福島県立医科大学医学部 公衆衛生学講座
アクセスカウンター

公衆衛生学講座とは
 公衆衛生は社会医学系に含まれ、地域の疾病予防と健康増進を目標とする応用科学です。人々の健康は様々な要因により規定され、長生きの特効薬はありません。当講座は60周年を迎えましたが、この間にも日本国内では高齢化が急速に進み、人々の生活習慣は変容し、それに伴い疾病構造も大きく変化しています。このように移り変わる、社会における様々な健康現象を、独創的かつ柔軟な視点でとらえ、地域保健・医療に意欲的に貢献する若い研究者を育成します。

  • 講座主任より-安村教授からのメッセージ
  • 講座紹介-講座のスタッフ紹介
  • 研究活動・報告書-講座で行った研究の報告書

全国機関 衛生学公衆衛生学教育協議会

お知らせ

2020.10.16 安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第8回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 18-19ページ 2020.11月号

2020.10.1 10月1日付けで講師の堀越直子先生が着任されました。

2020.9.28学内講師の森山信彰先生が筆頭著者となっている論文がPreventive Medicine Reportsに受理されました。
Nobuaki Moriyama, Chihiro Nakayama, Masatsugu Orui, Yujiro Kuroda, Hajime Iwasa, Teruko Horiuchi, Takeo Nakayama, Minoru Sugita, Seiji Yasumura. Associated factors related to participation in general health checkup and survey of the effect of low-dose radiation exposure on health of residents of Fukushima Prefecture after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident. Preventive Medicine Reports (in press).

2020.9.28学内講師の森山信彰先生が筆頭著者となっている論文がJournal of Aging and Physical Activityに受理されました。
Nobuaki Moriyama, Hajime Iwasa, Seiji Yasumura. Association of Perceived Environment and Physical Activity in Older Adults After the Great East Japan Earthquake. Journal of Aging and Physical Activity (in press).

2020.9.16安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第7回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 18-19ページ 2020.10月号

2020.9.14安村誠司教授と学内講師の森山信彰先生が福島県感染症対策アドバイザー(新型コロナウイルス感染症における助言、提言)に委嘱されました。

2020.9.8安村誠司教授が委員となっている日本学術会議の「健康・生活科学委員会・歯学委員会合同脱タバコ社会の実現分科会」から、 提言「子ども・妊婦への受動喫煙対策をさらに充実させるべきである」が9月7日に発出されました。
詳細はこちらから

2020.8.24安村誠司教授が共著者となっている論文がBMC Public Healthに掲載されました。
Onset and remission of common mental disorders among adults living in temporary housing for three years after the triple disaster in Northeast Japan: comparisons with the general population
Norito Kawakami, Maliko Fukasawa, Kiyomi Sakata, Ruriko Suzuki, Hiroaki Tomita,Harumi Nemoto, Seiji Yasumura, Hirooki Yabe, Naoko Horikoshi, Maki Umeda, Yuriko Suzuki, Haruki Shimoda, Hisateru Tachimori, Tadashi Takeshima, and Evelyn J.Bromet
詳細はこちらから

2020.8.12安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第6回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 18-19ページ 2020.9月号

2020.7.28准教授の岩佐一先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Iwasa Hajime, Yoshida Yuko. Personality and health literacy among community-dwelling older adults living in Japan. Psychogeriatrics (in press).

2020.7.16安村誠司教授が共著者となっている論文が厚生の指標に掲載されました。
岩佐一,石井佳世子,吉田祐子,安村誠司
「子育て期の女性における精神的健康の関連要因」 厚生の指標 第67巻第6号 2020.6月号

2020.7.16安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第5回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 14-15ページ 2020.8月号

2020.6.22准教授の岩佐一先生の福島県労働保健センター「平成29年度産業医学・産業保健に関する調査研究に対する助成」による研究成果(「子育て中の女性労働者における認知的失敗と精神健康の関連ならびに支援策の構築」)をまとめた一般向けリーフレットを掲載しました。
詳細はこちらから

2020.6.22安村誠司教授が共著者となっている論文がSocial Science & Medicineに掲載されました。
Maiko Fukasawa, Norito Kawakami, Maki Umeda, Tsuyoshi Akiyama, Naoko Horikoshi, Seiji Yasumura, Hirooki Yabe, Yuriko Suzuki, and Evelyn J. Bromet.
“Long-lasting effects of distrust in government and science on mental health eight years after the Fukushima nuclear power plant disaster“
詳細はこちらから

