大森 智子 (オオモリ トモコ)

OMORI Tomoko

写真a

職名

助教

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   免疫学講座   助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Changes in complement activation products after anti‑VEGF injection for choroidal neovascularization in age‑related macular degeneration and pachychoroid disease

    Tanaka Keiichiro, Oguchi Yasuharu, Omori Tomoko, Ishida Yumi, Shintake Hiroaki, Tomita Ryutaro, Kasai Akihito, Ogasawara Masashi, Sugano Yukinori, Itagaki Kanako, Ojima Akira, Machida Takeshi, Sekine Hideharu, Sekiryu Tetsuju

    Scientific reports  11   8464   2021年

    共著 

  • Complement Activation Products and Cytokines in Pachychoroid Neovasculopathy and Neovascular Age-Related Macular Degeneration

    Kato Y, Oguchi Y Omori T, Shintake H, Tomita R, Kasai A, Ogasawara M, Sugano Y, Itagaki K, Ojima A, Machida T, Sekine H, and Sekiryu T

    Invest Ophthalmol Vis Sci  61 (13)   2020年11月

    共著 

  • Anaphylatoxin concentration in aqueous and vitreous humor in the eyes with vitreoretinal interface abnormalities

    Oguchi Y, Sekiryu T, Omori T, Kato Y, Ogasawara M, Sugano Y, Itagaki K, Ojima A, Machida T, Sekine H

    Exp Eye Res  195   2020年06月

    共著 

    DOI

  • Evidence for Activation of Lectin and Classical Pathway Complement Components in Aqueous Humor of Neovascular Age-Related Macular Degeneration.

    Omori T, Oguchi Y, Machida T, Kato Y, Ishida Y, Ojima A, Itagaki K, Shintake H, Tomita R, Kasai A, Sugano Y, Ogasawara M, Sekine H, Sekiryu T

    Ophthalmic research  63 (3) 252 - 258   2020年05月

    共著  ISBN: 0030-3747

    DOI

  • A novel complement inhibitor sMAP-FH targeting both the lectin and alternative complement pathways

    Takasumi M, Omori T, Machida T, Ishida Y, Hayashi M, Suzuki T, Homma Y, Endo Y, Takahashi M, Ohira H, Fujita T, Sekine H

    The FASEB Journal  34 (5) 6598 - 6612   2020年05月

    共著 

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 滲出型加齢黄斑変性の病態形成に補体レクチン経路が関与する

    補助・助成

    研究期間: 2020年04月 ~ 2023年03月 

  • 加齢黄斑変性における補体因子MASP-1/3の役割と、新規補体阻害薬の治療効果

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2020年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 滲出型加齢黄斑変性患者の眼内における補体レクチン経路および古典経路活性化 のエビデンス

    研究連携セミナーポスター発表会2019 

    2019年12月
     
     

  • A FUSION PROTEIN OF SMAP AND FACTOR H INHIBITS BOTH THE LECTIN AND ALTERNATIVE COMPLEMENT PATHWAYS IN VIVO

    17th European meeting on complement in human disease 

    2019年09月
     
     

  • 加齢黄斑変性の病態におけるレクチン経路の関与の可能性

    第56回日本補体学会学術集会 

    2019年08月
     
     

  • Complement activation product levels in aqueous humor of patients with age-related macular degeneration

    ARVO annual meeting 2019 

    2019年
     
     

  • 補体レクチン経路と第二経路を標的とする抗補体薬sMAP-fHを用いた加齢黄斑変性モデルマウスの治療効果

    平成30年サマーポスターセッション 

    2018年07月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学研究方法論

  • 免疫学実習

  • PBLテュートリアル教育

  • 科学リテラシー(自然科学方法論)