田村 達弥 (タムラ タツヤ)

TAMURA Tatsuya

写真a

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1859

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   看護学部   家族看護学部門   助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  看護学研究科  修士課程  修了  日本国  2012年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  修士 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護科学学会  日本国

  • 日本精神保健看護学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 精神看護学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 頓用薬与薬に関わる精神科看護師の判断とケア 慢性期統合失調症患者への対応に焦点を当てて

    田村達弥

    日本精神保健看護学会誌  25 (2) 1 - 11   2016年11月

    単著 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 精神科病棟看護師のリカバリー志向を高める研修プログラムの効果

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 継続中 

    代表者:  田村達弥 

    精神科病棟に勤務する看護師を対象にリカバリー志向を高めるために、事例検討会を中心とした研修プログラムを企画し、量的・質的にその効果を明らかにすることを研究課題としました。
    研修プログラムは全4回(各90分)とし、全4回の到達目標は「リカバリー、ストレングスモデルについて学ぶ」「患者の希望やストレングスを発見する」「患者がリカバリーに向かうための計画を立案する」「リカバリー志向の看護を実践する」とし、それぞれピアサポーターの参加、ストレングス・マッピングシートの活用、グループ・スーパービジョンを軸とした事例検討、訪問看護師による教育的セッションを研修に取り入れています。
    2017年度はパイロットスタディを実施しました。その結果を踏まえて2018年度は2施設、2019年度も2施設にて研修プログラムを実施し、その研修効果を明らかにしていく予定です。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 精神科看護職の地域移行に向けた看護活動に対するアサーション・トレーニングの効果 無作為化比較試験を用いた検証

    日本精神保健看護学会学術集会 

    2016年07月
     
     

  • 精神科看護職に対するアサーション・トレーニングの効果 -地域移行に向けての看護実践への影響に焦点を当てて-

    日本精神保健看護学会第25回学術集会 

    2015年06月
     
     

  • 頓用薬使用に関わる精神科看護師の判断とケア -慢性期統合失調症患者への対応に焦点を当てて-

    第33回日本看護科学学会学術集会 

    2013年12月
     
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 看護研究方法論とその活用

  • 統合実習

  • 精神の健康障害をもつ人の看護学実習

  • 精神の健康障害をもつ人の看護

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本精神保健看護学会

    教育活動委員会

    2017年10月
    -
    継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 福島東稜高等学校看護専攻科「精神看護学Ⅰ」授業

    2017年04月
    -
    継続中

  • 竹田綜合病院 看護研究計画書支援、看護研究発表会講評

    2014年11月
    -
    継続中

  • 精神看護学セミナー

    2014年04月
    -
    継続中

  • セルフケア事例検討会

    2014年04月
    -
    継続中