業績2016年

論文

[原  著]

  • Shimura T, Shibata M, Gonda K, Nakajima T, Chida S, Noda M, Suzuki S, Nakamura I, Ohki S, Takenoshita S. Elevated serum galectin-3 is associated with poor prognosis in patients with colorectal carcinoma. Annals of Cancer Research and Therapy. 2016; 24(1):12-16.
  • Shimura T, Kofunato Y, Okada R, Yashima R, Koyama Y, Okada K, Araki K, Hosouchi Y, Kuwano H, Takenoshita S. Intranuclear accumulation of galectin-3 is associated with a poor prognosis in patients with invasive intraductal papillary mucinous neoplsm. Annals of Cancer Research and Therapy. 2016; 24(1):23-29.
  • Shimura T, Shibata M, Gonda K, Nakajima T, Chida S, Noda M, Suzuki S, Nakamura I, Ohki S, Takenoshita S. Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors and indicators of systemic inflammation in patients with stage IV esophageal cancer. Annals of Cancer Research and Therapy. 2016; 24(1):30-34.
  • Shimura T, Shibata M, Gonda K, Nakajima T, Chida S, Noda M, Suzuki S, Nakamura I, Nakano K, Fukushima T, Suzuki S, Takenoshita S. Circulating galectin-3 correlates with angiogenetic factors, indicators of nutritional condition and systemic inflammation in patients with thyroid cancer. Annals of Cancer Research and Therapy. 2016; 24(1):35-40.
  • Ishii S, Shimao D, Hara T, Miyajima M, Kikuchi K, Takawa M, Kumamoto K, Ito H, Shishido F. Comparison of integrated whole-body PET/MR and PET/CT: Is PET/MR alternative to PET/CT in routine clinical oncology? Annals of Nuclear Medicine. 201604; 30(4):225-233.
  • Kaira K, Higuchi T, Sunaga N, Arisaka Y, Hisada T, Tominaga H, Oriuchi N, Asao T, Tsushima Y, Yamada M. Usefulness of 18F-α-Methyltyrosine PET for Therapeutic Monitoring of Patients with Advanced Lung Cancer. Anticancer Research. 201612; 36(12):6481-6490.
  • Sugimoto M, Shimizu Y, Zhao S, Ukon N, Nishijima K, Wakabayashi M, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Tamaki N, Hanamatsu H, Igarashi Y, Kuge Y. Characterization of the role of sphingomyelin synthase 2 in glucose metabolism in whole-body and peripheral tissues in mice. Biochimica et Biophysica Acta – Molecular and Cell Biology of Lipids. 201608; 1861(8 Pt A):688-702.
  • Shimura T, Shibata M, Gonda K, Nakajima T, Chida S, Noda M, Nakamura I, Ohki S, Takenoshita S. Association between circulating galectin-3 levels and the immunological, inflammatory and nutritional parameters in patients with colorectal cancer. Biomedical Reports. 2016; 5(2):203-207.
  • Maejima Y, Kumamoto K, Takenoshita S, Shimomura K. Projections from a single NUCB2/nesfatin-1 neuron in the paraventricular nucleus to different brain regions involved in feeding. Brain Structure and Function. 201612; 221(9):4723-4731.
  • Wei L, Tominaga H, Ohgaki R, Wiriyasermkul P, Hagiwara K, Okuda S, Kaira K, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y. Specific transport of 3-fluoro-l-α-methyl-tyrosine by LAT1 explains its specificity to malignant tumors in imaging. Cancer Science. 201603; 107(3):347-352.
  • Ohshima Y, Kaira K, Yamaguchi A, Oriuchi N, Tominaga H, Nagamori S, Kanai Y, Yokobori T, Miyazaki T, Asao T, Tsushima Y, Kuwano H, Ishioka NS. Efficacy of system l amino acid transporter 1 inhibition as a therapeutic target in esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Science. 201610; 107(10):1499-1505.
  • Ukon N, Zhao S, Yu W, Shimizu Y, Nishijima K, Kubo N, Kitagawa Y, Tamaki N, Higashikawa K, Yasui H, Kuge Y. Dynamic PET evaluation of the elevated FLT uptake level after sorafenib treatment in mice bearing a human renal cell carcinoma xenograft. EJNMMI Research. 201612; 6(1):90.
  • Masaki Y, Shimizu Y, Yoshioka T, Feng F, Zhao S, Higashino K, Numata Y, Kuge Y. Imaging mass spectrometry revealed accumulation characteristics of 2-nitroimidazole-based agent “Pimonidazole” in hypoxia. PLOS ONE. 201608; 11(8):e0161639.
  • Ukon N, Kubo N, Ishikawa M, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y. Optimization of Helical Acquisition Parameters to Preserve Uniformity of Mouse Whole Body using Multipinhole Collimator in Single-Photon Emission Computed Tomography. Results in Physics. 2016; 6:659-663.
  • Masuda Atsuro, Yamaki Takayoshi, Sakamoto Nobuo, Kunii Hiroyuki, Ito Hiroshi, Nanbu Takeyuki, Kubo Hitoshi, Hara Takamitsu, Takenoshita Seiichi, Takeishi Yasuchika. Vulnerable plaque on the common iliac artery detected by 18F-fluorodeoxyglucose PET/MRI. European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 201604; 43(4):793-794.
  • Kohda M, Kumamoto K, Eguchi H, Hirata T, Tada Y, Tanakaya K, Akagi K, Takenoshita S, Iwama T, Ishida H, Okazaki Y. Rapid detection of germline mutations for hereditary gastrointestinal polyposis/cancers using HaloPlex target enrichment and high-throughput sequencing technologie. Familial Cancer. 201610; 15(4):553-562.
  • Abe Noriko, Ohtake Toru, Saito Katsuharu, Kumamoto Kensuke, Sugino T, Takenoshita Seiichi. Clinicopathological significance of lymphangiogenesis detected by immunohistochemistry using D2-40 monoclonal antibody in breast cancer. Fukushima Journal of Medical Science. 201606; 62(1):57-63.
  • Ishii S, Hara T, Nanbu T, Suenaga H, Sugawara S, Kuroiwa D, Sekino H, Miyajima M, Kubo H, Oriuchi N, Ito H. Optimized workflow and imaging protocols for whole-body oncologic PET/MRI. Japanese Journal of Radiology. 201611; 34(11):754-762.
