubMed

  • Efficacy and exploratory biomarker analysis of entinostat plus exemestane in advanced or recurrent breast cancer: phase II randomized controlled trial.

    Iwata H, Nakamura R, Masuda N, Yamashita T, Yamamoto Y, Kobayashi K, Tsurutani J, Iwasa T, Yonemori K, Tamura K, Aruga T, Tokunaga E, Kaneko K, Lee MJ, Yuno A, Kawabata A, Seike T, Kaneda A, Nishimura Y, Trepel JB, Saji S.

    Jpn J Clin Oncol   53 ( 1 )   4 - 15   2023年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyac166.

  • 【がん免疫療法の診断と治療の現状と展望】がん抗体療法の進歩 乳がんHER2抗体薬物複合体などの抗体療法の現状と進歩

    名取 穣, 佐治 重衡

    Vita   40 ( 1 )   37 - 41   2023年1月( ISSN:0915-1028

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  • Successful management of pelvic recurrence of MSI-High endometrial cancer by total pelvic exenteration followed by administration of pembrolizumab:A case report.

    Kojima M, Soeda S, Okabe C, Sato T, Kamo N, Ueda M, Endo Y, Nomura S, Tokuda E, Furukawa S, Kataoka M, Fujita S, Saji S, Watanabe T, Fujimori K.

    Fukushima J Med Sci.   68 ( 3 )   191 - 195   2022年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.5387/fms.2022-10.

  • Subgroup analysis of Japanese patients in a phase III randomized, controlled study of neoadjuvant atezolizumab or placebo, combined with nab-paclitaxel and anthracycline-based chemotherapy in early triple-negative breast cancer (IMpassion031).

    Saji S, Ohsumi S, Ito M, Hayashi N, Kobayashi K, Masuda N, Niikura N, Yamashita T, Kiyama K, Hasegawa A, Nakagawa S, Hattori M.

    Jpn J Clin Oncol.   52 ( 10 )   1124 - 1133   2022年10月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyac098.

  • Patient-reported outcomes from a randomized trial of neoadjuvant atezolizumab-chemotherapy in early triple-negative breast cancer.

    Barrios CH, Saji S, Harbeck N, Zhang H, Jung KH, Patel S, Patel S, Duc AN, Liste-Hermoso M, Chui SY, Mittendorf EA

    NPJ Breast Cancer.   8 ( 1 )   108   2022年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41523-022-00457-3.

  • Pertuzumab retreatment for HER2-positive advanced breast cancer: A randomized, open-label phase III study (PRECIOUS).

    Yamamoto Y, Iwata H, Taira N, Masuda N, Takahashi M, Yoshinami T, Ueno T, Toyama T, Yamanaka T, Takano T, Kashiwaba M, Tsugawa K, Hasegawa Y, Tamura K, Tada H, Hara F, Fujisawa T, Niikura N, Saji S, Morita S, Toi M, Ohno S.

    Cancer Sci.   113 ( 9 )   3169 - 3179   2022年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/cas.15474.

  • Prognostic Role of Carcinoembryonic Antigen and Carbohydrate Antigen 19-9 in Stage IV Colorectal Cancer.

    Kawamura H, Honda M, Takano Y, Kinuta S, Kamiga T, Saji S, Kono K.

    Anticancer Res.   42 ( 8 )   3921 - 3928   2022年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.21873/anticanres.15886.

  • Validation of a nuclear grading system for resected stage I-IIIA, high-risk, node-negative invasive breast carcinoma in the N·SAS-BC 01 trial.

    Tsuda H, Kurosumi M, Akiyama F, Ohno S, Saji S, Masuda N, Shimomura A, Sato N, Takao S, Ohsumi S, Tokuda Y, Inaji H, Watanabe T

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   29 ( 4 )   720 - 729   2022年7月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

  • Factors associated with overall survival after recurrence in patients with ER-positive/HER2-negative postmenopausal breast cancer: an ad hoc analysis of the JBCRG-C06 Safari study.

    Kawaguchi H, Yamamoto Y, Saji S, Masuda N, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ito Y, Ohtani S, Sato N, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita H, Yamashita T, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S.

    Jpn J Clin Oncol.   52 ( 6 )   545 - 553   2022年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyac022.

  • Switch maintenance endocrine therapy plus bevacizumab after bevacizumab plus paclitaxel in advanced or metastatic oestrogen receptor-positive, HER2-negative breast cancer (BOOSTER): a randomised, open-label, phase 2 trial.

    Saji S, Taira N, Kitada M, Takano T, Takada M, Ohtake T, Toyama T, Kikawa Y, Hasegawa Y, Fujisawa T, Kashiwaba M, Ishida T, Nakamura R, Yamamoto Y, Toh U, Iwata H, Masuda N, Morita S, Ohno S, Toi M.

    Lancet Oncol.   23 ( 5 )   636 - 649   2022年5月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/S1470-2045(22)00196-6.

  • Evaluation of a novel medical device for pegfilgrastim administration.

    Aruga T, Doihara H, Yanagita Y, Ishida T, Yamashita T, Uehara K, Taira T, Tsurutani J, Takeshita T, Tsuyuki S, Kaneko K, Ohtake T, Yamaguchi Y, Hara Y, Saji S.

    Cancer Sci.   113 ( 5 )   1763 - 1770   2022年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1111/cas.15335.

  • Immune microenvironment, homologous recombination deficiency, and therapeutic response to neoadjuvant chemotherapy in triple-negative breast cancer: Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)22 TR

    Ueno T, Kitano S, Masuda N, Ikarashi D, Yamashita M, Chiba T, Kadoya T, Bando H, Yamanaka T, Ohtani S, Nagai S, Nakayama T, Takahashi M, Saji S, Aogi K, Velaga R, Kawaguchi K, Morita S, Haga H, Ohno S, Toi M.

    BMC Med.   20 ( 1 )   136   2022年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12916-022-02332-1.

  • A rare case of recurrent ovarian cancer with TPM3-NTRK1 gene rearrangement: A case report.

    Endo Y, Watanabe T, Saito M, Saito K, Suzuki R, Sano H, Natori Y, Sasaki E, Ueda M, Kamo N, Furukawa S, Soeda S, Kono K, Saji S, Fujimori K.

    Mol Clin Oncol   16 ( 4 )   90   2022年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3892/mco.2022.2523.

  • Japan Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guidelines 2017 for fertility preservation in childhood, adolescent, and young adult cancer patients: part 1.

    Harada M, Kimura F, Takai Y, Nakajima T, Ushijima K, Kobayashi H, Satoh T, Tozawa A, Sugimoto K, Saji S, Shimizu C, Akiyama K, Bando H, Kuwahara A, Furui T, Okada H, Kawai K, Shinohara N, Nagao K, Kitajima M, Suenobu S, Soejima T, Miyachi M, Miyoshi Y, Yoneda A, Horie A, Ishida Y, Usui N, Kanda Y, Fujii N, Endo M, Nakayama R, Hoshi M, Yonemoto T, Kiyotani C, Okita N, Baba E, Muto M, Kikuchi I, Morishige KI, Tsugawa K, Nishiyama H, Hosoi H, Tanimoto M, Kawai A, Sugiyama K, Boku N, Yonemura M, Hayashi N, Aoki D, Osuga Y, Suzuki N.

    Int J Clin Oncol.   27 ( 2 )   265 - 280   2022年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-021-02081-w.

    PubMed

  • Japan Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guidelines 2017 for fertility preservation in childhood, adolescent, and young adult cancer patients: part 2.

    Tozawa A, Kimura F, Takai Y, Nakajima T, Ushijima K, Kobayashi H, Satoh T, Harada M, Sugimoto K, Saji S, Shimizu C, Akiyama K, Bando H, Kuwahara A, Furui T, Okada H, Kawai K, Shinohara N, Nagao K, Kitajima M, Suenobu S, Soejima T, Miyachi M, Miyoshi Y, Yoneda A, Horie A, Ishida Y, Usui N, Kanda Y, Fujii N, Endo M, Nakayama R, Hoshi M, Yonemoto T, Kiyotani C, Okita N, Baba E, Muto M, Kikuchi I, Morishige KI, Tsugawa K, Nishiyama H, Hosoi H, Tanimoto M, Kawai A, Sugiyama K, Boku N, Yonemura M, Hayashi N, Aoki D, Suzuki N, Osuga Y

    Int J Clin Oncol.   27 ( 2 )   281 - 300   2022年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-021-02076-7.

    DOI : 10.1007/s10147-022-02137-5.

  • Ipatasertib plus paclitaxel for PIK3CA/AKT1/PTEN-altered hormone receptor-positive HER2-negative advanced breast cancer: primary results from cohort B of the IPATunity130 randomized phase 3 trial.

    Turner N, Dent RA, O'Shaughnessy J, Kim SB, Isakoff SJ, Barrios C, Saji S, Bondarenko I, Nowecki Z, Lian Q, Reilly SJ, Hinton H, Wongchenko MJ, Kovic B, Mani A, Oliveira M.

    Breast cancer research and treatment   191 ( 3 )   565 - 576   2022年2月( ISSN:0167-6806

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10549-021-06450-x

    PubMed

  • ESMO 2021 meeting report 1)乳がん

    佐治重衡

    腫瘍内科   29 ( 2 )   226 - 231   2022年2月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trends in adjuvant therapy after breast-conserving surgery for ductal carcinoma in situ of breast: a retrospective cohort study using the National Breast Cancer Registry of Japan.

    Yotsumoto D, Sagara Y, Kumamaru H, Niikura N, Miyata H, Kanbayashi C, Tsuda H, Yamamoto Y, Aogi K, Kubo M, Tamura K, Hayashi N, Miyashita M, Kadoya T, Saji S, Toi M, Imoto S, Jinno H

    Breast Cancer.   29 ( 1 )   1 - 8   2022年1月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-021-01307-z.

    PubMed

  • Trend in Cancer incidence and mortality in Fukushima between 2008 and 2015.

    Shibata A, Saji S, Kamiya K, Yasumura S.

    J Epidemiol.   31 ( 12 )   653 - 659   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.2188/jea.JE20200202.

