診療科のご案内

HOME > 中央診療施設・内部組織のごあんない > 総合周産期母子医療センター(母胎・胎児部門)

総合周産期母子医療センター(母胎・胎児部門)

スタッフ紹介
藤森敬也
部長
藤森 敬也(教授)
氏名 職名 専門分野
藤森 敬也 教授 周産期学、超音波診断、胎児治療
高橋 秀憲 助教 周産期学、婦人科内視鏡
浅野 仁覚 助教 周産期学

 

診療科の紹介とアピール

部門紹介

総合周産期母子医療センターは「母体・胎児部門」と「新生児部門」からなり、母体・胎児部門は母体・胎児集中治療室(MFICU)として6床ある。MFICUは産科一般病棟と合わせて産科で管理されている。福島県内の周産期医療システムの中核として、地域周産期母子医療センター(5施設)や周産期医療協力施設(6施設)と連携を図りつつ、高度な周産期医療を県民に提供するとともに、県内の周産期医療情報の管理、さらに学生や研修医、看護師、助産師等に対する高度な周産期医療の教育を行っている。

特徴・特色

福島県内全域から、集中的治療を必要とする合併症妊娠、重症妊娠高血圧症候群(中毒症)や切迫早産などのハイリスク妊婦や病的胎児の管理、異常分娩・産褥の管理などの高度な周産期医療を行っている。妊娠中、分娩中、産後を通じて、妊婦および胎児、新生児に、安全、かつ、効果的な治療を行っている。医療の質の向上と円滑な運営の維持のため、妊婦及び児に必要な関連各科と協議しながら母体の管理にあたっている。また、研究分野においても早産や胎児生理学の研究は国際的評価を得ている。

公立大学法人福島県立医科大学附属病院 総合周産期母子医療センター(母胎・胎児部門)
電話024-547-1556