渡辺 浩志 (ワタナベ ヒロシ)

WATANABE Hiroshi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

補体、全身性エリテマトーデス、自己抗体

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(臨床医学系)   リウマチ膠原病内科学講座   教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学研究科  博士課程  修了  日本国  1994年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士  1994年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会  日本国

  • 日本リウマチ学会  日本国

  • 日本消化器病学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー・感染症内科学

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 教育
    2001年~ 臨床医学講義担当者    
    医学部2年生 臨床医学入門
         医学部3年生リウマチ膠原病系統講義
         全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、
    混合性結合組織病、関節リウマチ)
    研究   臨床補体学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • IgG4関連疾患における補体の役割について

    IgG4, 補体

  • 全身性エリトマトーデスの新しい検査マーカー開発

     

  • 全身性エリテマトーデス

     

論文 【 表示 / 非表示

  • A case of dermatomyositis complicated with pleural effusion and massive ascites.

    Matsuoka N, Asano T, Sato S, Sasajima S, Fujita Y, Temmoku J, Furuya MY, Matsumoto H, Suzuki E, Kobayashi H, Watanabe H, Migita K.

    Fukushima J. Med. Sci.  65 (3) 1 - 6   2019年12月

    共著 

  • ydroxychloroquine inhibits IL-1β production from amyloid-stimulated human neutrophils.

    Fujita Y, Matsuoka N, Temmoku J, Furuya MY, Asano T, Sato S, Kobayashi H, Watanabe H, Suzuki E, Urano T, Kozuru H, Yatsuhashi H, Koga T, Kawakami A, Migita K.

    Arthritis Res Ther.  21 (1) 250   2019年11月

    共著 

  • A case of Takayasu arteritis complicated by refractory ulcerative colitis successfully treated with tofacitinib.

    Sato S, Matsumoto H, Temmoku J, Fujita Y, Matsuoka N, Furuya M, Gunji N, Fujiwara T, Asano T, Onizawa M, Kobayashi H, Watanabe H, Ohira H, Migita K.

    Rheumatology (Oxford).    [Epub ahead of print]   2019年11月

    共著 

  • Intestinal Behçet disease associated with myelodysplastic syndrome accompanying trisomy 8 successfully treated with abdominal surgery followed by hematopoietic stem cell transplantation: A case report.

    Asano T, Sato S, Furuya MY, Takahashi H, Shichishima-Nakamura A, Ohkawara H, Fujiwara T, Gunji N, Hashimoto C, Momma T, Saito M, Nakano H, Watanabe G, Temmoku J, Fujita Y, Matsuoka N, Kobayashi H, Watanabe H, Mouri M, Mashiyama F, Sakuma H, Ohira H, Mori M, Ikezoe T, Migita K.

    Medicine (Baltimore).   98 (46) e17979   2019年11月

    単著 

  • HLA-DQB1 DPB1 alleles in Japanese patients with adult-onset Still's disease.

    Fujita Y, Furukawa H, Asano T, Sato S, Yashiro Furuya M, Kobayashi H, Watanabe H, Suzuki E, Koga T, Shimizu T, Ueki Y, Eguchi K, Tsuchiya N, Kawakami A, Migita K.

    Mod Rheumatol.   29 (5) 843 - 847   2019年09月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針 私はこう治療している

    医学書院  2017年 

  • 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート

    診断と治療社  2016年 

  • 目でみるトレーニング第2集 内科系専門医受験のための臨床実地問題

    岡崎仁昭 (担当範囲:アレルギー・膠原病)

    医学書院  2013年06月  ISBN: 978-4-260-01761-9

    渡辺浩志  日本

  • EXPERT 膠原病・リウマチ 改訂第3版

    住田孝之 (担当範囲:症状・所見からみた膠原病・リウマチ 赤沈、CRP) (担当ページ:114-118)

    診断と治療社  2013年03月  ISBN: 978-4-7878-2006-8

    渡辺浩志  日本

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • IgG4はIgG4関連疾患の病因となりうるか

    補助・助成

    研究期間: 2019年05月 ~ 2020年03月 

    代表者:  渡辺浩志 

  • IgG4関連疾患における、補体活性化能をもつIgG4の構造的解析

    補助・助成

    研究期間: 2015年 ~ 2017年 

    代表者:  渡辺浩志 

  • 自己免疫性肝炎における新規PEPCK抗体の有用性に関する検討

    補助・助成

    研究期間: 2012年 ~ 2014年 

    代表者:  大平弘正 

  • CNSループスにおける抗トリオースリン酸イソメラーゼ(TPI)抗体の病原性の検討

    補助・助成

    研究期間: 2005年 ~ 2006年 

    代表者:  渡辺浩志 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 関節リウマチにおける抗CCP抗体価と補助シグナル伝達分子についての検討.

    第34回日本臨床リウマチ学会 

    2019年11月
    -
    2019年12月

  • 末梢血幹細胞移植で寛解に至ったTrisomy8陽性の腸管ベーチェットの一例.

    第29回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会 

    2019年11月
     
     

  • 関節リウマチにおける抗CCP抗体価と補助シグナル伝達分子についての検討.

    29回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会 

    2019年11月
     
     

  • SLEの疾患活動性・臓器障害を反映するbiomarkerの探索.

    第29回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会 

    2019年11月
     
     

  • 意識障害と膀胱直腸障害を呈したIgG4関連疾患の一例.

    日本内科学会第217回東北地方会 

    2019年06月
     
     

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

    専門医・指導医

     
     
     

  • 日本リウマチ学会

    専門医・指導医・評議員

     
     
     

  • 日本消化器病学会

    専門医