    PubMed

  • The tale of TILs in breast cancer: A report from The International Immuno-Oncology Biomarker Working Group

    El Bairi K., Haynes H.R., Blackley E., Fineberg S., Shear J., Turner S., de Freitas J.R., Sur D., Amendola L.C., Gharib M., Gharib M., Kallala A., Arun I., Azmoudeh-Ardalan F., Fujimoto L., Liu S.W., Lien H.C., Lien H.C., Kirtani P., Balancin M., El Attar H., Yang W., Yang W., Chen I.C., Chen I.C., Bautista V., Do Prado Moura J.F., Castaneda C., Spengler E., Acosta-Haab G., Frahm I., Sanchez J., Castillo M., Bouchmaa N., Md Zin R.R., Shui R., Onyuma T., Yang W., Husain Z., Willard-Gallo K., Coosemans A., Perez E.A., Provenzano E., Ericsson P.G., Richardet E., Mehrotra R., Sarancone S., Ehinger A., Rimm D.L., Bartlett J.M.S., Viale G., Denkert C., Hida A.I., Sotiriou C., Loibl S., Hewitt S.M., Badve S., Symmans W.F., Kim R.S., Pruneri G., Goel S., Francis P.A., Inurrigarro G., Yamaguchi R., Garcia-Rivello H., Horlings H., Afqir S., Salgado R., Adams S., Kok M., Dieci M.V., Michiels S., Demaria S., Loi S., El Bairi K., Turner S., Sua L.F., Liu S.W., Guleria P., Shash E.

    NPJ Breast Cancer.   7 ( 1 )   150   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI : 10.1038/s41523-021-00346-1

  • CDK4 及び6 阻害薬アベマシクリブの乳癌における開発

    増田慎三, 佐治重衡, 川口耕, 陳祐晟, 大野真司

    癌と化学療法.   48 ( 12 )   1475 - 1483   2021年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase 1 trial of entinostat as monotherapy and combined with exemestane in Japanese patients with hormone receptor-positive advanced breast cancer.

    Masuda N, Tamura K, Yasojima H, Shimomura A, Sawaki M, Lee MJ, Yuno A, Trepel J, Kimura R, Nishimura Y, Saji S, Iwata H.

    BMC Cancer.   21 ( 1 )   1269 - 1269   2021年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12885-021-08973-4.

    PubMed

  • Clinical Impact of Primary Tumor Site in Stage IV Colorectal Cancer: A Statewide Cohort Study.

    Kawamura H, Honda M, Takiguchi K, Kamiga T, Saito K, Muto A, Shiraso S, Yamashita N, Iwao T, Saji S, Kono K, Konno S.

    Anticancer Research   41 ( 11 )   5693 - 5702   2021年11月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.21873/anticanres.15385.

    PubMed

  • Systemic therapy and prognosis of older patients with stage II/III breast cancer: A large-scale analysis of the Japanese Breast Cancer Registry.

    Yamada A, Kumamaru H, Shimizu C, Taira N, Nakayama K, Miyashita M, Honma N, Miyata H, Endo I, Saji S, Sawaki M

    European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   154   157 - 166   2021年9月( ISSN:0959-8049

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.ejca.2021.06.006

    PubMed

  • 早期乳がんに対する2つのCDK4/6阻害薬 第Ⅲ相臨床試験の結果から:PALLAS試験とmonarchE試験

    名取 穣, 佐治 重衡

    がん分子標的治療   19 ( 1 )   112 - 115   2021年9月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chromosomal translocation t(11;14) and p53 deletion induced by the CRISPR/Cas9 system in normal B cell-derived iPS cells.

    Azami Y, Tsuyama N, Abe Y, Sugai-Takahashi M, Kudo KI, Ota A, Sivasundaram K, Muramatsu M, Shigemura T, Sasatani M, Hashimoto Y, Saji S, Kamiya K, Hanamura I, Ikezoe T, Onodera M, Sakai A

    Scientific reports   11 ( 1 )   5216   2021年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1038/s41598-021-84628-5

    PubMed

  • Recommendations for the management of breast cancer patients during the COVID-19 pandemic from the Japan Breast Cancer Society.

    Kawate T, Yoshida A, Sugae S, Asaga S, Kaise H, Saji S, Yamauchi C, Miyoshi Y, Yamauchi H, Ishikawa T

    Breast cancer   28 ( 2 )   247 - 253   2021年3月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s12282-020-01214-9

    PubMed

  • Relationships between pathological factors and long-term outcomes in patients enrolled in two prospective randomized controlled trials comparing the efficacy of oral tegafur-uracil with CMF (N·SAS-BC 01 trial and CUBC trial).

    Ohno S, Saji S, Masuda N, Tsuda H, Akiyama F, Kurosumi M, Shimomura A, Sato N, Takao S, Ohsumi S, Tokuda Y, Inaji H, Watanabe T, Ohashi Y

    Breast cancer research and treatment   186 ( 1 )   135 - 147   2021年2月( ISSN:0167-6806

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s10549-020-06018-1

    PubMed

  • Clinicopathological characteristics, practical treatments, prognosis, and clinical issues of older breast cancer patients in Japan.

    Sawaki M, Yamada A, Kumamaru H, Miyata H, Nakayama K, Shimizu C, Miyashita M, Honma N, Taira N, Saji S

    Breast cancer   28 ( 1 )   1 - 8   2021年1月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s12282-020-01188-8

    PubMed

  • Adjuvant S-1 plus endocrine therapy for oestrogen receptor-positive, HER2-negative, primary breast cancer: a multicentre, open-label, randomised, controlled, phase 3 trial.

    Toi M, Imoto S, Ishida T, Ito Y, Iwata H, Masuda N, Mukai H, Saji S, Shimizu A, Ikeda T, Haga H, Saeki T, Aogi K, Sugie T, Ueno T, Kinoshita T, Kai Y, Kitada M, Sato Y, Jimbo K, Sato N, Ishiguro H, Takada M, Ohashi Y, Ohno S

    The Lancet. Oncology   22 ( 1 )   74 - 84   2021年1月( ISSN:1470-2045

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1016/S1470-2045(20)30534-9

    PubMed

  • Neoadjuvant atezolizumab in combination with sequential nab-paclitaxel and anthracycline-based chemotherapy versus placebo and chemotherapy in patients with early-stage triple-negative breast cancer (IMpassion031): a randomised, double-blind, phase 3 trial.

    Mittendorf EA, Zhang H, Barrios CH, Saji S, Jung KH, Hegg R, Koehler A, Sohn J, Iwata H, Telli ML, Ferrario C, Punie K, Penault-Llorca F, Patel S, Duc AN, Liste-Hermoso M, Maiya V, Molinero L, Chui SY, Harbeck N.

    Lancet.   396 ( 10257 )   1090 - 1100   2020年10月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/S0140-6736(20)31953-X.

  • Risk of immunotherapy-related narcolepsy in genetically predisposed patients: a case report of narcolepsy after administration of pembrolizumab.

    Natori Y, Sasaki E, Soeda S, Furukawa S, Azami Y, Tokuda E, Kanbayashi T, Saji S.

    Journal for immunotherapy of cancer   8 ( 2 )   e001164 - e001164   2020年10月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1136/jitc-2020-001164

    PubMed

  • 談論 がんゲノム医療の現状について

    佐治 重衡

    福島県病院協会会報   111   3 - 5   2020年6月

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trastuzumab, pertuzumab, and eribulin mesylate versus trastuzumab, pertuzumab, and a taxane as a first-line or second-line treatment for HER2-positive, locally advanced or metastatic breast cancer: study protocol for a randomized controlled, non-inferiority, phase III trial in Japan (JBCRG-M06/EMERALD).

    Yamashita T, Masuda N, Saji S, Araki K, Ito Y, Takano T, Takahashi M, Tsurutani J, Koizumi K, Kitada M, Kojima Y, Sagara Y, Tada H, Iwasa T, Kadoya T, Iwatani T, Hasegawa H, Morita S, Ohno S

    Trials   21 ( 1 )   391   2020年5月

      詳細を見る

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for systemic treatment of breast cancer, 2018 edition.

    Shimoi T, Nagai SE, Yoshinami T, Takahashi M, Arioka H, Ishihara M, Kikawa Y, Koizumi K, Kondo N, Sagara Y, Takada M, Takano T, Tsurutani J, Naito Y, Nakamura R, Hattori M, Hara F, Hayashi N, Mizuno T, Miyashita M, Yamashita N, Yamanaka T, Saji S, Iwata H, Toyama T.

    Breast Cancer.   27 ( 3 )   322 - 331   2020年5月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-020-01085-0.

    その他リンク : https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85104674091&origin=inward

  • Factors associated with prolonged overall survival in patients with postmenopausal estrogen receptor-positive advanced breast cancer using real-world data: a follow-up analysis of the JBCRG-C06 Safari study.

    Kawaguchi H, Masuda N, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ito Y, Ohtani S, Sato N, Saji S, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita H, Yamashita T, Yamamoto Y, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   27 ( 3 )   389 - 398   2020年5月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI : 10.1007/s12282-019-01029-3

    PubMed

  • Pan-Asian adapted ESMO Clinical Practice Guidelines for the management of patients with early breast cancer: a KSMO-ESMO initiative endorsed by CSCO, ISMPO, JSMO, MOS, SSO and TOS

    Park Y H, Senkus-Konefka E, Im S A, Pentheroudakis G, Saji S, Gupta S, Iwata H, Mastura MY, Dent R, Lu YS, Yin Y, Smruti BK, Toyama T, Malwinder S, Lee SC, Tseng LM, Kim JH, Kim TY, Suh KJ, Cardoso F, Yoshino T, Douillard JY

    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   31 ( 4 )   451 - 469   2020年4月( ISSN:09237534

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.annonc.2020.01.008

    PubMed

  • Pertuzumab, Trastuzumab, and Docetaxel for HER2-positive Metastatic Breast Cancer (CLEOPATRA): End-Of-Study Results From a Double-Blind, Randomised, Placebo-Controlled, Phase 3 Study

    Swain SM, Miles D, Kim SB, Im YH, Im SA, Semiglazov V, Ciruelos E, Schneeweiss A, Loi S, Monturus E, Clark E, Knott A, Restuccia E, Benyunes MC, Cortés J; CLEOPATRA study group

    Lancet Oncol.   21 ( 4 )   519 - 530   2020年4月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/S1470-2045(19)30863-0

  • Breast Cancer Provider Interval Length in Fukushima, Japan, After the 2011 Triple Disaster: A Long-Term Retrospective Study.

    Ozaki A, Nomura S, Leppold C, Tsubokura M, Sawano T, Tsukada M, Morita T, Tanimoto T, Saji S, Kato S, Yamaoka K, Nakata Y, Ohira H

    Clinical breast cancer   20 ( 2 )   e127 - e150   2020年4月( ISSN:1526-8209

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.clbc.2019.07.008

    PubMed

  • CYP2D6 Genotype-Guided Tamoxifen Dosing in Hormone Receptor-Positive Metastatic Breast Cancer (TARGET-1): A Randomized, Open-Label, Phase II Study.

    Tamura K, Imamura CK, Takano T, Saji S, Yamanaka T, Yonemori K, Takahashi M, Tsurutani J, Nishimura R, Sato K, Kitani A, Ueno NT, Mushiroda T, Kubo M, Fujiwara Y, Tanigawara Y.

    Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   36 ( 6 )   558 - 566   2020年2月( ISSN:0732-183X

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1200/JCO.19.01412

    PubMed

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guideline for radiation treatment of breast cancer, 2018 edition.

    Yamauchi C, Yoshimura M, Sekiguchi K, Hamamoto Y, Nakajima N, Sanuki N, Ogo E, Oguchi M, Saji S, Iwata H.

    Breast Cancer.   27 ( 1 )   9 - 16   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-019-01019-5

    DOI : 10.1007/s12282-021-01255-8

    その他リンク : https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85106334028&origin=inward

  • The Japanese Breast Cancer Society clinical practice guidelines for surgical treatment of breast cancer, 2018 edition.

    Inokuchi M, Kutomi G, Kijima Y, Sakai T, Sawaki M, Shien T, Hanamura N, Yano K, Wada N, Saji S, Iwata H.

    Breast Cancer.   27 ( 1 )   4 - 8   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-019-01030-w

    DOI : 10.1007/s12282-021-01256-7.

    その他リンク : https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85106244306&origin=inward

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines for Breast Cancer Screening and Diagnosis, 2018 Edition.

    Uematsu T, Nakashima K, Kikuchi M, Kubota K, Suzuki A, Nakano S, Hirokaga K, Yamaguchi K, Saji S, Iwata H.

    Breast Cancer.   27 ( 1 )   17 - 24   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-019-01025-7.

    DOI : 10.1007/s12282-021-01251-y.

    その他リンク : https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85105994728&origin=inward

  • The Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guidelines, 2018 edition: the tool for shared decision making between doctor and patient.

    Iwata H, Saji S, Ikeda M, Inokuchi M, Uematsu T, Toyama T, Horii R, Yamauchi C.

    Breast Cancer.   27 ( 1 )   1 - 3   2020年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-019-01021-x

    DOI : 10.1007/s12282-021-01253-w

    その他リンク : https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85106326178&origin=inward

  • Cluster of differentiation 8 and programmed cell death ligand 1 expression in triple-negative breast cancer combined with autosomal dominant polycystic kidney disease and tuberous sclerosis complex: a case report.

    Gonda K, Akama T, Nakamura T, Hashimoto E, Kyoya N, Rokkaku Y, Maejima Y, Horita S, Tachibana K, Abe N, Ohtake T, Shimomura K, Kono K, Saji S, Takenoshita S, Higashihara E

    Journal of medical case reports   13 ( 1 )   381   2019年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13256-019-2274-6

    PubMed

  • 【新しい抗体薬;ADC】乳がんに対するADC

    名取 穣, 佐治 重衡

    がん分子標的治療   17 ( 2 )   128 - 132   2019年12月( ISSN:1347-6955

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Characteristics of adverse events of endocrine therapies among older patients with breast cancer.

    Honma N, Makita M, Saji S, Mikami T, Ogata H, Horii R, Akiyama F, Iwase T, Ohno S

    Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   27 ( 10 )   3813 - 3822   2019年10月( ISSN:0941-4355

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s00520-019-04674-8

    PubMed

  • Distinct gene expression profiles between primary breast cancers and brain metastases from pair-matched samples.

    Iwamoto T, Niikura N, Ogiya R, Yasojima H, Watanabe KI, Kanbayashi C, Tsuneizumi M, Matsui A, Fujisawa T, Iwasa T, Shien T, Saji S, Masuda N, Iwata H

    Scientific reports   9 ( 1 )   13343-1 - 13343-8   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-019-50099-y

    PubMed

  • Neoadjuvant exemestane or exemestane plus docetaxel and cyclophosphamide tailored by clinicopathological response to 12 weeks' exemestane exposure in patients with estrogen receptor-positive breast cancer: A multicenter, open-label, phase II study.

    Sato N, Masuda N, Morimoto T, Ueno T, Kanbayashi C, Kaneko K, Yasojima H, Saji S, Sasano H, Morita S, Ohno S, Toi M.

    Cancer medicine   8 ( 12 )   5468 - 5481   2019年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/cam4.2423

    PubMed

  • 【エストロゲン受容体陽性転移乳癌の薬物療法】CDK4/6阻害薬

    徳田 恵美, 佐治 重衡

    日本内分泌外科学会誌   36 ( 2 )   101 - 106   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【医薬品副作用学(第3版)上-薬剤の安全使用アップデート-】薬効群別副作用 抗がん薬ホルモン療法薬(乳癌・前立腺癌・子宮体癌のホルモン療法薬)

    名取 穣, 佐治 重衡

    日本臨床   77 ( 増刊 3 )   94 - 99   2019年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MLH1 germline mutation associated with Lynch syndrome in a family followed for more than 45 years.

    Momma T, Gonda K, Akama Y, Endo E, Ujiie D, Fujita S, Maejima Y, Horita S, Shimomura K, Saji S, Kono K, Yashima R, Watanabe F, Sugano K, Nomizu T

    BMC medical genetics   20 ( 1 )   67 - 67   2019年5月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12881-019-0792-0

    PubMed

  • 誌上ディベート 40歳以上の閉経前ホルモン受容体陽性乳癌患者の術後ホルモン治療にLHRH-Aは併用すべきか「すべきである」とする立場から

    阿左見 祐介, 佐治 重衡

    Cancer Board of the Breast   5 ( 1 )   40 - 45   2019年3月( ISSN:2189-356X

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Changes in Recurrence Score by neoadjuvant endocrine therapy of breast cancer and their prognostic implication.

    Ueno T, Saji S, Masuda N, Iwata H, Kuroi K, Sato N, Takei H, Yamamoto Y, Ohno S, Yamashita H, Hisamatsu K, Aogi K, Sasano H, Toi M

    ESMO open   4 ( 1 )   e000476   2019年2月( ISSN:2059-7029

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1136/esmoopen-2018-000476

    PubMed

  • Differential Involvement of Autophagy and Apoptosis in Response to Chemoendocrine and Endocrine Therapy in Breast Cancer: JBCRG-07TR.

    Ueno T, Masuda N, Kamigaki S, Morimoto T, Saji S, Imoto S, Sasano H, Toi M

    International journal of molecular sciences   20 ( 4 )   E984-1 - E984-13   2019年2月( ISSN:16616596

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3390/ijms20040984

    PubMed

  • Long isoform of VEGF stimulates cell migration of breast cancer by filopodia formation via NRP1/ARHGAP17/Cdc42 regulatory network.

    Kiso M, Tanaka S, Saji S, Toi M, Sato F

    International journal of cancer   143 ( 11 )   2905 - 2918   2018年12月( ISSN:0020-7136

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/ijc.31645

    PubMed

  • Progesterone receptor expression in proliferating cancer cells of hormone-receptor-positive breast cancer.

    Ueno T, Saji S, Chiba T, Kamma H, Isaka H, Itoh H, Imi K, Miyamoto K, Tada M, Sasano H, Toi M, Imoto S

    Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine   40 ( 10 )   1 - 10   2018年11月( ISSN:1010-4283

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1177/1010428318811025

    PubMed

  • Estradiol promotes rapid degradation of HER3 in ER-positive breast cancer cell line MCF-7.

    Suga J, Izumiyama K, Tanaka N, Saji S

    Biochemistry and biophysics reports   16   103 - 109   2018年10月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1016/j.bbrep.2018.10.008

    PubMed

  • Poland syndrome accompanied by internal iliac artery supply disruption sequence: a case report.

    Gonda K, Tachiya Y, Hatakeyama Y, Momma T, Tamaoki T, Maejima Y, Rokkaku Y, Saji S, Shimomura K, Kono K

    Journal of medical case reports   12 ( 1 )   312   2018年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13256-018-1823-8

    PubMed

  • 大腸癌再発症例にAfliberceptを投与しPRを得た症例.

    権田 憲士, 藤田 正太郎, 柴田 昌彦, 畠山 優一, 立谷 陽介, 六角 裕一, 佐瀬 善一郎, 門馬 智之, 大木 進司, 佐治 重衡, 河野 浩二.

    癌と化学療法   45 ( 10 )   1539 - 1542   2018年10月( ISSN:03850684

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A randomized, open-label, Phase III trial of pertuzumab retreatment in HER2-positive locally advanced/metastatic breast cancer patients previously treated with pertuzumab, trastuzumab and chemotherapy: the Japan Breast Cancer Research Group-M05 PRECIOUS study.

    Yamamoto Y, Iwata H, Ueno T, Taira N, Kashiwaba M, Takahashi M, Tada H, Tsugawa K, Toyama T, Niikura N, Hara F, Fujisawa T, Yoshinami T, Saji S, Takano T, Masuda N, Morita S, Toi M, Ohno S

    Japanese journal of clinical oncology   48 ( 9 )   855 - 859   2018年9月( ISSN:0368-2811

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyy097

    PubMed

  • Development of a prognostic nomogram for metastatic colorectal cancer patients: The study protocol of a multicenter, retrospective, observational, cohort study

    Kawamura H., Honda M., Takiguchi K., Kamiga T., Saito K., Yamazaki S., Muto A., Shiraso S., Yamashita N., Iwao T., Saji S., Kono K.

    Annals of Cancer Research and Therapy   26 ( 2 )   116 - 119   2018年8月( ISSN:13446835

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.4993/acrt.26.116

  • The long and winding road for overcoming resistance to hormone therapy in breast cancer.

    Saji S

    Breast cancer   25 ( 4 )   377 - 378   2018年7月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-018-0876-2

    PubMed

  • Neoadjuvant endocrine therapy with exemestane followed by response-guided combination therapy with low-dose cyclophosphamide in postmenopausal patients with estrogen receptor-positive breast cancer: A multicenter, open-label, phase II study.

    Sato N, Masuda N, Morimoto T, Ueno T, Kanbayashi C, Kaneko K, Yasojima H, Saji S, Sasano H, Morita S, Ohno S, Toi M

    Cancer medicine   7 ( 7 )   3044 - 3056   2018年7月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/cam4.1600

    PubMed

  • Impact of physiological hormonal fluctuations on 18F-fluorodeoxyglucose uptake in breast cancer.

    Miyake KK, Nakamoto Y, Saji S, Sugie T, Kurihara K, Kanao S, Ikeda DM, Toi M, Togashi K

    Breast cancer research and treatment   169 ( 3 )   437 - 446   2018年6月( ISSN:0167-6806

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10549-018-4711-4

    PubMed

  • 【明日を拓く乳がん診療-新たなチームアプローチ】 チームで支える乳がんの内分泌療法

    佐治 重衡

    日本医師会雑誌   147 ( 3 )   495 - 499   2018年6月( ISSN:0021-4493

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【乳癌-診断・治療の最新知見-】 乳癌の治療 乳癌の薬物療法 内分泌療法 内分泌療法と分子標的薬の併用

    村上 祐子, 立花 和之進, 大竹 徹, 佐治 重衡

    日本臨床   76 ( 5 )   760 - 767   2018年5月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional differences in advanced gastric cancer: exploratory analyses of the AVAGAST placebo arm.

