診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 小児腫瘍内科

小児腫瘍内科

スタッフ紹介

診療科部長
菊田 敦(教授)
氏名 職名 専門分野
菊田 敦 教授 小児血液・腫瘍、造血細胞移植(ハプロ移植)、小児輸血(顆粒球輸血)、新薬開発
伊藤 正樹 非常勤講師 小児血液・腫瘍
佐野 秀樹 准教授 小児血液・腫瘍、造血細胞移植、小児腫瘍病理
望月 一弘 講師 小児血液・腫瘍、造血細胞移植、移植免疫、腫瘍免疫
小林 正悟 助教 小児血液・腫瘍、造血細胞移植、感染症
大原 喜裕 助手 小児血液・腫瘍、一般小児科
 高橋 信久 助手  小児血液・腫瘍、一般小児科 

 



診療科の紹介とアピール

◆ 概要

  当科は平成26年4月に新設され、新に診療を開始しました。当科では白血病などの小児血液疾患や脳腫瘍、神経芽腫、肉腫、網膜芽細胞腫などの小児固形がん、および再生不良性貧血、血小板異常症、免疫不全症などの正確な診断と最適な治療を行っています。小児血液・がんは稀少疾患であり、診断も難しく、高度かつ最先端の医療技術と成長発達に合わせた全人的なケアが不可欠です。小児外科、脳神経外科、眼科、整形外科、小児腫瘍病理、放射線科との連携も充実しており福島県内で発症する小児がんの約9割を診療し、全国からも多くの再発、難治性の小児がん患者さんが治療を受けに来ています。

◆ 基本治療方針

  国内有数の小児がん診療科としてJCCG(Japan Children’s Cancer Group 日本小児がん研究グループ)の造血器腫瘍と固形腫瘍の全ての臨床試験に積極的に参加し、標準治療の実践と開発に取り組み、関連する成人診療科とも連携し長期フォローアップ体制の充実を図っています。
(JPLSG Webサイト:http://jplsg.jp/

◆ 当科の取り組み

  標準的治療では治癒が難しい再発・難治症例に対しても積極的に受け入れており、新薬の治験、当科で開発したハプロ移植を行うことにより治療効果をあげています。特に通常では治癒が見込めないと考えられている再発後寛解に入らない症例や移植後の再発例など予後不良な白血病に対してハプロ移植を積極的に行っており、約半数の患者さんが生存しています。

◆ Pediatric Tumor Board

  毎週、多職種(看護師、薬剤師、相談員、コーディネーター、支援学校教諭)、関連外科系診療科、病理、放射線治療科、放射線診断科、緩和ケア部門によるPediatric Tumor Boardを開催し、患児の診断治療方針の決定、治療経過の評価にとどまらず、学校・家族の問題、支援などに関する子どもの総合的な状態を関係者全員で理解、共有し、診療に反映させています。

◆ 学習支援

  病院内3階に須賀川支援学校医大校があり、常勤教諭20名が在籍し、小学部4学級、中学部3学級、計7学級が開設され、図書室などの施設、人材ともに充実し、就学前教育、高校生に対する学習支援も行っています。入院直後から前籍校への復学、退院後生活を視野に入れ、前籍校との継続的な連携を保ちながら、患児の状況に応じた柔軟な対応が可能で、治療中のベッド学習、移植中も無菌室内学習を行っています。また、外来通院時や退院後も患児とのつながりを継続し、復学状況の把握や想定外の問題に対しても対処しています。
(須賀川支援学校医大校Webサイト:http://www.sukagawa-sh-idai.fks.ed.jp/

◆ 宿泊施設・パンダハウス

  遠方からの患者さん、ご家族のための宿泊施設であるパンダハウスが病院近くにあり、格安の料金で利用でき、ご家族でこころ安まる時間を過ごすことができる評判の施設です。
(パンダハウス
Webサイト:http://pandahouse.org

◆ セカンドオピニオン

  小児がん診断および治療に関するセカンドオピニオンは随時行っており、窓口は医療連携・相談室となります。
  【連絡先】
  公立大学法人福島県立医科大学附属病院 医事課 医療連携・相談室
  TEL:024-547-1073

◆ 陽子線治療

  2016年4月より陽子線治療が小児がんに対して保険適用となりました。当院では南東北病院がん陽子センターと連携して化学療法を続しながら、陽子線治療を行える体制を整備しました。
(南東北病院がん陽子センターWebサイト:http://www.cancer-center.jp/
  【連絡先】
  公立大学法人福島県立医科大学附属病院 医事課 医療連携・相談室
  TEL:024-547-1073

◆ 福島県民の皆様にいち早く世界最新の医療を届けることにより、国内外の小児がん患者とご家族に大きな貢献ができると信じて、小児がんの課題に取り組んでいます。


外来担当平成27年2月20日 現在
曜日
新患 ・血液・腫瘍外来
菊田、佐野
・血液・腫瘍外来
菊田、望月
再来    ・移植後フォローアップ
菊田
・長期フォローアップ
菊田、佐野
・外来化学療法 
佐野
  ・移植後フォローアップ
菊田
・長期フォローアップ
菊田、伊藤
・外来化学療法 
伊藤、望月
 


