成果物の提供

新規⽣体材料の創出・評価・活⽤

新規⽣体材料の創出・評価・活⽤の流れ

  • 臨床由来の⽣体試料を加⼯します(創出)。加⼯には、がん組織由来培養細胞(塊)や担がん動物の作製、遺伝⼦強制発現細胞株の作製、それらの⽣体試料から抽出したcDNA・DNA・RNA・タンパク質を含みます。
  • 網羅的遺伝⼦発現解析・ゲノム解析・プロテオーム解析等の各種解析により、上記⽣体試料を評価します(評価)。
  • 臨床情報および上記評価情報を⽣体試料に付加します。
  • 様々な解析情報等が付加された⽣体試料を利⽤して、薬剤または検査・診断薬の開発に役⽴ててもらいます(活⽤)。

◆ カタログ

第22号_福島コレクション_がん組織由来培養細胞(塊)系統カタログ

第23号_福島コレクション_担がんマウスモデル系統カタログ

第24号_福島コレクション_遺伝子強制発現細胞株カタログ


遺伝子強制発現細胞の参考文献: https://www.spandidos-publications.com/or/37/1/66

「成果物の提供」トップへ

各種解析データおよび残余RNA等の有償提供

各種解析データおよび残余RNA等の有償提供の流れ

  • 福島県⽴医科⼤学附属病院および関連病院等から取得した臨床由来の⽣体試料(⽣検材料、⼿術材料、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織、⾎液、担がん動物およびがん組織由来培養細胞(塊)等)または外部から購⼊した各種⽣体試料(細胞株、変異細胞株、正常細胞、不死化細胞、疾患モデル動物、正常組織、がん組織、⾎液、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織およびカニクイザルの各種組織等)について、同⼀試料からRNA・DNA・タンパク質を抽出し、網羅的遺伝⼦発現解析等で多⾯的に評価します。
  • 抽出したRNA・DNA・タンパク質および上記評価で得た解析情報を有償提供いたします。
  • ※ FFPE組織からはゲノムDNAの解析は⾏っておりません。

「成果物の提供」トップへ

「がん組織由来培養細胞(塊)」の有償提供とその利⽤

「がん組織由来培養細胞(塊)」の有償提供の流れ

  • 福島事業でがん組織由来培養細胞(塊)を作製いたします。
  • 作製した上記培養細胞(塊)は網羅的遺伝⼦発現解析および抗がん剤等の薬剤感受性試験で評価いたします。
  • 上記網羅的遺伝⼦発現解析により、もとの腫瘍の特徴を維持していることを確認できたもののみを増やします。
  • 増やした培養細胞(塊)は、製薬企業等に直接有償提供し、⾃由に使ってもらうことが可能です。
  • また、上記培養細胞(塊)を⽤いて、抗がん剤の感受性試験を受託することも可能です。

◆ カタログ

第22号_福島コレクション_がん組織由来培養細胞(塊)系統カタログ

「成果物の提供」トップへ

「担がん動物」の有償提供とその利⽤

「担がん動物」の有償提供の流れ

  • 福島事業で担がん動物を作製いたします。
  • 作製した担がん動物は網羅的遺伝⼦発現解析で評価いたします。
  • 網羅的遺伝⼦発現解析により、もとの腫瘍の特徴を維持していることを確認できたもののみを継代して増やします。
  • 継代して増やした担がん動物は、製薬企業等に直接有償提供し、⾃社で⾃由に使ってもらうことが可能です。
  • また、上記担がん動物を⽤いて、抗がん剤の感受性試験を受託することも可能です。

◆ カタログ

第23号_福島コレクション_担がんマウスモデル系統カタログ

「成果物の提供」トップへ

各種成果情報提供(有償)

各種成果情報提供の流れ

  • 福島事業で取得している様々な解析データ(網羅的遺伝⼦発現解析データ、タンパク質解析データ、検査所⾒、薬剤感受性試験データ、ゲノム解析データ等)を有償提供することが可能です。

「成果物の提供」トップへ

遺伝⼦発現解析による化合物プロファイリングのデータ提供

遺伝⼦発現解析による化合物プロファイリングのデータ提供の流れ

  • 製薬企業等から評価して欲しい化合物の要望をお聞きします。
  • 福島事業の中で、企業等の要望に応じて化合物を細胞(ヒトがん細胞、各種ヒト⾎管内⽪細胞、ヒト⼼筋細胞、がん組織由来培養細胞(塊)等)に作⽤させ、各種データ(感受性データ、網羅的遺伝⼦発現データ等)を取得いたします。
  • 化合物の作⽤により発現変動する遺伝⼦群を特定することが可能です。
  • 上記担がん動物(商業利⽤可能な同意書取得済み)を⺠間企業に有償提供いたします。
  • リファレンスデータとの⽐較により、他のどの化合物と類似しているかを判定することが可能です。
  • これらのデータは、有償提供することが可能です。また、受託研究を⾏うことも可能です。※1
  • ※1 受託研究の場合には、データの帰属は委託者になりますが、データの有償提供の場合には、データの帰属は福島県⽴医科⼤学となり企業等はそれらのデータの使⽤許諾により利⽤可能となります。

「成果物の提供」トップへ

ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織の有償提供

ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織の有償提供の流れ

  • ⼊⼿(購⼊)可能なホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織ブロックを体系的に収集いたします。
  • FFPE組織ブロックから切⽚を切り出し、⼀部を病理学的解析に、⼀部を網羅的遺伝⼦発現解析およびプロテオーム解析(予定)に利⽤いたします。
  • これらの解析データは、有償提供することが可能です。
  • 残りの切⽚は有償提供することが可能です。また、その切⽚を⽤いて受託解析を⾏うことも可能です。

「成果物の提供」トップへ

サル正常組織の遺伝⼦発現プロファイルのデータベース化

サル正常組織の遺伝⼦発現プロファイルのデータベース化の流れ

  • カニクイザルから採取可能なあらゆる組織(正常)を採取いたします。
  • 採取した正常組織からRNAを抽出し遺伝⼦発現プロファイルを取得してデータベース化いたします。
  • なお、カニクイザルとヒトの遺伝⼦の配列はほとんど同じであるため、ヒト⽤のDNAマイクロアレイでカニクイザルの遺伝⼦発現プロファイルを取得することが可能です。また、これらの遺伝⼦発現プロファイルは、ヒトの遺伝⼦発現プロファイルと横並び⽐較が可能です。
  • カニクイザルからは、ヒトでは⼊⼿不可能な正常な臓器・組織を採取することが可能です。そのため、薬剤標的分⼦の正常組織での発現状況をより詳細に検討することが可能です。
  • これらのデータは、有償提供することが可能です。

◆ カタログ

第8号_遺伝子発現アトラス_正常カニクイザル組織


Excelリスト: 【No.8】カニクイザルサンプルリスト

「成果物の提供」トップへ

ページトップ