    Sawaki Akira, Yamada Yasuhide, Yamaguchi Kensei, Nishina Tomohiro, Doi Toshihiko, Satoh Taroh, Chin Keisho, Boku Narikazu, Omuro Yasushi, Komatsu Yoshito, Hamamoto Yasuo, Koizumi Wasaburo, Saji Shigehira, Shah Manish A., Van Cutsem Eric, Kang Yoon-Koo, Iwasaki Junko, Kuriki Hiroshi, Ohtsuka Wataru, Ohtsu Atsushi

    Gastric Cancer   21 ( 3 )   429 - 438   2018年5月( ISSN:1436-3291

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10120-017-0773-y.

  • The relationship between serum E2 levels and recurrence in premenopausal, ER-positive breast cancer patients: A retrospective study.

    Takuwa H, Saji S, Takada M, Takahara S, Yamauchi A

    Breast disease   37 ( 4 )   185 - 190   2018年3月( ISSN:0888-6008

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.3233/BD-170307

    PubMed

  • Impact of clinical response to neoadjuvant endocrine therapy on patient outcomes: a follow-up study of JFMC34-0601 multicentre prospective neoadjuvant endocrine trial.

    Ueno T, Saji S, Masuda N, Kuroi K, Sato N, Takei H, Yamamoto Y, Ohno S, Yamashita H, Hisamatsu K, Aogi K, Iwata H, Yamanaka T, Sasano H, Toi M

    3 ( 2 )   e000314   2018年2月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1136/esmoopen-2017-000314

    PubMed

  • Factors Associated With Prolonged Time to Treatment Failure With Fulvestrant 500 Mg in Patients With Post-Menopausal Estrogen Receptor-Positive Advanced Breast Cancer: A Sub-Group Analysis of the JBCRG-C06 Safari Study

    Kawaguchi H, Masuda N, Nakayama T, Aogi K, Anan K, Ito Y, Ohtani S, Sato N, Saji S, Takano T, Tokunaga E, Nakamura S, Hasegawa Y, Hattori M, Fujisawa T, Morita S, Yamaguchi M, Yamashita H, Yamashita T, Yamamoto Y, Yotsumoto D, Toi M, Ohno S.

    Curr Med Res Opin.   34 ( 1 )   49 - 54   2018年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1080/03007995.2017.1400426.

  • A Case of Squamous Cell Carcinoma of Unknown Primary that Responded to the Multi-Tyrosine Kinase Inhibitor Lenvatinib.

    Kimura-Tsuchiya R, Sasaki E, Nakamura I, Suzuki S, Kawana S, Okouchi C, Fukushima T, Hashimoto Y, Suzuki S, Saji S

    Case reports in oncology   11 ( 1 )   75 - 80   2018年1月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1159/000486569

    PubMed

  • Durable complete response in HER2-positive breast cancer: a multicenter retrospective analysis.

    Niikura N, Shimomura A, Fukatsu Y, Sawaki M, Ogiya R, Yasojima H, Fujisawa T, Yamamoto M, Tsuneizumi M, Kitani A, Watanabe J, Matsui A, Takahashi Y, Takashima S, Shien T, Tamura K, Saji S, Masuda N, Tokuda Y, Iwata H

    Breast cancer research and treatment   167 ( 1 )   81 - 87   2018年1月( ISSN:0167-6806

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10549-017-4489-9

    PubMed

  • A phase I/II pharmacokinetics/pharmacodynamics study of irinotecan combined with S-1 for recurrent/metastatic breast cancer in patients with selected UGT1A1 genotypes (the JBCRG-M01 study).

    Ishiguro H, Saji S, Nomura S, Tanaka S, Ueno T, Onoue M, Iwata H, Yamanaka T, Sasaki Y, Toi M

    Cancer medicine   6 ( 12 )   2909 - 2917   2017年12月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1002/cam4.1258

    PubMed

  • 【がん転移学(下)-がん転移のメカニズムと治療戦略:その基礎と臨床-】 再発転移抑制のための周術期治療 乳癌

    木村 礼子, 佐々木 栄作, 野地 秀義, 佐治 重衡

    日本臨床   75 ( 増刊9 )   27 - 31   2017年12月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of immune microenvironments between primary tumors and brain metastases in patients with breast cancer.

    Ogiya R, Niikura N, Kumaki N, Yasojima H, Iwasa T, Kanbayashi C, Oshitanai R, Tsuneizumi M, Watanabe KI, Matsui A, Fujisawa T, Saji S, Masuda N, Tokuda Y, Iwata H

    Oncotarget   8 ( 61 )   103671 - 103681   2017年11月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.18632/oncotarget.22110

    PubMed

  • 【がん診療-内科医が知りたい30のエッセンス】内科医が知りたい主ながん種の知識 診断から治療まで 乳がん 再発・転移乳がんの診断・治療について教えてください

    佐治 重衡

    Medicina   54 ( 8 )   1246 - 1249   2017年7月( ISSN:0025-7699

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Breast cancer patient delay in Fukushima, Japan following the 2011 triple disaster: a long-term retrospective study.

    Ozaki A, Nomura S, Leppold C, Tsubokura M, Tanimoto T, Yokota T, Saji S, Sawano T, Tsukada M, Morita T, Ochi S, Kato S, Kami M, Nemoto T, Kanazawa Y, Ohira H

    BMC cancer   17 ( 1 )   423   2017年6月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12885-017-3412-4

    PubMed

  • Outcomes of fulvestrant therapy among japanese women with advanced breast cancer: a retrospective multicenter cohort study (JBCRG-C06; Safari)

    Kawaguchi H., Masuda N., Nakayama T., Aogi K., Anan K., Ito Y., Ohtani S., Sato N., Saji S., Tokunaga E., Nakamura S., Hasegawa Y., Hattori M., Fujisawa T., Morita S., Yamaguchi M., Yamashita T., Yamamoto Y., Ohno S., Toi M.

    Breast Cancer Research and Treatment   163 ( 3 )   545 - 554   2017年6月( ISSN:01676806

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10549-017-4212-x

  • 【黄体ホルモンup to date】 乳腺疾患と黄体ホルモン

    阿部 宣子, 佐治 重衡, 阿部 貞彦, 野田 勝, 岡野 舞子, 立花 和之進, 吉田 清香, 大竹 徹

    産婦人科の実際   66 ( 5 )   619 - 624   2017年5月( ISSN:0558-4728

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Estrogen-Related Factors in the Frontal Lobe of Alzheimer's Disease Patients and Importance of Body Mass Index.

    Honma N, Saji S, Mikami T, Yoshimura N, Mori S, Saito Y, Murayama S, Harada N

    Scientific reports   7 ( 1 )   726   2017年4月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1038/s41598-017-00815-3

    PubMed

  • 【乳癌のすべて】 診断・治療の進歩 再発luminal type乳癌に対するあらたな治療戦略

    立花 和之進, 大竹 徹, 佐治 重衡

    医学のあゆみ   261 ( 5 )   473 - 477   2017年4月( ISSN:0039-2359

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【乳癌学-最新の診断と治療-】 乳癌の治療 乳癌の薬物療法と支持療法 内分泌療法 内分泌療法と分子標的治療薬との併用

    佐治 重衡, 木村 礼子, 佐々木 栄作, 野地 秀義

    日本臨床   75 ( 増刊3 )   326 - 331   2017年4月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Circulating cell-free DNA-based epigenetic assay can detect early breast cancer.

    Uehiro N, Sato F, Pu F, Tanaka S, Kawashima M, Kawaguchi K, Sugimoto M, Saji S, Toi M

    Breast cancer research : BCR   18 ( 1 )   129   2016年12月( ISSN:1465-5411

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s13058-016-0788-z

    PubMed

  • 乳腺・内分泌腫瘍 エストロゲンシグナル伝達研究の新時代 シグナル伝達系に関する新規ホルモン療法の開発戦略

    立花 和之進, 大竹 徹, 佐治 重衡

    癌と化学療法   43 ( 13 )   2509 - 2512   2016年12月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【乳がんに対する新しい診断技術と治療戦略】 ホルモン抵抗性乳がんに対する内分泌療法と分子標的薬との併用

    鹿目 将至, 佐治 重衡

    腫瘍内科   18 ( 3 )   214 - 219   2016年9月( ISSN:1881-6568

      詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【乳癌発症リスクとその対策】 女性ホルモンと乳癌

    阿部 宣子, 大竹 徹, 佐治 重衡

    乳癌の臨床   31 ( 3 )   187 - 192   2016年6月( ISSN:0911-2251

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Social isolation and cancer management after the 2011 triple disaster in Fukushima, Japan: A case report of breast cancer with patient and provider delay.

    Ozaki A, Leppold C, Tsubokura M, Tanimoto T, Saji S, Kato S, Kami M, Tsukada M, Ohira H

    Medicine   95 ( 26 )   e4027   2016年6月( ISSN:0025-7974

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1097/MD.0000000000004027

    PubMed

  • 【分子標的治療薬の併用療法の可能性(一部臨床試験ベース)】 乳癌に対する分子標的治療薬の併用療法の可能性

    岡野 舞子, 大竹 徹, 佐治 重衡

    癌と化学療法   43 ( 4 )   398 - 403   2016年4月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of the expression of autophagy-associated marker, beclin 1, in breast cancer patients who received neoadjuvant endocrine therapy.

    Ueno T, Saji S, Sugimoto M, Masuda N, Kuroi K, Sato N, Takei H, Yamamoto Y, Ohno S, Yamashita H, Hisamatsu K, Aogi K, Iwata H, Imoto S, Sasano H, Toi M.

    BMC Cancer.   16 ( 1 )   230   2016年3月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12885-016-2270-9.

  • Joint symptoms and health-related quality of life in postmenopausal women with breast cancer who completed 5 years of anastrozole.

    Yagata H, Ohtsu H, Komoike Y, Saji S, Takei H, Nakamura T, Ohashi Y, Iwase T, Shimozuma K.

    Support Care Cancer.   24 ( 2 )   683 - 689   2016年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • One-point Lesson(第1回) スライドの作り方

    佐治 重衡

    2 ( 1 )   69 - 71   2016年2月( ISSN:2189-356X

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Genomic tumor evolution of breast cancer.

    Sato F, Saji S, Toi M

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   23 ( 1 )   4 - 11   2016年1月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-015-0617-8

    PubMed

  • Molecular diagnostics for precision medicine in breast cancer treatment: what does the future hold?

