大谷 晃司 (オオタニ コウジ)

OTANI Koji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

脊椎、脊髄、神経根、脊椎変性疾患、疫学、高齢者、転倒、骨折、QOL、骨粗鬆症、医学教育

研究室電話

024-547-1276

研究室FAX

024-548-5505

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   医学部(臨床医学系)   整形外科学講座   教授

  • 本務   福島県立医科大学   医療人育成・支援センター   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  博士(医学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年05月
    -
    2014年07月

    医療人育成・支援センター 准教授 臨床医学教育研修部門 副部門長 医学部整形外科学講座 兼任准教授

  • 2014年08月
    -
    2017年01月

    医療人育成・支援センター 教授 臨床医学教育研修部門 部門長 医学部整形外科学講座 兼任教授

  • 2017年02月
    -
    継続中

    医療人育成・支援センター センター長 主任教授 臨床医学教育研修部門 部門長 医学部整形外科学講座 兼任教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本脊椎脊髄病学会  日本国

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    国際腰椎学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • 医学教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本脊椎脊髄病学会指導医   2003年

  • 日本整形外科学会専門医   1998年

  • 医師免許   1990年06月

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 骨粗鬆を基盤とする骨折の臨床

    研究期間: 1999年  -  継続中 

  • 転倒・骨折予防

     

  • 運動器疾患の疫学的研究

     

  • 高齢者の整形外科

     

  • 脊髄・神経根障害の基礎的・臨床的研究

     

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Surgical Outcomes of Cervical Myelopathy in Patients with Athetoid Cerebral Palsy: A 5-year Follow-Up.

    Watanabe K, Otani K, Nikaido T, Kato K, Kobayashi H, Yabuki S, Kikuchi SI, Konno SI.

    Asian Spine  11 (6) 928 - 934   2017年12月

    共著 

    DOI PubMed

  • 脊椎外科における内視鏡手術の未来 頸椎疾患における脊椎内視鏡手術の現状と未来 

    二階堂 琢也, 矢吹 省司, 渡邉 和之, 加藤 欽志, 小林 洋, 富永 亮司, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    日本内視鏡外科学会雑誌  22 (7) WS-2   2017年12月

    共著  ISBN: 1344-6703

  • Impairment of triad conditioned facilitation in amyotrophic lateral sclerosis.

    Groiss SJ, Mochizuki H, Hanajima R, Trenado C, Nakatani-Enomoto S, Otani K, Ugawa Y.

    Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener  18 (7-8) 604 - 610   2017年11月

    共著 

    DOI PubMed

  • 難治性慢性疼痛に対するリエゾン診療

    大谷 晃司

    臨床整形外科  52 (11) 1045 - 1048   2017年11月

    単著  ISBN: 0557-0433

  • 地域住民における頸部脊髄症と脊椎神経根症の自然経過 10年フォローアップ

    平井 亨, 関口 美穂, 大谷 晃司, 紺野 愼一

    Journal of Musculoskeletal Psin Research  9 (3) S51   2017年10月

    共著  ISBN: 2186-2796

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 脊椎手術解剖アトラス

    菊地 臣一 (担当範囲:Ⅲ・胸椎)

    医学書院  2017年05月  ISBN: 978-4-260-03044-1

    大谷 晃司, 茂呂 貴知  東京

  • 長引く腰痛は”脳の錯覚”だった 名医が教える最新の腰痛改善・克服法

    丹羽 真一, 大谷 晃司, 笠原 諭

    朝日新聞社  2016年05月 

    東京

  • TJ MOOK NHKあさイチ マガジン

    (担当範囲:慢性腰痛一問一答) (担当ページ:36-37)

    (株)宝島社  2016年01月 

    大谷晃司、牛田享宏  東京

  • TJ MOOK NHKあさイチ マガジン

    (担当範囲:ぎっくり腰一問一答) (担当ページ:14-15)