診療の詳細情報
病名・病態 必要な診療 当科の対応
急性リンパ性白血病 化学療法
造血細胞移植
JCCG-ALL臨床試験参加
急性骨髄性白血病 化学療法
造血細胞移植
JCCG-AML臨床試験参加
悪性リンパ腫 化学療法 JCCG-NHL臨床試験参加
JCCG-HL臨床試験参加
再発白血病 化学療法
造血細胞移植
緩和的治療
JCCG再発臨床試験参加
新薬治験/臨床試験参加
非寛解症例に対しても積極的にハプロ移植を施行
慢性骨髄性白血病 分子標的薬
造血細胞移植

JCCG-CML臨床試験参加
造血細胞移植

ランゲルハンス細胞組織球症 化学療法  JCCG-LCH臨床試験参加
血球貪食症候群 化学療法
造血細胞移植

化学療法
HLA一致ドナーが得られない場合は骨髄非破壊的前処置を用いたハプロ移植

神経芽腫 化学療法
放射線療法
手術療法
自家末梢血幹細胞移植
JCCG-NB臨床試験参加
治療終了後に腫瘍残存がある場合、再発時はハプロ移植
脳腫瘍 手術療法
化学療法
放射線療法
標準的化学療法を併用し、手術、放射線療法
高リスク群に対する自家末梢血幹細胞移植
横紋筋肉腫 化学療法
手術療法
放射線療法 
JCCG-RMS臨床試験参加
難治例に対するハプロ移植
ユーイング肉腫 化学療法
手術療法
放射線療法

JCCG-ES臨床試験参加
難治例に対するハプロ移植

骨肉腫 化学療法
手術療法
放射線療法
JCOG臨床試験に準じた標準治療
再発例に対する臨床試験
網膜芽細胞腫 化学療法
手術療法
放射線療法

眼球温存を目指した局所療法併用化学療法
自家末梢血幹細胞移植

肝芽腫 化学療法
手術療法
放射線療法

JCCG-HB臨床試験参加
高リスク群に対する未承認薬を用いた国際共同試験参加 
自家末梢血幹細胞移植

腎芽腫 手術療法
化学療法
放射線療法
JCCG-WT臨床試験参加
再生不良性貧血 免疫抑制剤併用療法
造血細胞移植
免疫抑制剤併用療法
HLA一致ドナーが得られない場合は骨髄非破壊的前処置を用いたハプロ移植
先天性免疫不全症 造血細胞移植  造血細胞移植
HLA一致ドナーが得られない場合は骨髄非破壊的前処置を用いたハプロ移植 
慢性活動性EBV感染症 薬物療法
造血細胞移植
薬物療法
造血細胞移植
HLA一致ドナーが得られない場合は骨髄非破壊的前処置を用いたハプロ移植


実施している臨床試験と治験
@造血器腫瘍一覧

1. 小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第U相及び第V相臨床試験(JPLSG ALL-B12

2. 若年性骨髄単球性白血病(JMML)に対する静注用BuFluL-PAM前処置法による同種造血幹細胞移植第U相臨床試験(JPLSG JMML-11

3. ダウン症候群に発症した小児急性骨髄性白血病の微小残存病変検索の実施可能性とその有用性を検索するパイロット試験(JPLSG AML-D11

4.  小児ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)に対するリスク別臨床研究(JPLSG LCH-12

5.  小児および若年成人におけるT細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同第U相臨床試験(JPLSG ALL-T11

6. 小児フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に対するチロシンキナーゼ阻害剤併用化学療法の第II 相臨床試験(JPLSG ALL-Ph13

7.  小児リンパ芽球型リンパ腫stageT/Uに対する多施設共同後期第U相臨床試験(JPLSG LLB-NHL03

8.小児急性骨髄性白血病を対象とした初回寛解導入療法におけるシタラビン投与法についてランダム化比較検討、および寛解導入後早期の微小残存病変の意義を検討する多施設共同シームレス第II-III相臨床試験(JPLSG AML-12

9.第一再発小児急性リンパ性白血病標準リスク群に対する第III相国際共同臨床研究(JPLSG IntReALL SR 2010

10.一過性骨髄異常増殖症(TAM)に対する多施設共同観察研究(JPLSG TAM-10

11.小児慢性期慢性骨髄性白血病(CML)に対する多施設共同観察研究(JPLSG CML-08

12.小児急性前骨髄球性白血病に対する多施設共同第U相臨床試験(JPLSG AML-P13

13. 再発・治療抵抗性リンパ芽球性リンパ腫StageV/Wに対するDexICE治療の有効性及び安全性を検証する多施設共同第U相臨床試験(JPLSG ALB-R13

14.日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)における小児血液腫瘍性疾患を対象とした前方視的研究(JPLSG CHM-14

