和田 郁夫 (ワダ イクオ)

WADA Ikuo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

細胞生物学、分泌系、小胞体、小胞輸送、バイオイメージング、蛍光相関分光法(FCS)、1分子ダイナミクス、分子シャペロン、タンパク質フォールディング、時間分解単一光子解析(TCSPC)、細胞工学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1663

研究室FAX

024-549-8898

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部附属研究施設   細胞科学研究部門   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年11月
    -
    1990年06月

    マッギル大学 (モントリオール)・ポストドクトラルフェロー

  • 1990年07月
    -
    1992年11月

    ハーバード大学医学部・インストラクター

  • 1993年02月
    -
    1995年09月

    札幌医科大学・助手

  • 1995年10月
    -
    1997年09月

    札幌医科大学・講師

  • 1997年10月
    -
    2003年01月

    札幌医科大学・助教授

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 生物物理学

  • 機能生物化学

  • 構造生物化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 細胞の食作用(ファゴサイトーシス)機構

     

  • 細胞工学・物質産生

     

  • バイオイメージング

     

  • 生体膜動態制御

     

  • たんぱく質の成熟化及び劣化に伴う品質管理と疾病

     

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • A Handbook on Applications of Chaos Theory

    (担当ページ:253-270)

    Taylor & Francis  2016年 

  • 生細胞蛍光イメージングー阪大・北大 顕微鏡コースブック

    (担当範囲:10、11、19章)

    共立出版  2007年10月 

    木村宏、和田郁夫 

  • 染色・バイオイメージング実験ハンドブック

    (担当範囲:FRAPとFCSを用いた拡散解析) (担当ページ:222-227)

    羊土社  2006年06月 

    大橋功治、和田郁夫 

  • バイオイメージングがわかるー細胞内分子を観察する多様な技術とその原理

    (担当範囲:FCSとFRAPによる細胞内分子の拡散、結合解析) (担当ページ:62-75)

    羊土社  2005年09月 

    長屋寿雄、田村拓、和田郁夫 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞内分子流動に関わる内膜微小揺動の発生機序とその生理作用の解明

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2020年03月 

  • 狭い空間での反応に関わる内膜微小揺動に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  和田郁夫 

  • 酸化的環境のための小さな時間分解蛍光イメージングプローブの開発

    補助・助成

    研究期間: 2012年04月 ~ 2015年03月 

    代表者:  和田郁夫 

  • 細胞内膜管腔系における1分子ダイナミクスの研究

    補助・助成

    研究期間: 2007年04月 ~ 2009年03月 

    代表者:  和田郁夫 

  • 1分子計測による小胞体内動的構造の解析

    補助・助成

    研究期間: 2005年04月 ~ 2007年03月 

    代表者:  和田郁夫 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 蛍光標識による再生気管上皮の線毛運動観察

    第18回日本再生医療学会 

    2019年03月
     
     

  • 悪性髄膜腫細胞HKBMMの過剰な遊走性に関わるIGF2BP1の役割

    日本脳神経外科学会 第77回学術総会 

    2018年10月
     
     

  • ERp46によるEDEM3マンノーストリミング活性の制御機構

    第91回日本生化学会大会 

    2018年09月
     
     

  • Live-cell imaging of antitrypsin Z-variant polymer inclusion

    第70回日本細胞生物学会 

    2018年06月
     
     

  • Improvement of fluorescence proteins suitable for live-cell imaging in the oxidative environment in plant cells

    第59回日本植物生理学会 

    2018年03月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 分子生物学I, II

  • 基礎特別講義

  • 代謝生化学