2020.6.16安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第4回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 20-21ページ 2020.7月号

2020.6.16安村誠司教授が共著者となっている論文がSleep Medicineに掲載されました。
The association between self-reported sleep dissatisfaction after the Great East Japan Earthquake, and a deteriorated socioeconomic status in the evacuation area: the Fukushima Health Management Survey
Wen Zhang , Tetsuya Ohira , Masaharu Maeda , Hironori Nakano , Hajime Iwasa , Seiji Yasumura , Akira Ohtsuru , Mayumi Harigane , Yuriko Suzuki , Naoko Horikoshi , Kanae Takase , Atsushi Takahashi , Hirooki Yabe , Kenji Kamiya , for the Fukushima Health Management Survey Group
詳細はこちらから

2020.6.3安村誠司教授が共著者となっている論文がPediatrics Internationalで出版されました。
Influence of post-disaster evacuation on childhood obesity and hyperlipidemia
Yukihiko Kawasaki, Hironori Nakano, Mitsuaki Hosoya, Seiji Yasumura, Tetsuya Ohira, Hiroaki Satoh,Hitoshi Suzuki, Akira Sakai, Akira Ohtsuru, Atsushi Takahashi, Gen Kobashi and Kenji Kamiya
詳細はこちらから

2020.6.2安村班科研費(基盤C)の成果を大類真嗣先生が論文にして採択されました。
The Association between Utilization of Media Information and Current Health Anxiety Among the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster Evacuees
Masatsugu Orui , Chihiro Nakayama , Yujiro Kuroda , Nobuaki Moriyama , Hajime Iwasa , Teruko Horiuchi , Takeo Nakayama , Minoru Sugita and Seiji Yasumura
詳細はこちらから

2020.5.28大学院生の樋口 朝霞さんが筆頭著者で坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がWiley Online Libraryに掲載されました。
Nurses’ perceptions of medical procedures and nursing practices for older patients with non‐cancer long‐term illness and do‐not‐attempt‐resuscitation orders: A vignette study
Asaka Higuchi , Azusa Yoshii , Morihito Takita , Masaharu Tsubokura , Hiroki Fukahori , Rika Igarashi
詳細はこちらから

2020.5.28澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授と齋藤 宏章先生が共著者となっている論文がJournal of Occupational Healthに掲載されました。
Concealment of trauma and occupational accidents among Fukushima nuclear disaster decontamination workers: A case report
Toyoaki Sawano MD, Hayato Tanaka MD , Daiki Watanabe MD , Akihiko Ozaki MD , Manabu Tsukada MD , Yoshitaka Nishikawa MD , Hiroaki Saito MDYuki Shimada MD , Tomohiro Morita MD , Hiromichi Ohira MD , Masaharu Tsubokura MD, PhD,
詳細はこちらから

2020.5.28特任教授の坪倉正治先生、澤野 豊明先生が共著者となっている論文がDisaster Medicine and Public Health Preparednessに掲載されました。
Securing Access to Hemodialysis Care After Typhoon Hagibis in Fukushima
Yoshitaka Nishikawa , Sho Fujioka , Yosuke Tachiya , Tomohiro Morita , Masaharu Tsubokura , Akihiko Ozaki , Toyoaki Sawano , Masami Ogawa and Ryuzaburo Shineha
詳細はこちらから

2020.5.28特任教授の坪倉正治先生、澤野 豊明先生、大学院生の園田友紀さんと樋口 朝霞さんが共著者となっている論文がDisaster Medicine and Public Health Preparednessに掲載されました。
Need for Emergency Medical Functioning of Hospitals in Post-Nuclear Evacuation Areas
Yuki Shimada , Akihiko Ozaki , Masaharu Tsubokura , Kana Yamamoto , Claire Leppold , Arinobu Hori , Asaka Higuchi , Yuki Sonoda , Tomohiro Morita , Toyoaki Sawano and Tomoyoshi Oikawa
詳細はこちらから

2020.5.28特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がDisaster Medicine and Public Health Preparednessに掲載されました。
Minimizing Isolation of the Elderly Following the Fukushima Nuclear Power Plant Disaster
Izumi Yoshida ,Tomohiro Morita ,Takeaki Ishii ,Claire Leppold ,and Masaharu Tsubokura
詳細はこちらから