    Saji S, Kimura-Tsuchiya R, Sasaki E

    Breast cancer (Tokyo, Japan)   23 ( 1 )   1 - 3   2016年1月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-015-0657-0

    PubMed

  • Palbociclib in Hormone-Receptor–Positive Advanced Breast Cancer .

    Ozaki A, Tanimoto T, Saji S.

    N Engl J Med   373 ( 17 )   1672 - 1673   2015年10月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1056/NEJMc1510345.

  • Differences in clinical importance of Bcl-2 in breast cancer according to hormone receptors status or adjuvant endocrine therapy.

    Honma N, Horii R, Ito Y, Saji S, Younes M, Iwase T, Akiyama F

    BMC cancer   15 ( 1 )   698   2015年10月

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1186/s12885-015-1686-y

    PubMed

  • Intensive vs. Standard Post-Operative Surveillance in High-Risk Breast Cancer Patients (INSPIRE): Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1204.

    Hojo T, Masuda N, Mizutani T, Shibata T, Kinoshita T, Tamura K, Hara F, Fujisawa T, Inoue K, Saji S, Nakamura K, Fukuda H, Iwata H

    Japanese journal of clinical oncology   45 ( 10 )   983 - 986   2015年10月( ISSN:0368-2811

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyv110

    PubMed

  • 抗体治療の新展開

    大津 敦, 赤司 浩一, 佐治 重衡, 吉村 清

    がん分子標的治療   13 ( 2 )   224 - 231   2015年7月( ISSN:1347-6955

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological characteristics of breast cancer and trends in the management of breast cancer patients in Japan: Based on the Breast Cancer Registry of the Japanese Breast Cancer Society between 2004 and 2011

    Kurebayashi J., Miyoshi Y., Ishikawa T., Saji S., Sugie T., Suzuki T., Takahashi S., Nozaki M., Yamashita H., Tokuda Y., Nakamura S.

    Breast Cancer   22 ( 3 )   235 - 244   2015年5月( ISSN:13406868

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-015-0599-6

  • 【早期乳がんおよび進行乳がんに対する新しい標準治療の開発】 閉経前ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する術後内分泌療法

    山口 絢音, 佐治 重衡, 戸井 雅和

    腫瘍内科   15 ( 5 )   438 - 443   2015年5月( ISSN:1881-6568

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【生活習慣からみたがん発生・予防】 やせ・肥満と乳がん発生リスク 女性のライフステージ別に異なる可能性について

    鈴木 礼子, 佐治 重衡

    癌と化学療法   42 ( 5 )   525 - 528   2015年5月( ISSN:0385-0684

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combination of molecular-targeted drugs with endocrine therapy for hormone-resistant breast cancer.

    Saji S, Kimura-Tsuchiya R

    International journal of clinical oncology   20 ( 2 )   268 - 72   2015年4月( ISSN:1341-9625

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-015-0799-2

    PubMed

  • 【ますます臨床利用が進む遺伝子検査-その現状と今後の展開そして課題-】 (第2章)分子標的治療のための体細胞遺伝子検査の現況 乳がん

    佐藤 史顕, 佐治 重衡, 戸井 雅和

    遺伝子医学MOOK   ( 28 )   81 - 86   2015年4月( ISSN:1349-2527

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pertuzumab, trastuzumab, and docetaxel in HER2-positive metastatic breast cancer.

    Swain SM, Baselga J, Kim SB, Ro J, Semiglazov V, Campone M, Ciruelos E, Ferrero JM, Schneeweiss A, Heeson S, Clark E, Ross G, Benyunes MC, Cortés J; CLEOPATRA Study Group.

    N Engl J Med.   372 ( 8 )   724 - 734   2015年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1056/NEJMoa1413513.

  • Development of breast cancer therapy: biomarker-driven and response-guided approaches in a neoadjuvant setting.

    Toi M, Masuda N, Ishiguro H, Saji S, Ohno S, Chow LW.

    Int J Biol Markers.   30 ( 2 )   252 - 253   2015年2月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.5301/jbm.5000136.

  • 【分子標的薬耐性メカニズムと対策】 乳癌に対するHER2阻害薬療法耐性の機序と展望

    河口 浩介, 鈴木 栄治, 佐治 重衡

    医学のあゆみ   252 ( 7 )   809 - 813   2015年2月( ISSN:0039-2359

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【抗がん剤の副作用と支持療法-より適切な抗がん剤の安全使用をめざして-】 系統別抗がん剤の副作用 内分泌療法薬 内分泌療法薬の作用機序と副作用 概論

    津田 萌, 石黒 洋, 佐治 重衡

    日本臨床   73 ( 増刊2 )   291 - 297   2015年2月( ISSN:0047-1852

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic factors of HER2-positive breast cancer patients who develop brain metastasis: a multicenter retrospective analysis.

    Hayashi N, Niikura N, Masuda N, Takashima S, Nakamura R, Watanabe K, Kanbayashi C, Ishida M, Hozumi Y, Tsuneizumi M, Kondo N, Naito Y, Honda Y, Matsui A, Fujisawa T, Oshitanai R, Yasojima H, Yamauchi H, Saji S, Iwata H.

    Breast Cancer Res Treat.   149 ( 1 )   277 - 284   2015年1月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s10549-014-3237-7.

  • Ki-67 evaluation at the hottest spot predicts clinical outcome of patients with hormone receptor-positive/HER2-negative breast cancer treated with adjuvant tamoxifen monotherapy

    Honma Naoko, Horii Rie, Iwase Takuji, Saji Shigehira, Younes Mamoun, Ito Yoshinori, Akiyama Futoshi

    Breast cancer   22 ( 1 )   71 - 78   2015年1月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-013-0455-5.

  • 総説論文というもの(エッセイ)

    佐治重衡.

    日本癌病態治療研究会誌.   21 ( 1 )   47 - 48   2015年

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proportion of estrogen or progesterone receptor expressing cells in breast cancers and response to endocrine therapy.

    Honma N,Horii R,Iwase T,Saji S,Younes M,Ito Y,Akiyama F.

    Breast   23 ( 6 )   754 - 762   2014年12月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.breast.2014.08.003.

  • State of the ART Genetic tumor evolution

    7 ( 2 )   119 - 126   2014年12月( ISSN:1883-1699

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ホルモン受容体陽性乳がんに対するタモキシフェン治療とCYP2D6遺伝子多型

    今村 知世, 佐治 重衡

    がん分子標的治療   12 ( 4 )   449 - 455   2014年12月( ISSN:1347-6955

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【外科領域のpros and cons】 閉経前,腋窩リンパ節転移陽性,luminal A乳癌の治療 術前薬物療法

    佐治 重衡, 木村 礼子

    外科   76 ( 13 )   1550 - 1553   2014年12月( ISSN:0016-593X

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【ステロイドホルモンと骨-基礎から臨床まで】 性ステロイドと骨代謝 乳癌患者におけるアロマターゼ阻害薬と骨粗鬆症

    林 直輝, 山内 英子, 佐治 重衡

    THE BONE   28 ( 4 )   429 - 434   2014年12月( ISSN:0914-7047

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • On going clinical study JBCRG-M04 BOOSTER試験(ホルモン陽性HER2陰性進行再発乳癌に対する、ホルモン療法による維持療法を利用したベバシズマブ+パクリタキセル療法の治療最適化研究)

    佐治 重衡

    Cancer Board 乳癌   7 ( 2 )   168 - 169   2014年12月( ISSN:1883-1699

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Brain metastases in breast cancer.

    Niikura N, Saji S, Tokuda Y, Iwata H

    Japanese journal of clinical oncology   44 ( 12 )   1133 - 40   2014年10月( ISSN:0368-2811

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1093/jjco/hyu156

    PubMed

  • Necrostatin-1 protects against reactive oxygen species (ROS)-induced hepatotoxicity in acetaminophen-induced acute liver failure.

    Takemoto K, Hatano E, Iwaisako K, Takeiri M, Noma N, Ohmae S, Toriguchi K, Tanabe K, Tanaka H, Seo S, Taura K, Machida K, Takeda N, Saji S, Uemoto S, Asagiri M.

    FEBS Open Bio.   777 - 87   2014年9月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1016/j.fob.2014.08.007.

  • 抗HER2療法の新時代 ALTTO試験の結果から

    清水華子、諏訪裕文、佐治重衡

    腫瘍内科   14 ( 3 )   268 - 272   2014年9月

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Treatment outcomes and prognostic factors for patients with brain metastases from breast cancer of each subtype:a multicenter retrospective analysis.

    Niikura N,Hayashi N,Masuda N,Takashima S,Nakamura R,Watanabe KI,Kanbayashi C,Ishida M,Hozumi Y,Tsuneizumi M, Kondo N,Naito Y,Honda Y,Matsui A,Fujisawa T,Oshitanai R, Yasojima H,Tokuda Y,Saji S, Iwata H.

    Breast Cancer Res Treat   147 ( 1 )   103 - 112   2014年8月

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI : 10.1007/s10549-014-3090-8.

  • Evaluating the 21-gene assay Recurrence Score as a predictor of clinical response to 24 weeks of neoadjuvant exemestane in estrogen receptor-positive breast cancer

    Ueno Takayuki, Masuda Norikazu, Yamanaka Takeharu, Saji Shigehira, Kuroi Katsumasa, Sato Nobuaki, Takei Hiroyuki, Yamamoto Yutaka, Ohno Shinji, Yamashita Hiroko, Hisamatsu Kazufumi, Aogi Kenjiro, Iwata Hiroji, Sasano Hironobu, Toi Masakazu

    International Journal of Clinical Oncology   19 ( 4 )   607 - 613   2014年8月( ISSN:1341-9625

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-013-0614-x

  • 【分子標的治療に対する自然耐性と獲得耐性とその克服】 乳がんの抗HER2療法耐性機序とその克服

    河口 浩介, 鈴木 栄治, 佐治 重衡

    がん分子標的治療   12 ( 2 )   129 - 135   2014年6月( ISSN:1347-6955

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【コンパニオン診断-診断薬開発から臨床応用へ】 乳癌におけるコンパニオン診断

    佐藤 史顕, 佐治 重衡, 三上 芳喜

    医学のあゆみ   248 ( 11 )   845 - 850   2014年3月( ISSN:0039-2359

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【血管新生阻害薬の展開】 乳がんにおける血管新生の制御

    木曾 末厘乃, 佐治 重衡, 戸井 雅和

    最新医学   68 ( 12 )   2665 - 2671   2013年12月( ISSN:0370-8241

      詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【がんの分子標的治療:進歩と課題】 トラスツズマブ耐性乳癌における抗Her2療法

    森 由希子, 佐治 重衡

    31 ( 11 )   31 - 35   2013年11月( ISSN:0289-5803

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【HER2陽性乳癌の治療戦略】 HER2陽性転移性乳癌の治療方針

    植弘 奈津恵, 佐治 重衡

    乳癌の臨床   28 ( 5 )   511 - 518   2013年10月( ISSN:0911-2251

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical importance of androgen receptor in breast cancer patients treated with adjuvant tamoxifen monotherapy

    Honma Naoko, Horii Rie, Iwase Takuji, Saji Shigehira, Younes Mamoun, Ito Yoshinori, Akiyama Futoshi

    Breast Cancer   20 ( 4 )   323 - 330   2013年10月( ISSN:1340-6868

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s12282-012-0337-2

  • 【乳がん】 エリブリン最新情報

    佐治 重衡

    クリニシアン   60 ( 10 )   895 - 902   2013年10月( ISSN:0387-1541

      詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • トラスツズマブを含む全身療法および頭蓋放射線療法後のHER-2過剰発現乳癌患者における脳転移に対するラパチニブの第II相試験 日本人患者のサブセット解析

    18 ( 4 )   621 - 628   2013年8月( ISSN:1341-9625

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-012-0444-2

  • Concomitant polypharmacy is associated with irinotecan-related adverse drug reactions in patients with cancer

    Sasaki Tetsuya, Fujita Ken-ichi, Sunakawa Yu, Ishida Hiroo, Yamashita Keishi, Miwa Keisuke, Saji Shigehira, Kato Yasuhisa, Sasaki Yasutsuna

    International Journal of Clinical Oncology   18 ( 4 )   735 - 742   2013年8月( ISSN:1341-9625

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10147-012-0425-5.

