町田 豪 (マチダ タケシ)

MACHIDA Takeshi

写真a

職名

学内講師

生年

1981年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1148

研究室FAX

024-548-6760

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   免疫学講座   学内講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  生物資源環境科学府  生物機能科学  博士課程  修了  日本国  2009年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  農学博士  2009年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    九州大学大学院 学術特定研究者 (日本学術振興会特別研究員PD)

  • 2010年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 医学部医学科 免疫学講座 助教

  • 2016年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 医学部医学科 免疫学講座 学内講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • その他

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 膠原病・アレルギー・感染症内科学

  • 分子生物学

  • 食品科学

  • 植物生理・分子

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • SLEモデルマウスにおける自己反応性B細胞の出現・活性化メカニズムの同定

    研究期間: 2012年  -  継続中 

    SLE、自己反応性B細胞、IFN-γ

  • 補体セリンプロテアーゼMASP-1/3を標的としたループス腎炎の新規治療戦略

    研究期間: 2010年  -  継続中 

    SLE、補体第二経路、MASP-1、MASP-3

  • SLEモデルマウスを用いたCD4陽性T細胞の肉芽腫性炎症への役割の解明

    研究期間: 2010年  -  継続中 

    MRL/lpr、IRF-1、IRF-4、自己反応性T細胞、肉芽腫

論文 【 表示 / 非表示

  • 全身性エリテマトーデスの病態理解の進歩〜SLEにおける補体活性化経路の役割〜

    関根英治、大森智子、坂本夏美、町田豪

    福島医学雑誌  67 (3) 113 - 122   2017年

    共著 

  • Essential role of mannose-binding lectin-associated serine proteases-1/3 (MASP-1/3) in the development of lupus-like glomerulonephritis in MRL/lpr mice

    Natsumi Sakamoto, Takeshi Machida, Minoru Takahashi, Teizo Fujita, and Hideharu Sekine

    Immunobiology  221   1166   2016年

    共著 

  • IL-13-dependent biomarkers with liver inflammatory differentiation after pneumococcal sepsis during rapid inflammatory phase

    Natsuo Yamamoto, Kiwamu Nakamura, Kazuaki Arai, Charles Dela Cruz, Takeshi Machida, Yuhko Suzuki, Yasunori Ogura, Yoshinobu Abe, Hideharu Sekine, Ken Iseki, Philip Askenase, and Keiji Kanemitsu

    European Journal of Immunology  46 (Supple 1) 321   2016年

    共著 

  • IFN-γ-receptor-1 is required for intrafollicular localization of marginal zone B cells in the spleens of lupus-prone MRL+/+ mice

    Takeshi Machida, Tomoko Omori, Natsumi Sakamoto, Xian Zhang, Gary S. Gilkeson, and Hideharu Sekine

    European Journal of Immunology  46 (Supple 1) 935   2016年

    共著 

  • IFN-γ-receptor-1 is required for recruitment of CD19+CD1dhi marginal zone-B cells into the splenic germinal centers in lupus-prone MRL+/+ mice

    Takeshi Machida, Natsumi Sakamoto, Tomoko Omori, Xian Zhang, Gary S. Gilkeson, Hideharu Sekine

    Proceedings of the Japanese Society for Immunology  44   29   2015年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea. The Recent Status and Perspective of Food System, Agricultural Environment and Biology

    (担当ページ:340-351)

    その他の出版機関  2008年 

    町田豪、石橋明子、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Novo Nordisk International Travel Award for the 16th International Congress of Immunology

    2016年08月   日本国

  • BioLegend/Tomy Digital Biology Travel Award 2015

    2015年07月09日   日本国

  • 第15回国際免疫学会議Bursary

    2013年06月25日   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • SLEモデルマウスの脾臓辺縁帯B細胞が自己抗体産生に果たす役割

    補助・助成

    研究期間: 2016年06月 ~ 2017年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEの自己抗体産生には辺縁帯B細胞に対するIFN-γ刺激の増強が重要である

    補助・助成

    研究期間: 2015年06月 ~ 2016年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • SLEの自己反応性B細胞の出現・活性化におけるIFN-γシグナルの役割

    補助・助成

    研究期間: 2014年06月 ~ 2015年03月 

    代表者:  町田 豪 

  • 補体因子MASP-1/3を標的とする新規製剤の開発とSLEモデル動物への治療効果

    補助・助成

    研究期間: 2014年04月 ~ 2016年03月 

    代表者:  関根 英治  連携研究者:  町田 豪

  • 自己反応性Th2細胞による間質性腎炎の新規モデルマウス確立と発症メカニズム解明

    補助・助成

    研究期間: 2013年05月 ~ 2014年03月 

    代表者:  町田 豪 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Significant role for splenic marginal zone B cells in anti-dsDNA autoantibody production in lupus-prone mice with an MRL background

    第46回日本免疫学会学術集会 

    2017年12月
     
     

  • Anti-inflammatory effects on liver cells with flavonoids during rapid phase in a severe sepsis

    第46回日本免疫学会学術集会 

    2017年12月
     
     

  • 補体レクチン経路と第二経路を標的とする新規抗補体薬sMAP-fHの開発

    第54回日本補体学会学術集会 

    2017年09月
     
     

  • CRISPR/Cas9システムによるスプライシングバリアントの機能解析

    研究連携セミナーポスター発表会2016 

    2016年12月
     
     

  • Possible anti-inflammatory treatment with flavonoids during a severe sepsis

    第45回日本免疫学会学術集会 

    2016年12月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • PBLテュートリアル教育(2年生)

  • 免疫学(2年生)

  • 医学研究方法論(修士課程)

  • 医科学研究入門(博士課程)

  • PBLテュートリアル教育(1年生)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2017年07月
     
     

  • 平成28年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2016年07月
     
     

  • 平成27年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2015年07月
     
     

  • 平成26年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2014年07月
     
     

  • 平成25年度ふくしま地域医療の担い手育成事業 「メディカルサポートセミナー」

    2013年07月