相川 健 (アイカワ ケン)

AIKAWA Ken

写真a

職名

博士研究員

研究分野・キーワード

アンジオテンシンⅡ、アセチルコリン、下部尿路機能障害、前立腺肥大症、クラスター解析、前立腺癌、酸化ストレス

研究室電話

024-547-1316

研究室FAX

024-548-3393

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(臨床医学系)   泌尿器科学講座   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士  1994年09月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中

    日本泌尿器科学会代議員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本排尿機能学会  日本国

  • 日本泌尿器科学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本排尿機能学会認定医   2017年04月

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 臨床検体での前立線癌の予後、ホルモン感受性因子の探索

     

  • 下部尿路機能障害のメカニズム・新しい治療

     

論文 【 表示 / 非表示

  • New classification for men with lower urinary tract symptoms: cluster analysis using the International Prostate Symptom Score.

    Aikawa Ken*, Yamaguchi Osamu, Ishibashi Kei*, Yanagida tomohiko*, Nomiya Masanori*, Haga Nobuhiro*, Yoshiyasu T, Kobayashi T

    Britih Jounal of Urology  110 (3) 408 - 412   2012年08月

    共著 

  • Long-term administration of prazosin improves bladder sotrage function:results from a study in spontaneously hypertensive rats.

    Haga Nobuhiro*, Aikawa Ken*, Ishibashi Kei*, Yanagita Tomohiko*, Nomiya Masanori*, Takahashi Norio*, Shiomi Homare*, Oguro Toshiki*, Ogawa Souichiro* Yamaguchi Osamu*

    International Journal of Urology  18 (11) 785 - 791   2011年09月

    共著 

  • Effect of long-term prazosin and yohimbine administration on c-Fos expression in spinal neurons: inhibitory effect of alpha-1 and alpha-2 adrenoceptors on afferents from the lower urinary tract.

    Haga Nobuhiro*, Aikawa Ken*, Shishido Keiichi*, Yanagita Tomohiko*, Kushida Nobuhiro*, Takahashi Norio*, Yazaki Junji* Yamaguchi Osamu*

    Urol Int  87 (2) 230 - 237   2011年04月

    共著 

  • Suppression of SOCS3 increases susceptibility of renal cell carcinoma to interferon-alpha.

    Tomita S, Aikawa K

    Cancer Sci  102 (1) 57 - 63   2010年11月

    共著 

  • Alpha1-adrenoceptor antagonists improve bladder storage function through reduction of afferent activity in rats with bladder outlet obstruction.

    Yazaki J, Aikawa K

    Neurourol Urodyn  30 (3) 461 - 467   2010年09月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • プライマリ・ケア医のためのLUTS診療ハンドブック

    後藤百万 (担当範囲:定義と病態) (担当ページ:1-8)

    中外医学社  2014年04月 

    相川健  東京

  • よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて

    (担当範囲:薬物療法、薬物治療の現状と展望)

    その他の出版機関  2009年01月 

    相川健、山口脩 

  • ファーマナビゲーター 下部尿路機能障害編

    柿崎秀宏、吉田正貴 (担当範囲:過活動膀胱の薬物治療のEBM) (担当ページ:136-140)

    株式会社メディカルレビュー社  2008年02月  ISBN: 978-4-7792-0221-

    相川健、山口脩  東京都

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • the best poster presentation

    2010年04月18日  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 膀胱周囲脂肪組織を介する膀胱機能障害のメカニズム解明に立脚した新規治療の開発

    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月 

    代表者:  相川健 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 膀胱の利尿適応に関する加齢の影響と引水制限の効果

    第21回日本排尿機能学会 

    2014年09月
     
     

  • 加齢に伴う膀胱の利尿適応性障害と飲水制限による改善

    第102回日本泌尿器科学会総会 

    2014年04月
     
     

  • Impairment of diuretic adaptation mechanism of the bladder with aging and utility of fluid restriction.

    29th annual European association of urology congress 

    2014年04月
     
     

  • 前立腺肥大症(BPH)によるタムスロシンの効果―クラスター解析による症状グループごとの検討-

    第100回日本泌尿器科学会総会 

    2012年04月
     
     

  • 下部尿路におけるRhoキナーゼとアンジオテンシンⅡ

    第100回日本泌尿器科学会総会 

    2012年04月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腎泌尿器I、II

  • 医療入門I(症候論)

  • 医療入門I(症候論)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本排尿機能学会

    編集委員

    2015年04月
    -
    継続中

  • 日本排尿機能学会

    評議委員

    2008年09月
    -
    継続中