公立大学法人 福島県立医科大学 男女共同参画支援室

  • ホーム
  • 本部長及び支援室員挨拶

本部長及び支援室員挨拶

男女共同参画推進本部長の挨拶  錫谷 達夫 

男女共同参画推進本部長 錫谷 達夫

男女共同参画推進本部長の挨拶

 2020年4月1日より男女共同参画推進本部長に就任致しました錫谷です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 大学では性別には係わらず活躍している皆さんがいらっしゃる一方で、男性が多数を占める医師や放射線技師、女性が多数を占める看護職や臨床検査技師職、さらに女性に限定されている助産師など、職種によって男女比に大きなアンバランスがあります。このアンバランスが個人の職業の選択によるものであるのならばよいのですが、社会の制度や人々の思い込みや偏見によるものなら、それは直ちに正すべきでしょう。男女共同参画室では職種を問わず男女ともが働きやすい職場を目指し、労働環境を改善するというハード面から、古い考えに縛られた思い込みをなくすための教育を行うというソフト面まで、多彩な活動を行ってきました。これらの活動は皆様の協力やご意見なくして実を結ぶことはありません。皆様の積極的なご参加をよろしくお願い申し上げます。

 

男女共同参画支援室室員の紹介

男女共同参画支援室長 小宮 ひろみ

【男女共同参画支援室長】 小宮 ひろみ

 男女共同参画支援室は男女にかかわらず、本学において各人が個人の能力を最大限に獲得、発揮できることを支援するため設置されました。 これまで、就業継続支援・育児支援・復職支援、研究支援員の配置を実施し、さらにスキルアップセミナーやキャリアアップセミナー、FMUカフェ等のセミナー・研修会を開催してまいりました。皆様方のご支援を受け、徐々に「男女共同参画」が浸透してきておりますこと心から感謝申し上げます。「公立大学法人福島県立医科大学男女共同参画推進行動計画」は平成27年度に初めて作成され、現在は平成30年度に改訂された行動計画に基づき事業の推進に取り組んでいるところです。 本支援室では、皆様が利用しやすいように、男女共同参画に関するさまざまな情報を発信していきます。また、皆様方からいただいたご意見・ご要望を男女共同参画推進本部の施策に反映できるよう、結ぶ役割を果たしていく所存です。支援室一同、本学の男女共同参画のさらなる実現を目指してまいりますので、引き続き皆様のご支援とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



男女共同参画支援室員 前島 裕子


【男女共同参画支援室員】 前島 裕子

 福島医大男女共同参画支援室はワークライフバランス支援部門、キャリア支援部門、女性医師部門の3部門より構成されることになりました。その中で私はキャリア支援部門を担当させていただきます。本学においても女性教員在職比率はまだまだ低い状況にあります。男女の意識改革を通じて少しでもライフイベントを抱えた女性教員がキャリアの継続、そして発展へとつなげることのできる支援を目指すとともに個性を尊重し合える組織作りに少しでもお役に立てれば幸いです。






男女共同参画支援室員 各務  竹康

【男女共同参画支援室員】 各務 竹康

 2019年6月より支援室員に就任させていただきました。私が専門とする産業保健の分野では、多様な働き方、ダイバーシティの推進が現在重要なテーマとなっており、そのための主要課題の一つとして、男女共同参画は位置付けられているかと思います。多様性を推進するためには、多様性を許容できるような、心のゆとりづくりが大切です。私の専門的見地から、また、男性室員としての立場から、有益な情報を発信できるよう、努力してまいります。






男女共同参画支援室員 杉本 幸子

【男女共同参画支援室員】 杉本 幸子

 2020年度から支援室員に就任いたしました。私は2017年9月に看護学部教員に着任し、初めて教員として仕事をする中で、その役割の多様さと様々な業務をマネジメントする難しさを感じました。2018年10月からの2年間、研究支援員さんの支援をいただくことで、なんとか教育と研究を両立し、大学教員としてのキャリアを継続することが出来ました。今年度、室員としてまだ2年目ではありますが、ワークライフバランスの課題を皆さまと共有していけるように努めて参ります。






男女共同参画支援室員 石川 陽子

【男女共同参画支援室員】 石川 陽子

2021年度に新しく開設しました保健科学部への就任と同時に支援室員に就任いたしました。保健科学部は理学療法学科、作業療法学科、診療放射線科学科、臨床検査学科の4学科で構成されており、私の所属する作業療法学科では心身機能の維持回復と併せ、人の暮らしや生き方、仕事、役割について学問追及がなされます。本人の思いや経験、様々な環境を踏まえた生活やキャリア形成の在り方について考えていけるよう努めてまいります。






 


【コーディネーター】橋本 にしき

【事務】渡邊 賢一

© 2014 公立大学法人 福島県立医科大学 男女共同参画支援室