  • 【乳がんのすべて】 (PART.4)乳がんの治療 薬物療法 ホルモン療法の治療戦略

    光藤 悠子, 佐治 重衡

    からだの科学   ( 277 )   67 - 71   2013年5月( ISSN:0453-3038

      詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of capecitabine plus cisplatin in Japanese patients with advanced or metastatic gastric cancer: subset analyses of the AVAGAST study and the ToGA study

    Yamaguchi Kensei, Sawaki Akira, Doi Toshihiko, Satoh Taroh, Yamada Yasuhide, Omuro Yasushi, Nishina Tomohiro, Boku Narikazu, Chin Keisho, Hamamoto Yasuo, Takiuchi Hiroya, Komatsu Yoshito, Saji Shigehira, Koizumi Wasaburo, Miyata Yoshinori, Sato Atsushi, Baba Eishi, Tamura Takao, Abe Takashi, Ohtsu Atsushi

    Gastric Cancer   16 ( 2 )   175 - 182   2013年4月( ISSN:1436-3291

      詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI : 10.1007/s10120-012-0167-0 .

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日常に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2024-2025年版

    門脇孝, 小室一成, 宮地良樹( 範囲: Ⅵ 内分泌・代謝系疾患 8.乳癌)

    メディカルレビュー社  2024年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:471-478   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡
      出版地:  

  • 薬が見える vol.3 第2版

    医療情報科学研究所( 範囲: ホルモン療法薬、乳房のがん)

    メディックメディア  2023年9月  ( ISBN:978-4-89632-920-9

     詳細を見る

    担当ページ:410-411,472-483   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 図解ですっきり!抗がん薬の薬理作用

    南博信・寺田智祐( 範囲: 4章ホルモン療法薬 ~性ホルモンが関わるがんへのホルモン供給を阻止 A. 乳がん・前立腺がんに使用するもの a GnRHアゴニスト)

    南山堂  2023年7月  ( ISBN:978-4-524-22817-1

     詳細を見る

    担当ページ:169-172   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡、徳田恵美   出版地:  

  • 図解ですっきり!抗がん薬の薬理作用

    南博信・寺田智祐( 範囲: 4章ホルモン療法薬 ~性ホルモンが関わるがんへのホルモン供給を阻止 B. 乳がんに使用するもの b 抗エストロゲン薬)

    南山堂  2023年7月  ( ISBN:978-4-524-22817-1

     詳細を見る

    担当ページ:176-178   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡、徳田恵美   出版地:  

  • 図解ですっきり!抗がん薬の薬理作用

    南博信・寺田智祐( 範囲: 4章ホルモン療法薬 ~性ホルモンが関わるがんへのホルモン供給を阻止 B. 乳がんに使用するもの a アロマターゼ阻害薬, プロゲステロン)

    南山堂  2023年7月  ( ISBN:978-4-524-22817-1

     詳細を見る

    担当ページ:173-175   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡、徳田恵美   出版地:  

  • 乳癌薬物療法の要点と盲点

    戸井雅(監)、佐治重衡・増田慎三(編)( 範囲: 乳癌薬物療法の要点と盲点)

    文光堂  2023年6月  ( ISBN:978-4-8306-2264-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡・増田慎三  

  • 乳癌薬物療法の要点と盲点

    戸井雅(監)、佐治重衡・増田慎三(編)( 範囲: Ⅰ基本事項1.基本アルゴリズムの理解のしかた b.進行・再発期治療)

    文光堂  2023年6月  ( ISBN:978-4-8306-2264-9

     詳細を見る

    担当ページ:12-15   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡   出版地:  

  • CANCER BOARD of the BREAST 7(2)

    戸井雅和( 範囲: The review of clinical study JBCRG-ABCD project)

    メディカルレビュー社  2023年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:67   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:新倉直樹、相良安昭、佐治重衡
      出版地:  

  • 改訂4版 2ページで理解する標準薬物治療ファイル

    日本アプライド・セラピューティクス学会( 範囲: 53.初期乳癌)

    南山堂  2023年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:106-107   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:宮本康敬、佐治重衡、野田勝   出版地:  

  • 改訂4版 2ページで理解する標準薬物治療ファイル

    日本アプライド・セラピューティクス学会( 範囲: 54.転移・再発乳癌)

    南山堂  2023年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:108-109   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:宮本康敬、佐治重衡、野田勝   出版地:  

  • 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2023年版

    日本乳癌学会( 範囲: 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2023年版)

    金原出版  2023年2月  ( ISBN:9784307204484

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(診療ガイドライン委員会 委員長)

     

  • 治療戦略に役立つ臨床医病理医のための乳腺病理の見かた考え方

    増田慎三・堀井理絵( 範囲: Ⅳ Biology評価 : Ki67の臨床的意義)

    メジカルビュー社  2022年11月  ( ISBN:978-4-7583-1817-4

     詳細を見る

    担当ページ:138-142   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:徳田恵美、佐治重衡.
      出版地:  

  • 乳癌診療state of the art 科学に基づく最新診療

    戸井雅和( 範囲: 第18章 ホルモン療法 1. ホルモン療法薬の分類と新たな薬剤クラス)

    医歯薬出版株式会社  2022年9月  ( ISBN:978-4-263-73205-2

     詳細を見る

    担当ページ:430-432   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡
      出版地:  

  • 乳癌診療ガイドライン ①治療編 2022年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2022年6月  ( ISBN:978-4-307-20441-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(診療ガイドライン委員会 委員長)  

  • 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2022年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2022年6月  ( ISBN:978-4-307-20442-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:(診療ガイドライン委員会 委員長)  

  • がんがみえる 第1版 

    医療情報科学研究所( 範囲: 乳房のがん)

    メディックメディア  2022年2月  ( ISBN:978-4-89632-860-8

     詳細を見る

    担当ページ:388-411   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡   出版地:  

  • アプローチと実践がわかる 高齢者の乳がん診療

    日本臨床腫瘍学会( 範囲: アプローチと実践がわかる 高齢者の乳がん診療)

    南江堂  2021年2月  ( ISBN:978-4-524-22807-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡、澤木正孝(編集)  

  • 入門腫瘍内科学 改訂第3版

    日本臨床腫瘍学会

    南江堂  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(編集委員会 委員)  

  • 入門腫瘍内科学 改訂第3版

    日本臨床腫瘍学会( 範囲: 6.がん薬物療法 D内分泌療法)

    南江堂  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:119-121   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:徳田恵美、佐治重衡   出版地:  

  • 乳腺腫瘍学 第3版

    日本乳癌学会( 範囲: 4 術後内分泌療法)

    金原出版  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:241-250   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡   出版地:  

  • 乳腺腫瘍学 第3版

    日本乳癌学会( 範囲: 4 術後内分泌療法)

    金原出版  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:241-250   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 入門腫瘍内科学 改訂第3版

    日本臨床腫瘍学会( 範囲: 6.がん薬物療法 D内分泌療法)

    南江堂  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:119-121   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 乳がん薬物療法ハンドブック

    南江堂  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡  

  • 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2019年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(診療ガイドライン委員会 副委員長、患者向けガイドライン小委員会 委員長)

     

  • がん治療エッセンシャルガイド 改訂4版

    佐藤隆美、藤原康弘、古瀬純司、大山優( 範囲: 乳がんの薬物療法)

    南山堂  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:87-115   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡、清水千佳子   出版地:  

  • がん治療エッセンシャルガイド 改訂4版

    佐藤隆美, 藤原康弘, 古瀬純司, 大山優( 範囲: 乳がんの薬物療法)

    南山堂  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:87-115   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • 新臨床腫瘍学-がん薬物療法専門医のために-(改訂第5版)

    日本臨床腫瘍学会

    南江堂  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(編集委員)  

  • 乳癌診療ガイドライン ①治療編 2018年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡(診療ガイドライン委員会 副委員長、患者向けガイドライン小委員会 委員長)  

  • 乳癌診療ガイドライン ②疫学・診断編 2018年版

    日本乳癌学会

    金原出版  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック 2018

    大津敦 総監修( 範囲: 第2章 乳癌 術後・転移・再発:Tamoxifen、)

    メデイカルレビュー社  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:246-248   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:  

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック 2018

    大津敦 総監修( 範囲: 第2章 乳癌 術後・転移・再発: Exemestane、)

    メデイカルレビュー社  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:256-257   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:  

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック 2018

    大津敦 総監修( 範囲: 第2章 乳癌 術後・転移・再発:Tamoxifen + LH-RH agonoist療法、)

    メデイカルレビュー社  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:264-266   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:  

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック 2018

    大津敦 総監修( 範囲: 第2章 乳癌 術後・転移・再発: exemestane+ LHRH agonoist療法、)

    メデイカルレビュー社  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:256-257   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:  

  • 乳がん薬物療法副作用マネジメント

    増田慎三( 範囲: 進行再発乳がんに対する薬物療法)

    メジカルビュー社  2017年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:19-23   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡   出版地:  

  • 乳がん患者ケアパーフェクトブック

    阿部恭子、矢形寛( 範囲: 乳がんの治療 内分泌療法)

    学研メデイカル秀潤社  2017年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:116-129   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:河口浩介、佐治重衡   出版地:  