2020.5.27学内講師の森山信彰が申請した課題が日本理学療法士学会の「2020年度 理学療法にかかわる 研究助成」に採択されました。

2020.5.27学内講師の森山信彰が筆頭著者になっている論文がInternational Journal of Disaster Risk Reductionで採択されました。
Effectiveness of group exercise intervention on subjective well-being and health-related quality of life of older residents in restoration public housing after the great East Japan earthquake: A cluster randomized controlled trial
Nobuaki Moriyama, Junichi Omata, Ryuta Sato, Kanako Okazaki, Seiji Yasumura
詳細はこちらから

2020.5.26安村誠司教授が共著者になっている原著論文がPublic Health Nutrition Onlineで公表されました。
Dietary pattern changes in Fukushima residents after the Great East Japan Earthquake: the Fukushima Health Management Survey 2011–2013
Enbo Ma, Tetsuya Ohira, Hironori Nakano, Masaharu Maeda,Hirooki Yabe, Akira Sakai, Seiji Yasumura, and Kenji Kamiya
詳細はこちらから

2020.5.26安村誠司教授が共筆頭著者になっている原著論文がMedicineに採択されました。
Nested matched case control study for the Japan Fukushima Health Management Survey’s first full-scale (second-round) thyroid examination
Hideto Takahashi, PhD,Seiji Yasumura, MD, PhD Kunihiko Takahashi, PhD, Tetsuya Ohira, MD, PhD, Akira Ohtsuru, MD, PhD, Sanae Midorikawa, MD, PhD, Satoru Suzuki, MD, PhD,Hiroki Shimura, MD, PhD, Tetsuo Ishikawa, PhD, Akira Sakai, MD, PhD, Shinichi Suzuki, MD, PhD, Susumu Yokoya, MD, PhD, Koichi Tanigawa, MD, PhD, Hitoshi Ohto, MD, PhD, Kenji Kamiya, MD, PhD

2020.5.18安村誠司教授が共著者となっている論文がBMC Public Healthに掲載されました。
Lifestyle factors associated with prevalent and exacerbated musculoskeletal pain after the Great East Japan Earthquake: a cross-sectional study from the Fukushima Health Management Survey
Hiroshige Jinnouchi, Tetsuya Ohira, Hironobu Kakihana, Ko Matsudaira, Masaharu Maeda, Hirooki Yabe, Yuriko Suzuki, Mayumi Harigane, Hiroyasu Iso, Tomoyuki Kawada, Seiji Yasumura, Kenji Kamiya & on behalf of the Mental Health Group of the Fukushima Health Management Survey
詳細はこちらから

2020.5.18安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第3回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 20-21ページ 2020.6月号

2020.5.7安村誠司教授が共著者となっている論文がFrontiers in Public Healthにオンライン出版されました。
Resilience Factors Contributing to Mental Health Among People Affected by the Fukushima Disaster: Development of Fukushima Resilience Scale
Yui Takebayashi1, Masaharu Maeda, Masatsugu Orui, Satomi Nakajima, Maho Momoi, Akiko Ito, Hideki Sato, Seiji Yasumura and Hitoshi Ohto
詳細はこちらから

2020.4.21日本学術会議の「未来からの問い」特設HPが開設され安村誠司教授の発表が掲載されました。
詳細はこちらから

2020.4.21安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第2回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 14-15ページ 2020.5月号

2020.4.14月1日付けで保健技師の陸 智美さんが着任されました。

2020.4.1准教授の岩佐一先生が筆頭著者で博士研究員の石井佳世子先生と安村誠司教授が共著者となっている論文が厚生の指標に掲載されました。
岩佐一,石井佳世子,吉田祐子,安村誠司. 子育て期の女性における精神的健康 の関連要因. 厚生の指標(印刷中)

2020.3.16保健技師の佐野碧さんが筆頭著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
佐野碧,岩佐一,中山千尋,森山信彰,勝山邦子,安村誠司 「中学生・高校生 におけるメディア利用と生活習慣の関連」 日本公衆衛生雑誌(印刷中)

2020.3.16安村誠司教授が監修した【新連載】「座ってできる太極拳ゆったり体操」<第1回>がNHKテキスト きょうの健康に掲載されました。
きょうの健康 14-15ページ 2020.4月号