  • Kobashi N, Matsumoto H, Zhao S, Meike S, Okumura Y, Abe T, Akizawa H, Ohkura K, Nishijima K, Tamaki N, Kuge Y. The Thymidine Phosphorylase Imaging Agent 123I-IIMU Predicts the Efficacy of Capecitabine. Journal of Nuclear Medicine. 201608; 57(8):1276-1281.
  • Wei L, Tominaga H, Ohgaki R, Wiriyasermkul P, Hagiwara K, Okuda S, Kaira K, Kato Y, Oriuchi N, Nagamori S, Kanai Y. Transport of 3-fluoro-l-α-methyl-tyrosine (FAMT) by organic ion transporters explains renal background in [18F] FAMT positron emission tomography. Journal of Pharmacological Sciences. 201602; 130(2):101-109.
  • Sugimoto M, Wakabayashi M, Shimizu Y, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Okuda T, Zhao S, Sakai S, Igarashi Y, Kuge Y. Imaging Mass Spectrometry Reveals Acyl-Chain- and Region-Specific Sphingolipid Metabolism in the Kidneys of Sphingomyelin Synthase 2-Deficient Mice. PLOS ONE. 201605; 11(3):e0152191.
  • Wada Kento, Niitsuma Takeo, Yamaki Takayoshi, Masuda Atsuro, Ito Hiroshi, Kubo Hitoshi, Hara Takamitsu, Takenoshita Seiichi, Takeishi Yasuchika. Simultaneous cardiac imaging to detect inflammation and scar tissue with 18F-fluorodeoxyglucose PET/MRI in cardiac sarcoidosis. Journal of Nuclear Cardiology. 201610; 23(5):1180-1182.
  • Shimura T, Kofunato Y, Okada R, Yashima R, Okada K, Araki K, Hosouchi Y, Kuwano H, Takenoshita S. MIB-1 labeling index, Ki-67, is an indicator of invasive intraductal papillary mucinous neoplasm. Molecular and Clinical Oncology. 2016; 5(2):317-322.
  • Mishra S, Sahoo SK, Bossew P, Sorimachi A, Tokonami S. Vertical migration of radio-caesium derived from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident in undisturbed soils of grass land and forest. Journal of Geochemical Exploration. 2016; 169: 163-186.
  • Pornnumpa C, Iwaoka K, Akata N, Hosoda M, Sorimachi A, Tokonami S. Investigation of absorbed dose rate in air by a car-borne survey in Namie Town. Fukushima Prefecture. Japanese Journal of Health Physics. 2016; 51(2): 115-121.
  • Sahoo SK, Kavasi N, Sorimachi A, Arae H, Tokonami S, Mietelski JW, Łokas E, Yoshida S. Strontium-90 activity concentration in soil samples from the exclusion zone of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Scientific Reports. 2016; 6: 23925.
  • Omori Y, Wakamatsu H, Sorimachi A, Ishikawa T. Radiation survey on Fukushima Medical University premises about four years after the Fukushima nuclear disaster. Fukushima Journal of Medical Science. 2016; 62(1): 1-17.
  • Thongpraparn T, Ikoma Y, Shiraishi T, Yamaya T, Ito H. Effects of point spread function-based image reconstruction on neuroreceptor binding in positron emission tomography study with [11C]FLB 457. Radiol Phys Technol 2016; 9: 127-137.
  • Nishino A, Tajima Y, Takuwa H, Masamoto K, Taniguchi J, Wakizaka H, Kokuryo D, Urushihata T, Aoki I, Kanno I, Tomita Y, Suzuki N, Ikoma Y, Ito H. Long-term effects of cerebral hypoperfusion on neural density and function using misery perfusion animal model. Sci Rep 2016; 6: 25072.
  • Kawaguchi H, Shimada H, Kodaka F, Suzuki M, Shinotoh H, Hirano S, Kershaw J, Inoue Y, Nakamura M, Sasai T, Kobayashi M, Suhara T, Ito H. Principal Component Analysis of Multimodal Neuromelanin MRI and Dopamine Transporter PET Data Provides a Specific Metric for the Nigral Dopaminergic Neuronal Density. PLoS One 2016; 11: e0151191.
  • Ishii S, Shimao D, Hara T, Miyajima M, Kikuchi K, Takawa M, Kumamoto K, Ito H, Shishido F. Comparison of integrated whole-body PET/MR and PET/CT: Is PET/MR alternative to PET/CT in routine clinical oncology? Ann Nucl Med 2016; 30: 225-233.
  • Matsubara K, Ibaraki M, Shimada H, Ikoma Y, Suhara T, Kinoshita T, Ito H. Impact of spillover from white matter by partial volume effect on quantification of amyloid deposition with [11C]PiB PET. Neuroimage 2016; 143: 316-324.
  • Nakamura K, Kurihara K, Kawaguchi H, Obata T, Ito H, Okada E. Estimation of partial optical path length in the brain in subject-specific head models for near-infrared spectroscopy. Optical Review 2016; 23: 316-322.
  • 藤田正太郎, 大木進司, 加瀬晃志, 山内直人, 千田 峻, 早瀬 傑, 坂本 渉, 門馬智之, 高和 正, 大竹 徹, 河野浩二, 竹之下誠一. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後のポートサイト再発を来した高齢者胃癌の1例. 癌と化学療法. 201611; 43(12):1502-1504.
  • 大木進司, 加瀬晃志, 千田 峻, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 河野浩二, 大竹 徹, 竹之下誠一. 80歳以上の高齢者大腸癌におけるリスク評価と予後の解析. 癌と化学療法. 201611; 43(12):1532-1534.
  • 立花和之進, 阿部宣子, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 村上芙美, 川名 聡, 鈴木 理, 田崎和洋, 大竹 徹, 竹之下誠一. Von Recklinghausen病に併発した乳腺原発Poorly Differentiated/Small Cell Carcinoma の1 例. 癌と化学療法. 201611; 43(12):2022-2025
  • 阿部宣子, 大竹 徹, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 竹之下誠一. 乳癌の術前後化学療法におけるPegfilgrastimの当院での使用経験. 癌と化学療法. 201611; 43(12):2032-2034.
  • 阿部宣子, 大竹 徹, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 竹之下誠一. Bevasizumab投与中に腋窩動脈出血を来した乳癌患者の1例. 癌と化学療法. 201611; 43(12):2062-2064.
  • 高和 正, 隈元謙介, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 中村 泉, 竹之下誠一, 赤須孝之. PET/MRIを用いた直腸癌の術前診断. 日本大腸肛門病学会雑誌. 201612; 69:471-479.
  • 渡邉久美子, 大竹 徹, 竹之下誠一. 癌細胞核形状解析からみた乳癌の乳管内進展に関する病理学的研究. 福島医学雑誌. 201603; 66(1):1-10.
  • 鶴田治雄, 五十嵐康人, 井上智博, 大河内博, 大原利眞, 梶野瑞王, 兼保直樹, 北和之, 反町篤行, 平木隆年, 堀江洋佑, 森口祐一, 森野悠, 渡邊明. 福島第一原子力発電所事故による放射性物質の大気環境影響調査研究の現状と課題. 大気環境学会誌. 2016; 51(2): A11-A19.
  • 山田 茜、村上丈伸、康 英真、飯國洋一郎、森松暁史、白田明子、伊藤 浩、宇川義一、山根清美.パーキンソン病における[123I]イオフルパンSPECTとMIBG心筋シンチグラフィーとの併用に関する検討.臨床神経学 2016; 56: 400-406.

