診療科のご案内

HOME > 診療科のごあんない > 病理診断科

病理診断科

スタッフ紹介

部長
橋本 優子(教授)
氏名 職名 専門分野
橋本 優子 教授 血液病理学、乳腺病理学
田ア 和洋 准教授 血液病理学
鈴木 理 准教授 血液病理学
喜古 雄一郎 助教 血液病理学、乳腺病理学
鈴木 エリ奈 助教 婦人科病理学

 

診療科の紹介とアピール

業務内容

 病理形態学的検査を主に行っています。診療に直接関わる通常検査業務(1.病理組織診断、2.手術中の迅速診断、細胞診等)と、生前診療についての評価資料を提供する病理解剖業務があります。

○通常検査業務

1)病理組織診断:生検材料・手術材料の標本作製・検鏡による診断を行います。必要に応じ、特殊染色・免疫組織化学染色・電子顕微鏡検査などを用い、詳細診断を行っています。

2) 手術中の迅速診断:組織診(凍結切片法)・細胞診の迅速検査と診断により、手術中の術式の選択・変更や切除範囲が決められます。病理診断医・執刀医との連絡が迅速・円滑に行われる様、手術室と病理部双方に、手術野・顕微鏡画像モニターが設置されています。

3)細胞診検査:喀痰・尿・体腔液および病変から直接吸引された検体中の、主として悪性細胞の有無を調べ、悪性腫瘍のスクリーニング・早期診断を行います。

○病理解剖業務

病屍体の解剖とその組織標本作製・検鏡により、生前診断や治療効果を検証し、死因、疾病の本態の究明を行います。また特殊感染症例の解剖に対応可能な、感染症専用解剖室が設置されています。

○資料の保管及びその使用・貸出について

生検・細胞診・解剖例の標本は10年間保存、包埋ブロックは永久保存で、診療・研究・教育のために、必要に応じ貸出を行っています。解剖臓器は5年間保存されます。

特徴・特色

○電子カルテ上の病理部門オーダリングシステムの利用により、履歴を容易に閲覧でき、精度管理や診断に役立てています。また標本貸出に加え、肉眼像・光顕像などの画像も適宜、抽出することが可能です。

○生検・手術例全例について、毎日検討会を行っています。また臨床各科との定期的な検討会も行っています(Cancer Board/小児、悪性リンパ腫、呼吸器、骨軟部、消化器、乳腺)。

○解剖全例につき、検討会を定期的に行っています。

公立大学法人福島県立医科大学附属病院 病理部
電話024-547-1527   FAX 024-548-1090