外科研修と大学院研究

外科研修と大学院研究

 医師にとって「研修と研究」は切り離せないものです。

「研修」は現在の医療水準に自分の力量を近づけること、「研究」はその医療水準自体を新しい領域に展開して行くことです。両者かみあってこそ医学に新しい知見を加え、後進を指導できる外科医になることが可能です。

 頭のやわらかい若い時期に「研修」と「研究」を同時進行でおこなうことで、車の両輪のような相乗効果が生まれます。福島医大心臓外科の研究は、外科専門医から心臓外科専門医への修練中の多忙な時期に本学の社会人大学院制度を利用して行われています。

外科研修が多忙な中でも、「研究」がスムーズに行われるよう本講座は以下の工夫をしています。

  1. 日本大学工学部(郡山市)との共同研究で、施設使用、獣医による実験動物管理、データ取得を、工学部大学院生と共同で行う。
  2. ロボット工学の運動体追視技術の応用により、現時点で世界最高の時間分解能と空間解像度を有する拍動心表面冠動脈3次元運動解析技術を確立し、データの信頼性を確保(下図および本講座ホームページ:医工連携研究参照)。ロボット手術
  3. その基盤技術と共同研究体制により、各種薬物などの冠動脈運動に対する効果を効率的に研究できる体制を確立。
  4. 各々の大学院生・心臓外科専門医研修中の研究一覧(年度は医学博士取得年)

    2006年:渡邊俊樹(冠動脈運動解析法の確立)
    2009年:若松大樹(ベータ1遮断薬の効果)
    2010年:佐藤善行(呼吸運動・陽圧換気の影響)
    2011年(予定):瀬戸夕樹(レミフェンタネストの影響)
    2011年(予定):黒沢博之(昇圧剤の影響)
    2012年(予定):坪井栄俊(心外膜張力利用の固定法の効果)

 

学術集会発表

  1. Toshiki Watanabe. Three-dimensional quantification of cardiac surface motion in beating heart surgery. 2nd World Congress of the International Academy of Cardiovascular Sciences (Sapporo, Japan), 2006
  2. 渡邉俊樹. 心表面運動の定量的解析:3次元デジタル解析システムの開発. 福島医学会第406回学術研究集会 2006
  3. 渡邉俊樹. 心表面冠動脈運動の定量的解析:心表面運動3次元デジタル解析システムの開発. 第24回福島心臓血管外科研究会 2006
  4. 若松大樹Pharmacological cardiac stabilization during off-pump coronary artery bypass: Effects of landiolol hydrochloride, a novel short-acting β1 receptor antagonist(心拍動下冠動脈バイパス術における超短時間作用型β1遮断薬を用いた薬理学的心表面固定法の評価)福島医学会 2007
  5. 若松大樹 心拍動下冠動脈バイパス術におけるランジオロールハイドロクロライドの評価 日本心臓血管外科学会総会 2007
  6. Hiroki Wakamatsu. Pharmacological stabilization during off-pump coronary artery bypass: Effects of landiolol hydrochloride, a novel short acting beta-receptor antagonist. 11th annual scientific meeting of International Society of Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery (Boston. USA), 2008
  7. 佐藤善之 陽圧換気が心拍動下冠動脈運動に与える影響 日本心臓血管外科学会総会 2009
  8. 瀬戸夕樹 レミフェンタネストが心拍動下冠動脈運動に与える影響 日本心臓血管外科学会総会 2011
  9. 黒沢博之 昇圧剤が心拍動下冠動脈運動に与える影響 日本心臓血管外科学会総会 2011

研究論文発表

  1. Watanabe T, Omata S, Odamura M, Okada M, Nakamura Y, Yokoyama H Three-dimensional quantification of cardiac surface motion: A newly developed three-dimensional digital motion-capture and reconstruction system for beating heart surgery. J Thorac Cardiovasc Surg 2006; 132:1162-71.
  2. 渡辺俊樹、織田村元樹、岡田昌史、中村仁彦、尾股定夫、横山 斉 心表面冠動脈運動の定量的解析: 拍動下心臓手術のための心表面運動三次元デジタル解析システムの開発.日本コンピュータ外科学会誌 2006;8:89-95.
  3. 若松大樹 当科の医工学連携研究. 福島の進路;(財)福島経済研究所 2008: 26-29
  4. Wakamatsu H, et al. Selective beta-1 blockade further reduce the mechanically stabilized coronary artery motion during beating heart surgery. Innovations 2010 (in press)
  5. Wakamatsu H, et al. Landiolol reduces coronary artery motion in an open chest porcine model: Implication for off-pump coronary artery bypass surgery. Surg Today (in press)
  6. Sato Y, et al. Effect of mechanical ventilation on the coronary artery motion during beating heart surgery, J Thorac Cardiovasc Surg (submitted)
  7. Seto Y, et al. Effect of Remifentanist on the target coronary artery motion during beating heart surgery, J Anesthesiology (submitted)
  8. Kurosawa, et al. Effect of vasopressor agents on the target coronary artery motion during beating heart surgery, J Anesthesiology (submitted)

福島県福島市光が丘1 福島県立医科大学医学部心臓血管外科 心臓血管外科専門医認定機構研修基幹病院