感染症・アレルギーの診断薬・治療薬の開発へのご協力のお願い

感染症・アレルギーになったことがある健康な方、
または感染症・アレルギーになったことがない健康な方で、
採血にご協力頂ける20歳以上の方を募集しております。

研究の目的と意義

研究課題名:タンパク質マイクロアレイを用いた抗体プロファイリング技術を活用した診断薬・治療薬の開発

研究責任者:渡辺 慎哉(福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター)

 私たちは、体内への侵入物[病原体(細菌、ウイルス、カビ、酵母など)や動植物の成分(アレルギーの原因物質)など]に対する血液や尿などに含まれる抗体を1回の検査で調べる技術(タンパク質マイクロアレイ)を開発しています。この検査により、病原体やアレルギーの原因物質に対する反応を容易に調べることができます。
 また、血液中の病原体やアレルギーの原因物質に対する抗体を取り出し、その抗体を感染症やアレルギーの診断薬・医薬品として、医薬品関連企業へ提供するとともに、企業を含めた各種研究機関・医療機関と新しい薬の研究・開発を進めます。

試料のご提供までの流れ

当ページにてアンケートに回答

該当の有無を連絡

採血日の調整

採血・問診

ご提供いただきたい試料

福島県立医科大学附属病院において、血液を7ml程度ご提供いただきます。

ご協力者の皆様に、感染症やアレルギーに関する情報や、年齢、性別、人種、家族歴、生活歴、既往歴、治療歴、治療の効果、ワクチン接種の有無等についてお伺いいたします。

ご協力いただいた方には、ご自宅から本学までの交通費と3,000円のクオカードを贈呈いたします。

お問い合わせ

公立大学法人福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
024-581-5228(受付時間:9:00~17:00)
E-mail: i-san-tr@fmu.ac.jp