  • これからの乳癌診療2017-2018

    園尾博司監修、福田護・池田正・佐伯俊昭・鹿間直人編( 範囲: 分子標的薬の進步 2016〜2017)

    金原出版  2017年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:38-43   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:佐治重衡   出版地:  

  • チームで学ぶ女性がん患者のための ホルモンマネージメント

    佐治重衡・清水千佳子

    篠原出版  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:青木大輔・上野直人・中村清吾監修  

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック 2017

    大津敦 総監修( 範囲: 乳癌 術後・転移・再発:Exemestane、tamoxifen + LHRH agonoist療法、exemestane + LHRH agonoist療法)

    メデイカルレビュー社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:236-238 246-247 254-258   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:  

  • 小児、思春期、若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン

    一般社団法人 日本癌治療学会( 範囲: 乳腺CQ3)

    金原出版  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:69-71   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    担当した章・論文の著者名:津川浩一郎、佐治重衡、清水千佳子、土屋恭子、坂東裕子、桑原章、古井辰郎   出版地:  

  • 薬が見える vol.3 第1版

    医療情報科学研究所( 範囲: ホルモン療法薬、乳房のがん)

    メディックメディア  2016年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:420-421,476-487   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    出版地:  

  • オンコロジークリニカルガイド 乳腺薬物療法 改訂2版

    木下貴之、戸井雅和( 範囲: 第Ⅱ章 乳癌薬物療法の実際 ・分子標的治療④ベバシズマブ 臨床試験と実際の投与方法)

    南山堂  2016年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:296-303   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:木村礼子、佐治重衡   出版地:東京  

  • 乳癌診療のための分子病理エッセンシャル

    津田均、他編( 範囲: ホルモン受容体陽性乳癌に対する治療戦略)

    南山堂  2016年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:195-205   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:佐々木栄作、佐治重衡   出版地:東京  

  • 乳腺腫瘍学 第2版

    日本乳癌学会編( 範囲: 2-2 B.原発乳癌 術後内分泌療法)

    金原出版株式会社  2016年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:228-236   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名: 佐治重衡   出版地:  

  • EBM がん化学療法・分子標的治療法2016-2017 edition 

    西條長宏(監修)朴成和 大江裕一郎 南博信 直江知樹 編( 範囲: IV.A.2 術後ホルモン療法は何年間が適切か?  )

    中外医学社  2015年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:338-343   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:山口絢音、佐治重衡   出版地:  

  • 新臨床腫瘍学-がん薬物療法専門医のために-(改訂第4版)

    日本臨床腫瘍学会編( 範囲: 22.乳がん)

    南江堂  2015年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:362-373   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:澤木正孝, 佐治重衡   出版地:  

  • エベロリムスによる乳癌治療の新展開

    野口 眞三郎

    メディカルレビュー社  2014年6月  ( ISBN:978-7792-1231-4

     詳細を見る

    担当ページ:30-37   記述言語:日本語  

    担当した章・論文の著者名:乳癌の分子生物学とmTOR   出版地:  

▼全件表示

研究発表等(講演・口頭発表等)

  • Advanced Breast Cancer(Insights of GBCC 2024)

    GBCC 2024 in conjunction with IERBS 2024   2024年4月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年4月

  • トリプルネガティブ乳癌にどう挑むべきか?

    第21回日本乳癌学会東北地方会   2024年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  • 当院における術前薬物療法を施行したTNBC(トリプルネガティブ乳癌)の検討

    第21回日本乳癌学会東北地方会   2024年3月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  • irAE下垂体不全の発症4年経過後に下垂体機能評価を行った乳癌の1例

    第21回日本臨床腫瘍学会学術集会 (JSMO2024)   2024年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

  • 甲状腺irAE予測マーカーの可能性としてのヒト白血球抗原(HLA)型

    第21回日本臨床腫瘍学会学術集会 (JSMO2024)   2024年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

  • OS results from the PRECIOUS (JBCRG-M05): Pertuzumab retreatment for HER2-positive advanced breast cancer patients

    2024年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

  • A case of Takotsubo cardiomyopathy during Lenvatinib treatment for papillary thyroid cancer

    2024年2月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

  • 福島県におけるHBOC診療の現状報告と今後の課題

    第31回日本乳癌学会総会   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • ER陽性/HER陰性進行再発乳癌に対する酢酸メドロキシプロゲ ステロンの有効性に関する検討

    第31回日本乳癌学会総会   2023年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • Treatment patterns, healthcare resource utilization, and outcomes for early stage TNBC in Japan

    第31回日本乳癌学会総会   2023年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • 低用量のアルコール摂取習慣が乳癌患者へ及ぼす影響について

    第31回日本乳癌学会総会   2023年7月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • Updated survival outcomes of the POTENT trial of adjuvant S-1 and endocrine therapy in ER+/HER2- EBC

    第31回日本乳癌学会総会   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • NCD乳癌登録を用いたInvasive lobular carcinomaのサブタイプ別の予後に関する研究

    第31回日本乳癌学会総会   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • 日本乳癌学会におけるビッグデータサイエンスの方向性

    第31回日本乳癌学会総会   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月 - 2023年7月

  • Pembrolizumab投与後に心筋炎を発症した、血管周囲性類上皮細胞腫瘍の1例

    第153回東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会   2023年6月  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  • 大きな変化を迎えたHER2陽性進行再発乳癌の治療戦略

    第29回日本乳腺疾患研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • 当院における乳癌症例に対する免疫チェックポイント阻害薬投与に関連した内分泌障害についての検討

    第20回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • 免疫チェックポイント阻害薬に関連した有害事象管理における尿試験紙の有用性

    第20回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • 当院におけるがん遺伝子パネル検査前カルテ診の有用性について

    第20回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • 当施設における乳癌診療の均てん化の試みと課題

    第20回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  • Clinical trials in focus:Featured Clinical Trials ④

    Best of SABCS 2022 in Kyoto  

      詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

  • 周術期治療におけるオラパリブの位置づけ

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • HER2陰性再発リスクの高い早期乳癌におけるアンスラサイクリン・タキサンの治療実態

    第60回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

  • 乳がん内分泌療法中の女性における閉経関連尿路生殖器症候群の実態

    第24回日本女性骨盤底医学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 日本国内における進行・再発乳癌患者レジストリ構築-Advanced Breast Cancer Database プロジェクト

    第30回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 乳癌補助療法における自動投与デバイスによるペグフィルグラ スチム投与の安全性評価試験(第Ⅰ相試験)

    第30回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年8月

  • 日本乳癌学会編 乳癌診療ガイドライン/患者さんのための乳癌診療ガイドラインの役割とその変遷

    第65回日本形成外科学会総会・学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • HLA遺伝子型を用いた免疫関連有害事象のナルコレプシー発症のリスク評価

    第119回日本内科学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • 免疫チェックポイント阻害薬を用いた乳癌術前治療の戦略ポイント

    第122回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • 乳癌診療ガイドラインから見た乳がん外科領域の臨床試験

    第122回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

  • HR陽性HER2陰性転移再発乳癌に対するパルボシクリブ投与例の治療成績と次治療について

    第19回日本乳癌学会東北地方会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • がんゲノム医療コーディネーター看護師の役割と課題

    第36回日本がん看護学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  • Ubiquitin ligase NEDD4 promotes degradation of estrogen receptor in breast cancer and affects prognosis.

      詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  • Current status and research issues of late recurrence in breast cancer treatment.

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • Evaluation of clinical usefulness of cancer genomic profiling tests at the cancer genomic medicine cooperative hospital.

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • Study for exploring myeloma-initiating cell using normal B cell-derived iPS cells

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • A Phase 1/2 Study of Patritumab Deruxtecan (HER3-DXd; U3-1402) in Patients with HER3-Expressing MBC

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • ER発現が低下した内分泌療法耐性乳癌細胞のER発現をPI3K阻害薬が再発現させる機序にエピゲノム変化が関与する

    第29回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • 良悪性の鑑別に難渋した乳腺悪性腺筋上皮腫の一例

    第29回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月 - 2021年8月

  • Incorporation of novel evidence to the Japanese Breast Cancer Society Clinical Practice Guideline and its impact to the treatment decision.

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

  • 妊娠中に周術期化学療法を行った乳癌患者への多職種連携支援の重要性

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 免疫チェックポイント阻害薬によるナルコレプシー発症のリスク

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Research for onset mechanism of Multiple Myeloma. Can B cell-derived iPS cells redifferentiate into B cells?

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 乳癌(初期薬物療法)

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 大学病院外来化学療法センターにおけるCSCA(災害医療実践)を取り入れたCOVID-19対策

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

  • PRECIOUS: Pertuzumab re-treatment for HER2-positive locally advanced/metastatic breast cancer (JBCRG-M05)

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

  • 大規模自然災害時のがん診療とがん患者さんへのケア

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

  • がんゲノム医療時代の進行再発乳がん治療とリムパーザの位置づけ

    第18回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2021)  

      詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

  • PD12-11(Spotlight Poster Discussion). Patient-reported outcomes from the Phase III IMpassion031 trial of neoadjuvant atezolizumab + chemotherapy in early triple-negative breast cancer.

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • GS3-04(GENERAL SESSION). Double-blind placebo (PBO)-controlled randomized phase III trial evaluating first-line ipatasertib (IPAT) combined with paclitaxel (PAC) forPIK3CA/AKT1/PTEN-altered locally advanced unresectable or metastatic triple-negative breast cancer (aTNBC): primary results from IPATunity130 Cohort A.

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • GS3-02(GENERAL SESSION) . Patient-reported outcomes (PROs) from the Ph 3 IMpassion031 trial of neoadjuvant (NA) atezolizumab + chemo in early triple-negative breast cancer (eTNBC).

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • PD3-11(Spotlight Poster Discussion). A randomized, open-label, phase III trial of pertuzumab re-treatment in HER2-positive, locally advanced/metastatic breast cancer patients previously treated with pertuzumab, trastuzumab, and chemotherapy: The Japan Breast Cancer Research Group-M05 (PRECIOUS) study.

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • PS5-06 (Poster Session). Prospective testing for PIK3CA/AKT1/PTEN alterations in tumor tissue from 1440 patients with advanced hormone receptor-positive HER2-negative breast cancer (HR+/HER2- BC) or triple-negative breast cancer (TNBC) screened for the IPATunity130 randomized phase 3 trial.

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • OT-30-01(Ongoing Trials Posters). KEYLYNK-009: A phase 2/3, open-label, randomized study of pembrolizumab plus olaparib vs pembrolizumab plus chemotherapy after induction with first-line pembrolizumab plus chemotherapy in patients with locally recurrent inoperable or metastatic triple-negative breast cancer (TNBC).

