HOME > 地域のみなさまへ > 研究成果情報・学会等表彰 > 過去の研究成果(平成19年度〜)

研究成果情報・学会等表彰

研究成果情報・学会等表彰トップ 主要研究論文 学会等表彰

過去の研究成果情報 (平成19年度〜・抜粋)

本学の研究者による論文のうち、報道機関において取り上げられたもの、または研究者自身により申請されたもの等を紹介しています。

平成 22 (2010)年度

生化学講座 橋本康弘教授、生命科学部門 本多たかし教授ら、
(独)理化学研究所ほか共同研究チーム
アルツハイマー病の原因物質となる脳血管内皮細胞特異的なアミロイドβ前駆体タンパク質の発見
米国 科学雑誌 「The Journal of Biological Chemistry」2011年1月号 オンライン版 (10月15日付)
(2010.10.25)

 

 

平成 21 (2009)年度

免疫学講座 高橋実助教ら研究チーム
「自然免疫に働く補体成分 MASP-1 の新たな機能の解明」 に関する論文
米国 実験医学雑誌 「The Journal of Experimental Medicine」 電子版
(2009.12.28)

 

 

平成 20 (2008)年度

神経解剖・発生学講座 増田知之助教ら研究チーム
「末梢神経のネットワーク形成に重要な役割を果たすたんぱく質の発見」 に関する論文
米国 神経科学会誌 「The Journal of Neuroscience」 速報版
(2008.10.08)

 

 平成 19 (2007)年度

 

細胞科学研究部門 和田郁夫教授ら研究チーム
「細胞の「揺りかご」の中のタンパク質1分子の可視化」 に関する論文
米国科学雑誌 「Journal of Cell Biology」

 

解剖・組織学講座 和栗 聡教授ら研究チーム
「神経変性疾患などの主因である細胞内異常構造体形成の機構解明」 に関する論文
米国科学雑誌 「Cell」

 

生化学講座 橋本康弘教授ら研究チーム
「アルツハイマー病の早期診断の手がかり」 に関する論文
米国雑誌 「Journal of Biological Chemistry」

 

呼吸器内科学講座 棟方 充教授ら研究チーム
「画期的な肺がん診断法の開発」に関する論文
国際医学雑誌 「Lung Cancer」

 

 

 

連絡先 : 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024) 547−1825 /FAX (024) 581-5163
Eメールは rs@fmu.ac.jp まで

▲TOPへ