[総説]

  • 伊藤 浩.ここまで進んだ核医学の最新型装置.PET/MRIによる診断と今後の展望.新医療 2016; 43: 29-32.
  • 伊藤 浩.PETによる脳神経の分子イメージング ―診断から創薬・治療まで―.福島県核医学研究会誌 2016; 30: 5-7.
  • 伊藤 浩、石井士朗、南部武幸、久保 均、宮嶋正之、関野啓史、黒岩大地、末永博紀、菅原茂耕、長谷川 靖、橋本直人、織内 昇.核医学機器の進歩 PET/MRIの有用性と技術的展望.Rad Fan 2016; 14: 28-30.

[症例報告]

  • Okada R, Shimura T, Tsukida S, Ando J, Kofunato Y, Momma T, Yashima R, Koyama Y, Suzuki S, Takenoshita S. Concomitant existence of pheochromocytoma in a patient with multiple endocrine neoplasia type 1. Surgical Case Reports. 201612; 2(1):84.
  • Murakami T, Yoshida K, Segawa M, Yoshihara A, Hoshi A, Nakamura K, Ichikawa M, Suzuki O, Yokoyama Y, Toyoshima Y, Sugiura Y, Ito H, Saito K, Hashimoto Y, Kakita A, Takahashi H, Ugawa Y. A case of lymphomatosis cerebri mimicking inflammatory diseases. BMC Neurol 2016; 16: 128.
  • 小野澤寿志, 門馬智之, 中村 泉, 大木進司, 石井芳正, 竹之下誠一. Tailgut cystが原発と考えられ急速に増大した粘液癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 201604; 77(4):919-925.
  • 中島隆宏, 月田茂之, 千田 峻, 野田 勝, 岡山洋和, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 志村龍男, 鈴木 理, 竹之下誠一. 神経内分泌成分と腺癌成分が同時にリンパ節転移を来した食道胃接合部神経内分泌癌の1 例. 福島医学雑誌. 201603; 66(1):18-23.

[その他]

  • Zhao S, Fatema CN, Zhao JM, Nan GX. INVITED PERSPECTIVE FOR: Advanced Molecular Imaging for Exploring Classical Conditioning and Extinction. Journal of Nuclear Medicine. 201609; 57(9):1333.
  • 早瀬 傑, 河野浩二, 大木進司, 藤田正太郎, 門馬智之, 月田茂之, 高和 正, 藤井秀樹, 竹之下誠一. 苛性ソーダによる腐食性食道炎の2手術症例. 日本気管食道科学会会報. 201604; 67(2):s94.
  • 大木進司, 加瀬晃志, 早瀬 傑, 坂本 渉, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 河野浩二, 大竹 徹, 竹之下誠一. ハイリスクStage II大腸癌とその対策 Stage II大腸癌における予後予測因子としてのinflammatory-based markerの意義. 日本臨床外科学会雑誌. 201610; 77(増刊):430.
  • 野田 勝, 岡山洋和, 千田 峻, 青砥慶太, 中島隆宏, 早瀬 傑, 門馬智之, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. グリコーゲンの発現は大腸癌特有のサブタイプを同定する. 福島医学雑誌. 201609; 66(3):132.

著  書・訳  書

  • Takeuchi W, Suzuki A, Ueno Y, Shiga T, Hirata K, Okamoto S, Zhao S, Kuge Y, Kubo N, Kobayashi K, Watanabe S, Kobashi K, Umegaki K, Tamaki N. Semiconductor detector-based scanner for nuclear medicine. In: Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, editors. Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. Tokyo: Springer Japan; 2016. p.51-65.
  • Nishijima K, Zhao S, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y. Preclinical evaluation of a thymidine phosphorylase imaging probe, [123I]IIMU, for the translational research. In: Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, editors. Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. Tokyo: Springer Japan; 2016. p.125-130.
  • Sakamoto T, Hanzawa H, Manri N, Sakakibara M, Shimizu Y, Zhao Y, Zhao S, Yamada S, Kamiya K, Eki Y, Suzuki A, Higuchi H, Sugano C, Tsutsui H, Tamaki N, Kuge Y. Discovery and Evaluation of Biomarkers for Atherosclerosis Differential Proteomic of Plasma and Tissues. In: Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, editors. Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. Tokyo: Springer Japan; 2016. p.131-139.
  • Shimizu Y, Hanzawa H, Zhao Y, Nishijima K, Fukura S, Sakamoto T, Zhao S, Tamaki N, Kuge Y. Radioimmunodetection of Atherosclerotic Lesions Focusing on the Accumulation Mechanism of Immunoglobulin G. In: Kuge Y, Shiga T, Tamaki N, editors. Perspectives on Nuclear Medicine for Molecular Diagnosis and Integrated Therapy. Tokyo: Springer Japan; 2016. p.141-150.