2020.3.16安村誠司教授が執筆した【小学館ニッポニカ】放射線関連5項目が公開されました。
ニッポニカ更新情報(ジャパンナレッジ)2020年3月公開分
放射線関連5項目内部被曝外部被曝 安定ヨウ素剤高線量被曝低線量被曝

2020.3.9博士研究員の石井佳世子先生が筆頭著者で安村誠司教授が共著者となっている論文が福島県保健衛生雑誌に掲載されました。
石井佳世子、後藤あや、太田操、安村誠司、藤森敬也
「福島県立医科大学県民健康管理センター妊産婦調査における電話支援活動取り組み」
福島県保健衛生雑誌 8-14 vol.35 2020.3

2020.3.4安村誠司教授が共著者となっている論文がMedicine に掲載されました。
Relationship between the prevalence of polycythemia and factors observed in the mental health and lifestyle survey after the Great East Japan Earthquake
Akira Sakai, Hironori Nakano, Tetsuya Ohira, Masaharu Maeda, Kanako Okazaki, Atsushi Takahashi, Yukihiko Kawasaki, Hiroaki Satoh, Akira Ohtsuru, Michio Shimabukuro, Junichiro Kazama, Shigeatsu Hashimoto, Mitsuaki Hosoya, Seiji Yasumura, Hirooki Yabe, Hitoshi Ohto, Kenji Kamiya,
詳細はこちらから

2020.3.3安村誠司教授が共著者となっている論文がJournal of Epidemiology にオンライン公開されました。
Factors Influencing the Proportion of Non-examinees in the Fukushima Health Management Survey for Childhood and Adolescent Thyroid Cancer: Results From the Baseline Survey
Kunihiko Takahashi, Hideto Takahashi, Tomoki Nakaya, Seiji Yasumura, Tetsuya Ohira, Hitoshi Ohto, Akira Ohtsuru, Sanae Midorikawa, Shinichi Suzuki, Hiroki Shimura, Shunichi Yamashita, Koichi Tanigawa, Kenji Kamiya
詳細はこちらから

2020.2.17 2019年度公衆衛生学・疫学実習報告書が完成しました。
詳細はこちらから (ファイルを開くにはパスワードが必要です。)

2020.2.10特任教授の坪倉正治先生が筆頭著者で大学院生の樋口 朝霞さんが共著者となっている論文がThe Tohoku Journal of Experimental Medicine .に掲載されました。
Absence of Relatives Impairs the Approach of Nurses to Cardiopulmonary Resuscitation in Non-Cancer Elderly Patients without a Do-Not-Attempt-Resuscitation Order: A Vignette-Based Questionnaire Study
Asaka Higuchi, Morihito Takita, Azusa Yoshii, Tomoko Akiyama, Tsuyoshi Nemoto, Ritsuko Nakahira, Toshihiro Nakajima, Hiroki Fukahori, Masaharu Tsubokura, Rika Igarashi,
詳細はこちらから

2020.2.10特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がBMJ Case Rep.に掲載されました。
Efficacy of prolonged exposure therapy for a patient with late-onset PTSD affected by evacuation due to the Fukushima nuclear power plant accident
Arinobu Hori1, Yoshitake Takebayashi, Masaharu Tsubokura and Yoshiharu Kim,
詳細はこちらから

2020.2.10特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がInternational Journal of Disaster Risk Reductionに掲載されました。
The trajectories of local food avoidance after the Fukushima Daiichi nuclear plant disaster: A five-year prospective cohort study
Yoshitake Takebayashi , Michio Murakami , Shuhei Nomura , Tomoyoshi Oikawa , Masaharu Tsubokura ,
詳細はこちらから

2020.2.10特任教授の坪倉正治先生が筆頭著者で大学院生の小橋 友理江先生が共著者となっている論文がProceedings of the Japan Academy, Series B に掲載されました。
Usefulness of the whole-body counter for infants and small children (BABYSCAN) as a risk communication tool after the Fukushima Daiichi nuclear power plant incident
Masaharu TSUBOKURA, Yuko NABESHIMA, Michio MURAKAMI, Tsuyoshi NEMOTO, Toshiyuki KAMBE, Saori NONAKA, Yuki SHIMADA, Yurie KOBASHI, Akihiko OZAKI, Tomoyoshi OIKAWA
詳細はこちらから

2020.2.3 准教授の岩佐一先生が筆頭著者で博士研究員の石井佳世子先生と安村誠司教授が共著者となっている論文が日本公衆衛生雑誌に掲載されました。
岩佐一,石井佳世子,吉田祐子,安村誠司
「子育て期の女性における認知的失敗尺度日本語版の開発」 日本公衆衛生雑誌 42-49 vol.67 No.1

