診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

スタッフ紹介
長谷川 博
診療科部長
長谷川 博(准教授)
氏名 職名 専門分野
長谷川 博 准教授(部長) 口腔腫瘍
菅野  寿 助教(副部長) 口腔外傷
金子 哲治 助教 口腔腫瘍
佐久間 知子  病院助手  口腔先天性疾患 
工藤 聖美 病院助手 インプラント治療

 

診療科の紹介とアピール

歯科口腔外科とは
 歯科口腔外科は口腔を中心に顔面や顎骨、頸部に生じた疾患の治療を行っています。
例えば、抜歯を受けた御経験がある方は多いかと思いますが、抜歯は最も頻度が高い外来手術の一つです。抜歯術の難度は様々ですが、特に、顎骨に完全に埋まっている智歯の抜歯は難度が高く全身麻酔下で行うこともあります。また、齲歯や歯槽膿漏が悪化すると、炎症が顎骨や周囲組織に波及し急速に重篤化することがあります。このような場合は緊急に入院下での治療が必要です。口腔疾患は大きく分けて以下のようになります。
@口唇口蓋裂などの先天性疾患 
A顎骨炎などの炎症 
B歯根嚢胞などの嚢胞 
C口腔癌などの腫瘍 
D口腔裂傷や顎骨骨折などの外傷 
E白板症などの口腔粘膜疾患 
F下顎前突症などの顎変形症 
G顎関節症などの顎関節疾患 
H無歯顎に対するインプラント(人工歯根)治療 
I睡眠時無呼吸症候群に対するマウスピース治療
などです。歯科口腔外科では、これらの疾患に対し主に外科治療を行っております。

当科での特徴的治療
1 口腔癌の治療
 この治療は手術、化学療法、放射線療法が主体ですが、化学療法の中でも癌を栄養する動脈の中に耳の前からカテーテルを選択的に留置し、そこから抗がん剤を注入する治療(これを動注化学療法といいます。)も行っています。これにより高い抗腫瘍効果が期待でき、著効すれば縮小手術や放射線治療を併用することで臓器温存が可能です。また、高齢者でも比較的安全に行えます。
2 インプラント治療における造骨手術
 インプラントは歯槽骨がないと埋めることができませんが、最近の再生医療の進歩により骨を造成することが可能になりました。当科ではこの造骨手術に用いる医療機器の開発に取り組んでいます。
3 口唇口蓋裂の治療
 この治療では、産科、形成外科、耳鼻咽喉科とのチームアプローチにより治療を行っています。出生から成人まで長期にわたりサポートしています。
4 癌治療を受けている患者さんへの口腔ケア
 最近では、癌治療での化学療法や手術を受ける際に口腔ケアを行っておくと、患者さんの口内炎や術後の肺炎が減少することが明らかになっています。癌の治療中に口腔合併症が起きないように、福島県歯科医師会とも連携し口腔ケアを推進しております。


診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成27年11月1日 現在
曜日  
午前
新患・再来 長谷川
山 ア
金 子
佐久間
菅 野
工 藤 担当医
午後 口腔腫瘍 長谷川 金 子   
口腔外科 山 ア   工 藤
口唇口蓋裂   佐久間    
顎変形症     菅 野  
インプラント  工 藤     工 藤
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
顎口腔の奇形
唇顎口蓋裂
哺乳・離乳等の指導から手術まで
産科・形成外科等とのチームアプローチによる治療。入院下での手術を行います。
顎口腔領域の炎症
 歯冠(智歯)周囲炎
 顎骨周辺の膿瘍、蜂巣炎
 歯槽骨炎、顎炎、骨髄炎
画像診断、消炎処置、抗菌剤投与、原因歯の処置など 処置後、重傷例は入院下での治療を行います。
顎口腔の嚢胞性疾患
 歯根嚢胞
 顎骨嚢胞
画像診断、病理検査、外科的処置  外来手術もしくは入院下での手術を行います。 
顎口腔の腫瘍性疾患
 悪性腫瘍
 良性腫瘍
画像診断、病理検査、外科的処置(悪性の場合は化学療法、放射線療法)   悪性腫瘍では、手術、化学療法、放射線治療を組み合わせ集学的治療を行います。動注化学療法を併用し、臓器温存を検討しています。入院治療となります。
良性腫瘍では、手術が中心となります。
顎口腔領域の外傷
 歯、歯周組織の損傷
 口腔軟組織の外傷
 歯槽骨骨折、顎骨骨折 
画像診断、外科的処置整復固定術など 救急処置後、必要に応じ入院下での治療を行います。 
口腔の粘膜疾患
口腔白板症など 
病理検査、外科的処置 基本的には外来診療で対応し、必要に応じ入院下での治療を行います。 
 顎変形症  画像診断、矯正治療、手術   歯科矯正医と連携の上、手術を行います。
ほとんどが手術前後の矯正治療が必要です。
顎関節疾患
 顎関節症
 顎関節脱臼
画像診断、薬物治療、保存的治療整復術 基本的には外来診療で対応します。
習慣性の脱臼は手術を検討します。
歯科インプラント(人工歯根) 造骨手術
インプラント埋入術
外来診察後、外来手術もしくは入院下での治療を行います。充分な歯槽骨がない場合は造骨手術を行い、約半年後にインプラントを埋入します。
公立大学法人福島県立医科大学附属病院  歯科口腔外科
(外来)電話024-547-1235  FAX 024-547-1235