研究発表等

[研究発表]

  • Shimizu Y, Masaki Y, Yoshioka T, Higashino K, Numata Y, Nishijima K, Zhao S, Tamaki N, Ogawa M, Kuge Y. Does FMISO-PET really visualize only hypoxic states?; Accumulation mechanism assessment of FMISO in hypoxic cells in combination with mass spectrometry. 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016); 20160611-15; San Diego, USA.
  • Zhao S, Yu W, Ukon N, Nishijima K, Yamashita H, Tamaki N, Kuge Y. Effects of eribulin on remodeling of tumor vasculature evaluated with FMISO hypoxia imaging in a human breast cancer cell xenograft. 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016); 20160611-15; San Diego, USA.
  • Yamasaki K, Yamashita A, Zhao Y, Shimizu Y, Kawai K, Tamaki N, Zhao S, Asada Y, Kuge Y. Metabolic Aspects of [14C]Acetete in Rabbit Atherosclerotic Arteries at Different Feeding Conditions: In Vitro Evaluation for Atherosclerosis Imaging with [11C]Acetate. 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (SNMMI 2016); 20160611-15; San Diego, USA.
  • Saito H, Kuroda S, Zhao S, Kubo N, Kuge Y, Tamaki N, Shichinohe H, Houkin K. In Vivo Tracking of Bone Marrow Stromal Cells Using 111In-oxine Labeling and SPECT Following Transplantation for Cerebral Infarct of Rats (Poster presentation). A paper presentation at the International Stroke Conference 2016; 20160217-18; Los Angeles, USA.
  • Kobayashi S, Asano K, Matsuda N, Kubo H, Abe M, Ugawa Y. Influence of levodopa on functional brain connectivity in Parkinson disease. 20th International Congess of Parkinson’s Disease and Movement Disorders; 20160619-23; Berlin, Germany.
  • Murakami T, Fujiwara J, Sakamoto Y, Okamoto M, Mizuochi T, Iwabuchi M, Makuuchi M, Abe M, Kubo H, Matsuda N, Kobayashi S, Ito H, Takenoshita S, Ugawa Y. Contribution of the motor system to McGurk effect – even related fMRI and TMS studies. 6th International Conference on Transcranial Brain Stimulation; 20160907-10; Goettingen, Germany. Clinical Neurophysiology. 128(3):e84.
  • Murakami T, Fujiwara J, Sakamoto Y, Okamoto M, Mizuochi T, Iwabuchi M, Makuuchi M, Abe M, Kubo H, Matsuda N, Kobayashi S, Ito H, Takenoshita S, Ugawa Y. Contribution of the motor system to McGurk effect – even related fMRI and TMS studies. Neuroscience2016; 20161112-16; San Diego, USA.
  • Masuda Atsuro, Yamaki Takayoshi, Kunii Hiroyuki, Nanbu Takeyuki, Hara Takamitsu, Kubo Hitoshi, Ito Hiroshi, Takenoshita Seiichi, Takeishi Yasuchika. Simultaneous assessment of myocardial viability with 18F-fluorodeoxyglucose uptake and late gadolinium enhancement by PET/MRI. Scientific Sessions of American Heart Association 2016; 20161113; New Orleans, USA. Circulation. 134(suppl 1):A11929.
  • Kierepko R, Sorimachi A, Tokonami S, Sahoo SK. Traces of Pu isotopes originated from burnt-up fuel in Fukushima exclusion zone. Plutonium Futures -The Science 2016; 20160918-22; Baden, Germany.
  • Igarashi Y, Kita K, Kinase T, Maki T, Takenaka C, Kajino M, Adachi K, Ishizuka M, Sekiyama T, Zaizen Y, Ninomiya K, Okochi H, Sorimachi A, Novel hypothesis for Fukushima re-suspension: Biological processes. The 2016 European Aerosol Conference; 2016904-09; Pais, France.
  • Ito H, Kawaguchi H, Ikoma Y, Shimada H, Kimura Y, Seki C, Takuwa H, Suhara T. Multimodal database of dopaminergic neurotransmission functions in substantia nigra measured by MRI and PET. SNMMI 2016 Annual Meeting, San Diego, CA, USA, 2016,6,11-15.
  • 高和 正, 赤須孝之, 隈元謙介, 石井士郎, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬知之, 山内直人, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. FDG-PET/MRIを用いた直腸肛門管癌術前リンパ節転移/進達度診断と局所再発診断の有用性. 第84回大腸癌研究会; 20160115; 熊本.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 岡野舞子, 阿部宣子, 大竹 徹, 竹之下誠一. 閉経前進行再発乳癌へのホルモン療法の可能性 (LH-RHアゴニスト+AI剤療法). 第13回日本乳癌学会東北地方会; 20160305; 仙台.
