本間 好 (ホンマ ヨシミ)

HOMMA Yoshimi

写真a

職名

主任教授

研究分野・キーワード

シグナル伝達、キナーゼ、脂肪代謝、活性酸素、ミトコンドリア

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1660

研究室FAX

024-548-3041

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部附属研究施設   生体物質研究部門   主任教授

  • 兼務   医学部附属研究施設   生体物質研究部門   生体情報伝達研究所長

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第二学群  卒業  日本国  1979年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  博士(医学) 

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    継続中
     

    日本生化学会  日本国

  • 1995年12月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会  日本国

  • 1995年12月
    -
    継続中
     

    日本癌学会  日本国

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    米国生化分子生物学会(ASBMB)  アメリカ合衆国

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    米国生理学会(ASP)  アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 機能生物化学

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • シグナル伝達に関する生化学的研究

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 酸化ストレス

     

  • シグナル伝達に関する研究

    細胞増殖およびアポトーシス経路の解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Prenylated quinolinecarboxylic acid derivative prevents neuronal cell death through inhibition of MKK4

    Masato Ogura, Haruhisa Kikuchi, Norshalena Shakespear, Toshiyuki Suzuki, Junko Yamaki, Miwako K. Homma, Yoshiteru Oshima, Yoshimi Homma

    Biochemical Pharmacology  162 (4) 109 - 122   2019年04月

    共著 

    DOI

  • Kudzu (Pueraria lobata) Vine Isoflavone, Puerarin, Improves Weight gain, Glucose Metabolism and Osteoporosis and Their Biokinetics in Ovariectomized Mouse

    Teruyoshi Tanaka, Yoshimi Homma, Yukio Kawamura

    Advances in Obesity Weight Management & Control  7 (3) 00196   2017年09月

    共著 

    DOI

  • Mitochondrial reactive oxygen species suppress humoral immune response through reduction of CD19 expression in B cells in mice

    Masato Ogura, Takeshi Inoue, Junko Yamaki, Miwako K. Homma, Tomohiro Kurosaki and Yoshimi Homma

    European Journal of Immunology  47   406 - 418   2017年01月

    共著 

    DOI

  • Prenylated quinolinecarboxylic acid derivative suppresses immune response through inhibition of PAK2.

    Ogura M, Kikuchi H, Suzuki T, Yamaki J, Homma MK, Oshima Y, Homma Y.

    Biochem Pharmacol  105 (1) 55 - 65   2016年01月

    共著 

    DOI

  • Enhanced p122RhoGAP/DLC-1 Expression Can Be a Cause of Coronary Spasm.

    Kinjo T, Tanaka M, Osanai T, Shibutani S, Narita I, Tanno T, Nishizaki K, Ichikawa H, Kimura Y, Ishida Y, Yokota T, Shimada M, Homma Y, Tomita H, Okumura K.

    PLoS One  10 (12) e0143884   2015年12月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • がんのベーシックサイエンス

    谷口直之ほか (担当範囲:がん遺伝子とがん抑制遺伝子) (担当ページ:141-161)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2006年11月  ISBN: 4-89592-460-2

    本間好  東京

  • Signalling by inositides: A practical approach.

    (担当ページ:99-116)

    Academic Press  1997年04月 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会奨励賞

    1993年   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア内チロシンキナーゼc−Src調節とその生物学的意義に関する研究

    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月 

    代表者:  本間 好 

  • ベータ酸化系を制御するシグナル系の解析

    研究期間: 2009年04月 ~ 2012年03月 

    代表者:  本間 好 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Enhanced metabolic ROS production by a loss of protein phosphorylation in mitochondria

    21st International CH symposium on Cancer Research 

    2016年05月
     
     

  • 核におけるプロテインキナーゼCK2複合体機能の解析

    BMB2015 

    2015年12月
     
     

  • 細胞周期進行と関連する核内CK2複合体解析

    37回日本分子生物学会年会 

    2014年11月
     
     

  • Novel anti-tumor compounds isolated from slime molds and fungi.

    20th International CH Symposium on Cancer Research 

    2014年10月
     
     

  • 細胞性粘菌より得られた化合物Ppc-1およびその誘導体の抗肥満薬への応用

    日本薬学会第133年会 

    2013年03月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規シグナル伝達阻害化合物の開発

    受託研究, 共同研究

  • 酸化ストレス分子マーカーの検索

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  受託研究, 共同研究

    酸化ストレスの指標となる新しい分子マーカーを検索し、新しい診断・治療法の開発に応用する。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子細胞情報学特論

  • 分子細胞情報学特別研究

  • 基礎上級

  • 病態生化学

  • 基礎特別講義

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • CTIT Japan

    2015年04月