大平 哲也 (オオヒラ テツヤ)

OHIRA Tetsuya

写真a

職名

主任教授

研究分野・キーワード

循環器疾患の疫学 予防医学 健康科学 心身医学

メールアドレス

メールアドレス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   疫学講座   主任教授

  • 兼務   医学部(生命科学・社会医学系)   疫学講座   放射線医学県民健康管理センター疫学部門 部門長

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学部  卒業  日本国  1990年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  医学研究科  博士課程  修了  日本国  1999年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  医学博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    1990年12月

    一般財団法人総合会津中央病院 池見記念心身医学センター 医員

  • 1992年11月
    -
    1993年03月

    浜松医科大学医学部附属病院 第2内科 医員

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    共立菊川総合病院 内科 医員

  • 1999年04月
    -
    2000年06月

    株式会社キャノン阿見事業所 産業医(非常勤)

  • 2000年07月
    -
    2001年03月

    大阪府立成人病センター 集団検診 第Ⅰ部 診療主任

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学

  • 内科学一般(含心身医学)

  • 公衆衛生学・健康科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会認定公衆衛生専門家

  • 日本医師会認定産業医

  • 日本心身医学会認定心身医学専門医

  • 日本内科学会認定総合内科専門医

  • 医師免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 笑い等のポジティブな心理的介入による生活習慣病予防についての研究

    笑い、楽観的、幸せ、生きがい

  • 生活習慣病の心理社会的危険因子に関する研究

    心理社会的ストレス、高血圧、糖尿病

  • 脳卒中、虚血性心疾患等の循環器疾患の疫学研究

    脳梗塞、脳出血、心房細動、心臓突然死

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of evacuation on body weight after the Great East Japan Earthquake

    Ohira T*, Hosoya M, Yasumura S, Satoh H, Suzuki H, Sakai A, Ohtsuru A, Kawasaki Y, Takahashi A, Ozasa K, Kobashi G, Kamiya K, Abe M.

    Am J Prev Med    in press   2016年

    共著 

  • A hypo- high-density lipoprotein cholesterolemia is caused by evacuation after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: Results from the Fukushima Health Management Survey

    Satoh H, Ohira T*, Nagai M, Hosoya M, Sakai A, Watanabe T, Ohtsuru A, Kawasaki Y, Suzuki H, Takahashi A, Kobashi G, Ozasa K, Yasumura S, Yamashita S, Kamiya K, Abe M.

    Intern Med    in press   2016年

    共著 

  • Laughter is the best medicine? Cross sectional study of cardiovascular disease among older Japanese adults

    Hayashi K, Kawachi I, Ohira T*, Kondo K, Shirai K, Kondo N.

    J Epidemiol    in press   2016年

    共著 

  • Drinking behavior and mental illness among evacuees in Fukushima following the Great East Japan Earthquake: The Fukushima Health Management Survey

    Ueda Y, Yabe H, Maeda M, Ohira T*, Fujii S, Niwa S, Ohtsuru A, Mashiko H, Harigane M, Yasumura S.

    Alcoholism    in press   2016年

    共著 

  • Emergency Responses and Health Consequences after the Fukushima Accident; Evacuation and Relocation

    Hasegawa A, Ohira T*, Maeda M, Yasumura S, Tanigawa K.

    Clin Oncol    in press   2016年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 循環器病予防ハンドブック 第7版

    日本循環器病予防学会 (担当範囲:生活習慣是正の指標⑧ ストレス対策・こころの健康) (担当ページ:208-212)

    保健同人社  2014年08月 

    大平哲也* 

  • Handbook of anthropometry: Physical measurement of human form in health and disease

    (担当ページ:2667-2678)

    Springer Science and Business Media  2012年 

  • Modern orthostatic hypotension

    (担当ページ:161-162)

    Edizioni Minerva Medica  1997年 

  • 研究者うつ病対策

    (担当範囲:笑いのメカニズムとストレス軽減効果) (担当ページ:55-60)

    技術情報協会  2013年 

    大平哲也* 

  • New予防医学・公衆衛生学 改訂第3版

    (担当範囲:生活習慣病の疫学と予防 総論.岸玲子、古野純典、大前和幸、小泉昭夫編) (担当ページ:131-1134)

    南江堂  2012年 

    磯博康,大平哲也* 

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 心理的因子と肥満・糖脂質代謝異常との心身連関に関する疫学研究

    研究期間: 2014年04月 ~ 2016年03月 

    代表者:  大平哲也 

  • 笑い等のポジティブな心理介入が生活習慣病発症・重症化予防に及ぼす影響についての疫学研究

    研究期間: 2013年04月 ~ 2016年03月 

    代表者:  大平哲也 

  • 脳出血の病型別発症率の推移と危険因子の疫学研究

    研究期間: 2012年04月 ~ 2014年03月 

    代表者:  大平 哲也 

  • わが国の高血圧に及ぼす身体・心理・社会的危険因子の時代的変遷と予防法に関する研究

    研究期間: 2010年04月 ~ 2014年03月 

    代表者:  大平 哲也 

  • 循環器疾患発症に関与する心理因子と炎症・代謝異常・自律神経機能についての疫学研究

    研究期間: 2007年04月 ~ 2010年03月 

    代表者:  大平 哲也 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Frequency of laughter and risk of metabolic syndrome components among middle-aged Japanese men and women.

    20th IEA World Congress of Epidemiology 

    2014年08月
     
     

  • Changes in metabolic profiles among evacuees after the Great East Japan Earthquake: the Fukushima Health Management Survey.

    American Heart Association 54th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention 

    2014年
     
     

  • Associations between frequency of laughter and diabetes mellitus among middle-aged Japanese men and women: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).

    27Th Conference of the European Health Psychology Society 

    2013年
     
     

  • Risk Factors for intraparenchymal hemorrhage subtypes: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).

    American Heart Association 53th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention 

    2013年
     
     

  • Anger Expression and Risk of Stroke Subtypes: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).

    American Heart Association 52th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention 

    2012年
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 疫学

  • 疫学実習

  • 衛生、公衆衛生、疫学実習