  • 早瀬 傑, 月田茂之, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 集学的治療が奏効した若年性進行胃食道胃接合部癌の1例. 第88回日本胃癌学会総会; 20160317-19; 別府. 日本胃癌学会総会記事 88回. 403.
  • 高和 正, 早瀬 傑, 山内直人, 千田 峻, 藤田正太郎, 門馬智之, 隈元謙介, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 胃全摘術後、腹膜播種再発に対して姑息的バイパス術をおこなった1例. 第88回日本胃癌学会総会; 20160319; 別府. 日本胃癌学会総会記事 88回. 425.
  • 大木進司, 引地拓人, 門馬智之, 矢澤 貴, 早瀬 傑, 菊池 眸, 藁谷雄一, 渡辺 晃, 月田茂之, 藤田正太郎, 高和 正, 河野浩二, 竹之下誠一. 胃GISTに対する腹腔鏡内視鏡合同手術の新たな工夫. 第88回日本胃癌学会総会; 20160317-19; 別府. 日本胃癌学会総会記事 88回. 480.
  • 阿部宣子, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 大竹 徹, 竹之下誠一. 進行・再発乳癌に対するEribulin mesylateの使用経験. 第49回制癌剤適応研究会; 20160325; 会津若松.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 岡野舞子, 阿部宣子, 大竹 徹, 竹之下誠一. 進行再発乳癌に対するBevacizumab併用療法の治療成績. 第49回制癌剤適応研究会; 20160325; 会津若松.
  • 志水陽一, 半澤宏子, 趙 芫, 趙 松吉, 坂本 健, 玉木長良, 小川美香子, 久下裕司. 肺癌細胞移植モデルに対するマルチキナーゼ阻害剤sorafenib治療後の腫瘍増殖能変化のFLTによる評価. 日本薬学会第136年会; 20160326-29; 横浜.
  • 志村龍男, 小船戸康英, 八島 玲, 岡田 良, 小山善久, 新木健一郎, 桑野博行, 竹之下誠一. 肝外胆管癌におけるgalectin-3核内集積のバイオマーカーとしての意義. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. OP-064-4.
  • 河野浩二, 三村耕作, 岡山洋和, 中島隆宏, 白石謙介, アウン・チー, 藤田正太郎, 早瀬 傑, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 竹之下誠一. がんのバイオマーカーと分子標的治療 癌ワクチン療法+抗PD1抗体治療の臨床応用の開発. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414; 大阪. 抄録集116回. PD-10-3.
  • 中島隆宏, Aung Kyi, 三村耕作, 白石謙介, 千田 峻, 野田 勝, 青砥慶太, 岡山洋和, 志村龍男, 大木進司, 大竹 徹, 河野浩二, 竹之下誠一. 消化器がんにおけるPDL1調節機構の解明. 第116回日本外科学会学術集会総会; 20160414; 大阪. 抄録集116回. PS-030-7.
  • 大木進司, 河野浩二, 月田茂之, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 岡山洋和, 門馬智之, 高和 正, 大竹 徹, 竹之下誠一. Barrett食道癌の臨床病理学的特徴と治療戦略. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-032-3.
  • 早瀬 傑, 月田茂之, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. Stem Cell Antigen 1陽性の間葉細胞は甲状腺再生時において濾胞細胞の起源となる. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-087-8.
  • 青砥慶太, 河野浩二, 千田 峻, 野田 勝, 中島隆宏, 岡山洋和, 阿部宣子, 大木進司, 大竹 徹, 竹之下誠一. 乳癌、食道癌における化学療法が惹起するImmunogenic tumor cell deathの検討. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-108-5.
  • 門馬智之, 大木進司, 月田茂之, 早瀬 傑, 岡山洋和, 藤田正太郎, 高和 正, 河野浩二, 大竹 徹, 竹之下誠一. 散発性大腸癌におけるミスマッチ修復タンパク免疫染色の意義. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160415; 大阪. 抄録集116回. PS-134-7.
  • 千田 峻, 岡山洋和, 野田 勝, 青砥慶太, 中島隆宏, 早瀬 傑, 門馬智之, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. ステージII-III結腸直腸癌において間質での遺伝子発現は予後不良に寄与する. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-139-5.
  • 野田 勝, 岡山洋和, 千田 峻, 青砥慶太, 中島隆宏, 早瀬 傑, 門馬智之, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. The expression of glycogenes identifies a distinct subtype of colorectal cancer(グリコゲン発現による結腸直腸癌亜型の特定). 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-140-1.
  • 月田茂之, 大木進司, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 岡山洋和, 門馬智之, 高和 正, 河野浩二, 大竹 徹, 竹之下誠一. 高齢者大腸癌における術前合併症および予後予測に関する検討. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-220-4.
  • 高和 正, 隈元謙介, 藤田正太郎, 早瀬 傑, 月田茂之, 門馬智之, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 局所進行直腸癌に対するFDG-PET/MRI診断の有用性とNeoadjuvant chemotherapyの可能性. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪. 抄録集116回. PS-223-8.
  • 大和田有紀, 松村勇輝, 山浦 匠, 武藤哲史, 大杉 純, 星野実加, 樋口光徳, 田中大輔, 七宮英晃, 今井順一, 伊藤恵美, 和栗 聡, 渡辺慎哉, 磯貝隆夫, 竹之下誠一, 鈴木弘行, 後藤満一. 福島県立医大における肺癌ゲノム解析プロジェクト. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160414-16; 大阪.
  • 鈴木 聡, 大河内千代, 中村 泉, 水沼 廣, 福島俊彦, 鈴木 悟, 鈴木眞一, 竹之下誠一. 当科における過去10年間の縦隔内甲状腺腫症例の臨床的検討. 第116回日本外科学会定期学術集会; 20160415; 横浜.
  • 河野浩二, 三村耕作, 竹之下誠一. 消化器癌におけるPDL1-PD1を標的とした免疫療法の開発. 第102回日本消化器病学会総会; 20160421; 東京. 日本消化器病学会雑誌. 113(臨時):A257.
