地域のみなさまへ

保健医療交流事業 (講演会) レポート

鏡石町との共催で講演会を開催しました。(平成26年12月 9日) 



 ※プライバシー保護のため、画像を一部加工しています。

12月9日(火)、鏡石町図書館にて講演会を開催しました。

今回の講演会は、平成26年度第7回健康セミナーの一環として、鏡石町13地区の健康づくりの役員さんや町民の皆さん30名を対象に、がんに対する知識を得て普段の生活から予防をすることを目的として開催されたものです。
「がん〜内なる反乱者〜(がんの予防と早期発見)」をテーマに 腫瘍生体エレクトロニクス講座柴田昌彦 特任教授に講演いただきました。

漢字の「癌」は上皮癌等、ひらがなの「がん」は白血病や悪性リンパ腫といった文字の違いから、という分かりやすい入り方で、参加者の皆さんは内容を把握しながら終始真剣に聴講していました。
現在は、がんでの死亡率で男性の1位は肺癌、女性の1位は大腸癌ということで「がんの原因にはたばこやお酒、欧米的な食生活など様々な要因がある一方、いまだ原因が分からないものもある」ということでした。

また、今までの「がんの治療」は、手術・放射線・抗がん剤でしたが、今の治療は「免疫療法」が主流ということで、患者さんの負担が少なく、なおかつ高い効果が期待される治療法、という点に、参加者の皆さんは高い関心を持たれ「免疫療法は何歳まで受けられるのか?」等、免疫療法に関する質問も出ていました。
最後に柴田特任教授から「“検査、診断、治療”とありますが、少しでもおかしいと思ったら、早めの検査が重要です」とお話がありました。

次回開催予定

日時: 平成26年12月14日(日)10時00分〜11時30分
会場: 中島村生涯学習センター輝ら里 (西白河郡中島村)
講師: 看護学部生命科学部門 鈴木順造 教授

 

前のページ (保健医療交流事業一覧) に戻る

お問い合わせ: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024)547−1825 / FAX (024)547−1991
Eメール
※ スパムメール防止のため全角表記しています

▲TOPへ