診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 形成外科

形成外科

スタッフ紹介

診療科部長
小山 明彦 (教授)
氏名 職名 専門分野
小山 明彦 教授 頭蓋顎顔面外科(唇裂・口蓋裂、耳介形成、頭蓋顎変形症)
齋藤 昌美 講師 形成外科一般、頭頸部再建外科、手外科
望月 靖史 病院助手
(非常勤)
形成外科一般、リンパ浮腫、漏斗胸、再建外科
坂場 貴夫 助手 形成外科一般、レーザー、外傷、熱傷、顔面神経麻痺
堀切 将 助手 形成外科一般、外傷、ケロイド、慢性創傷
木村 眞之介 助手 形成外科一般、先天異常、乳房再建、手外科
古川 杏奈 病院助手 形成外科一般
北村 成紀 専攻医 形成外科一般
佐藤 順紀 専攻医 形成外科一般
加藤 美野里 専攻医 形成外科一般

 


診療科の紹介とアピール

◆創傷外科

形成外科は、外傷、熱傷、褥瘡、糖尿病性潰瘍などの創傷・潰瘍や、瘢痕・ケロイドといった傷あとなど、様々な「きず」を取り扱う外科です。重症の熱傷などは救急医療科と連携をとり、培養表皮移植などの治療を行っています。

◆唇裂・口蓋裂

複数の専門領域のスタッフとともに診療チームを結成し、先進的な集学的治療に取り組んでいます。そのひとつに唇顎口蓋裂を1回の手術で閉鎖する「一期手術」を推進しています。

◆頭蓋顎顔面外科

脳神経外科、歯科(矯正歯科、口腔外科)とともに頭蓋顎顔面外科の専門チームを組織し、主に頭蓋顔面の骨格を中心とした変形に対して集学的治療を行っ ています。

◆乳房再建

乳腺外科と協力し、自家組織や人工乳房(2013年より保険診療)での乳房再建を行っています。

◆チームサージャリー

当科はマイクロサージャリー(顕微鏡手術)を用いた再建外科としての、複数科の合同手術において重要な役割を担っており、他科で行われた悪性腫瘍切除後の組織欠損に対し様々な移植技術を用いた再建を担当しています。

その他、耳や手指の先天異常、顔面神経麻痺、あざ、眼瞼下垂症、リンパ浮腫など、さまざまな形態異常を扱います。


診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成30年4月 現在
曜日
初診・再診 阪場
木村
北村
加藤
小山
齋藤(第1・3)
堀切
古川
佐藤
(手術日につき、処置を要する患者さんのみ) 小山
阪場
堀切
交代制
(望月:月1回午後)
専門外来 リンパ浮腫
(木村)
頭蓋顔面外科・小耳症
(小山)
唇裂・口蓋裂
(小山)
レーザー
(阪場)
 
 
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
先天異常:唇裂・口蓋裂、小耳症、その他顔面(眼瞼、耳介、外鼻、口唇など)の変形、胸郭・乳房の変形、臍の変形、指・爪の変形、外陰部の変形など。 早期に診察を行い、手術に適した時期を待ちます。 適切な時期に、再建・形成手術を行います。できる限り整容的に良い結果を目指し、手術を行います。
外傷:顔面外傷・骨折、熱傷、瘢痕、ケロイドなど。 診察・X線・CT検査を行い、治療法を決めます。 外傷・骨折は早期に手術を行います。瘢痕・ケロイドには手術以外に、薬による治療も行います。
腫瘍:皮膚・軟部組織腫瘍、血管腫、母斑など。 診察・検査を行い、良性・悪性をはじめ、腫瘍の性質・部位により治療法を決めます。 切除に加え、皮膚移植・皮弁形成が必要な場合があります。凍結療法・レーザー治療なども行います。
組織欠損:皮膚潰瘍、壊死、褥創、顔面変形、乳房欠損など。 診察・検査を行い、治療法を決めます。 皮膚移植、皮弁形成、遊離組織移植、骨・軟骨移植などをマイクロ・サージャリー技術などと組み合わせて再建を行います。
機能障害:顔面神経麻痺など。 診察・精密検査を行い、治療法を決めます。 神経移植・筋肉移植をはじめ、先進的技術で再建を行います。
その他の異常 その他の体表の異常についてもご相談下さい。
公立大学法人福島県立医科大学附属病院 形成外科
外来 電話024-547-1225