15. 小児高リスク成熟B細胞性腫瘍に対するリツキシマブ追加LMB化学療
  法の安全性と有効性の評価を目的とした多施設共同臨床試験
  (JPLSG B-NHL-14


16.標準的化学療法を行った進行期小児リンパ芽球性リンパ腫の予後因
  子探索を主目的とした多施設共同試験(JPLSG ALB-NHL-14)


17.小児ホジキンリンパ腫に対するFDG-PET検査による初期治療反応
  性判定を用いた治療法の効果を確認する第U相試験
  (JPLSG HL-14)


18.再発および寛解導入不能小児ALLに対する前方視的観察研究およ
  び再発、寛解導入不能小児ALL試料を用いた基礎研究
  (JPLSG ALL-R14)



A固形腫瘍一覧

1.  初診時遠隔転移のない小児肝芽腫に対するリスク別多施設共同臨床第U相試験(JPLT3-S,3-I

2.  高リスク肝芽腫に対するDose-dense-cisplatin療法と外科療法の安全性を評価する多施設共同臨床試験(JPLT3-H

3.  IDRFImage Defined Risk Factors)に基づき手術時期の決定を行う神経芽腫低リスク群の観察研究(JNBSG

4.  IDRFImage Defined Risk Factors)に基づく手術適応時期の決定と、段階的に強度を高める化学療法による、神経芽腫中間リスク群に対する第U相臨床試験(JNBSG

5.  小児固形腫瘍観察研究(JNBSG

6.  限局性ユーイング肉腫ファミリー腫瘍に対するG-CSF併用治療期間短縮VDC-IE療法を用いた集学的治療の第U相臨床試験(JESS14

7.再発骨肉腫に対するゲムシタビン+ドセタキセル(GD)とテモゾロミド+エトポシド(TE)のランダム化第U相試験

8. 再発小児・AYA(Adolescent and Young Adult)世代固形腫瘍に対するイリノテカン+ゲムシタビン(IG)の第I/U相試験

9. 高リスク神経芽腫に対するICE療法を含む寛解導入法とBU+LPANに
  よる大量化学療法を用いた遅延局所療法第II相臨床試
  (JNBSG-JN-H-15)

10.初診時血清診断による神経芽腫の無治療経過観察研究
 (JNBSG JN-L-16)

11.頭蓋内胚細胞腫瘍における髄液PLAP測定のに関する前方視的研究

12.頭蓋内胚細胞腫瘍における髄液PLAP測定の有用性に関する前方視
  的研究


13.横紋筋肉腫低リスクA群患者に対するVAC1.2/ VA療法の有効性及
  び安全性の評価 第U相臨床試験(JRSG)


14.横紋筋肉腫低リスクB群患者に対するVAC1.2/ VI療法の有効性及
  び安全性の評価 第U相臨床試験(JRSG)


15.横紋筋肉腫高リスク群患者に対するVI/VPC/IE/VAC療法の有効性
  及び安全性の評価 第U相臨床試験【※近日開始予定】


16.本邦における両側性腎芽腫に対する統一プロトコールによる腎温
  存の評価(JWiTS)


17.両側性腎芽腫の遺伝子診断応用のためのプロスペクティブ遺伝子
  分析研究(JWiTS)


18.脊柱管浸潤(SCI)を呈する神経芽腫患者の前方視的研究(JNBSG)

19.神経芽腫における有害事象と治療抵抗性に関わる薬理遺伝学的解
  析研究(JNBSG)



B治験一覧

1.  肝中心静脈閉塞症(VOD)の治療におけるデフィブロタイド(DF)の有効性および安全性試験(医師主導治験)【※登録終了】

2.  肝中心静脈閉塞症(VOD)の予防におけるデフィブロタイド(DF)の有効性および安全性試験(医師主導治験)【※登録終了】

3.  大量メトトレキサート療法時に生じるメトトレキサート排泄遅延に対してのグルカルピダーゼの有効性・安全性検討試験(医師主導治験)【※登録終了】

4.  小児及び若年成人の難治急性リンパ性白血病患者に対するボルテゾミブ併用多剤化学療法の安全性及び薬物動態を検討する第T相試験(医師主導治験)【※第T相試験登録終了。第U相試験募集中】

5.  転移性肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験(医師主導治験)【※募集中】



社会活動

菊田 敦
組織 役職
日本小児血液・がん学会 評議員、理事
日本造血細胞移植学会 評議員
日本小児がん白血病研究グループCCLSG 運営委員長
日本小児白血病リンパ腫研究グループJPLSG 理事
日本小児がん研究グループJCCG 理事
パンダハウスを育てる会 アドバイザー
ハートリンク共済(小児がん経験者のための生命保険共済) 理事
福島県立須賀川支援学校 学校評議員
がんの子どもを守る会福島支部(光の子を守る会) 幹事

      公立大学法人福島県立医科大学附属病院 小児腫瘍内科
      外来 電話024-547-1227
      ホームページ  http://www.pedonc.fmu.ac.jp/