診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 核医学科

核医学科

スタッフ紹介

診療科部長
織内 昇(教授)
氏名 職名 専門分野
織内 昇 部長(教授) 核医学治療、核医学診断
石井 士朗 副部長(准教授)(兼務) 放射線画像診断学、核医学診断
菅原 茂耕 助手 核医学治療、核医学診断
廣正 智 専攻医 核医学治療、核医学診断
伊藤 浩 教授(兼務) 核医学診断、放射線画像診断(脳神経)
長谷川 靖 助手(兼務) 放射線画像診断学
関野 啓史 助手(兼務) 放射線画像診断学
黒岩 大地 助手(兼務) 放射線画像診断学
末永 博紀 助手(兼務) 放射線画像診断学
箱崎 元晴 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
渡邊 宏剛 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
藤巻 秀樹 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
山國 遼 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
柳沼 佑基 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
小桧山歩那美 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
蛭田 まほり 専攻医(兼務) 放射線画像診断学
鈴木 義行 教授(兼務) 放射線治療、粒子線治療
田巻 倫明 准教授(兼務) 放射線治療、高精度放射線治療、小線源治療
佐藤 久志 助教(兼務) 放射線治療、高精度放射線治療
海老 潤子 助教(兼務) 放射線治療
中島 大 助手(兼務) 放射線治療
竹原 由佳 専攻医(兼務) 放射線治療
粟生木 美穂 助手(兼務) 放射薬学

 

診療科の紹介とアピール

 核医学科は、放射性核種(RI)を医療に応用した診療を行っています。
  RIは医療の中で診断と治療に役立っています。診断では、PET検査やシンチグラフィ、SPECTが代表的です。治療では、核医学治療と呼ばれる治療が行われています。この治療は放射線治療の一種ですが、通常の放射線治療と異なる点は、通常の放射線治療が体の外から放射線を照射して治療する(そのため外照射と呼ばれます)のに対して、核医学治療は、RIを結合させた治療薬を注射や内服で体内のがん病巣に取り込ませて、がん病巣だけを治療するものです。そのため内照射とも呼ばれます。がん細胞に特有の目印(分子標的)に結合するような性質を有する治療薬による治療ですので、分子標的治療の一つであり、標的RI治療とも呼ばれます。RIとしては、壊変の際にβ線やα線という放射線を出す核種を用います。β線やα線は、エネルギーが大きいため、がん細胞のDNAを破壊してがん細胞を破壊しますが、体内で数mm以下の範囲(飛程といいます)にしか治療効果を及ぼさないため、がん細胞以外への影響が少なく、副作用が軽いことも特徴です。
  一般の方にはよく知られていない治療ですが、甲状腺がんに対する治療は数十年前から行われていますし、現在では、下記の「診療の詳細案内」にありますように、数種類の治療が保険診療として行われています。

 ● 保険診療として行う核医学治療

 当科では、国内で可能な保険診療の核医学治療をすべて行っています。みらい棟には、国内最大のRI治療病棟があり、甲状腺がんの治療を行っています。外来では、甲状腺がんのほか、悪性リンパ腫、前立腺がんなどの治療を、当該診療科と連携して行っています。

 ● 先進的ながん診断(PET診断)

 PET/MRIを利用したがん診断を行っています。PET/CTによるがん診断は保険診療として一般化していますが、PET/MRIはまだ普及しておらず、どのような疾患に有効か十分にわかっていません。診療各科と共同で、PET/MRIの有用性を確かめる研究を行っています。
 脳神経外科と共同でC-11メチオニンPETを先進医療Bとして実施しています。その他にも臨床研究を目的としたPETの開発を行っています。

 ● 新たな標的RI治療の開発

 先端臨床研究センターでは、新たな治療薬(放射性薬剤)を研究用に製造し、安全性や有効性を試す非臨床試験を行い、標的RI治療の開発を行っています。

診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成30年10月1日 現在
曜日
核医学治療
外来
核医学治療
外来

核医学治療
外来
核医学治療
外来
  初診
10:00-12:00
14:00-16:00
再診
10:00-12:00
14:00-16:00
初診
10:00-12:00
14:00-16:00
再診
10:00-12:00
14:00-16:00
 


再診
10:00-12:00
14:00-16:00



再診
10:00-12:00
14:00-16:00
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
甲状腺がん CT、FDG-PET/CT、血液検査など 分化型甲状腺がんの進行例や転移に対してI-131による治療を行います。RI病棟に、1週間程度の入院を要します。
甲状腺がん(アブレーション) 全身CT、FDG-PET/CT、血液検査など 転移のない分化型甲状腺がんに対して、甲状腺の全摘後に残存甲状腺を除去する目的でI-131による治療を行います。原則として外来で治療します。
バセドウ病 血液検査、心電図、超音波検査など I-131による治療を原則として外来で行います。投与量が多く必要な場合や家庭の事情によりRI病棟で治療することもあります。
低悪性度B細胞性リンパ腫 CT、FDG-PET/CT、血液検査など 血液内科と連携してY-90標識抗CD20抗体による治療を行います。血液内科病棟に約10日間入院し、核医学科外来で治療を行います。
前立腺がん骨転移 FDG-PET/MRI、骨SPECT、CT、血液検査など 泌尿器科と連携して去勢抵抗性前立腺がんの骨転移に対してRa-223による治療を核医学科外来で行います。
固形がん骨転移の疼痛緩和 骨シンチグラフィ、FDG-PET、MRI、血液検査など 疼痛を伴う転移性骨腫瘍に対して、疼痛緩和を目的としたSr-89による治療を外来で行います。

 当科の診療は完全予約制です。RIを使用する治療のため、特別な注意点や前処置がありますので、原則として外来で診察や必要な検査を行い、治療の必要性や目的、注意点などを説明したうえで治療を行います。
 当院以外の診療所・病院からの紹介は、事前に診察申込書を送付して外来を予約してください。
 ★事前診察申込書は、福島県立医科大学附属病院のホームページの「医療機関の皆さまへ」からダウンロードできます。
 ★治療の適応その他ご不明の点は下記あてご連絡下さい。専門医が対応いたします。
公立大学法人福島県立医科大学附属病院 核医学科
(外来)電話024-547-1233(直通)  代表024-547-1111(内3440)