地域のみなさまへ

保健医療交流事業 (講演会) レポート

猪苗代町との共催で講演会を開催しました。(平成26年11月13日)



11月13日(木)、猪苗代町体験交流館「学びいな」にて、講演会を開催しました。

今回の講演会は、町民一人ひとりが認知症に対する理解と生活の中で実践できる認知症予防や健康づくりに関する知識を習得し、安心して自分らしく暮らせるまちづくりを推進することを目的として、町民の皆さん約200名を対象に開催されました。
「笑いと健康について〜笑って生活習慣病・認知症予防!〜」をテーマに、疫学講座大平哲也 教授に講演いただきました。

まず「認知症とは?」「笑いとは?」といった基本的な解説から始まり、「笑い」の効用、そして全員で一緒に体験する参加型の「笑いヨガ」で、終始笑いに包まれた、元気になる講演となりました。

「笑い」が、いかに生活の中で大切で、そして重要なことなのか、笑いが心と体に作用する医学的な解説も交えて聴講することができた、参加者の皆さんにとって有意義な時間になりました。

「笑いヨガ」では、海藻の動きをしながら声を上げて笑う、というヨガを体験し、はじめは恥ずかしそうにしていた参加者の方々も、終盤は大きな声で笑いながら、ゆらゆらと揺れる海藻になりきっていました。

最後に大平教授から、「“笑い”は心も体も健康にしてくれる行動。認知症の予防や生活習慣病の予防に、声を出してたくさん笑いましょう」 との話をいただきました。

次回開催予定

日時: 平成26年11月21日(木)13時30分〜15時00分
会場: 会津坂下町健康管理センター (河沼郡会津坂下町)
講師: 疫学講座 大平哲也 教授

 

前のページ (保健医療交流事業一覧) に戻る

お問い合わせ: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024)547−1825 / FAX (024)547−1991
Eメール
※ スパムメール防止のため全角表記しています

▲TOPへ