2020.1.16 安村誠司教授が共著者となっている論文がMaternal & Child Nutrition に掲載されました。
Effect of proinflammatory diet before pregnancy on gestational age and birthweight: The Japan Environment and Children's Study
Makiho Ishibashi, Hyo Kyozuka, Akiko Yamaguchi, Keiya Fujimori, Mitsuaki Hosoya, Seiji Yasumura, Kuse Masahito, Akiko Sato, Yuka Ogata, Koichi Hashimoto, and the Japan Environment and Children's Study (JECS) Group
詳細はこちらから

2020.1.6 特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がHeliyonに掲載されました。
Measurements of radiocesium in animals, plants and fungi in Svalbard after the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster
Yoshihiro Mezaki, Shigeaki Kato, Osamu Nishikawa, Isao Takashima, Masaharu Tsubokura, Haruka Minowa, Tadashi Asakura, Tomokazu Matsuura, Haruki Senoo
詳細はこちらから

2020.1.6 特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がRadioprotectionに掲載されました。
The role of radiological protection experts in stakeholder involvement in the recovery phase of post-nuclear accident situations: Some lessons from the Fukushima-Daïchi NPP accident
Thierry Schneider, Mélanie Maître, Jacques Lochard, Sylvie Charron, Jean-François Lecomte, Ryoko Ando, Yumiko Kanai, Momo Kurihara, Yujiro Kuroda, Makoto Miyazaki, Wataru Naito, Makiko Orita, Noboru Takamura, Koichi Tanigawa, Masaharu Tsubokura, Tetsuo Yasutaka,
詳細はこちらから

2020.1.6 澤野 豊明先生が筆頭著者で特任教授の坪倉正治先生と齋藤 宏章先生が共著者となっている論文がClinical Case Reportに掲載されました。
High internal radiation exposure associated with low socio-economic status six years after the Fukushima nuclear disaster
Sawano, Toyoaki, Kambe, Toshiyuki, Seno, Yuki, Konoe, Ran, Nishikawa, Yoshitaka, Ozaki, Akihiko, Shimada, Yuki, Morita, Tomohiro, Saito, Hiroaki, Tsubokura, Masaharu,
詳細はこちらから

2020.1.6 特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がBMC Health services Reseachに掲載されました。
Determinants and supporting factors for rebuilding nursing workforce in a post-disaster setting
Moe Hirohara, Akihiko Ozaki, Masaharu Tsubokura,
詳細はこちらから

2020.1.6 特任教授の坪倉正治先生と澤野 豊明先生が共著者となっている論文がJournal of Radiological Protectionに掲載されました。
Low dose of external exposure among returnees to former evacuation areas: a cross-sectional all-municipality joint study following the 2011 Fukushima Daiichi nuclear power plant incident
Shuhei Nomura, Michio Murakami, Wataru Naito, Tetsuo Yasutaka, Toyoaki Sawano, Masaharu Tsubokura
詳細はこちらから

2019.12.13 2019年度公衆衛生学試験学習課題を掲載しました。
※必ずご確認ください。
詳細はこちらから

2019.12.5安村誠司教授が共著者となっている論文がSSM-Population Health に掲載されました。
Longitudinal associations of radiation risk perceptions and mental health among non-evacuee residents of Fukushima prefecture seven years after the nuclear power plant disaster.
Maiko Fukasawa, Norito Kawakami, Maki Umeda, Tsuyoshi Akiyama, Naoko Horikoshi, Seiji Yasumura, Hirooki Yabe, Yuriko Suzuki, and Evelyn J. Bromet.
詳細はこちらから

2019.12.4安村誠司教授と助教の中山千尋先生がが共著者となっている深澤舞子先生(東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野/精神看護学分野)が書かれた 論文がDisaster Medicine and Public Health Preparednessに掲載されました。
詳細はこちらから

2019.11.26特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がサイエンスにレターに掲載されました。
Radiation is not a political tool
Michio Murakami, Atsushi Kumagai, Aleksandr N. Stojarov, Masaharu Tsubokura,
詳細はこちらから

