診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 形成外科

形成外科

スタッフ紹介

診療科部長
大河内真之(准教授)
氏名 職名 専門分野
大河内 真之 准教授 形成外科一般・乳房再建外科、顔面神経麻痺
齋藤 昌美 講師 形成外科一般・頭頸部再建外科
望月 靖史  講師  形成外科一般・リンパ浮腫・漏斗胸 
浅井 笑子 病院助手 形成外科一般・唇裂・口蓋裂
大河内 裕美 病院助手 形成外科一般
阪場 貴夫 助手  形成外科一般、レーザー、外傷
堀切 将 助手 形成外科一般、先天異常
木村 眞之介 助手 形成外科一般、先天異常

 


診療科の紹介とアピール

◆形成外科とは

形成外科は、先天的あるいは後天的な原因によって体表に表れた変形を再建する科です。皮膚だけでなく脂肪・筋肉・骨・神経・血管などを形態的・機能的に再建・修復します。特に整容的結果を重視した治療を行うのが、形成外科の特徴です。

◆福島県立医科大学 形成外科

福島県立医科大学の形成外科は1998年に開設されました。私たちはこれまでの経験を基に、設立当初より、日本で最も進んだ形成外科治療を行っており、その治療成績は、国内外におけるトップレベルを誇っています。

◆診療方針

患者さんの満足する結果を目標に、よく話し合いながら、可能な限りのQOL改善を目指して、全力で努力します。


診察予定 ( 専門外来等の案内 )平成29年7月 現在
曜日
初診・再診 大河内
浅井
木村
齋藤(第1・3)
望月(第2・4)
阪場(第3・4)
堀切(第1・2)
処置のみ 大河内 交代診療
 専門外来 乳房再建(大河内真之)  リンパ浮腫(望月・第2・4)  顔面神経麻痺(上田)  顔面神経麻痺(上田)
レーザー専門(阪場) 
 
 
診療の詳細案内
病名・病態 必要な診療 当科の対応方法
先天異常:唇裂・口蓋裂、小耳症、その他顔面(眼瞼、耳介、外鼻、口唇など)の変形、胸郭・乳房の変形、臍の変形、指・爪の変形、外陰部の変形など。 早期に診察を行い、手術に適した時期を待ちます。 適切な時期に、再建・形成手術を行います。できる限り整容的に良い結果を目指し、手術を行います。
外傷:顔面外傷・骨折、熱傷、瘢痕、ケロイドなど。 診察・X線・CT検査を行い、治療法を決めます。 外傷・骨折は早期に手術を行います。瘢痕・ケロイドには手術以外に、薬による治療も行います。
腫瘍:皮膚・軟部組織腫瘍、血管腫、母斑など。 診察・検査を行い、良性・悪性をはじめ、腫瘍の性質・部位により治療法を決めます。 切除に加え、皮膚移植・皮弁形成が必要な場合があります。凍結療法・レーザー治療なども行います。
組織欠損:皮膚潰瘍、壊死、褥創、顔面変形、乳房欠損など。 診察・検査を行い、治療法を決めます。 皮膚移植、皮弁形成、遊離組織移植、骨・軟骨移植などをマイクロ・サージャリー技術などと組み合わせて再建を行います。
機能障害:顔面神経麻痺など。 診察・精密検査を行い、治療法を決めます。 神経移植・筋肉移植をはじめ、先進的技術で再建を行います。
その他の異常 その他の体表の異常についてもご相談下さい。
公立大学法人福島県立医科大学附属病院 形成外科
外来 電話024-547-1225