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • PD1-09(Spotlight Poster Discussion). Safety and efficacy results from the phase 1/2 study of U3-1402, a human epidermal growth factor receptor 3 (HER3)-directed antibody drug conjugate (ADC), in patients with HER3-expressing metastatic breast cancer (MBC).

    San Antonio Breast Cancer Symposium 2020  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • 3MO - IMpassion031: Results from a phase III study of neoadjuvant (neoadj) atezolizumab + chemo in early triple-negative breast cancer (TNBC) (ID 512).

    ESMO asia 2020.  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 68TiP: KEYLYNK-009:A phase II/III, open-label, randomized study of pembrolizumab (pembro) + olaparib (ola) vs pembro + chemotherapy after induction with first-line (1L) pembro + chemo in patients (pts) with locally recurrent inoperable or metastatic TNBC. (ID 515)

    ESMO asia 2020.  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • Invited Discussant abstracts 2MO, LBA1, 47MO and 48MO (ID 1072).

    ESMO asia 2020.  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • 乳癌診療の新たな構築2020、

    第58回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • CLDN4の乳癌悪性形質増強機構の解明

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 内分泌療法耐性乳癌細胞株の抗エストロゲン薬の感受性はPI3K経路阻害薬により回復できる

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 乳癌における術前抗がん剤治療後の病理学的形質転換症例の検討

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 大規模コホート研究からの閉経後ER陽性進行・再発乳癌におけるOSに関与する因子の検討(JBCRG-C06: Safari)

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • CDK4/6阻害薬を使用した進行再発乳癌30例の治療成績

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 術後内分泌療法がER+HER2-進行再発乳癌の内分泌療法に及ぼす影響:JBCRG-C06サブ解析

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • ホルモン陽性HER2陽性進行再発乳癌におけるフルベストラントの治療成績(JBCRG-C06 Safari試験)の検討

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • NCD乳癌登録を用いた非浸潤性乳管癌に対する外科治療および乳房温存術後の補助療法に影響する因子の検討

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 乳がん登録を利用した研究の現状と展望

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 進行乳癌に対するwPTX+BV導入療法後のホルモン維持療法の有用性; JBCRG BOOSTER試験

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • ホルモン受容体陽性乳癌の術後内分泌療法におけるS-1の併用効果(POTENT試験)

    第28回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Differentiation of blood cells from human fibroblast-derived induced pluripotent stem cells.

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Histopathological nuclear grading system for high-risk nodenegativeinvasive breast cancer in the NSAS-BC-01 trial.

    The 79th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association.  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • Prospects of Immunotherapy for Breast Cancer.

    The 79th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association.  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 遠隔転移を伴う大腸癌に対する集学的治療の実際 遠隔臓器切除不能Stage IV大腸癌における原発切除の予後延長効果 多施設共同過去起点コホート研究 WS-9-8

    第120回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

  • 乳癌におけるCLDN4発現の分子生物学的検討 DP-016-3

    第120回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

  • NCDデータを用いた本邦における高齢者進行乳癌における局所治療の実態と予後 SF-025-4

    第120回日本外科学会定期学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

  • 外来化学療法を受ける患者の心身の状態と看護実践 改訂版問診票の調査より

    第34回日本がん看護学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

  • 乳癌診療におけるリキッドバイオプシーの将来展望

    第4回 liquid biopsy 研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

  • PI3K inhibitors restored the sensitivity to anti-estrogen drugs in endocrine therapy resistant cell lines.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Estimation of willingness-to-pay for breast cancer treatments through contingent valuation method in Japanese breast cancer patients (JCOG1709A).

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Outcomes of fulvestrant therapy among Japanese women with ER-positive HER2-positive advanced or metastatic breast cancer: A subgroup analysis of the JBCRG-C06 safari study.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Influence of the adjuvant hormonal therapy on hormone sensitivity and survival outcomes in ER+ and HER2−advanced breast cancer: A subgroup analysis of the JBCRG-C06 Safari study.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Systemic therapy for and prognosis of older stage II and III breast cancer patients: Evaluation of data from the Japanese breast cancer registry.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Factors associated with prolonged post-recurrence survival in patients with postmenopausal estrogen receptor-positive breast cancer taking fulvestrant: A follow-up data of the JBCRG-C06 Safari study

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Fulvestrant with additional palbociclib in advanced or metastatic hormone receptor-positive HER2-negative breast cancer after progression to fulvestrant monotherapy: JBCRG- M07 (FUTURE trial).

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Pooled analysis of long-term outcome of patients enrolled in two trials comparing the efficacy of oral tegafur-uracil with CMF (N-SAS-BC01 and CUBC trials).

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • A randomized, multicenter, phase II study evaluating the efficacy of interventional maintenance endocrine therapy with bevacizumab following fixed cycles of bevacizumab plus paclitaxel in advanced/metastatic ER-positive HER2-negative breast cancer: JBCRG-M04 BOOSTER trial.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Phase 1/2 first-in-human study of U3-1402, an anti-human epidermal growth factor receptor 3 (HER3) antibody-drug conjugate, in HER3-expressing advanced/unresectable or metastatic breast cancer, including those with triple negative breast cancer (TNBC) or HER3-low disease.

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • Addition of S-1 to endocrine therapy in the post-operative adjuvant treatment of hormone receptor-positive and human epidermal growth factor receptor 2-negative primary breast cancer: A multicenter, open-label, phase 3 randomized trial (POTENT trial)

    2019 San Antonio Breast Cancer Symposium  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

  • ステージIV期大腸癌における、原発占拠部位と転移様式、予後の関連 O29-3

    第57回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 耐性を考慮した乳癌治療戦略 耐性機序を想定した乳癌ホルモン療法(英語) SY12-2

    第57回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • チームオンコロジーワークショップの職種別課題 P50-5

    第57回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • 結腸・直腸癌に対するFOLFIRI+Aflibercept療法を施行した10例の治療成績 P20-3

    第57回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Elderly patients in the Japanese breast cancer registry.

    European Society of Medical Oncology 2019 Congress  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • ER陽性乳癌におけるエストロゲン刺激はHER3の分解を促進する

    第78回日本癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  • CDK4/6阻害剤耐性となった各種内分泌療法耐性乳癌細胞の細胞内リン酸化シグナルの変化と阻害剤耐性獲得後に有効な薬剤についての検討 P3-114

    第17回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 乳癌(周術期薬物療法) 教育講演22 応用編

    第17回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • KEYNOTE-756: randomized, double-blind, phase 3 study of pembrolizumab + neoadjuvant CT + adjuvant ET for ER+/HER2- BC. P2-236

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • ニボルマブ治療中に免疫性血小板減少性紫斑病を発症し治療に難渋した一例 P2-305

    第17回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • がんチーム医療ワークショップへの期待と課題  P1-254

    第17回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 東日本大震災前後における福島県の部位別年齢階級別罹患率の動向〜がん検診を行っている5部位について〜(第2報)  P1-245

    第17回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • HER2陽性EBCをめぐる、ドイツ・日本のガイドラインを読み解く

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 乳がん患者の抱える栄養と運動についての課題 ~ AYA世代を含むライフステージ別の視点から (AYAがんの医療と支援のあり方研究会 共催シンポジウム 2)

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • PI3K-mTOR経路阻害薬はERが陰転化した内分泌療法耐性乳癌細胞株の抗エストロゲン薬の感受性を回復させる

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • がん免疫療法の時代の到来と、これからの乳癌診療

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 乳癌におけるクローディン4発現の分子生物学的検討

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 薬物療法が著効したHR陰性HER2陽性乳癌に対する非切除療法 の有用性に関する単群検証的試験

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 乳癌においてVEGFはNRP1/ARHGAP17/Cdc42のネット ワークを通じてfilopodia形成を促進しmigrationを誘導する DP-1-65-3

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 乳がん原発・脳転移巣の遺伝子発現から探る脳転移機序の検討 DP-1-49-10

    第27回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

  • 分子標的治療薬が変えつつある乳癌ホルモン療法の概念

    第20回ホルモンと癌研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • A phase III study comparing trastuzumab emtansine with trastuzumab, pertuzumab, and docetaxel in elderly patients with advanced stage HER2-positive breast cancer: (JCOG1607 HERB TEA study)

    55th 2019 American Society of Clinical Oncology annual meeting,  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

  • 新規抗がん薬のグローバル臨床開発における日本の役割

    福島医学会第476回学術研究集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  • 乳癌のバイオロジーにおけるCDK4/6阻害薬の位置付け

    第19回ホルモンと癌研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 院内がん登録を用いた福島県におけるステージIV大腸癌の診療実態調査.

    日本がん登録協議会第 27 回学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • 院内がん登録データ分析結果から見た当院における胃癌診療の特徴.

    日本がん登録協議会第 27 回学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • アロマターゼ阻害薬耐性進行・再発乳癌に対する治療選択

    第26回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 改訂された新ガイドラインの紹介

    第26回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 乳癌におけるClaudin-4高発現の臨床病理学的意義

    第26回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 福島県院内がん登録データの解析

    第28回日本疫学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 東日本大震災とそれに引き続く福島第一原子力発電所事故前後における福島県及び近隣県でのがん罹患の動向

    第28回日本疫学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

  • 乳癌に対するホルモン療法の効果予測

    第18回関東ホルモンと癌研究会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

  • Future perspective of oral-FU drug in the management of breast cancer (Luncheon Industry Symposium)

    3rd World Congress on Controversies in Breast Cancer  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • Satge 0乳癌に対する薬物療法の将来(パネルデイスカッション8)

    第55回日本癌治療学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • 分子標的治療薬が変えた進行再発乳癌の治療戦略(ランチョンセミナー)

    第294回 東海外科学会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

  • がん微小環境免疫応答・PARP阻害;乳癌薬物療法の新たな波(ランチョンセミナー)

    第23回日本家族性腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

  • 乳癌薬物療法のアップデート(教育講演)

    第15回日本臨床腫瘍学会学術集会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • ホルモン陽性乳がん細胞におけるエストロゲン刺激はHER3分解に関与する

    第25回日本乳癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • 乳癌における原発腫瘍と脳転移腫瘍の免疫微小環境の変化(厳選口演)

    第25回日本乳癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • ER陽性 HER2 陰性乳癌におけるこれからのトランスレーショナルリサーチ(イブニングセミナー)

    第25回日本乳癌学会学術総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

  • From ER to ER, History and future of hormone dependent breast cancer research

    International Cancer Research Symposium 2017  

      詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

  • Overcoming endocrine therapy resistance in breast cancer, a cat and mouse game?

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  • 真の個別化医療を求めて Precision Medicineを目指す乳癌薬物療法の過去と未来

    第24回日本乳癌学会総会  

      詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

▼全件表示