公立大学法人 福島県立医科大学 男女共同参画支援室


支援室について

活動報告

活動報告をブログ形式で掲載します。

2021.04.02

R2年度 FMU成果報告会を開催

支援室では、3月5日、12日、16日の3日間にわたりにライフイベント
(出産・育児・介護・看護等)により研究の確保が困難な教員に対して
研究支援員を配置しております。
R2年度に研究支援を受けた教員20名に取り組んでいる研究の概要を
お話しいただく「FMU成果報告会」を開催しました。
(写真:挨拶される錫谷本部長)

参加者:21名

2021.03.19

R2年度3月 FMUスキルアップセミナーを開催

R3年3月2日(火)にオンライン・会場同時開催となる
FMUスキルアップセミナーを開催しました。

演題:「いまさら聞けない基礎統計学 ~データの入力と分析の初歩~」

講師:衛生学・予防医学講座 准教授 各務 竹康先生

参加者:85名

2021.03.19

R2年度2月FMUカフェを開催

R3年2月24日(水)に本年度2回目のオンライン・会場同時開催となる
 FMUカフェ」を開催しました。

演題:「男女共同参画という言葉がなくなる時代に思いを馳せて」

講師:性差医療センター 教授 小宮ひろみ

参加者:24名

2021.02.17

FMUキャリアサポート交流会

R3年年1月27日(水)会場開催とWebによる
オンラインセミナーのハイブリッド開催となる
「FMUキャリアサポート交流会」を開催しました。
演題 1 「 若手のための現実的なキャリア戦略 」
医学部 基礎病理学講座 講師 杉本 幸太郎先生
演題 2 「 これが私の生きる道 」
看護学部 地域・公衆衛生看護学部門 助教 秦 暁子先生

参加者 43名

2020.10.02

R2年度「FMUキャリアサポート交流会」

R2年9月30日(水)に会場開催とWebによる
オンラインセミナーのハイブリッド開催となる
「FMUキャリアサポート交流会」を開催しました。

演題1 「劣等生だった僕らが人を育てる立場に
いるという奇怪」
看護学部 小児・精神看護学部門
  助教 田村 達弥先生
       きぼう棟7階東
 主任看護技師 小林 浩之先生
演題2「 Girls, let’s be ambitious ! 」  
  医学部 病態制御薬理医学講座 
准教授 前島 裕子先生

参加者 41名

2020.09.14

R2年度9月「FMUカフェ」

R2年9月14日(月)に初のオンライン・会場同時開催となる「FMUカフェ」を開催しました。

演題:「コロナ時代に考える小松左京『復活の日』」

講師:病態制御薬理医学講座 主任教授 下村 健寿先生

参加者:43名

2020.03.11

R元年度3月「FMU看護学部カフェ」

R2年3月10日(火)「FMU看護学部カフェ」を開催しました。

演題:「海外での学会発表、英雑誌への投稿への心理的ハードルを下げる」

講師:総合科学部門 教授 後藤 あや先生

療養支援看護学部門 准教授 菅野 久美先生

参加者:29名

2020.03.09

R1年度 FMU成果報告会

本支援室では、ライフイベント(出産・育児・介護・看護等)により研究の確保が困難な教員に対して、研究支援員を配置しております。R1年度に研究支援を受けた教員に取り組んでいる研究の概要をお話しいただく「FMU成果報告会」を開催しました。

参加者:21名

2020.02.14

第12回FMUスキルアップセミナー

2月13日(木)「第12回FMUスキルアップセミナー」を開催しました。
演題:「学内統計相談を活用するための第一歩」
講師:衛生学・予防医学講座
准教授 各務 竹康 先生
参加者 31 名

 

 

 

2020.01.22

R元年度FMUキャリアサポート交流会-未来の“私”を考えよう-

R2年1月20日(月)に、学生を交えての交流会「FMUキャリアサポート交流会-未来の“私”を考えよう-」を開催しました。

【講 演1】「放射線看護と私~東日本大震災後の取り組み~」
本学附属病院 災害医療部 主任看護技師 佐藤良信先生

【講 演2】「私が産業医になるまで」
株式会社東北村田製作所 産業医 松本理先生


参加者からの感想
「4月から研修医になり、社会に出ていく身としてとても参考になるお話を拝聴させていただきありがとうございました」
「将来のキャリアに対する視点が得られました」
「出産一時金や育児給付金の制度について理解できてよかったです」
「自分の将来の選択肢をふやすことができた」
参加者:31名

© 2014 公立大学法人 福島県立医科大学 男女共同参画支援室