  • 松村勇輝, 樋口光徳, 大和田有紀, 七宮英晃, 和栗 聡, 渡辺慎哉, 磯貝隆夫, 鈴木弘行, 竹之下誠一, 後藤満一. 呼吸器外科における次世代シークエンサーを用いた肺癌ゲノム・遺伝子解析. 第33回日本呼吸器外科学会総会; 20160512-13; 京都. 日本呼吸器外科学会雑誌. 30(3):O23-6.
  • 中島隆宏, 河野浩二, 千田 峻, 野田 勝, 青砥慶太, 立花和之進, 岡山洋和, 早瀬 傑, 大竹 徹, 竹之下誠一. 脱フコシル化(Potelligent)抗体を用いたADCC活性の解析. 第37回癌免疫外科研究会; 20160512; 川越. プログラム・抄録集. 55.
  • 青砥慶太, 河野浩二, 千田 峻, 野田 勝, 中島隆宏, 岡山洋和, 阿部宣子, 大木進司, 大竹 徹, 竹之下誠一. 乳癌、食道癌における化学療法が惹起するImmunogenic tumor cell deathの検討. 第37回癌免疫外科研究会; 20160513; 川越. プログラム・抄録集. 123.
  • 志村龍男, 柴田昌彦, 権田憲士, 中島隆宏, 鈴木 聡, 中村 泉, 大木進司, 竹之下誠一. 大腸癌患者における血中galectin-3濃度の意義. 第37回癌免疫外科研究会; 20160513; 川越.
  • 趙 松吉, 于 聞文, 志水陽一, 右近直之, 西嶋剣一, 玉木長良, 久下裕司. 肺癌細胞移植モデルに対するマルチキナーゼ阻害剤sorafenib治療後の腫瘍増殖能変化のFLTによる評価. 日本分子イメージング学会第11回総会・学術集会; 20160528-29; 神戸.
  • 門馬智之, 鈴木眞一, 大木進司, 福島俊彦, 伊藤亜希子, 松本佳子, 内野眞也, 竹之下誠一. 当院における甲状腺篩型乳頭癌の検討. 第22回日本家族性腫瘍学会; 20160603; 松山.
  • 藤田正太郎, 山内直人, 千田 峻, 早瀬 傑, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 腹腔鏡下幽門側胃切除術後のポート再発を来した高齢者胃癌の1例. 第38回日本癌局所療法研究会; 20160610; 東京. プログラム・抄録集. 84.
  • 大木進司, 加瀬晃志, 千田 峻, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 河野浩二, 大竹 徹, 竹之下誠一. 80歳以上の高齢者大腸癌におけるリスク評価と予後の解析. 第38回日本癌局所療法研究会; 20160610; 東京. プログラム・抄録集. 89.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 阿部宣子, 青砥慶太, 岡野舞子, 村上芙美, 川名 聡, 鈴木 理, 田﨑和洋, 大竹 徹, 竹之下誠一. Von Recklinghausen病に併発した乳腺原発poorly differentiated/small cell carcinomaの一例. 第38回日本癌局所療法研究会; 20160610; 東京. プログラム・抄録集. 139.
  • 阿部宣子, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 大竹 徹, 竹之下誠一. 乳癌の術前後化学療法におけるPegfilgrastimの使用経験. 第38回日本癌局所療法研究会; 20160610; 東京. プログラム・抄録集. 140.
  • 阿部宣子, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 大竹 徹, 竹之下誠一. Bevasituzumab投与中に腋窩リンパ節転移巣の脱落から腋窩動脈出血を来した1例. 第38回日本癌局所療法研究会; 20160610; 東京. プログラム・抄録集. 143.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 阿部宣子, 大竹 徹, 竹之下誠一. 進行・再発乳癌に対する高用量トレミフェンの当院における治療成績. 第24回日本乳癌学会学術総会; 20160616; 東京. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回. 443.
  • 阿部宣子, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 立花和之進, 大竹 徹, 竹之下誠一. 乳癌の術前後化学療法におけるPegfilgrastimの当院での使用経験. 第24回日本乳癌学会学術総会; 20160616; 東京. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回. 527.
  • 青砥慶太, 河野浩二, 千田 峻, 野田 勝, 中島隆宏, 岡山洋和, 阿部宣子, 立花和之進, 岡野舞子, 大木進司, 大竹 徹, 竹之下誠一. 乳癌における化学療法が惹起するImmunogenic tumor cell deathの検討. 第24回日本乳癌学会学術総会; 20160618; 東京. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集24回. 543.
  • 大木進司, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 河野浩二, 竹之下誠一. 食道癌に対する化学放射線療法の治療効果および予後予測に関する検討. 第70回日本食道学会学術集会; 20160704-06; 東京. 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集70回. 88.
  • 河野浩二, 大木進司, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 藤井秀樹, 竹之下誠一. 胸部食道切除後の有茎空腸再建術の有用性. 第70回日本食道学会学術集会; 20160704; 東京. 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集70回. 110.
  • 早瀬 傑, 月田茂之, 山内直人, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 胸部食道癌術後11年目に再建胃管に発生した胃管癌の1例. 第70回日本食道学会学術集会; 20160704-06; 東京. 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集70回. 133.
  • 大木進司, 隈元謙介, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 岡山洋和, 高和 正, 河野浩二, 竹之下誠一. stage II/III下部直腸癌に対する術前放射線治療の功罪と個別化に関する検討. 第71回日本消化器外科学会総会; 20160714-16; 徳島. 日本消化器外科学会総会71回. P1-40-2.
  • 河野浩二, 大木進司, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 藤井秀樹, 竹之下誠一. 胃管再建不能例における胸部食道切除後の有茎空腸再建術の有用性. 第71回日本消化器外科学会総会; 20160714-16; 徳島. 日本消化器外科学会総会71回. P2-6-1.
  • 早瀬 傑, 月田茂之, 山内直人, 藤田正太郎, 門馬智之, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 切除困難なS状結腸癌に対して術前FOLFOXIRI+ベバシズマブ療法が奏功した1例. 第71回日本消化器外科学会総会; 20160714-16; 徳島. 日本消化器外科学会総会71回. P2-51-7.
  • 趙 松吉, 于 聞文, 右近直之, 西嶋剣一, 志水陽一, 東川 桂, 安井博宣, 山下啓子, 玉木長良, 久下裕司. FMISO PETイメージングによるeribulinの腫瘍内低酸素状態解除作用の実証-小動物用PETと乳癌モデルを用いた検討-. 第12回小動物インビボイメージング研究会; 20160730; 福島.
