町田 豪 (マチダ タケシ)

MACHIDA Takeshi

写真a

職名

講師

生年

1981年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1148

研究室FAX

024-548-6760

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   免疫学講座   講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  生物資源環境科学府  生物機能科学  博士課程  修了  日本国  2009年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  農学博士  2009年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    九州大学大学院 学術特定研究者 (日本学術振興会特別研究員PD)

  • 2010年04月
    -
    2016年03月

    福島県立医科大学 医学部医学科 免疫学講座 助教

  • 2016年04月
    -
    2018年06月

    福島県立医科大学 医学部医学科 免疫学講座 学内講師

  • 2018年07月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 医学部医学科 免疫学講座 講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • その他

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 膠原病・アレルギー・感染症内科学

  • 分子生物学

  • 食品科学

  • 植物生理・分子

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 補体活性化経路の分子メカニズムの解明

    研究期間: 2021年  -  継続中 

  • SLEモデルマウスにおける自己反応性B細胞の出現・活性化メカニズムの同定

    研究期間: 2012年  -  2020年 

    SLE、自己反応性B細胞、IFN-γ

  • 補体セリンプロテアーゼMASP-1/3を標的としたループス腎炎の新規治療戦略

    研究期間: 2010年  -  継続中 

    SLE、補体第二経路、MASP-1、MASP-3

  • SLEモデルマウスを用いたCD4陽性T細胞の肉芽腫性炎症への役割の解明

    研究期間: 2010年  -  2015年 

    MRL/lpr、IRF-1、IRF-4、自己反応性T細胞、肉芽腫

論文 【 表示 / 非表示

  • Changes in complement activation products after anti-VEGF injection for choroidal neovascularization in age-related macular degeneration and pachychoroid disease

    Keiichiro Tanaka, Yasuharu Oguchi, Tomoko Omori, Yumi Ishida, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine and Tetsuju Sekiryu

    Scientific Reports  11   8464   2021年

    共著 

  • Evidence for activation of lectin and classical pathway complement components in aqueous humor of neovascular age-related macular degeneration

    Tomoko Omori, Yasuharu Oguchi, Takeshi Machida, Yutaka Kato, Yumi Ishida, Akira Ojima, Kanako Itagaki, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Yukinori Sugano, Masashi Ogasawara, Hideharu Sekine, and Tetsuju Sekiryu

    Ophthalmic Research  63   252 - 258   2020年

    共著 

  • Anaphylatoxin concentration in aqueous and vitreous humor in the eyes with vitreoretinal interface abnormalities

    Yasuharu Oguchi, Tetsuju Sekiryu, Tomoko Omori, Yutaka Kato, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine

    Experimental Eye Research  195   108025   2020年

    共著 

    DOI

  • A novel complement inhibitor sMAP-FH targeting both the lectin and alternative complement pathways

    Mika Takasumi, Tomoko Omori, Takeshi Machida, Yumi Ishida, Manabu Hayashi, Toshiyuki Suzuki, Yoshimi Homma, Yuichi Endo, Minoru Takahashi, Hiromasa Ohira, Teizo Fujita, Hideharu Sekine

    The FASEB Journal  34   6598 - 6612   2020年

    共著 

    DOI

  • Complement activation products and cytokines in pachychoroid neovasculopathy and neovascular age-related macular degeneration

    Yutaka Kato, Yasuharu Oguchi, Tomoko Omori, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Masashi Ogasawara, Yukinori Sugano, Kanako Itagaki, Akira Ojima, Takeshi Machida, Hideharu Sekine, and Tetsuju Sekiryu

    Investigative Ophthalmology & Visual Science  61   39   2020年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea. The Recent Status and Perspective of Food System, Agricultural Environment and Biology

    (担当ページ:340-351)

    その他の出版機関  2008年 

    町田豪、石橋明子、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Novo Nordisk International Travel Award for the 16th International Congress of Immunology

    2016年08月   日本国

  • BioLegend/Tomy Digital Biology Travel Award 2015

    2015年07月09日   日本国

  • 第15回国際免疫学会議Bursary

    2013年06月25日   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • SLEの自己抗体産生における脾臓Marginal zone-B細胞の役割

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEモデルマウスの自己抗体産生および腎炎病態における脾臓辺縁帯B細胞の役割

    補助・助成

    研究期間: 2017年06月 ~ 2018年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEモデルマウスの脾臓辺縁帯B細胞が自己抗体産生に果たす役割

    補助・助成

    研究期間: 2016年06月 ~ 2017年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEの自己抗体産生には辺縁帯B細胞に対するIFN-γ刺激の増強が重要である

    補助・助成

    研究期間: 2015年06月 ~ 2016年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEの自己反応性B細胞の出現・活性化におけるIFN-γシグナルの役割

    補助・助成

    研究期間: 2014年06月 ~ 2015年03月 

    代表者:  町田 豪 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • MASP-3の活性化に対するレクチン経路の認識分子の役割

    第57回日本補体学会学術集会 

    2021年09月
     
     

  • 加齢黄斑変性の病態におけるレクチン経路の関与の可能性

    第56回日本補体学会学術集会 

    2019年08月
     
     

  • MASP-1 and MASP-3 play independent roles in activation of the lectin and alternative complement pathways

    27th International Complement Workshop 

    2018年09月
     
     

  • MASP-1、MASP-3はレクチン経路、第二経路の活性化に独立して寄与する

    第55回日本補体学会学術集会 

    2018年09月
     
     

  • MRL/lprマウスのループス様糸球体腎炎におけるMASP-1/3の役割

    第55回日本補体学会学術集会 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • PBLテュートリアル教育(2年生)

  • 免疫学(2年生)

  • 医学研究方法論(修士課程)

  • 医科学研究入門(博士課程)

  • PBLテュートリアル教育(1年生)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2019年07月
     
     

  • 平成30年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2018年07月
     
     

  • 平成29年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2017年07月
     
     

  • 平成28年度ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 「メディカルセミナー【医学】」

    2016年07月
     
     

  • 平成27年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2015年07月
     
     

全件表示 >>