Kenneth Eric NOLLET (ノレット ケネス エリック)

NOLLET Kenneth Eric

写真a

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1538

研究室FAX

024-549-3126

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   ふくしま国際医療科学センター   放射線医学県民健康管理センター   教授

  • 兼務   医学部(臨床医学系)   輸血・移植免疫学講座(輸血・移植免疫部)   教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • Mayo Graduate School  Biochemistry  NMR and Fluorescence Spectroscopic Characterization of 13C-Trp-Thioredoxin  博士課程  修了  アメリカ合衆国  1993年06月

  • Mayo School of Graduate Medical Education  Anatomic and Clinical Pathology  未設定  修了  アメリカ合衆国  1997年06月

  • Mayo School of Graduate Medical Education  Transfusion Medicine  未設定  修了  アメリカ合衆国  1998年06月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • University of St. Thomas, St. Paul, Minnesota -  BA (Mathematics) 

  • Mayo Medical School -  MD  1993年05月

  • Mayo Graduate School -  PhD (Biochemistry)  1993年05月

  • Mayo School of Graduate Medical Education -  認定 (Residency Training in Anatomic and Clinical Pathology)  1997年06月

  • Mayo School of Graduate Medical Education -  認定 (Fellowship Training in Transfusion Medicine)  1998年06月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年01月
    -
    継続中

    輸血・移植免疫学講座

  • 2013年04月
    -
    2019年06月

    放射線医学県民健康管理センター 国際連携室 室長

  • 2019年07月
    -
    継続中

    国際交流センター 副センター長

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1998年09月
    -
    2003年09月
     

    ミネソタ州輸血学会  アメリカ合衆国

  • 2004年11月
    -
    継続中
     

    ANZSBT  オーストラリア

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    日本輸血・細胞治療学会  日本国

  • 2011年06月
    -
    継続中
     

    世界アフェレーシス協会  カナダ

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    福島医学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • Physician and Surgeon, Minnesota Board of Medical Practice   1994年09月

  • Physician and Surgeon, Medical Board of California   2002年12月

  • Blood Banking and Transfusion Medicine   2002年10月

  • Clinical Pathology   2001年05月

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • Although credentialed in pathology, laboratory medicine, blood banking and transfusion medicine, I also participate in broader projects to fulfil Japan's international responsibilities in medical care, scientific advancement and education. A long-term interest in disaster preparedness and emergency communication was re-invigorated by the Great East Japan Earthquake.

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 血液製剤保存による劣化

    研究期間: 2007年07月  -  継続中 

     

  • 災害対策

    研究期間: 2001年09月  -  継続中 

  • 輸血副作用

    研究期間: 2000年10月  -  継続中 

     

  • 緊急通信

    研究期間: 1998年08月  -  継続中 

  • タンパク質の分子内動態

    研究期間: 1985年06月  -  1993年12月 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 患者中心の輸血医療

    高本 滋 (担当範囲:Transfusion specialist credentialing here and abroad) (担当ページ:189-198)

    日本赤十字社北海道ブロック血液センター  2015年03月 

    ノレット ケネス エリック  札幌市西区二十四軒2条1丁目

  • Fukushima: Lives on the Line

    (担当ページ:210-213)

    福島県立医科大学  2013年02月 

    福島県福島市

  • Fukushima: Lives on the Line

    (担当ページ:67-70)

    福島県立医科大学  2013年02月 

    福島県福島市

  • Fukushima: Lives on the Line

    (担当ページ:191-194)

    福島県立医科大学  2013年02月 

    福島県福島市

  • Fukushima: Lives on the Line

    (担当ページ:195-209)

    福島県立医科大学  2013年02月 

    福島県福島市

全件表示 >>

その他の業績・作品等 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第8回植村研一賞

    2012年07月21日   日本国

  • Karis Award

    1995年06月05日  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Generations to Guide and Borders to Bridge: The Evolution of Radiation (Disaster) Education in Japan

    IAEA Consultancy Meeting: Science, Technology and Society (STS) Communication of Low-Dose Radiation -- The Way Forward -- 

    2019年12月
     
     

  • Health Care in Hell and High Water: Responding to Japan’s Earthquake, Tsunami, and Nuclear Crisis

    第478回学術研究集会 

    2019年10月
     
     

  • Generations to Guide and Borders to Bridge: The Evolution of Radiation (Disaster) Education in Japan

    2019 RITN Workshop - Crisis in Context: Minding the Gaps in Medical Preparedness for a Rad/Nuke Incident 

    2019年07月
     
     

  • Health and Human Services, Hell and High Water: Japan's 3-11 Earthquake, Tsunami, and Nuclear Crisis

    OGA Seminar Series 

    2019年07月
     
     

  • 災害経験を次世代へ伝える 医学部学生実習の取り組み

    第67回 日本輸血・細胞治療学会 学術総会 

    2019年05月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 緊急対策・非常通信

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 受託研究, 共同研究

    Life-saving and health-protecting activities depend on communication within and among medical facilities, but disasters can physically destroy wired communication infrastructure and cause wireless networks to be overloaded, even at long distances from a disaster site.

    "When commercial wired and wireless networks fail, the Amateur Radio Service and Amateur Satellite Service continue to be viable alternatives. The United Nations International Telecommunications Union (ITU) and governments around the world reserve valuable slices of the radio spectrum for unpaid, volunteer operators who are licensed to use these services. Authorities recognize their value to the public, particularly with respect to providing emergency communications." - Nollet KE, Komazawa T, Ohto H. Transfusion and Apheresis Science 55 (2016) 177–183

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 英語5 Advanced Presentation and Conference Skills

  • 輸血と免疫

  • BSL 6 アドバンスト(輸血・移植免疫学講座)

  • BSL 5 血液セミナー

  • BSL 5 血液型実習

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • USMLE 勉強会

    2016年05月
    -
    継続中

  • IFMSA 医学英会話

    2014年10月
    -
    継続中

  • 留学・見学申請者向けの面接・応援

    2013年04月
    -
    継続中

  • 新生児血液学 免疫学 輸血医学 勉強会

    2008年01月
    -
    継続中

  • 輸血・移植免疫部 勉強会

    2008年01月
    -
    継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 福島医学会

    評議員

    2017年04月
    -
    継続中

  • 世界アフェレーシス協会

    学会誌編集委員

    2011年06月
    -
    継続中

  • 日本輸血・細胞治療学会

    評議員

    2008年04月
    -
    継続中

  • ANZSBT

    総会組織委員

    2006年
    -
    2007年

  • ミネソタ州輸血学会

    副会長、総会組織委員長

    2001年09月
    -
    2002年09月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示