大学スタッフ

講師 菅家 智史(かんけ さとし)

略歴

出身地
福島県会津若松市
出身大学(卒業年)
福島県立医科大学医学部(2004年)
初期研修病院
勤医協中央病院(札幌市)
他の経歴
勤医協中央病院 総合診療部にて総合内科研修 1年
その後、福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座へ

資格

日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医 2011年
日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医 2012年
博士(医学) 福島県立医科大学大学院医学研究科修了 2014年

役職

日本プライマリ・ケア連合学会 若手医師部会 ジェネラリスト80大学行脚プロジェクト プロジェクトリーダー 2011年~2014年
日本プライマリ・ケア連合学会 専門医認定委員会 委員  2012年~
日本プライマリ・ケア連合学会  ICT委員会 委員     2012年~2016年
日本プライマリ・ケア連合学会誌(和文誌) 編集委員   2015年~
日本プライマリ・ケア連合学会 専門研修支援委員会 委員 2017年~

業績

  • <原著論文>
  • Kanke S, Kawai T, Takasawa N, Mashiyama Y, Ishii A, Kassai R. Interventions for body weight reduction in obese patients during short consultations: an open-label randomized controlled trial in the Japanese primary care setting. Asia Pacific Family Medicine. 2015 May 21;14(1):1.

  • <書籍>
  • ・家庭医が担当する重要な疾患と家庭医の役割 慢性閉塞性肺疾患、COPD.
    In 藤沼康樹 編集.新・総合診療医学家庭医療学編. 東京:株式会社カイ書林;2012
  • ・菅家智史.高齢期各論 要介護認定未申請.
    In 草場鉄周,横林賢一 編集.総合診療専門医のカルテープロブレムリストに基づく診療の実際ー.東京:株式会社中山書店;2015.
  • ・菅家智史 編集.葛西龍樹 監修.診療ガイドラインが教えてくれないこともある.東京:株式会社南山堂;2016.

  • <執筆>
  • ・菅家智史.診療の終わりにこの質問! ライフサイクルの視点から 退職期 そろそろ定年ですね? 
    JIM. 2010;20(1):39-41
  • ・菅家智史.診療現場による臨床推論の違い へき地での診療所.
    治療.2013;95(5):1031-1034
  • ・菅家智史.「しまった!」を役立てるーClinical Jazz活用で失敗を成功にー 医療コミュニケーション編 スタッフ・他職種・同僚とのコミュニケーション「STさん、愕然としていましたよ」.
    治療.2013;95(増刊):808-811
  • ・菅家智史.Common Disease診療のためのガイドライン早わかり(第4回)COPD.
    Gノート.2014;1(4):620-624.
  • ・菅家智史.身体診察から見極めるコモンプロブレムへの対応 慢性心不全.
    月刊レジデント.2015;8(4):54-62.

  • <講演・ワークショップ講師>
  • ・日本家庭医療学会 医学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー(2006年~2010年)
    「家族志向ケア」講師 計5回
  • ・日本プライマリ・ケア連合学会 医学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー(2011年8月)
    「家庭医のアタマの中を見てみたい 患者中心の医療の方法」講師
  • ・「Common disease 総ざらい Update」慢性心不全、COPD
    日本プライマリ・ケア連合学会 第3回 学術大会(2011年7月)
  • ・「Common disease 総ざらい Update」慢性心不全、COPD
    日本プライマリ・ケア連合学会 第7回 若手医師のための家庭医療学冬季セミナー(2012年3月)
  • ・「家庭医とは何をする医師なのか」
    第176回J.I.フォーラム「医療改革の突破口」〜家庭医・総合医の確立へ〜 (2012年4月)
  • ・「Common disease 総ざらい Update」COPD
    「タブレットとスマートフォンを臨床現場で活用するために」
    日本プライマリ・ケア連合学会 第4回 春季生涯教育セミナー(2012年6月)
  • ・「看取りの現場における医療と介護の展望を考える」~その人らしい人生の終末を過ごすために~
    平成25年度第1回全会津介護支援専門員協会研修会 (2013年8月)
  • ・「体験!診療所のお医者さんのお仕事 ~外来・訪問診療を通して学ぶ家庭医療のエッセンス~」
    富山大学 プライマリ・ケアを学ぼう会 (2013年11月)
  • ・「介護保険のトリセツ~知っておきたい基礎知識~」
    日本プライマリ・ケア連合学会第7回秋季生涯教育セミナー (2013年11月)
  • ・「今後の総合診療医育成制度」
    東北大学 総合診療医セミナー (2014年1月)

Web関連

Twitter
@satoshikan

コメント

医学部卒業後すぐから、家庭医になることを目指して研修し、学会の専門医資格を得ました。日本の研修プログラムで育った「和製家庭医」です。現場での医学生教育・研修医教育に従事しています。
地域医療・家庭医療の現場でこそ学べることがあります。見学・実習、幅広くお待ちしています!


ComFamとは
見学・実習希望
勉強会開催予定
フェイスブック公式ページ

pagetop