    (株)宝島社  2016年01月 

    大谷晃司、牛田享宏  東京

  • TJ MOOK NHKあさイチ マガジン

    (担当範囲:慢性腰痛がストレス減で治った例) (担当ページ:29)

    (株)宝島社  2016年01月 

    大谷晃司  東京

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第48回日本医学教育学会学生セッション優秀演題賞

    2016年   日本国

  • 「臨床整形外科」最優秀論文賞2014

    2015年   日本国

  • 第47回日本医学教育学会大会学生セッション優秀演題賞

    2015年   日本国

  • 東日本整形災害外科学会優秀演題賞

    2012年   日本国

  • 平成24年度日本医学教育学会学生セッション優秀賞

    2012年   日本国

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 脊椎退行性疾患の症状発現に関する探索的研究

    補助・助成

    研究期間: 2015年 ~ 継続中 

    代表者:  大谷 晃司 

  • 骨粗鬆症性椎体骨折が生活習慣病や医療資源消費に与える影響ー前向き研究ー

    補助・助成

    研究期間: 2015年 

    代表者:  松本 健一郎  連携研究者:  増子 遼介, 吉田 智克, 大谷 晃司, 紺野 愼一, 福原 俊一, 小野 玲, 山崎 新

  • 頚部脊髄症の症状発現に関与する因子に関する探索的研究ーメタボリックシンドロームは脊髄症の発症に関係しているのか?-

    補助・助成

    研究期間: 2015年 

    代表者:  渡邊 和之  連携研究者:  大谷 晃司

  • 傍脊柱筋の筋萎縮に影響する因子の検討ー横断的、縦断的研究ー

    補助・助成

    研究期間: 2014年 

    代表者:  猪狩 貴弘  連携研究者:  大谷 晃司

  • 脊椎変性疾患の症状発生因子に関する探索的研究

    補助・助成

    研究期間: 2014年 

    代表者:  大谷 晃司 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Preoperative zinc deficiency is a risk factor for surgical-site infection in lumbar decompression surgery –a prospective cohort study-

    42nd Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 

    2015年06月
     
     

  • Could Dural Sac Cross-sectional Area (DCSA) on MRI predict LSS Symptom for six-year follow-up?

    42nd Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 

    2015年06月
     
     

  • An epidemiologic study for paraspinal muscle atrophy of the lumbar spine in the community

    42nd Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 

    2015年06月
     
     

  • Lumbar spinal stenosis affects health‐related QOL and work continuation

    ISSLS 2015 

    2015年06月
     
     

  • The influence of preoperative lw back pain on surgical outcome of decompression for lumbar spinal stenosis

    42nd Annual meeting of International Society for the Study of the Lumbar Spine. 

    2015年06月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脊椎疾患の診断、治療成績

    大学等の研究機関との共同研究を希望する  技術相談, 受託研究, 共同研究, その他

    脊椎疾患の診断、治療成績

  • 運動器疾患の疫学的研究

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 受託研究, 共同研究, その他

    動器疾患の疫学的研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科

  • BSLオリエンテーション

  • 整形外科学(脊椎脊髄病)

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 心電図勉強会 実践編

    2013年12月
    -
    継続中

  • ステップアップセミナー 整形外科における初期診療として、研修医が出来ること・すべきこと−四肢外傷編−

    2013年11月
    -
    継続中

  • 福島高校SSH 勉強会

    2013年11月
     
     

  • 第17回福島アドバンスドコース(FACE)

    2013年11月
     
     

  • 福島高校SSH 勉強会

    2013年10月
     
     

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本脊椎脊髄病学会

    評議員

    2011年
    -
    継続中

  • 国際腰椎学会

    会員

    2006年06月
    -
    継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 腰痛の話

    2016年12月
     
     

  • 福島県における臨床研修

    2016年11月
     
     

  • 家庭でもできる腰痛の対処法

    2016年11月
     
     

  • 福島県の医師定着への試み

    2016年10月
     
     

  • 誰にでも出来る腰痛の予防・つきあい方

    2016年10月
     
     

全件表示 >>