診療科のご案内

HOME > 病院長のご挨拶 

ごあいさつ



病院長 鈴木 弘行


「支える,心温まる医療を目指して」

福島県立医科大学附属病院は明治4年(1871年)に開設された白河仮病院を祖とする150年近い歴史を有する病院です。その後、須賀川病院、福島県立女子医学専門学校時代を経て、昭和27年(1952年)に新制福島県立医科大学が設置され新たな歩みを始めました。昭和63年(1988年)には杉妻町から光が丘に移転し現在の病院が完成しています。

当院は県内で唯一の特定機能病院であり、都道府県がん診療拠点病院や災害拠点病院をはじめとした多くの拠点病院として県民の皆様に高度医療の提供を行っております。加えて当院では医師、看護師を始めとして様々な医療人の教育や、多くの臨床研究を通して先進的な医療技術の開発にも積極的に関わっており、福島から世界へ発信できる医療を実践しています。当院のもう一つの大切な役目は地域医療への貢献です。東日本大震災という大きなダメージから本県は今なお復興の途にございます。本県の復興を医療という側面から支える中心的病院として、県民の皆様の心と身体を守り、安心を提供することは、当院にとりましてとても大切な使命です。
当院には毎日約1500人の外来患者さんが受診されます。受診される患者さんは病という敵と日々戦っておられます。私達は患者さんの病気を治療することはもちろん、傷ついた心とも真摯に向き合い、寄り添っていきたいと考えております。当院の基本理念は 「健康を支える医療・心温まる医療を目指して県民と共に歩む」ことであり、病院の合言葉は「誰からも選ばれる明るい病院、みんなが集まるみんなのための病院」です。これらの理念を実践するために、約600名の医師、約870名の看護師、約500名の技師、事務職員が垣根を越え、心と力を合わせて患者さんのために力を尽くしています。今後もたゆまない努力と研鑽を続けて参りますので、どうぞよろしくお願いします。
 

2019年4月1日

福島県立医科大学附属病院

病院長    鈴木 弘行(医療・臨床教育担当理事)


副病院長の紹介


大竹 徹
【 総務担当 】 総務・企画・経営
【 診療科 】 乳腺外科
鈴木 義行
【 業務担当 】 業務担当の統括・医療安全・災害医療・地域連携
【 診療科 】 放射線治療科
佐治 重衡
【 業務担当 】 教育・研修・臨床研究・治験
【 診療科 】 腫瘍内科
風間 順一郎
【 業務担当 】 中央診療施設の機能強化・感染制御・医療情報
【 診療科 】 腎臓・高血圧内科
渡邊 美恵子
【 業務担当 】 医療連携・患者サービス・病院機能改善
【 診療科 】 看護部

副病院長業務分担概要図