  • 織内 昇, 南部武幸, 久保 均, 根本彩香, 原 孝光, 粟生木美穂, 富永英之, 伊藤 浩, 竹之下誠一. 巨細胞腫のFDG-PET所見の特徴. 東北FDG-PET研究会; 20160806; 盛岡.
  • 南部武幸, 根本彩香, 久保 均, 織内 昇, 伊藤 浩. Biograph mMRにおける散乱線補正効果の評価.第7回東北FDG-PET研究会; 20160806; 盛岡.
  • 南部武幸, 伊藤 浩. PET/MRの技術的諸問題. PETサマーセミナー2016 in熊本; 20160826-28; 熊本.
  • 粟生木美穂, 小川数馬, 増田涼平, 小谷 明. Dipicolylamineを用いたアポトーシスイメージング剤の開発研究. 第14回次世代を担う若手のための フィジカル・ファーマフォーラム; 20160827-28; 大阪.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 阿部宣子, 青砥慶太, 岡野舞子, 村上芙美, 川名 聡, 鈴木 理, 田﨑和洋, 大竹 徹, 竹之下誠一. Von Recklinghausen病に併発した乳腺原発poorly differentiated/small cell carcinomaの一例. 第21回日本外科病理学会学術集会; 20160902; 大宮.
  • 趙 松吉, 于 聞文, 右近直之, 西嶋剣一, 志水陽一, 東川 桂, 安井博宣, 山下啓子, 玉木長良, 久下裕司. FMISO PETイメージングによるeribulinの腫瘍内低酸素状態解除作用の評価. 第31回福島県核医学研究会; 20160910; 郡山.
  • 南部武幸, 根本彩香, 久保 均, 粟生木美穂, 富永英之, 織内 昇, 伊藤 浩, 樵 勝幸, 高済英彰, 金澤崇史. Biograph mMRにおける散乱線補正効果の評価. 第31回福島県核医学研究会; 20160910; 郡山.
  • 志村龍男, 小船戸康英, 八島 玲, 岡田 良, 新木健一郎, 大木進司, 河野浩二, 桑野博行, 竹之下誠一. 肝外胆管癌の予後規定因子としてのgalectin-3核内集積の意義. 第27回日本消化器発癌発生学会; 20160916; 鹿児島.
  • 志村龍男, 柴田昌彦, 権田憲士, 中島隆宏, 鈴木 聡, 中村 泉, 大木進司, 竹之下誠一. 大腸癌と血中galectin-3の意義:特に血管新生、炎症、栄養因子との関連について. 第25回日本消化器疾患病態治療研究会; 20160924; 高崎.
  • 志村龍男, 小船戸康英, 岡田 良, 八島 玲, 新木健一郎, 桑野博行, 竹之下誠一. MIB-1 labeling indexによるinvasiveおよびnon-invasive IPMNの鑑別. 第54回日本癌治療学会学術集会; 20161021; 横浜. 抄録集54回. MS42-3
  • 権田憲士, 柴田昌彦, 門馬智之, 鈴木 聡, 坂本 渉, 小船戸康英, 岡田 良, 石亀輝英, 大木進司, 志村龍男, 河野浩二, 竹之下誠一. 大腸 バイオマーカー 消化器癌患者における血清中IL-18濃度の予後における検討. 第54回日本癌治療学会学術集会; 20161020-22; 横浜. 日本癌治療学会学術集会抄録集54回. WS39-2.
  • 趙 松吉, 于 聞文, 右近直之, 西嶋剣一, 志水陽一, 東川 桂, 山下啓子, 玉木長良, 久下裕司. FMISO PETイメージングによるeribulinの低酸素解除作用の実証:小動物PETと乳癌モデルを用いた検討. 第56回日本核医学学術総会; 20161103-05; 名古屋.
  • 南部武幸, 久保 均, 根本彩香, 織内 昇, 石井士朗, 伊藤 浩, 村上丈伸. 頭部領域におけるPET/MRの体動補正(BrainCOMPASS)の評価. 第36回日本核医学技術学会総会学術大会; 201601103-05; 名古屋.
  • 志村龍男, 小船戸康英, 岡田 良, 八島 玲, 新木健一郎, 桑野博行, 竹之下誠一. invasive IPMN鑑別におけるMIB-1 labling indexの有用性. 第14回日本消化器外科学会大会; 20161104; 神戸.
  • 立花和之進, 阿部貞彦, 青砥慶太, 岡野舞子, 阿部宣子, 大竹 徹, 竹之下誠一. 閉経後の進行再発乳癌に対する高容量トレミフェンの使用経験. 第78回日本臨床外科学会総会; 20161125; 東京.
  • 中島隆宏, 芦澤 舞, 野田 勝, 青砥慶太, 立花和之進, 岡山洋和, 早瀬 傑, 坂本 渉, 石亀輝英, 齋藤元伸, 志村龍男, 河野浩二, 竹之下誠一. 脱フコシル化抗体を用いたADCC活性の解析. 第29回日本バイオセラピィ学会学術集会総会; 20161201-02; 久留米. プログラム・抄録集. 46.
  • 南部武幸, 久保 均, 根本彩香, 織内 昇, 石井士朗, 伊藤 浩, 村上丈伸. PET/MRのリアルタイム体動補正について. 第6回核医学画像解析研究会; 20161203; 千葉.
  • 門馬智之, 加瀬晃志, 早瀬 傑, 藤田正太郎, 坂本 渉, 高和 正, 大木進司, 河野浩二, 竹之下誠一. 胃体上部後壁病変に対する腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)における手技の工夫. 第29回日本内視鏡外科学会総会; 20161208-10; 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌. 21(7):OS96-2.
  • 反町篤行, 原口賢, 島田泉, 坂本和彦. ラドン壊変生成物をトレーサとしたナノ粒子の交換フラックスの測定. 第23回大気環境学会北海道東北支部学術集会; 20161021; 山形県山形市.
  • 五十嵐康人, 北和之, 牧輝也, 竹中千里, 木名瀬健, 足立光司, 梶野瑞王, 関山剛, 財前祐二, 石塚正秀, 二宮和彦, 大河内博, 反町篤行. 福島第一原発事故由来放射性セシウムの再浮遊:バイオエアロゾルの役割?; 第33回エアロゾル科学・技術研究討論会; 20160831-0902; 大阪府堺市.
  • 五十嵐康人, 北和之, 牧輝也, 竹中千里, 木名瀬健, 足立光司, 梶野瑞王, 関山剛, 財前祐二, 石塚正秀, 二宮和彦, 大河内博, 反町篤行. 福島第一原発事故由来放射性セシウムの再浮遊:胞子は重要な役割を果たすのか? 日本地球惑星科学連合2016年大会; 20160522-26; 千葉県千葉市.
  • 金野俊太郎, 大河内博, 勝見尚也, 反町篤行, 床次眞司, 片岡淳, 岸本彩. 福島県の里山に大気沈着した放射性セシウムの動態解明と環境調和型除染技術の開発(4). 第57回大気環境学会年会; 20160907-09; 北海道札幌市.
  • 反町篤行, 松田和秀. 都市郊外の森林におけるエアロゾル粒子の粒径分布測定. 第57回大気環境学会年会; 20160907-09; 北海道札幌市.
  • 金野俊太郎, 大河内博, 勝見尚也, 緒方裕子, 反町篤行, 床次眞司, 片岡淳, 岸本彩. プルシアンブルー被膜磁性粒子を用いた環境調和型除染技術の開発. 環境放射能除染学会第5回研究発表会; 20160706-07; 福島県郡山市.
  • 大森康孝, 井上晴太, 大塚哲也, 永松優一, 反町篤行, 石川徹夫. 積雪による空間線量率の変化. 日本保健物理学会第49回研究発表会; 20160630-0701; 青森県弘前市.
  • 五十嵐康人, 北和之, 牧輝弥, 竹中千里, 足立光司, 梶野瑞王, 関山剛, 財前祐二, 石塚正秀, 二宮和彦, 大河内博, 反町篤行. 放射性セシウム再浮遊から見る森林由来バイオエアロゾルの重要性. 第2回バイオエアロゾルシンポジウム; 20170219-20; 石川県金沢市.
  • 伊藤 浩、川口拓之、島田斉、木村泰之、須原哲也.黒質におけるドーパミン作動性神経系イメージング:ドーパミン生成能・トランスポーターとニューロメラニン.第80回日本核学会北日本地方会.仙台市、2016, 10, 28.
  • 伊藤 浩、川口拓之、生駒洋子、島田斉、木村泰之、関 千江、田桑弘之、菅野 巖、須原哲也.PETおよびMRIを用いた黒質におけるドーパミン作動性神経伝達機能のイメージング.第56回日本核医学会学術総会.名古屋市、2016, 11, 3-5.