2019.11.26特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がJournal of Radiological Protectionに掲載されました。
Radiation doses and decontamination effects in Minamisoma city: airborne and individual monitoring after the Fukushima nuclear accident
Michio Murakami, Shuhei Nomura, Masaharu Tsubokura, Yoshitake Takebayashi, Kana Yamamoto, Tomoyoshi Oikawa,
詳細はこちらから

2019.11.26大学院生の小橋 友理江先生が筆頭著者で澤野 豊明先生と特任教授の坪倉正治先生が共著者となっている論文がJournal of Radiation Researchに掲載されました。
Unambiguous evidence is required to accurately understand the health impacts of nuclear accidents
Yurie Kobashi, Toyoaki Sawano, Andy Crump, Masahiro Kami, Masaharu Tsubokura,
詳細はこちらから

2019.11.25澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授と齋藤 宏章先生が共著者となっている論文がClinical Case Report に掲載されました。
High internal radiation exposure associated with low socio-economic status six years after the Fukushima nuclear disaster
Sawano Toyoaki, Kambe Toshiyuki, Seno Yuki, Konoe Ran, Nishikawa Yoshitaka, Ozaki Akihiko, Shimada Yuki, Morita Tomohiro, Saito Hiroaki, Tsubokura Masaharu,
詳細はこちらから

2019.11.21安村誠司教授が編著となっている書籍『福島原発事故における公衆衛生課題とその対応』が日本公衆衛生協会のホームページに掲載されました。
詳細はこちらから

2019.11.18安村誠司教授の高齢者の地域活動についてのコメントが11月13日の読売新聞(全国版)15面に掲載されました。

2019.10.3教員の公募をします。
詳細はこちらから

2019.9.27准教授の岩佐一先生が筆頭著者で博士研究員の石井佳世子先生と安村誠司教授が共著者となっている論文が日本公衆衛生雑誌に受理されました。
岩佐一,石井佳世子,吉田祐子,安村誠司 「子育て期の女性における認知的失敗尺度日本語版の開発」 日本公衆衛生雑誌(印刷中)

2019.9.25博士研究員の大類真嗣先生の論文が日本公衆衛生雑誌に掲載されました。
詳細はこちらから

2019.9.18学内講師の森山信彰先生が第37回東北理学療法学術大会で下記のとおり受賞されました。
学会名:第37回東北理学療法学術大会 (2019年9月14日、15日)
受賞:優秀賞ならびに新人賞
演題:福島県内の復興公営住宅に居住する高齢者を対象とした運動教室型介入プログラムが精神的健康度に与える効果
演者:森山信彰、小俣純一、佐藤竜太、岡崎可奈子、安村誠司


2019.9.12安村誠司教授が委員になっている日本学術会議の緊急提言がパブリックヘルス科学分科会から発出され、日本学術会議のホームページにアップされました。
詳細はこちらから

2019.8.30坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がMDPI に掲載されました。
Chisato Yasukawa , Shoko Aoki 1, Miki Nonaka 1, Masateru Itakura , Masaharu Tsubokura , Keiichi Baba , Hiroya Ohbayashi , Izumi Sugawara , Tomoko Seyama , Iwao Uehara , Rumi Kaida , Teruaki Taji , Yoichi Sakata and Takahisa Hayashi ,
Intake of Radionuclides in the Trees of Fukushima Forests 1. Field Study
詳細はこちらから

2019.8.30坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がMDPI に掲載されました。
Shoko-Aoki,Miki-Nonaka,Chisato-Yasukawa,Masateru-Itakura, Masaharu Tsubokura ,Kei’ichi Baba , Hiroya Ohbayashi , Tomoko Seyama , Iwao Uehara , Rumi Kaida , Teruaki Taji , Yoichi Sakata and Takahisa Hayashi ,
Intake of Radionuclides in the Trees of Fukushima Forests 2. Study of Radiocesium Flow to Poplar Seedlings as a Model Tree
詳細はこちらから

2019.8.30澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がQJM. に掲載されました。
Sawano T, Takita M, Senoo Y, Nishikawa Y, Crump A, Tsubokura M.
The responsibility of the Japanese Media, The Fukushima accident & the use of personal data for research.
詳細はこちらから

2019.8.30澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がA case report. Medicine (Baltimore). に掲載されました。
Sawano T, Nishikawa Y, Ozaki A, Leppold C, Takiguchi M, Saito H, Shimada Y, Morita T, Tsukada M, Ohira H, Tsubokura M.
Premature death associated with long-term evacuation among a vulnerable population after the Fukushima nuclear disaster
詳細はこちらから

