福島県立医科大学医学部 公衆衛生学講座
アクセスカウンター

公衆衛生学講座とは
 公衆衛生は社会医学系に含まれ、地域の疾病予防と健康増進を目標とする応用科学です。人々の健康は様々な要因により規定され、長生きの特効薬はありません。当講座は60周年を迎えましたが、この間にも日本国内では高齢化が急速に進み、人々の生活習慣は変容し、それに伴い疾病構造も大きく変化しています。このように移り変わる、社会における様々な健康現象を、独創的かつ柔軟な視点でとらえ、地域保健・医療に意欲的に貢献する若い研究者を育成します。

  • 講座主任より-安村教授からのメッセージ
  • 講座紹介-講座のスタッフ紹介
  • 研究活動・報告書-講座で行った研究の報告書

全国機関 衛生学公衆衛生学教育協議会

お知らせ

2019.10.3教員の公募をします。
詳細はこちらから

2019.9.27准教授の岩佐一先生が筆頭著者で博士研究員の石井佳世子先生と安村誠司教授が共著者となっている論文が日本公衆衛生雑誌に受理されました。。
岩佐一,石井佳世子,吉田祐子,安村誠司 「子育て期の女性における認知的失敗尺度日本語版の開発」 日本公衆衛生雑誌(印刷中)

2019.9.25博士研究員の大類真嗣先生の論文が日本公衆衛生雑誌に掲載されました。
詳細はこちらから

2019.9.18学内講師の森山信彰先生が第37回東北理学療法学術大会で下記のとおり受賞されました。
学会名:第37回東北理学療法学術大会 (2019年9月14日、15日)
受賞:優秀賞ならびに新人賞
演題:福島県内の復興公営住宅に居住する高齢者を対象とした運動教室型介入プログラムが精神的健康度に与える効果
演者:森山信彰、小俣純一、佐藤竜太、岡崎可奈子、安村誠司


2019.9.12安村誠司教授が委員になっている日本学術会議の緊急提言がパブリックヘルス科学分科会から発出され、日本学術会議のホームページにアップされました。
詳細はこちらから

2019.8.30坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がMDPI に掲載されました。
Chisato Yasukawa , Shoko Aoki 1, Miki Nonaka 1, Masateru Itakura , Masaharu Tsubokura , Keiichi Baba , Hiroya Ohbayashi , Izumi Sugawara , Tomoko Seyama , Iwao Uehara , Rumi Kaida , Teruaki Taji , Yoichi Sakata and Takahisa Hayashi ,
Intake of Radionuclides in the Trees of Fukushima Forests 1. Field Study
詳細はこちらから

2019.8.30坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がMDPI に掲載されました。
Shoko-Aoki,Miki-Nonaka,Chisato-Yasukawa,Masateru-Itakura, Masaharu Tsubokura ,Kei’ichi Baba , Hiroya Ohbayashi , Tomoko Seyama , Iwao Uehara , Rumi Kaida , Teruaki Taji , Yoichi Sakata and Takahisa Hayashi ,
Intake of Radionuclides in the Trees of Fukushima Forests 2. Study of Radiocesium Flow to Poplar Seedlings as a Model Tree
詳細はこちらから

2019.8.30澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がQJM. に掲載されました。
Sawano T, Takita M, Senoo Y, Nishikawa Y, Crump A, Tsubokura M.
The responsibility of the Japanese Media, The Fukushima accident & the use of personal data for research.
詳細はこちらから

2019.8.30澤野 豊明先生が筆頭著者で坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がA case report. Medicine (Baltimore). に掲載されました。
Sawano T, Nishikawa Y, Ozaki A, Leppold C, Takiguchi M, Saito H, Shimada Y, Morita T, Tsukada M, Ohira H, Tsubokura M.
Premature death associated with long-term evacuation among a vulnerable population after the Fukushima nuclear disaster
詳細はこちらから

2019.8.30大学院生の園田友紀さんが筆頭著者で澤野 豊明先生と樋口 朝霞さんと坪倉 正治特任教授が共著者となっている論文がCase Rep Psychiatryに掲載されました。
Sonoda Y, Ozaki A, Hori A, Higuchi A, Shimada Y, Yamamoto K, Morita T, Sawano T, Leppold C, Tsubokura M.
Premature Death of a Schizophrenic Patient due to Evacuation after a Nuclear Disaster in Fukushima.
詳細はこちらから

