性差医療センター部長あいさつ

175
部長
小宮 ひろみ

「性差医療センター」は2004年12月女性専門外来として設立され、2008年12月1日附属病院の中央部門のひとつになりました。性差を考慮したきめ細やかな診療を提供することを目標といたします。

診療は、心身医療科、外科、内科、婦人科の医師が担当し、交代で月曜日から金曜日まで完全予約制で行います。まず、カウンセリングから受けていただき、その後、診察・治療となります。治療につきましては、センター内で可能です(その際、各科の連携はスムーズです)。また、必要な場合は附属病院内外の各専門科にご紹介いたしますので安心して受診ください。更年期障害、月経に関する症状、乳腺の関することなど女性特有の疾患や体調が悪いけれどもどこに行ったらよいかわからない、またじっくりとお話を聞きたいという患者さんにご利用いただきたく思います(急性症状のある方は専門科を受診ください)。

当センターは待合室を完備し、落ち着ける空間を配慮いたしました。診察室、処置室、相談室からなり、いずれも暖かな雰囲気作りに心がけております。特に、相談室は今後、栄養指導、日常生活留意点などのご指導を含め、種々の啓発活動に利用する予定です。女性専門外来の実績で患者さんの満足度は80%前後をしめておりましたが、今後も「性差医療センター」は患者さんに寄り添う医療を提供できるように努めてまいります。