福島県立医科大学医学部同窓会
大学ホームページへ
   現在の位置:トップページ > 会長あいさつ
新着情報
会長あいさつ
役員名簿
会   則
内   規
支部だより
同窓会賞
助成基金
弔   慰
ひ ろ ば
住所等変更届
会長あいさつ
 
.

 
 ご  挨  拶
   会長 重 富 秀 一

 このたび、平成30年6月の理事会において福島医大医学部同窓会会長にご推薦いただき、総会での承認を得て井上会長の後を継ぎ、第13代会長に就任いたしました。会員の皆様には、日頃より本会の運営へのご支援とご協力を賜り心より御礼を申し上げます。

 福島県で西洋医学の講義がはじめて行なわれたのは戊辰戦争の頃といわれます。ご承知のように福島県立医科大学の源流である白河医術講義所は、明治4年(1871年)に当時まだ白河県と呼ばれていた頃に白河の県立病院と一緒に設立され、白河、棚倉、石川などから多く若き医学生が夢をかなえるために集まったといわれています。明治6年には須賀川に移転して公立岩瀬病院に併設された須賀川医学校に継がれました。東北随一の医学校として、後藤新平など多くの名医・名士を輩出しています。その後は福島県立病院や三郡(信夫郡、伊達郡、安達郡)立病院を経て、途切れることなく現在に至り1871年の創流から数えて2021年には150年という節目を迎えます。

 近代福島県立医科大学の母体となった「福島県立女子医学専門学校」は戦時中の1944年(昭和19年)に設立され、戦後、1947年(昭和22年)6月13日に旧制医科大学の設立が認可されて現代福島県立医科大学の歩みが始まりました。昭和25年に医学部が認可され、昭和27年には新制大学、昭和30年に6年制大学として進学課程設置が認可されました。昭和36年には大学院が併設され徐々に医科大学としての体制が整えられました。白河医術講義所から147年、女子医専の設立から数えて74年の月日が流れました。さまざまな苦難を乗り越え、母校は飛躍的に発展しました。

 さて、平成23年(2011年)の東日本大震災・原子力発電所事故により福島県の医療は深刻な事態に陥りましたが、本学ならびに県内の医療関係者の献身的な努力により復興の道を歩んでいます。福島原発事故を契機として、福島県立医科大学は災害・被ばく医療の充実、事故による健康被害の調査研究など、新たな使命を与えられています。教職員が増員され、多くの講座が新設されました。ふくしま国際医療科学センターが設置され、最新の医療機器や施設・設備も充実し、海外の研究機関との交流が活発に行なわれるようになり、武漢大学(中国)、マウントサイナイ医科大学(米国)、ベラルーシ医科大学・ゴメリ医科大学(ベラルーシ)、ホーチミン市医科薬科大学(ベトナム)、オハイオ州立大学(米国)、国立メーチニコフ名称北西医科大学(ロシア)とも協定を締結しており、学生の短期留学も行なわれています。本会は母校のこれらの活動や大学行事など、さまざまな事業に対する助成を行なっています。

 歴史ある福島県立医科大学医学部同窓会の会長という職を拝命し、身の引き締まる思いです。諸先輩の培ってきた伝統を重んじ、本会の円滑な運営と充実・発展のために務めますので、会員の皆様にはご指導とご鞭撻、そして温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 
2018年6

 
新着・あいさつ・役員名簿会則内規支部だより同窓会賞助成基金弔慰ひろば住所変更
   福島県立医科大学医学部同窓会事務局   
TEL:024-547-1111(代表)内線4201 / TEL:024-548-1650(直通・FAX兼用)
Copyright c 2002 Fukushima Medical University, All rights reserved.