診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 消化管外科

消化管外科

スタッフ紹介

診療科部長
河野 浩二
(主任教授)
   
氏名 職名 専門分野
河野 浩二 主任教授 消化器外科、がん免疫
大木 進司 准教授 消化器外科(消化管)、内視鏡外科
佐瀬 善一郎 講師 消化器外科(上部消化管)、腫瘍外科
門馬 智之 講師 消化器外科、内視鏡外科、遺伝性腫瘍
齋藤 元伸 講師 消化器外科、遺伝性腫瘍
遠藤 久仁 学内講師消化器外科、内視鏡外科
坂本 渉 学内講師 消化器外科(消化管)
藤田 正太郎 学内講師 消化器外科(消化管)
早瀬 傑 助教 消化器外科(消化管)
岡山 洋和 助教 消化器外科(消化管)
花山 寛之 助教 消化器外科(消化管)
多田 武志 助教 消化器外科(消化管)
菊池 智宏 助手 消化器外科(消化管)
楡井 東助手 消化器外科(消化管)
芦澤 舞 助手 消化管外科(消化管)

 

診療科の紹介とアピール

消化管グループ:

主として消化管の疾患を対象とし、詳しい病状説明によりご理解を頂き、患者様中心の医療を提供しております。

【食道がん】
手術療法においては胸腔鏡下手術と腹腔鏡下手術を組み合わせることにより低侵襲を目指した治療を行なっております。また放射線・化学療法も積極的に施行し、治療成績の向上に努めております。

【胃がん】
胃癌治療ガイドラインに則した治療を行っております。また早期胃癌に対しては腹腔鏡手術も積極的に導入し、低侵襲手術を目指しております。進行・再発胃癌に対しては外来を中心とした抗癌剤療法も行っております。

【大腸がん】
大腸癌に対しては、早期癌・進行癌を問わず低侵襲を目指し主として腹腔鏡手術を行っております。直腸癌に対しては再発予防と肛門機能温存を目的として、術前に放射線療法や放射線化学療法を行い、その後手術を行って良好な成績を上げています。

【肛門疾患】
痔核・痔瘻などの良性疾患の手術療法も行っております。

【遺伝性疾患】
家族性大腸腺腫症などの遺伝性疾患に関しては、遺伝外来を中心に診療を行いながら最適な治療法を選択しております。


診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成29年2月1日 現在
曜日
担当医
佐瀬善一郎
早瀬  傑
坂本 渉
花山 寛之
門馬 智之
河野 浩二
大木 進司
遠藤 久仁
藤田正太郎
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
食道癌 食道スコープ、食道透視、CT 手術(胸腔鏡手術+腹腔鏡補助下手術)、放射線・化学療法
胃癌 胃スコープ、胃透視、CT 手術、腹腔鏡手術、化学療法
結腸癌 大腸スコープ、大腸透視、CT 手術、腹腔鏡手術、化学療法
直腸癌 直腸指診、大腸スコープ大腸透視、CT、MRI 手術、腹腔鏡手術、放射線・化学療法
肛門疾患 直腸指診、肛門鏡 手術など
遺伝性疾患
大腸スコープ、大腸透視
CT、遺伝子検索
手術、腹腔鏡手術
抗がん剤療法
免疫療法
血液検査、各種画像検査 外来を中心とした抗がん剤療法、LAC療法、樹状細胞療法の実施
公立大学法人福島県立医科大学附属病院 消化管外科
(外来) 電話024-547-1220