松岡 有樹 (マツオカ アリキ)

MATSUOKA Ariki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

酸素結合タンパク質の構造、機能および分子進化、ヘモグロビン、ミオグロビン、酸素、ゾウリムシ、分子進化、筋肉、代謝、鉄、活性酸素、トリメチルアミン-N-オキシド、赤血球、ヘムタンパク質

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1370

研究室FAX

024-547-1370

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(総合科学系)   自然科学講座(分子細胞生物学分野)   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学部  生物学科  卒業  日本国  1984年

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学研究科  博士課程  修了  日本国  1989年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  理学博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年10月
    -
    1995年03月

    東北大学理学部助手

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

    東北大学大学院理学研究科助手

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    福島県立医科大学医学部助教授

  • 2007年04月
    -
    2010年01月

    福島県立医科大学医学部准教授

  • 2010年02月
    -
    継続中

    福島県立医科大学医学部教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会  日本国

  • 水産学会  日本国

  • 比較生理生化学会  日本国

  • 日本生化学会  日本国

  • 日本生物物理学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

  • 機能生物化学

  • 比較生理生化学

  • 生化学一般

  • 動物生理・代謝

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 筋肉中のトリメチルアミン-N-オキシド分解反応

     

  • ヘムタンパク質と活性酸素の反応機構

     

  • 無脊椎動物界におけるヘモグロビン様タンパク質の構造と機能

  • ヒト・ヘモグロビンにおける酸素結合型の安定化機構

     

論文 【 表示 / 非表示

  • 酸素センサータンパク質 YddV のグロビンドメインの構造解析 Crystal structure of globin-coupled sensor domain of YddV

    五十嵐城太郎、菊池亨、松岡有樹

    Photon Factory Activity Report 2014  32   2015年04月

    共著 

  • Isolation and autoxidation profile of fish myoglobin from hoki (Macruronus magellanicus)

    Kobayashi G., Mizuguchi T., Matsuoka A.

    Fukushima J Med Sci  60 (1) 31 - 34   2014年07月

    共著 

  • Relationship between oxygen affinity and autoxidation of myoglobin

    Shibata T, Matsumoto D, Nishimura R, Tai H, Matsuoka A, Nagao S, Matsuo T, Hirota S, Imai K, Neya S, Suzuki A, Yamamoto Y.

    Inorganic Chemistry  51 (21) 11955 - 11960   2012年11月

    共著 

  • A hydrogen-bonding network formed by the B10-E7-E11 residues of a truncated hemoglobin from Tetrahymena pyriformis is critical for stability of bound oxygen and nitric oxide detoxification

    Igarashi J, Kobayashi K, Matsuoka A,

    Journal of Biological Inorganic Chemistry  16   599 - 609   2011年

    共著 

  • Extreme heterogeneous composition of the Paramecium caudatum macronuclear genomic DNA between hemoglobin and nucleosome assembly protein-1 genes

    Norihito Nishiyama, Kazuyuki Mikami, Ariki Matsuoka, Takehiko Ochiai, Kiyoshi Yamauchi

    Genes Genet. Syst.  85   9 - 17   2010年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新・福島県の蝶 : A new guide to butterflies of Fukushima

    ワタコ出版  2017年04月 

  • The 9th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry: Abstracts

    EURO GRAPHIC  2015年08月  ISBN: 978-83-942760-1-0

  • Yeast Flavohemoglobin from Candida norvegensis: Its Structural, Spectral, and Stability Properties

    Proceedings of the XIIth International Conference on Invertebrate Dioxygen Binding Proteins  2002年04月  ISBN: 2-9518029-0-0

    Gen Kobayashi, Hitoshi Ohmachi, Takashi Nakamura, Ariki Matsuoka, and Keiji Shikama 

  • Myoglobin : Stability and evolutionary aspects

    Asahi Shinbun Publishing Service  1999年04月 

    ※Editorとして参加 

  • 季刊化学総説NO-化学と生物

    (担当範囲:NO合成酵素)

    KIKAN KAGAKU SOSETSU  1996年04月 

    松岡有樹 斉藤正男 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 金子・成田研究奨励金

    1999年04月01日   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 単細胞生物にみられるユニークなヘモグロビンのX線結晶構造解析

    国内共同研究

    研究期間: 2010年06月 ~ 2012年03月 

    連携研究者:  清水透、五十嵐城太郎

  • 魚類ミオグロビン、ヘモグロビンの安定性に関する研究

    国内共同研究

    研究期間: 2006年10月 ~ 2008年03月 

    代表者:  松岡有樹 

  • ホキ(Macruronus magellanicus)ミオグロビン,ヘモグロビンの安定性がトリメチルアミン-N-オキシドの分解に与える影響に関する研究

    企業からの受託研究

    研究期間: 2005年07月 ~ 2006年06月 

    代表者:  松岡有樹 

  • トリメチルアミン-N-オキシドの分解抑制メカニズムに関する知見に関し,タンパク質に関連する部分の検証に関する評価研究

    企業からの受託研究

    研究期間: 2004年09月 ~ 2005年06月 

    代表者:  松岡有樹 

  • トリメチルアミン-N-オキシドの分解抑制メカニズムに関する知見に関し,タンパク質に関連する部分の検証に関する評価研究

    企業からの受託研究

    研究期間: 2002年08月 ~ 2003年07月 

    代表者:  松岡有樹 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ヌタウナギ(Paramyxine atami)トランスサイレチン結晶化条件の検討

    平成29年度東北支部大会 

    2017年07月
     
     

  • Hoki myoglobin with unusual autoxidation behavior: Comparative analysis of native protein and H60V mutant.

    The 22nd International Congress of Zoology and the 87th meeting of Zoological Society of Japan  

    2016年11月
     
     

  • 酸素センサータンパク質YddVのリガンド識別機構と活性調節

    日本生化学会大会 

    2016年09月
     
     

  • Ligand sensing mechanism of globin domain of a heme-based oxygen-sensor enzyme, YddV, from Escherichia coli

    XIXth International Conference of Oxygen Binding and Sensing Protein 

    2016年09月
     
     

  • ゾウリムシ(P. caudatum)のヘモグロビン遺伝子近傍のDNAメチル化解析

    平成28年度日本動物学会東北支部大会 

    2016年07月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 基礎自然科学(生物学)

  • 細胞生物学

  • 科学リテラシー(自然科学方法論)

  • 自然科学

  • 分子遺伝学

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

    広報委員会委員、 東北支部幹事

    2007年04月
    -
    継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度日本生物教育会第70回全国大会 実習「血液の生理学」

    2015年08月
     
     

  • 福島県教育センター 教員対象実習

    2013年09月
    -
    継続中

  • 公開実習「ヘモグロビンの構造と吸収スペクトル」「血球形態の観察」成蹊高校

    2013年06月
    -
    継続中