[シンポジウム]

  • Oriuchi N. The Current Status and Problems to be Solved in Japan from the Clinicians’ Point of View. 63rd Society of Nuclear Medicine Annual Meeting; 20160615; San Diego, USA.
  • 門馬智之, 大木進司, 藁谷雄一, 菊地 眸, 中村 純, 渡辺 晃, 引地拓人, 河野浩二, 竹之下誠一. 当院における胃GISTに対する腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)の治療成績と困難症例に対する工夫. 日本消化器病学会東北支部第201回例会; 20160708; 山形.
  • 織内 昇. 福島県立医大における標的RI治療の実施と新規治療の開発. 第54回日本癌治療学会 ; 20161021; 横浜.
  • 伊藤 浩.神経画像最前線 -神経機能の可視化はどこまで進んだか-.PETおよびMRIによる脳機能イメージング.第59回日本脳循環代謝学会学術集会、徳島市、2016, 11, 11-12.

[特別講演]

  • 織内 昇. 頭頚部癌におけるFDG-PETの有用性と課題. 東北FDG-PET研究会; 20160806; 盛岡.
  • 織内 昇. PET/CTおよびPET/MRIによる骨軟部腫瘍診断の有用性とピットフォール. 第56回日本核医学会学術総会; 20161105; 名古屋.
  • 伊藤 浩.PET/MRIの臨床と研究.第27回九州PET研究会.福岡市、2016, 7, 23.
  • 伊藤 浩.PETによる腫瘍の画像診断 -PET/MRIの時代を迎えて-.第20回福島肝疾患勉強会.福島市、2016, 9, 3.
  • 伊藤 浩.PET/MRIの臨床と脳研究への応用.第283回Open Film Conference.前橋市(群馬大学)、2016, 9, 8.
  • 伊藤 浩.脳循環代謝のイメージング -PETとインビボミクロイメージング-.第25回北海道脳PET・SPECT研究会.札幌市、2016, 10, 8.

[その他]

  • 織内 昇. がんの核医学治療(RI内用療法)とPET/CT、PET/MRIの利用. 第11回臨床腫瘍セミナー; 20160217; 福島.
  • 織内 昇. 福島で始まる、新しいRI内用療法. 公開講座「がん治療最前線II」; 20160228; 福島.
  • 織内 昇. RI内用療法の原理と実際. 第16回日本核医学会春季大会PET研修セミナー; 20160424; 大阪.
  • 織内 昇. 頭頚部がん・乳がん. 第16回日本核医学会春季大会PET研修セミナー; 20160424; 大阪.
  • 織内 昇. 90Y標識抗CD20抗体による悪性リンパ腫の治療 読影・判定について. 第30回イットリウム-90標識抗CD20抗体を用いた放射免疫療法の安全取扱講習会; 20160514; 東京.
  • 織内 昇. FDG-PET読影の基礎. PET-CT読影実践セミナー; 20160528; 東京.
  • 織内 昇. 教育講演 FDG-PET/CT読影の基礎. 第52回 日本医学放射線学会秋季臨床大会; 20160917; 東京.
  • 織内 昇. RI内用療法の進歩と将来展望 ~ふくしまの取り組みを含めて~. 平成28年度放射線安全管理研修会; 20160928; 東京.
  • 織内 昇. 90Y標識抗CD20抗体による悪性リンパ腫の治療 読影・判定について. 第30回イットリウム-90標識抗CD20抗体を用いた放射免疫療法の安全取扱講習会; 20161029; 東京.
  • 反町篤行. 身の周りの放射線. 福島県立相馬農業高校講演会; 20160912; 福島県南相馬市.
  • 伊藤 浩.脳機能イメージングにおけるBiograph mMRの使用経験.第3部 PET/MRI.日本脳神経核医学研究会脳PETネットワークWG 脳PETワークショップ.横浜市、2016, 4, 17.
  • 伊藤 浩.PET/MRIの臨床.造影剤と放射線シンポジウム2016(第一三共).東京都千代田区(スタジオよりWebを用いてLive配信)、2016, 5, 30.
  • 伊藤 浩.PET/MRIの臨床と臨床研究への応用.福島県デジタル画像研究会(福島県診療放射線技師会).郡山市、2016, 10, 1.
  • 伊藤 浩.PET/MRIの臨床.第57回北日本核医学談話会.仙台市、2016, 10, 28.
  • 伊藤 浩.PET/MRI.PET/MRIの概要と臨床.第56回日本核医学会学術総会.名古屋市、2016, 11, 3-5.
  • 伊藤 浩.がんをPETでみる.地域がん診療連携拠点病院 第6回市民公開講座(いわき市立総合磐城共立病院主催).いわき市、2016, 11, 26.