本間 俊作 (ホンマ シュンサク)

HOMMA Shunsaku

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

細胞分化、形態形成、神経栄養因子、GDNF、転写因子、bHLH、細胞接着因子、受容体型チロシンキナーゼ

研究室電話

024-547-1116

研究室FAX

024-549-8811

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   神経解剖・発生学講座   准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ウェイクフォレスト大学 -  Ph.D. 

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • 神経発生学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 細胞接着因子に類似した構造を持つ新規膜たんぱく質の発現様式と機能の解明

     

  • 中枢神経系発生過程における神経栄養因子受容体の発現調節機構の解明

     

論文 【 表示 / 非表示

  • Motor neurons with limb-innervating character in the cervical spinal cord are sculpted by apoptosis based on the Hox code in chick embryo.

    Mukaigasa K, Sakuma C, Okada T, Homma S, Shimada T, Nishiyama K, Sato N, Yaginuma H

    Development (Cambridge, England)  144 (24) 4645 - 4657   2017年12月

    共著  ISBN: 0950-1991

    DOI PubMed

  • Elucidation of target muscle and detailed development of dorsal motor neurons in chick embryo spinal cord.

    Kobayashi N, Homma S, Okada T, Masuda T, Sato N, Nishiyama K, Sakuma C, Shimada T, Yaginuma H

    The Journal of comparative neurology  521 (13) 2987 - 3002   2013年09月

    共著  ISBN: 0021-9967

    DOI PubMed

  • Elucidation of target muscle and detailed development of dosal motor neurons in chick embryo spinal cord.

    KOBAYASHI,N*; HOMMA,S*; OKADA,T*; MASUDA,T; SATO,N; NISHIYAMA,K*; SAKUMA,C*; SHIMADA,T*; YAGINUMA,H*

    J Comp Neurol.  521 (13) 2987 - 3002   2013年09月

    共著 

  • Neurogenin2 expression together with NeuroM regulates GDNF family neurotrophic factor receptor α1(GFRα1)expression in the embryonic spinal cord.

    SHIMADA,Takako*;YAGINUMA,Hiroyuki*;SATO,Noboru;HOMMA,Shunsaku*

    Developmental Biology  370 (2) 250 - 263   2012年08月

    共著 

  • Expression pattern of LRR and lg domain-containing protein(LRRIGprotein)in the early mouse embryo.

    HOMMA,S*;SHIMADA,T*;HIKAKE,T*;YAGINUMA,Y*

    Gene Expr Patterns  9 (1) 1 - 26   2009年01月

    共著 

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 脊髄運動ニューロンサブタイプのdelta-notch系による分化調節機構

    補助・助成

    研究期間: 2003年 ~ 2005年 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脊髄神経の分岐パターンに残るlateral somitic frontierの痕跡

    2017年度 生命科学系学会合同年次大会 

    2017年12月
     
     

  • Negative regulation of Robo signaling by a molecule of IgG superfamily

    第40回日本神経科学大会 

    2017年07月
     
     

  • 透明化標本における深部観察のための単純な最適化法

    第39回日本神経科学大会 

    2016年07月
     
     

  • 透明化標本における深部観察のための単純な最適化法

    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 

    2015年12月
     
     

  • 透明化標本における深部観察のための単純な最適化法

    研究連携セミナー ポスター発表会2015 

    2015年12月
     
     

全件表示 >>