医工連携研究

医工連携研究

心拍動下冠動脈吻合部3次元運動解析技術の確立と心拍動下冠動脈固定性の評価

心拍動下冠動脈バイパスにおいて、良好なバイパス吻合を作成するためには吻合部の固定は極めて重要な問題です。しかし、拍動心の表面冠動脈は高速に3次元運動するため、その定量的評価は困難でした。本研究では、ロボット工学の運動体追視技術の応用により、現時点で世界最高の時間分解能と空間解像度で、その高速3次元運動の定量的評価を可能にしました[1]。

この基盤技術は、β1受容体遮断薬の効果[2,3]や、陽圧換気条件による影響[4]など現在進行形で吻合部固定向上のための研究につながっています。

日本学術振興会科学研究補助金の継続的支援を受けている、東京大学および日本大学工学部との医工連携研究の成果です。

また、本研究はGross DR「Animal Models in Cardiovascular Research: Measuring Cardiac Function(心臓血管研究のための動物実験モデル:心機能の計測)」Springer New York 2009に引用されています。

冠動脈吻合部運動の再構築図

 

冠動脈吻合部運動の再構築

参考文献

  1. Watanabe T, Omata S, Odamura M, Okada M, Nakamura Y, Yokoyama H Three-dimensional quantification of cardiac surface motion: A newly developed three-dimensional digital motion-capture and reconstruction system for beating heart surgery. J Thorac Cardiovasc Surg 2006;132:1162-71.
  2. Wakamatsu H, et al. Selective beta-1 blockade further reduce the mechanically stabilized coronary artery motion during beating heart surgery. Innovations 2010 ( in press)
  3. Wakamatsu H, et al. Landiolol reduces coronary artery motion in an open chest porcine model: Implication for off-pump coronary artery bypass surgery. Surg Today (submitted)
  4. Sato Y, et al. Effect of mechanical ventilation on the coronary artery motion during beating heart surgery, J Anesthesiology (submitted)

福島県福島市光が丘1 福島県立医科大学医学部心臓血管外科 心臓血管外科専門医認定機構研修基幹病院