【診療を支える部門】薬剤部 | 福島県立医科大学 会津医療センター

Fukushima Medical University

福島県立医科大学会津医療センター

お問い合わせ TEL 0242 - 75 - 2100

〒969-3492 福島県会津若松市河東町谷沢字前田21番地2

HOME > 病院のご案内 > 診療を支える部門 > 薬剤部

診療を支える部門

薬剤部

 薬剤部について

 私たちは、患者様が安心して治療を受けられるよう内服薬の調剤ばかりでなく、病院内のお薬全般について安全管理を行っています。特に入院患者様への服薬指導を通して、退院後の正しいお薬管理に繋がるよう努力しています。
 特徴としては、(1)東北の病院では数少ない生薬調剤室を設置し、煎じ薬の調製・調剤を行っていること、(2)無菌調剤室を設置し、消化器・呼吸器等のがん化学療法のほかに血液のがん化学療法について、入院・外来を問わず無菌的かつ安全に薬剤の調製提供を行っていることなどです。
 設備としては、全自動錠剤分包機、注射薬払出機(アンプルピッカー)、注射カート等の機器を備え、できるだけ患者様一人一人に合わせた薬剤を提供できるよう工夫しております。
 外来患者様向けには、「おくすり窓口」脇に「お薬相談室」を設け、薬に関する相談に応じております。
 また、薬剤師のスキルアップのために、大学院進学、各診療科勉強会への参加など将来を見据えた活動を積極的に応援しております。
 最後に、多くの病院同様、当院ではかかりつけ薬局を推進しております。皆様が入院・外来を問わず一貫した薬剤治療が受けられますよう、地域の薬局と連携を図ってまいりますので、今後とも院外処方の発行とお薬手帳の活用については、一層の御理解と御協力を御願いいたします。

薬剤部長  市橋 淳

 主な業務内容

調剤
  • 入院患者様の内服薬、外用薬を調剤しています。また、漢方内科・血液内科等院外薬局で対応できない処方薬について、一部外来の調剤も行っています。
  • 患者様の安全のため、注射薬を一回分ごとにまとめ、ラベルを作成し、1人一注射カートになるように取りそろえて看護師に渡しています。
  • がん化学療法薬については、すべて薬剤部の無菌室にて、無菌的にかつ安全に混合(ミキシング)しています。
服薬管理
  • 入院患者様のベッドサイドにて、薬の説明を含めた薬のサポートをさせていただいています。飲み合わせはもちろん、副作用の有無や複数科からの重複などをチェックし、時には、効果的な薬物療法を医師に提案しています。
  • 入院時に、持参された薬を鑑別し飲み合わせの不具合や薬の重複がないかチェックし、医師・看護師に情報提供しています。
院内薬剤管理
  • 院内のほとんどすべての注射薬の有効期限と品質をチェックし、管理しています。
  • 救急カート等を各部署に設置し、緊急時の薬剤体制を常に整えています。

Aizu Medical Center 〒969-3492 福島県会津若松市河東町谷沢字前田21番地2

ページの先頭へ