看護部教育

看護部の教育目標

1. 看護の専門性向上のため看護と医療の最新知識・技術を学び、看護実践に活用することができる。
2. 専門職業人として、看護の科学性を探求し、自己の能力開発・向上を図るため、主体的に研鑽する。
3. 新人看護職員・看護学生を支援し、ともに成長することができる。

 

キャリアアッププログラム

先輩看護師との臨床実践をはじめとするレベル別研修は、
到達目標が設定されているので着実に専門性を磨くことができます。

平成29年度版 pdf (20.5MB)

パンフレット

 

クリニカルラダー

新採用1年目相当

目指す到達目標
  • NANDAの看護診断の概念を理解し、指導・支援を受けながら看護プロセスに沿って安全、確実にケアの提供ができる
  • 看護実践において、看護手順(ナーシング・スキル)を活用し安全・確実にできる
  • 必須の研修などを主体的に受講し、自身の看護ケアを振りかえることができる
  • 社会人として基本的な態度を身につけ、看護の対象と良い関係を築くことができる
  • 専門職業人として倫理的な問題に気付くことができる
  • 組織・チームの一員としての自覚を持ち、自身の役割が理解できる

必修プログラム

新人研修プログラム

  • 4月新採用オリエンテーション、看護技術演習
  • 5月ハイリスク薬の理解、輸液ポンプ演習
  • 6月アセスメントのポイントⅠ、プリセプティ研修①
  • 7月フィジカルアセスメント、アセスメントのポイントⅡ
  • 8月糖尿病管理の基本
  • 9月BLS(救急看護)、口腔ケア
  • 10月新任フォローアップ研修 多重課題研修
  • 11月KYT演習、プリセプティ研修②
  • 12月倫理研修
  • 1月看護技術習得のためのローテーション研修
  • 2月静脈注射(留置針挿入) ①
  • 3月プリセプティ研修 ③

入職2年目相当

目指す到達目標
  • 看護プロセスに沿ってケアを提供し、指導を受けながら受け持ち看護師としての役割を果たし、看護観を構築することができる
  • 自己の課題を明確にし、課題解決のための研修を主体的に受講できる
  • 後輩の育成に関心を持ち、関わることができる
  • 受け持ち患者との良好な関係を築き、看護実践に繋げることができる
  • 専門職業人として、倫理的な視点を持って行動できる
  • 組織・チームの一員として自覚を持ち、責任をもって自身の役割を果たすことができる

必修プログラム

静脈注射②、急性期の看護、がん看護の基本①、事例検討、
プリセプター育成研修

入職3年目相当

目指す到達目標
  • 受け持ち看護師として専門知識を活用し、個別性を考慮した長期的な視点で看護を提供できる
  • チーム内の患者を把握し、看護実践においてリーダーシップが発揮できる
  • 必要と思われる知識・技術について主体的に研修を受講し、所属スタッフに伝達できる
  • 看護学生・新人看護師に積極的に関わり育成することができる
  • 臨床での問題に気付き研究的視点で解決することができる
  • 倫理的問題に対し対象と良好な関係を築きながら対応できる
  • 組織・チームの一員として主体的に活動することができる

必修プログラム

がん看護の基本②、プリセプター研修

4年目〜副主任相当

目指す到達目標
  • 専門職業人として高度な専門的知識と臨床実践能力を発揮し、役割モデルを示すことができる
  • 学生の教育、所属スタッフの教育に積極的に関わることができる
  • 研究的な視点を持ち、メンバーをリードし研究に取り組むことができる
  • 倫理問題においてコーディネートし教育的役割を担うことができる
  • 組織運営においてリーダーシップを発揮し、所属の活性化を図ることができる

必修プログラム

リーダーシップⅠ、事例検討指導者

主任相当

必修プログラム

リーダーシップⅡ、事例検討指導者

任意プログラム(レベル2以上)

  • 文献読解力強化研修
  • 家族看護
  • 看護倫理
  • 教育指導者養成研修
  • 認定看護師による出前講座(各分野)

さらにスキルアップ!

スキルアップのための院外研修

  • 大学院への進学
    (当看護学部大学院・長崎大学大学院)
  • 認定看護師教育課程研修
  • 認定看護管理者教育課程
  • 看護師特定行為研修
  • 医療安全管理者研修
  • DMAT養成研修
  • ドクターヘリナース研修
  • 実習指導者研修
  • 看護教員養成研修
  • インジェクショントレーナー養成研修
  • 臓器移植コーディネーター
  • 造血細胞移植コーディネーター
  • その他専門領域の研修会・講習会など

「ナーシング・スキル日本版」の導入

平成26年度から新人看護師教育に 「ナーシング・スキル日本版」 を導入し、看護技術を映像で確認して学習できるようになりました。自主的な研修時間が確保でき、動画によるイメージ効果で演習が効果的に進められます。
またiPad貸与により「いつでも」「どこでも」学習できる環境が整い、エビデンスを確認しながら確実に学ぶことができます。
現任教育においても、300以上のコンテンツを拡張し、手順の標準化と安全安楽な看護の提供に役立てています。

  • 新人教育方法

    集合教育のOff-JT と所属内でのプリセプターシップを中心としたOJT があります。さらにe- ラーニングを活用した自己学習も合わせて行います。

    プリセプターシップについて

  • プリセプターシップとは

    新人看護師(プリセプティ)1人に対して、決められた経験のある先輩看護師(プリセプター)が1年間新人研修を担当し、マンツーマンで、新人のペースに合わせて新人看護師自らが主体的に学習できるように支援していく、看護部全体の取組です。

    (平成29年10月更新)

ページトップへ