2019.8.30大学院生の園田友紀さんが筆頭著者で澤野 豊明先生と樋口 朝霞さんと坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がCase Rep Psychiatryに掲載されました。
Sonoda Y, Ozaki A, Hori A, Higuchi A, Shimada Y, Yamamoto K, Morita T, Sawano T, Leppold C, Tsubokura M.
Premature Death of a Schizophrenic Patient due to Evacuation after a Nuclear Disaster in Fukushima.
詳細はこちらから

2019.7.30学内講師 森山 信彰先生が共著者となっている論文がInternational Journal of Environmental Research and Public Healthに掲載されました。
Living in the restoration public housing after the Great East Japan Earthquake correlates with lower subjective well-being of older adults.
Nobuaki Moriyama, Hajime Iwasa, Masaharu Tsubokura, Yujiro Kuroda, Seiji Yasumura
詳細はこちらから

2019.7.26特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文がBMJJournalsに掲載されました。
Internal exposure risk due to radiocesium and the consuming behaviour of local foodstuffs among pregnant women in Minamisoma City near the Fukushima nuclear power plant: a retrospective observational study
Kana Yamamoto, Shuhei Nomura, Masaharu Tsubokura, Michio Murakami, Akihiko Ozaki, Claire Leppold, Toyoaki Sawano, Morihito Takita, Shigeaki Kato, Yukio Kanazawa, Hiroshi Anbe
詳細はこちらから

2019.7.5博士研究員の大類真嗣先生が筆頭著者で安村誠司教授が共著者となっている論文がJournal of Occupational Health に掲載されました。
The association between effective workplace communication with superiors and lower psychological distress among workers in the evacuation area after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
Masatsugu Orui , Seiji Yasumura ,
詳細はこちらから

2019.7.5博士研究員の大類真嗣先生の論文がInt. J. Environ. Res. Public Health にアクセプトされ掲載雑誌のHPにアップされました。
Mental Health Recovery of Evacuees and Residents from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident after Seven Years—Contribution of Social Network and a Desirable Lifestyle
Masatsugu Orui , Satomi Nakajima , Yui Takebayashi , Akiko Ito , Maho Momoi , Masaharu Maeda , Seiji Yasumura , and Hitoshi Ohto
詳細はこちらから

2019.7.5安村誠司教授が共著者となっている論文がInternational Heart Journalにアクセプトされました。
Trends in the incidence of sudden deaths and heart diseases in Fukushima after the Great East Japan Earthquake
Mai Takiguchi, Tetsuya Ohira, Hironori Nakano, Yui Yumiya, Takayoshi Yamaki, Akiomi Yoshihisa, Kazuhiko Nakazato, Hitoshi Suzuki, Tetsuo Ishikawa, Seiji Yasumura, Kenji Kamiya, Yasuchika Takeishi,

2019.7.5安村誠司教授が共著者となっている論文がPubMedのOnlineにアクセプトされ、オンラインで公開されました。
External Radiation Dose, Obesity, and Risk of Childhood Thyroid Cancer after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident: The Fukushima Health Management Survey.
Ohira T, Ohtsuru A, Midorikawa S, Takahashi H, Yasumura S, Suzuki S, Matsuzuka T, Shimura H, Ishikawa T, Sakai A, Suzuki S, Yamashita S, Yokoya S, Tanigawa K, Ohto H, Kamiya K; Fukushima Health Management Survey group.
詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生と樋口朝霞さんが共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Long-term trends of hospital admissions among patients with cancer following the 2015 earthquake: a single institution observational study in Kathmandu, Nepal
Anup Uprety, Akihiko Ozaki, Asaka Higuchi, Bikal Ghimire, Toyoaki Sawano, Kenji Tsuda, huhei Nomura, Claire Leppold, Masaharu Tsubokura, Tetsuya Tanimoto, Yogendra Prasad Singh
BMJJournals 詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Lessons learned from Fukushima, Japan: In what ways can the social sciences help to mitigate some of the health impacts of disaster?
Akihiko Ozaki, Louise Elstow, Michio Murakami, Masaharu Tsubokura, Sudeepa Abeysinghe
An International Journal of Medicine 詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of Medical Expenditures after the 2011 Great East Japan Earthquake and Nuclear Disaster in Fukushima
Makoto Hasegawa, Michio Murakami, Shuhei Nomura, Yoshitake Takebayashi, Masaharu Tsubokura
Tohoku University Medical Press 詳細はこちらから

