診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 甲状腺・内分泌内科

甲状腺・内分泌内科

スタッフ紹介

診療科部長(内科)
鈴木 悟(教授)
氏名 職名 専門分野
鈴木 悟 教授 内分泌一般
緑川 早苗 准教授 内分泌一般
鈴木 聡 講師 内分泌一般
橋本 重厚 会津医療センター教授 内分泌一般
鈴木 恵綾 性差医療センター
非常勤病院助手
内分泌一般

 

診療科の紹介とアピール

 当診療科は、2016年7月1日より、ふくしま国際医療科学センターの甲状腺・内分泌センターの中にある、診療センターの内科部門として新しく設立されました。当科の対象疾患としましては、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎といった内分泌の代表的臓器に関連する疾患のみならず、肥満、やせ、低血糖症、カルシウム代謝異常など全身的な疾患を含め広く内分泌に関わる疾患を対象としています。また主に健診で見つかった高血圧、糖脂質代謝異常、肥満症、骨粗鬆症の原因としての内分泌疾患を除外あるいは診断治療いたします。
 内科の場合、各臓器間のホルモン応答のバランスや加齢に伴う変化を評価し、その患者さんの人生に沿った診療を提供することが重要です。短期的、長期的な視点に立った疾患の診かたを合わせ持つことが、診療の質に直結すると考えています。
 また内分泌臓器に起因する疾患の場合、放射線治療、外科的治療により完治できる場合が多々あります。これらの諸科と連絡を密にとるため定期的なカンファレンスを行っております。
 これらの診療活動を通し、他の病院にない内分泌疾患の統合的診療を行うことを目的としています。

診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成30年  

 

新患外来
鈴木 悟

鈴木 悟
再診外来 緑川 早苗


鈴木 恵綾
(第4週)

鈴木 悟 鈴木 悟
鈴木 聡
橋本 重厚
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
間脳下垂体疾患 (下垂体腫瘍、下垂体炎、下垂体卒中、エンプティセラ症候群等)
甲状腺疾患 (バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺ホルモン不応症、甲状腺結節等)
副甲状腺疾患 (副甲状腺機能亢進症、低下症、副甲状腺腫瘍等)
副腎疾患 (クッシング症候群、原発性アルドステロン症、アジソン病、副腎腫瘍等)
性腺疾患(性腺機能低下症等)
各内分泌器官に合わせた診断、ホルモン測定、画像検索 診断に合わせた治療方針決定と治療。他科との連携。その後のマネージメント。診断が疑いの場合、経過観察計画の構築と診療
内分泌異常を原因とする高血圧、糖脂質代謝異常、骨粗鬆症、肥満症等
内分泌疾患の除外ならびに診断 同上
公立大学法人福島県立医科大学附属病院 甲状腺・内分泌内科
(外来) 電話024-547-1416