2019.7.30学内講師 森山 信彰先生が共著者となっている論文がInternational Journal of Environmental Research and Public Healthに掲載されました。
Living in the restoration public housing after the Great East Japan Earthquake correlates with lower subjective well-being of older adults.
Nobuaki Moriyama, Hajime Iwasa, Masaharu Tsubokura, Yujiro Kuroda, Seiji Yasumura
詳細はこちらから

2019.7.26特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文がBMJJournalsに掲載されました。
Internal exposure risk due to radiocesium and the consuming behaviour of local foodstuffs among pregnant women in Minamisoma City near the Fukushima nuclear power plant: a retrospective observational study
Kana Yamamoto, Shuhei Nomura, Masaharu Tsubokura, Michio Murakami, Akihiko Ozaki, Claire Leppold, Toyoaki Sawano, Morihito Takita, Shigeaki Kato, Yukio Kanazawa, Hiroshi Anbe
詳細はこちらから

2019.7.5博士研究員の大類真嗣先生が筆頭著者で安村誠司教授が共著者となっている論文がJournal of Occupational Health に掲載されました。
The association between effective workplace communication with superiors and lower psychological distress among workers in the evacuation area after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
Masatsugu Orui , Seiji Yasumura ,
詳細はこちらから

2019.7.5博士研究員の大類真嗣先生の論文がInt. J. Environ. Res. Public Health にアクセプトされ掲載雑誌のHPにアップされました。
Mental Health Recovery of Evacuees and Residents from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident after Seven Years—Contribution of Social Network and a Desirable Lifestyle
Masatsugu Orui , Satomi Nakajima , Yui Takebayashi , Akiko Ito , Maho Momoi , Masaharu Maeda , Seiji Yasumura , and Hitoshi Ohto
詳細はこちらから

2019.7.5安村誠司教授が共著者となっている論文がInternational Heart Journalにアクセプトされました。
Trends in the incidence of sudden deaths and heart diseases in Fukushima after the Great East Japan Earthquake
Mai Takiguchi, Tetsuya Ohira, Hironori Nakano, Yui Yumiya, Takayoshi Yamaki, Akiomi Yoshihisa, Kazuhiko Nakazato, Hitoshi Suzuki, Tetsuo Ishikawa, Seiji Yasumura, Kenji Kamiya, Yasuchika Takeishi,

2019.7.5安村誠司教授が共著者となっている論文がPubMedのOnlineにアクセプトされ、オンラインで公開されました。
External Radiation Dose, Obesity, and Risk of Childhood Thyroid Cancer after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident: The Fukushima Health Management Survey.
Ohira T, Ohtsuru A, Midorikawa S, Takahashi H, Yasumura S, Suzuki S, Matsuzuka T, Shimura H, Ishikawa T, Sakai A, Suzuki S, Yamashita S, Yokoya S, Tanigawa K, Ohto H, Kamiya K; Fukushima Health Management Survey group.
詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生と樋口朝霞さんが共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Long-term trends of hospital admissions among patients with cancer following the 2015 earthquake: a single institution observational study in Kathmandu, Nepal
Anup Uprety, Akihiko Ozaki, Asaka Higuchi, Bikal Ghimire, Toyoaki Sawano, Kenji Tsuda, huhei Nomura, Claire Leppold, Masaharu Tsubokura, Tetsuya Tanimoto, Yogendra Prasad Singh
BMJJournals 詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Lessons learned from Fukushima, Japan: In what ways can the social sciences help to mitigate some of the health impacts of disaster?
Akihiko Ozaki, Louise Elstow, Michio Murakami, Masaharu Tsubokura, Sudeepa Abeysinghe
An International Journal of Medicine 詳細はこちらから

2019.7.1特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Worsening Health Status among Evacuees: Analysis of Medical Expenditures after the 2011 Great East Japan Earthquake and Nuclear Disaster in Fukushima
Makoto Hasegawa, Michio Murakami, Shuhei Nomura, Yoshitake Takebayashi, Masaharu Tsubokura
Tohoku University Medical Press 詳細はこちらから

2019.6.21特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Impact of decontamination on individual radiation doses from external exposure among residents of Minamisoma City after the 2011 Fukushima Daiichi nuclear power plant incident in Japan: a retrospective observational study.
Journal of Radiological Protection 詳細はこちらから