2019.6.21特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Impact of decontamination on individual radiation doses from external exposure among residents of Minamisoma City after the 2011 Fukushima Daiichi nuclear power plant incident in Japan: a retrospective observational study.
Journal of Radiological Protection 詳細はこちらから

2019.6.21助教 中山千尋先生が筆頭著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Lingering health-related anxiety about radiation among Fukushima residents as correlated with media information following the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Chihiro Nakayama , Osamu Sato, Minoru Sugita, Takeo Nakayama, Yujiro Kuroda, Masatsugu Orui, Hajime Iwasa, Seiji Yasumura, Rima E. Rudd
PlosOne 詳細はこちらから

2019.6.11世界禁煙デー(毎年5月31日)に合わせ 安村誠司教授のコメントが福島民友に掲載されました。
詳細はこちらから

2019.5.30 岩佐一准教授が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
岩佐一,吉田祐子,石岡良子,鈴鴨よしみ 地域高齢者における「現代高齢者版余暇活動尺度」の開発:認知機能との関連の検討
日本公衆衛生雑誌(印刷中)

2019.5.13 安村誠司教授が飯舘村健康福祉アドバイザーを委嘱されました。

2019.5.7 学内講師 森山 信彰先生が共著者となっている論文が下記のとおり出版されました。
Nobuaki Moriyama, Hajime Iwasa, Masatsugu Orui, Yujiro Kuroda, Michiko Ono, Kanako Okazaki, Motoaki Takamura, Noriko Sato, Seiji Yasumura. Efficacy of group intervention involving physical activity on subjective well-being of elderly returnees after evacuation following the Great East Japan Earthquake. Psychogeriatrics. 19(3):246-254, 2019.

2019.4.26 特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Low dose from external radiation among returning residents to the former evacuation zone in Minamisoma City, Fukushima Prefecture
Shuhei Nomura, Tomoyoshi Oikawa1 and Masaharu Tsubokura
Journal of Radiological Protection 詳細はこちらから

2019.4.26 岩佐一准教授が筆頭著者、安村誠司教授が共著者となっている論文(「科研費安村班(H27-29)」)が下記のとおり出版されました。
Hajime Iwasa, Nobuaki Moriyama, Yujiro Kuroda, Chihiro Nakayama, Masatsugu Orui, Teruko Horiuchi, Takeo Nakayama, Minoru Sugita and Seiji Yasumura, Recovery from radiation anxiety and posttraumatic growth among community dwellers after the nuclear disaster in Fukushima, Cogent Psychology (2019), 6: 1602970. 詳細はこちらから

2019.4.1 4月1日付けで岩佐一講師が准教授に、森山信彰助教が学内講師に昇任されました。助教 中山 千尋先生が着任されました。

2019.3.29特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Secondary aortoenteric fistula possibly associated with continuous physical stimulation: a case report and review of the literature
Saito H, Nishikawa Y, Akahira JI, Yamaoka H, Okuzono T, Sawano T, Tsubokura M, Yamaya K.
Journal of Medical Case Report 詳細はこちらから

2019.2.25特任教授 坪倉 正治先生が日本能率協会が主催するKAIKA Awards 2018において、特別賞を受賞しました。
詳細はこちらから

2019.2.21特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Combating "Fake News" and social stigma after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant incident - the importance of accurate longitudinal clinical data .
Toyoaki Sawano, Akihiko Ozaki, Arinobu Hori, Masaharu Tsubokura
QJM: An International Journal of Medicine 詳細はこちらから

2019.2.18特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Change of access to emergency care in a repopulated village after the 2011 Fukushima nuclear disaster: a retrospective observational study .
Yoshitaka Nishikawa, Masaharu Tsubokura, Yoshimitsu Takahashi,Shuhei Nomura,Akihiko Ozaki,Yuko Kimura,Tomohiro Morita,Toyoaki Sawano, Tomoyoshi Oikawa, Takeo Nakayama,
BMJ Open 詳細はこちらから

2019.2.4 安村誠司教授が一般社団法人 日本疫学会より功労賞を受賞いたしました。 詳細はこちらから

2019.1.4 安村誠司教授が執筆した「NEW予防医学・公衆衛生学」が下記のとおり出版されました。 南江堂 NEW予防医学・公衆衛生学 改訂第4版