川田 耕司 (カワタ コウジ)

KAWATA Kouji

写真a

職名

学内講師

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部附属研究施設   附属実験動物研究施設   学内講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 酪農学園大学  酪農学部  獣医学科  卒業  日本国  2000年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 酪農学園大学  獣医学研究科  獣医学  博士課程  修了  日本国  2004年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 酪農学園大学大学院 -  博士(獣医学)  2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年04月

    北海道大学大学院工学研究科 21世紀COEプログラム 博士研究員

  • 2008年04月
    -
    2009年01月

    北海道大学環境ナノ・バイオ工学研究センター 学術研究員

  • 2009年01月
    -
    2011年05月

    株式会社セラバリューズ 研究員

  • 2011年05月
    -
    2014年03月

    株式会社アウレオ 研究員

  • 2011年05月
    -
    2014年03月

    北海道大学遺伝子病制御研究所・人獣共通感染症リサーチセンター共同研究員

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 細菌学(含真菌学)

  • 実験動物学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of the lactococcus lactis 11/19-B1 strain on atopic dermatitis in a clinical test and mouse model

    Suzuki T., Nishiyama K., Kawata K., Sugimoto K., Isome M., Suzuki S., Nozawa R., Ichikawa Y., Watanabe Y., Suzutani T.

    Nutrients  12 (3)   2020年03月

    共著 

    DOI PubMed

  • Loss of sorting nexin 5 stabilizes internalized growth factor receptors to promote thyroid cancer progression.

    Jitsukawa S, Kamekura R, Kawata K, Ito F, Sato A, Matsumiya H, Nagaya T, Yamashita K, Kubo T, Kikuchi T, Sato N, Hasegawa T, Kiyonari H, Mukumoto Y, Takano KI, Himi T, Ichimiya S

    The Journal of pathology  243 (3) 342 - 353   2017年11月

    共著  ISBN: 0022-3417

    DOI PubMed

  • High frequency of Bob1<sup>lo</sup> T follicular helper cells in florid reactive follicular hyperplasia.

    Matsumiya H, Kawata K, Kamekura R, Tsubomatsu C, Jitsukawa S, Asai T, Akasaka S, Kamei M, Yamashita K, Ito F, Kubo T, Sato N, Takano KI, Himi T, Ichimiya S

    Immunology letters  191   23 - 30   2017年11月

    共著  ISBN: 0165-2478

    DOI PubMed

  • Keratinocytes in atopic dermatitis express abundant ΔNp73 regulating thymic stromal lymphopoietin production via NF-κB.

    Kumagai A, Kubo T, Kawata K, Kamekura R, Yamashita K, Jitsukawa S, Nagaya T, Sumikawa Y, Himi T, Yamashita T, Ichimiya S

    Journal of dermatological science  88 (2) 175 - 183   2017年11月

    共著  ISBN: 0923-1811

    DOI PubMed

  • Cutting Edge: A Critical Role of Lesional T Follicular Helper Cells in the Pathogenesis of IgG4-Related Disease.

    Kamekura R, Takano K, Yamamoto M, Kawata K, Shigehara K, Jitsukawa S, Nagaya T, Ito F, Sato A, Ogasawara N, Tsubomatsu C, Takahashi H, Nakase H, Himi T, Ichimiya S

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)  199 (8) 2624 - 2629   2017年10月

    共著  ISBN: 0022-1767

    DOI PubMed

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ガラクトース誘発亜急性老化モデルおよび老化促進モデルマウスSAMP1における濾胞ヘルパーT様細胞の数的動態

    第66回日本実験動物学会総会 

    2019年05月
     
     

  • 学内共同利用実験動物施設における感染事故対応と課題 ~本学におけるHelicobacter hepaticus感染事例から~

    第52回日本実験動物技術者協会総会 

    2018年10月
     
     

  • 老化モデルマウスにおける 濾胞ヘルパーT様細胞の数的変動

    第161回日本獣医学会学術集会 

    2018年09月
     
     

  • 転写制御因子Bob1による濾胞ヘルパーT細胞の細胞数調節

    第106回日本病理学会総会 

    2017年03月
     
     

  • Bob1 limits cell numbers of T follicular helper cells.

    The 45rd annual meeting of the Japanese society for immunology. 

    2016年12月
     
     

全件表示 >>