2019.6.21助教 中山千尋先生が筆頭著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Lingering health-related anxiety about radiation among Fukushima residents as correlated with media information following the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Chihiro Nakayama , Osamu Sato, Minoru Sugita, Takeo Nakayama, Yujiro Kuroda, Masatsugu Orui, Hajime Iwasa, Seiji Yasumura, Rima E. Rudd
PlosOne 詳細はこちらから

2019.6.11世界禁煙デー(毎年5月31日)に合わせ 安村誠司教授のコメントが福島民友に掲載されました。
詳細はこちらから

2019.5.30 岩佐一准教授が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
岩佐一,吉田祐子,石岡良子,鈴鴨よしみ 地域高齢者における「現代高齢者版余暇活動尺度」の開発:認知機能との関連の検討
日本公衆衛生雑誌(印刷中)

2019.5.13 安村誠司教授が飯舘村健康福祉アドバイザーを委嘱されました。

2019.5.7 学内講師 森山 信彰先生が共著者となっている論文が下記のとおり出版されました。
Nobuaki Moriyama, Hajime Iwasa, Masatsugu Orui, Yujiro Kuroda, Michiko Ono, Kanako Okazaki, Motoaki Takamura, Noriko Sato, Seiji Yasumura. Efficacy of group intervention involving physical activity on subjective well-being of elderly returnees after evacuation following the Great East Japan Earthquake. Psychogeriatrics. 19(3):246-254, 2019.

2019.4.26 特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Low dose from external radiation among returning residents to the former evacuation zone in Minamisoma City, Fukushima Prefecture
Shuhei Nomura, Tomoyoshi Oikawa1 and Masaharu Tsubokura
Journal of Radiological Protection 詳細はこちらから

2019.4.26 岩佐一准教授が筆頭著者、安村誠司教授が共著者となっている論文(「科研費安村班(H27-29)」)が下記のとおり出版されました。
Hajime Iwasa, Nobuaki Moriyama, Yujiro Kuroda, Chihiro Nakayama, Masatsugu Orui, Teruko Horiuchi, Takeo Nakayama, Minoru Sugita and Seiji Yasumura, Recovery from radiation anxiety and posttraumatic growth among community dwellers after the nuclear disaster in Fukushima, Cogent Psychology (2019), 6: 1602970. 詳細はこちらから

2019.4.1 4月1日付けで岩佐一講師が准教授に、森山信彰助教が学内講師に昇任されました。助教 中山 千尋先生が着任されました。

2019.3.29特任教授 坪倉 正治先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Secondary aortoenteric fistula possibly associated with continuous physical stimulation: a case report and review of the literature
Saito H, Nishikawa Y, Akahira JI, Yamaoka H, Okuzono T, Sawano T, Tsubokura M, Yamaya K.
Journal of Medical Case Report 詳細はこちらから

2019.2.25特任教授 坪倉 正治先生が日本能率協会が主催するKAIKA Awards 2018において、特別賞を受賞しました。
詳細はこちらから

2019.2.21特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Combating "Fake News" and social stigma after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant incident - the importance of accurate longitudinal clinical data .
Toyoaki Sawano, Akihiko Ozaki, Arinobu Hori, Masaharu Tsubokura
QJM: An International Journal of Medicine 詳細はこちらから

2019.2.18特任教授 坪倉 正治先生と大学院生の澤野豊明先生が共著者となっている論文が下記のとおり受理されました。
Change of access to emergency care in a repopulated village after the 2011 Fukushima nuclear disaster: a retrospective observational study .
Yoshitaka Nishikawa, Masaharu Tsubokura, Yoshimitsu Takahashi,Shuhei Nomura,Akihiko Ozaki,Yuko Kimura,Tomohiro Morita,Toyoaki Sawano, Tomoyoshi Oikawa, Takeo Nakayama,
BMJ Open 詳細はこちらから

2019.2.4 安村誠司教授が一般社団法人 日本疫学会より功労賞を受賞いたしました。 詳細はこちらから

2019.1.4 安村誠司教授が執筆した「NEW予防医学・公衆衛生学」が下記のとおり出版されました。 南江堂 NEW予防医学・公衆衛生学 改訂第4版